大人のミニマルライフ

大人のミニマルライフ

必要なものだけに囲まれた快適な暮らしを目指して。


台風19号は去りましたが、
甚大な被害が今もなお続いています。

被害に遭われた地域の方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

我が家は停電もなく、
何の被害もありませんでしたが
弟の住む街では冠水があり、
実家も裏が山で崖崩れの心配があり、
何かと心配の種が尽きませんでした。

LINEのグループチャットで連絡を取り合えて
災害時にそのツールのありがたさを改めて
感じました。

カセットコンロのガスや水は、
家に買い置きがありましたが、
もう少し買い足しておこうと思い
店を二軒ハシゴしたけれど完売でした。

断捨離を心がけてはいますが、
ガスや水などは気持ち多めのストックを
心がけようと思いました。

台風接近間近のスーパーはギスギスしていて
直前に慌てるのは避けたいという思いもあります。

駐車スペースの狭いスーパーに行った時
隣に停めていた大きな車のおじさんが
私が隣に車を停めたせいで
カートを出しにくくなったことに腹を立て
私の車の停め方が悪いと文句を言ってきました。

確かに少し曲がってはいたけれど
元々うちの車は小さいし、
スペース内に余裕で収まっており、
文句を言われる覚えはなかったのですが

一応すみませんと謝って、カートは私が
戻しておきますと言ったのですが、
おじさんのイライラは収まらず、、、

久しぶりに、とても嫌なエネルギーを
もらってしまいました。

普段はそんなことないけれど、
台風接近で神経が過敏になっていたせいだと
思いたいです。

スーパーでは、カップ麺やパウチのご飯を
買う人が多いようでしたが、
家族四人分となると
カップ麺にしろパウチのご飯にしろ、
大量の水を温める必要があり、水のほかに
ガスも多く消費するので、買うのはやめました。

代わりに、餃子の材料を揃えました。
餃子ならいつも作り慣れているし、
皮が主食代わりになります。

愛用しているビストロの達人でも焼きやすい。


それから、ローストビーフ用の肉と
フランスパンを買いました。

大して火を使わずに済みますし、
パンにも合います。

ネットで知った情報ですが、水パスタというのも
災害時にはいいアイディアだと思いました。

予め、パスタを水(お湯ではなく)に
浸けておくと水分を吸って柔らかくなるので、
それをナポリタンの要領で炒めれば
少ないガスと水でまかなえる、とのこと。



今日のランチに、残ったローストビーフを
さっと炒めて、生春巻の具にしてみたのですが
生春巻も災害時には適した食材だと思いました。

生春巻の皮は保存が効きますし、
薄いけれど意外と腹持ちもいい。

皮を水にさっと浸すだけで火を使わずに済むから
その分、スープなどにガスを使うことができます。

具は、非常時ならカニカマでも竹輪でも、
魚肉ソーセージでも何でもいいですし。

もしカセットコンロしか使えない状態で
主食にガスを使ってしまうと、
なかなかスープまで作る余裕が
ないかもしれませんが、

個人的には、そういう時こそ
温かい汁物が飲みたい。
特にこれから寒くなっていく時期には尚更。

便利な世の中で、災害対策用の商品が
あれこれ販売されており、
それらを活用することも大切かもしれませんが

日常生活に使っている物の中で
災害時に役に立つものは何か?と
日頃から考えておくことも大切だと
今回つくづく感じました。