⭐️2021年3月25日⭐️
《鑑定場所》
新宿区江戸川区
移転します。


【2020年9月〜2021年2月までの状況】
《東京/新宿区→最寄り駅:新宿三丁目》

 昨年の2020年9月末に新宿三丁目に完全個室のオフィスを設け、2020年12月に1年近く完全休業していた鑑定を再開いたしました。デレデレ

 しかし12月に入り2回目の緊急事態宣言が発表。飲食店ではないもののどこのお店も営業自粛しなければいけないような雰囲気でしたので営業時間短縮など周りと足並みを揃えていましたが、さらに自粛要請が延長となりお客様が激減。滝汗

 テレビでは渋谷や新宿に人が集まっているように報道されていますがそれはごく一部の場所であり、少なくとも私のオフィス周辺ではほとんど人を見かけませんポーン

 私の場合、休業による支援金がまったくでない状況なので(昨年の収入自体が無さすぎたりと申請の条件を満たしてない)経済的な部分で今後新宿オフィスを維持することが難しくなりました。ゲッソリチーン

 このような理由により今年の2021年3月末に現在の新宿オフィスを撤退することにいたしました。ゲローゲローゲロー


照れ《今回の新宿オフィスは私にとってはめちゃくちゃナイスなオフィスでした。》

お願い 完全個室・完全防音、新宿三丁目駅C8出口から徒歩3分、しかも24時間使用できる。コロナ禍で不安でたまらない人も多いだろうし、夜なんてどんどん不安になりやすい。今後はそういった方々にも利用してもらいやすいように対面鑑定を24時間対応出来るように工夫していこう!!

照れ 完全個室だからこそ自分好みの部屋することができる。お客様達からいただいたたくさんのお手紙や絵など壁にはり、オフィスに行くたびにお便りを眺めることが出来てとっても嬉しい!完全防音だからこそ声が漏れにくい=守秘義務という点でもお客様に安心してご利用していただける。

《新宿オフィスの個人的感想》

チュー 完全個室・完全防音の本当の良さは鑑定道具一式を全部このオフィスに置いておけるので、私が店舗では絶対にやらない特殊系の音叉療法やアロマテラピー、エナジーダウジング・メディカルダウジング、スピリチュアルヒーリングや霊障関係・お祓いやご供養関係など、これまで宝の持ち腐れ状態になっていた特殊系のサービスがこのオフィスのおかげですぐに行えるようになり本当に助かりました。

ウインク 個人鑑定で、なおかつオフィスを24時間使えるからこそ。次のお客様の鑑定予約が入っていない場合は、お客様の時間が許せば2時間の鑑定料金を上限に、鑑定時間に縛られず3時間も4時間もお客様とじっくり丁寧に話し合います。

 私は「誰かの言葉で傷つけられたとしても、別の誰かの言葉によって癒され助けられる。」と考えています。鑑定の際にこれまで溜め込んできたものを吐き出していくわけなのですが、その傷が深ければ深いほど吐き出すのに時間がかかります。私の元に訪れるお客様たちはその傷がとても深い方が多く20分、30分程度の鑑定では吐き出しきれません。そのため私は1回の鑑定時間が平均90分〜120分と異常に長いです。元々鑑定が長丁場になりやすい私にとっては24時間使えるオフィスは本当にありがたいのです。

ショボーン これはここのオフィスだから出来ることであって、だからこそ今回の撤退は本当に残念で悔しい想いでいっぱいdeath.

※ 個人鑑定では結喜オリジナルのホロスコープ表など様々な資料をお渡ししています。(ご自宅で鑑定の内容をいつでも確認出来るように。)


《コロナ対策》
しょぼん 多分、どこよりもコロナ対策はしてきたつもり。だけどお客様がこなければどうすることも出来ない。

ガーン すでにオフィスの契約解除手続きをしてしまっているから今更どうすることもできないけれど残りの1ヶ月半、このオフィスでの鑑定を有意義なものにしていきたいです。








〜今後の鑑定場所の移動〜
【2021年3月25日以降の予定】
《東京/江戸川区→最寄り駅:瑞江》

地下鉄 3月25日以降からは鑑定場所を移動して、江戸川区/都営新宿線の瑞江駅近くのコワーキングスペースで個人鑑定を再開いたします。



《個人鑑定を行ってきた鑑定場所》
※ 私はこれまでお客様の利便性重視で東京では渋谷・新宿・東新宿・新宿三丁目・池袋・原宿・東京・品川・六本木・銀座・恵比寿・青山・汐留・神田・神保町・早稲田など特に人が多く集まる場所を中心に個人鑑定を行ってきました。

 東京近辺ですと神奈川県(横浜・中華街・三ツ境など)、埼玉県(川越・川口など)で個人鑑定を行っていたのですが、私が唯一個人鑑定出来なかった場所が千葉県です。

 私は以前、世田谷区(明大前)と杉並区(荻窪)に住んでおり千葉方面に行く際に都営新宿線やJR総武線を利用していました。途中で江戸川区を通過するのですが、当時は江戸川区そのものにレンタルオフィスやコワーキングスペースといったものが皆無だったために千葉方面での個人鑑定を断念していました。

グッド! 今回新宿オフィスの撤退を決めた直後、2021年1月に江戸川区(都営新宿線:瑞江駅/ほぼ千葉県)に新しくレンタルオフィス・コワーキングスペースが開設させたことを知りました。

 3月25日から江戸川区の中でもほぼ千葉県になる場所(千葉方面)で、これまで出来なかった個人鑑定を行います。



 頻繁に個人鑑定の場所を変えて皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、

1.コロナ禍という特殊な状況のために経済的に今の鑑定場所を維持出来なくなった。

2.これまで唯一出来なかったの千葉方面(江戸川区/都営新宿線:最寄駅=瑞江)での個人鑑定を3月25日より開始いたします。

 ご理解をいただけますと本当にありがたいです。ご迷惑おかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 10月で終了する予定だった障害者就労移行支援。なんだかんだで結局終了したのが1か月後の11月25日でしたが、お陰様で無事8ヶ月通所した障害者就労移行支援を退所する事ができました。(トータルだと11ヶ月)

 ほぼ丸一年本業の占いを休止しての訓練期間でしたが、私にとっては人生を大きく変えてくれる本当に本当に大切な期間でした。この期間で、障害特性がかなり緩和されて出来ることも随分増えました。

 また息子が全国初となる「18才・高校在学中の障害者就労移行支援に通所」することが出来るようになったりと、この期間で障害者当事者だからこその多くの実績も残すことが出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【障害者就労移行支援の利用条件】

 利用するためには3つの条件が必要になります。

①身体・知的・精神障害、難病がある

②企業等での就労または開業を希望する方で、就労が可能と見込まれる

③原則18歳以上から65歳未満

※ この③が重要で、原則18歳以上になりますが高校在学中の利用は不可となっております。利用できるのは基本的に大学生になってからで、高校生の場合は体験のみになります。

【なぜ高校在学中で利用になったのか?】

 それはうちの息子が通信校(週1回通学+通信)で、6月の誕生日を迎える5月には高校三年生のカリキュラムをほぼすべて終えており、卒業に必要な単位を取得して卒業が見込まれていたからです。

 通信校なのでカリキュラムが終わった後は残りの時間は自由に使えます。そのため私は息子が誕生日を過ぎた直後に障害者就労移行支援に通所できるように、通所直後からずっと動いていたのです。

 ちょうどコロナ禍ということもあり、学校教育もリモートを推奨されるようになったことも追い風となり、様々な条件が揃って高校生(障害者当事者)の障害者就労移行支援通所という日本初の快挙を成し遂げました。

※ 知り合いのお子さんも18歳の自分より年下の子がこんな風に頑張っているのを知り、そのお子さんも障害者就労移行支援に通所し始めました。その子のお母さんからは非常に感謝され、お子さんも障害者就労移行支援で人生の目標が見つかって毎日頑張ってらっしゃいます。

 1日行けば1日分、今後の人生で必ず役に立つ情報や技術が何かしら身につきます。1年だと365の対処法や知識が得られ、確実に一年後には別人になっています。少なくとも私はそうでしたし、息子も、そのお子さんもそうです。(障害とは一生付き合っていかなければなりませんが、その人生が少しでも楽になるようにと思っています。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて6月〜11月までの5か月間、親子で障害者就労移行支援に通っていたのですが何が一番変わったかというと親子関係が激的に改善されました。

 障害者就労移行支援に通ったことで、お互いに障害特性を理解し合い、それぞれで障害に対しての対処法を勉強しているため怒ったり批判したりすることが減り、対話してお互いの意見を尊重しあえる状態になりました。

※ 今回の障害者就労移行支援の経験で学んだことは、障害者当事者が社会に批判したり発信する前に、まず当事者自身がきちんと自分の障害特性について理解して対処法を学ぶべきだと学びました。これは本当に大きな学びでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今月から約一年休んだ鑑定を本格的に再開させていきます。これまで休業してご迷惑をおかけしてしまった皆様方、ご協力いただきまして本当にありがとうございました。

 今後は当事者による障害者支援を重視していくために、来年の1月から本業と共に障害者の方をサポートするための資格取得にも力を入れていきます!

 8ヶ月近くお休みしていた個人鑑定ですが、本日から30分無償ご奉仕鑑定を開始させていただきました。

 

 

 今回、第一号となったお客様は1年以上ぶりのご来店でお互いの近況報告等で話題がつきませんでした。ずっと鑑定の再開を待っていて下さったこちらのお客様には、なぜ私が8ヶ月間も鑑定をお休みをしていたのかをお伝えしましたが、今回皆さんにもその理由をお伝えしようと思います。

 

この8ヶ月間

私が何をしていたかというと、

実は私。

障害者就労移行支援という場所で

自分の障害特性を軽減・緩和するために

8ヶ月間もかけて訓練しに行っていたのです。

(トータルだと10ヶ月間)

 

 この障害者就労移行支援を受けるための条件が「原則無職だったので、訓練を受けるために対面、電話、メールなどすべての鑑定を停止していました。

 

 

 

 本来であれば半年で終わるだったはずの障害者就労移行支援。コロナ禍のためにどんどん訓練期間が伸びていき結局終わるまでに8ヶ月以上かかってしまいましたがこの障害者就労移行支援の訓練も終盤に向かい、今後の目処もたったので鑑定を再開することにしました。

 

........................................

 

《当事者向けブログ再開します。》

 

 この訓練期間中の内容やこれまでの障害に関する内容は占いにはまったく関係ないので、障害者・当事者向け専用ブログを再開させ、そちらの方に記事を書いていこうと思っています。(たまたま完全に忘れ去っていたブログサイトが残っていたので、メンタルヘルス等の当事者関連の内容はそちらに記載していきます。)

 

 

すでに数年間放置していて

今日思い出して

復活させたサイト

 
↑これから徐々に書いていきます・・・。
 
 占星術的に言えば、ちょうど水星が逆行の時期に入ったので再開するにはベストタイミングだと思います。

 

《過去の水星逆行の記事》

 

 

 皆様、お久しぶりです。結喜です。今年の2月から個人での対面鑑定を完全に中止していましたが、8ヶ月ぶりにようやく再開の目処が立ちましたので告知させていただきます。(ブログの方もぼちぼち再開していきます。)

 

【お知らせ】

 

 

 個人鑑定の再開にあたり、お客様のアクセス・利便性を重視し新宿三丁目駅C8出口から徒歩3分の場所に結喜オフィスを借りました。今回のオフィスは念願の深夜帯・完全個室での鑑定が可能になります。また来年からは24時間対応(事前予約制)など順次鑑定のサービスを拡大していく予定です。

 

 結喜さん、この8ヶ月の間にめっちゃパワーアップしています!!!以前よりさらに良質な鑑定が提供できると自負しています。

 

《今後の予定》

 

【10月中旬〜11月末まで】

 

 10月中旬〜11月末まではお客様感謝イベントとして、これまで結喜の個人鑑定を受けたことがあるお客様に限り(条件あり)、30分の対面鑑定を無償でご奉仕させていただきます。


※ 新宿オフィスに直接ご来店いただける方に限ります。

 

 

《30分の対面鑑定》

無償ご奉仕の条件

 

結喜の個人鑑定

Step2まで終了されたお客様が対象

1日2名様:ご相談内容によって抽選させて頂きます。

 

 

▶︎ 30分の対面鑑定◀︎

(新宿オフィス)

お申し込み方法 


 鑑定を受けたいお客様は下記の占いタウンのサイトからStep2(もしくはStep3、それ以降)を「何年の何月頃にどこのオフィスで受講したか」をご記入の上、お申し込みください。


★ 占いタウン ★

結喜(ゆうき)

↑↑↑必ずこちらのサイトから↑↑↑

お申し込みください。

文字をクリックすると移動します


電話でのお申し込みは

すべて無効とさせていただきます。

ご了承願います。

 


抽選になりますが、

当選された方にはお申し込みから

2〜3日以内に結喜から当選メールが届きます。

 

10月中旬〜11月末までは、

これまでのお客様を中心に

鑑定させていただきます。


.................................

 

【12月】

(結喜オフィス 完全オープン)

 

1). 12月から新規のお客様のご依頼を受け付けます。

2). 社会貢献ならびに私自身が当事者のため、業界初となる障害者、母子家庭、LGBTQ(社会的弱者・少数派)の方に対する割引を開始します。

当事者の当事者による、

当事者のための鑑定

鑑定だけではなく、

同時に

支援・サポートも目指しています。

 

当事者だからこそ理解できること、

当事者だからこそ共感できること、

当事者だからこそ伝えられる事、

当事者だからこそ教えられること

そして

当事者だからこそ繋げられることが

たくさんあると思っています。

 

あなたは一人じゃありません。

私の存在が少しでも、

あなたの心の痛みや苦しみを軽くするお手伝いができれば

本当に本当に嬉しいです。

 8/9の最後の浜松出張鑑定はコロナウィルス感染拡大のため中止いたしました。

 本日は長崎の原爆の日でしたので、自宅で戦没者・戦死者・戦災犠牲者のご供養を行いました。

 

《原爆忌 ❷ /長崎》

 

 1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分。長崎市に原爆が投下されて75年目が過ぎました。

 

 当時の広島市の人口は推定で24万人と言われておりますが、約7万4千人が原爆によって被爆し人口の3割以上の方がお亡くなりになられました。(2020年現在時点/原爆死没者数 18万5982人)

 

 本日は原爆投下時間の11時02分に合わせて戦没者・戦死者、原爆被害者の方々へのご供養を神道➕仏教(神仏習合)で行いました。前回の広島のご供養では4時間かかったので今回もそのくらい時間がかかることを覚悟していのですが、長崎のご供養は2時間半ほどで終了いたしました。

 

 

 

 ご供養は長くするからいいというものではなくご供養の対象者が満足してくださればすんなり成仏されていきます。

 

 恨みや憎しみ、思い残しが深ければご供養の時間も非常に長くなりますし、それらがさほどなければ神仏による光の道を作りすれば行先がわかるので彷徨わずにすぐに成仏してくださいます。

 

※ この亡くなられた方々の成仏の速度に関しては

後日ブログでお伝えします。

 

 

............................................................................

 

 

 今回は、先にお伝えしたい内容がありましたのでこちらを優先させていただきます。

 

 前回の広島編では現世における「生きること」「死ぬこと」「成仏」などについておすすめの作品を色々ご紹介させていただきましたが、

 

(↑前回の記事になります。)

 

 前回ご紹介させていただきました「死役所」では、死んだのちに死者たちが現世に対しどのような悔いを残し、そしてどのように成仏していくかが描かれていますが、

 

 

 

 今回ご紹介する作品は、成仏したのち再度人間として輪廻転生し、どのような「前世の記憶」を持ちながら現世を生きていくのかが描かれています。

 

............................................................................

 

 

【Amazon・プライムビデオ】

死者の記憶をもつ子供達

 

「前世の死の記憶」が凄惨なため、

ご視聴にはお気をつけください。

 

(↑ クリックすると移動します。)

 

● 凄惨な死の記憶を持つ子供達・その前世の記憶に振り回される本人と家族たちの苦悩と葛藤、この記憶とどのように向き合い克服していくのか?解決策を探っていきます。

 

 

 

 シーズン1のエピソード1は、3人の子供が登場します。

 一人目は、オクラホマーシティの爆弾テロの犠牲者としての前世の記憶を持つ少女。

 

 二人目は、第二次世界大戦中にアメリカ空軍兵として日本兵と戦い、日本の父島で戦死した前世の記憶を持つ少年。少年は前世での名前、住んでいた場所など事細かに記憶している。前世において姉だったアニーと現世で再び再会し、アニーは少年が実の弟の生まれ変わりだということを認め、輪廻転生があることを信じるようになる。

 

 三人目は、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロの犠牲者としての前世の記憶を持つ少年。

 

 ここで注目していただきたいのが、これらの子供達の生まれ変わりの早さです。

 

※ 基本的に「前世の記憶」といわれるものは、恐怖を感じるようなインパクトの強いものが残りやすいです。前世の影響は無意識でも大なり小なり出るかもしれませんが忘れているからこそ、今の自分として生きていくことができると思います。

 

............................................................................

 

 

《輪廻転生の証明》

 

 他の方がこの内容を信じる・信じないは別として、これは私が実際に体験したことになりますので私は自分の経験としてこの真実を語ろうと思います。

 

 

 その1.《30年前のお盆の期間に起こった出来事》

 

 今から30年前のことです。

 私は実際に輪廻転生をされた方を見たことがありますが、二人の関係は現世において祖父と孫という関係でした。

 

 おじいさんには若くして病死した弟さんが一人いました。お孫さんが生まれた際に、病死した弟さんとまったく同じ場所に同じような特徴的なアザがあり、その時は遺伝的(体質)なものだろうとさほど気に留めなかったそうです。

 

 お孫さん4歳になった時です。ちょうどその日はお盆期間中でした。

 当時の私は小学生の頃からお盆の3日間は必ず檀家さんのお宅にお邪魔して盆経参りをしておりました。不思議な出来事が起こったのは、私がお経を上げ始めて15分位経った時です。

 

 仏間で一人で盆経を上げていた私に、おじいさんがものすごい形相でビックリしながら「お、お上人様!!ま、孫が、わしの弟の生まれ変わりだと言っています!!」と言い始めるのです。

 

 おじいさんは今まで自分の子供達や奥さんにすら実の弟を病死で亡くしたことを伝えていなかったそうですが、お経を上げている最中にお孫さんがいきなりおじいさんの病死した弟さんの名前を言い始めて、その当時のおじいさんと弟さんしかしらない二人の思い出や父親・母親の話を事細かに話され始めたそうです。そして自分はおじいさんの弟の生まれ変わりであるということを伝えたそうです。

 

 

 もともと仏教では輪廻転生の考えがありますが、おじいさんは驚きは「腰を抜かす」レベルでした。なぜなら一般的に言われている輪廻転生期間は300年〜400年、早い人でも100年サイクルと言われているからです。弟さんが亡くなってまだ50年くらいしか経ってないし、いきなり弟だと言い始めるしで、それはもうビックリするわけです。

 

 こういった出来事が私の身の回りにはいろいろ起きるわけですが、輪廻転生についてはこの時に初めて「ああ、本当に輪廻転生というものがあるのだな。」と子供ながらに思いました。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーー

 

 その2.《私と息子(長男)との因縁関係》

 

 この話をすると多くの人が「結喜さん、マジで頭狂ってるわ」と思われるかもしれません。ただでさえ占い師という怪しい職業です先日も某番組で「"占い依存症"3000万円を投じた当事者に聞く」という占い師をディスる番組がありましたが、世間一般的には占い師の存在は「怪しい、胡散臭い」「悪徳商法」等のイメージが根強くあるのでしょう。

 

 ですが少なくとも私は、世間から「怪しい・胡散臭い」と思われている占いのお陰で自分自身の人生が救われ、私の一生死ぬまで背負うはずだった罪を解消することができました。私はこの時ほど「本気で占いを知っていて良かった!!!!」と思ったことはありません。その占いとは「西洋占星術」です。

 

 あれは2年前の2018年の息子の誕生日の出来事です。当時の私は経済的に東京で暮らしてくことが困難になり、昔から馴染みがありお客様が定着している静岡県浜松市に引越ししました。浜松市に引越ししたことで生活費は東京の半分にまで抑えることができなんとか生活ができるようになりました。

 

 私は個人鑑定と別に占いのアリーナという占いの館に週に2〜3日出演していました。その際に、同じ曜日に出演していた「亞与先生」と「やよい先生」の一言が私の人生を大きく変えてくれたのです。

 

 

 亞与先生は特にビジネスやキャリアに強く、人生相談全般のご相談を承ってらっしゃいます。起業や会社経営や後継者問題、墓じまいや終活などのライフイベントに強い先生です。私の実家の因縁解消のために亞与先生から様々なヒントやアドバイスをいただきました。

 

 やよい先生は占い師の中では数少ないマヤ占星術やルノルマン・カードを使われる先生で、スピリチュアルやソウルメイト、宇宙など目に見えない世界に強い先生です。息子との前世の繋がりはやよい先生の「最近は子供達は亡くなったとしても生まれ変わりが早いのよ。」の言葉で息子と私との因縁を調べるきっかけになりました。

 

 私はやよい先生の「最近の子供達は亡くなったとしても生まれ変わりが早いのよ。」という言葉で、30年前のお盆でのおじいちゃんとお孫さんの生まれ変わりの出来事を思い出しました。そして急に私と息子との関係が気になり始め、私は人生で初めて私と息子との因縁関係をホロスコープで調べることにしました。

 

※ 人とのご縁にはさまざまな形がありますが、西洋占星術の相性占いでは自分の意志ではコントロールできない生まれた時から決められた魂レベルでの絶対的なご縁(宿縁や因縁など)の有無を読み解くことができます。使用する惑星は前世や因縁絡みの場合は「ドラゴンヘッド」・「ドラゴンテイル」、「冥王星」などを使用していきます。

 

 惑星同士の角度(アスペクト)で関係性を見ていくのですが、最も強いのが0度(コンジャンクション)、次に180度(オポジション)、120度(トライン)、90度(スクエア)、60度(セクスタイル)になります。男女の場合は180度はお互いに足りないものを補い合う補完関係になるので一般的には良い相性と言われています。

 

 

 アスペクトも大切ですが、それ以上に縁の深さや影響力で重要になってくるのがアスペクトのオーブの範囲です。私の場合、相性を見る時はオーブの範囲は3度までとしています。

 

 オーブは0度に近づくほど影響力が強まります。私は相性の場合は接着剤に例えるのですが、オーブが広くなるほど剥がれやすく、狭いほど強力にくっつくと言っています。俗に言う腐れ縁なんてものも0度のコンジャンクションでも、オーブの範囲が5度→3度→1度→0度と狭くなるほど縁の重みや深さ、執着の度合いに違いが出てきます。

 

 時期読みの場合は、電車に喩えています。電車が出発して目的地に到着する3駅前(3度)→2駅前(2度)→1駅前(1度)→目的地(0度)と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 最強なのはコンジャンクションの0度になりますが、

私と息子の

チャートをみた瞬間に

吐きそうになりました・・・。

 

 

 

 

 

 

次回:②《長崎編》「生死」=「前世」「輪廻転生」の考察。に続く。

 

 

 

《御供養関係 関連記事》

 

 

《原爆忌 ❶ /広島》

 1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分。広島市に原爆が投下されて75年目が過ぎました。

 

 当時の広島市の人口は推定で35万人と言われておりますが、そのうちの9万人〜16万6千人(人口の4割以上)が被爆し、4ヶ月以内にお亡くなりになられています。本日は原爆投下時間の8時15分に合わせて戦没者・戦死者、原爆被害者の方々へのご供養を神道➕仏教(神仏習合)4時間かけて行いました。

 

(↑こちらの写真は昨年浜松市役所で広島・長崎の原爆の日に合わせて展示されていたものです。)

 

 こういった「生死」に関して特別な日だからこそ、この状況がもし自分の人生だったら・・・。と他人事ではなく自分事として人生を置き換え、今後の自分の人生や生き方について考えてみてください。

 

 特に今年はコロナウィルスなどの疫病被害でこの「死」というものがとても身近なものになっています。

 

 「死」は老若男女、悪人・善人問わず、すべてのどんな人にも必ず訪れる逃れられないものです。「死」は場合によっては突然訪れることだってあります。(私の実家は寺院なので、私は幼少期から「まさか」の状況での死をたくさん見てきました。このような環境でしたので、基本的に私の考え方は「もしかすると明日は私はこの世にはいないかもしれない・・・。」が前提になります。)

 

 今回はこの「死ぬこと」や「生きること」、「成仏」について考えるきっかけとなる動画や作品をご紹介いたします。

 

 

———————————

 

【お願い】

 1→2→3の順番でご覧いただけますと、「生死」についての理解がより深まると思っています。

 

 

1.

  UVER WORLD

「7日目の決意」

 

 

 

 「生きるとは何か?」「死ぬとか何か?」こういったことを深く考えさせられるPVです。

 

 こちらを先にご覧になると、次の死役所の内容がより深く理解できると思います。

 

 

 

2.

Netflix(ネットフリックス)

配信中

 

(↑クリックすると移動します。)

 

 

 自殺や他殺、病死や死産など死には様々な形がありますが、この作品は死んだ後に死者たちが現世に対しどのような悔いを残し、そしてどのように成仏していくかが描かれています。

 

 最近はいじめによる自殺も多いですが、第1話目ではいじめによる中学生の自殺、8話目は児童虐待による子供の死(他殺)など現代の社会問題がテーマになっています。

 

 うちの息子も中学1年生の頃にひどいいじめに遭って「おかあちゃん、僕、死にたい」と自殺をほのめかすことを言ったのですぐに学校を転校しましたが、ドラマを見ながらこれは他人事ではないぞと強く感じました。

 

 

 私の実際のご供養の経験から言えば「いつ死んでもいいように、この世に未練を残さない・自分らしい生き方をする」ことが成仏するための必須条件だと思っています。

 

3.

Netflix(ネットフリックス)

配信中

 

 

 

 1.の「7日目の決意」で「こんな素敵な世界だ。まだまだ死にたくない。」と思えるような世界とは一体どのようなものなのか?

 

 素敵な世界、素晴らしい世界は個々の価値観で違うでしょうが、そんな世界の一つとしてクィア・アイのような世界観・価値観もあると思います。

 

 このクィア・アイは「自分らしく生きるため」にどのように生きれば良いかを教えてくれる作品です。日本ではこのような価値観への抵抗・文化的に異なる部分もあるかもしれませんが、世界にはこういった多様性を認める「こんな素敵な世界」もあります。

 

 今、自分の人生に疑問や限界を感じている方、生きづらさを感じてらっしゃる方にお勧めです。

 

 

 このような作品から、今後の自分の人生の生き方を考えるきっかけになれば幸いです。

 

 

 

《御供養関係 関連記事》

 

 

【嬉しいお知らせが2点あります。】

《1》


 今日は本来ならば浜松への最後の出張鑑定だったのですが、コロナウィルス拡大のために都内でも県外への移動の自粛要請が出たため、泣く泣く出張鑑定を諦めました。

 変更日として8月9日(日)を設けましたがこの日がダメだったら完全に浜松への出張を諦めようと思っていました。ですが、「捨てる神あれば拾う神あり」という出来事が起こりました!!!

 本日伺う予定だった浜松のチャイルドCANさんにお客様がわざわざお越しくださって、このような提案をしてくださいました。

 


「浜松での鑑定が終わりになるなら、ウチで鑑定できるように場所を提供しようと思っている」と・・・。


 本当に本当にありがとうございます!!!

 もう、涙が出るくらい嬉しいです!!こういった申し出があると、私がこれまでやってきたことが無駄ではなかったのだと感じることができます。

 

....................................................

《2》

LINE占いから結喜コンテンツがリリースされました。

 

 

 本日7/25(土)、LINE占いから結喜の新しいコンテンツ「霊媒血脈♢鎮魂の女占い師 結喜」がリリースされました。どうもありがとうございます!!!

 

 

 さて、私にとっては今年は本当に「鎮魂」がテーマで、鎮魂供養の山場が8月になります。

 昨年の7月から1年以上かけて「鎮魂」をテーマに一人で鎮魂供養を細々行ってきたのですが、今回の鎮魂供養に関する報告は8月の鎮魂供養がすべて終わってからブログで順次アップしていく予定です。

 私なりの解釈・結論でいうと、2014年から2015年に行ってきた全国行脚は日本全体の因縁・因果の「終わり」であり、今回の鎮魂供養は「始まり」です。紐解いていくと「地縁」「血縁」「因縁」「因果」が複雑に絡みついて、すべては原因と結果として繋がっていました。

 全国には有名な霊能者さんたちが数多くいらっしゃいますが、今回の鎮魂供養だけはそれを行うだけの「条件」がなければ行うことができません。
 

 それは、生まれ育った土地、その土地の歴史的因縁、家系的な血筋(父方→天津神・母方→国津神/両方の系統の血が入っている)、家系的に僧侶(祭祀関係)であること、シャーマンとしての通過儀礼である巫病(精神異常)を経験していること、女であること、長女であること、何度も自殺未遂を起こし生と死を経験していることなど・・・。

 このような「出生地(土地)」「血縁・家柄・家系的職業(環境)・家督・相続・継承」「障害・性質・資質・性別」そして「実際に生死を経験していてあの世とこの世の橋を渡ることができる」などの多くの条件が今回の鎮魂供養をするためには絶対条件として必要になってきます。そのため今回の鎮魂供養に関しては、これらの「条件」・「資格」が全部揃っている私にしかできないことだと思っています。


※ 私は特別な人間ではありません。むしろ障害特性のために人様よりできないことの方がとても多いです。私の場合、今回の鎮魂供養に関してはたまたまこれらの「条件」「資格」が揃っていただけです。

 

 ですがこんな障害者の私でも何かしらできることができます。誰かの役に立てることができます。私は他の誰かと比較することなく、私は私ができることだけに意識を向けて自分のできることで社会貢献していきたいです。

 この鎮魂供養(神仏習合での御霊信仰・怨霊信仰の鎮魂供養=怨霊鎮魂)もようやくラストスパート・最終段階です。私が私であるために、私の出来ることで頑張っていこうと思っています。

 

 

御霊信仰

↑クリックすると移動します

(ウィキペディアに移動します)

 

 

 

↑クリックすると移動します

(ウィキペディアに移動します)

 

 

 

※ コロナウィルスがなかなか治まらないのも霊的な部分で言えば「御霊信仰」の停滞・衰退が原因の一つだと私は考えています。

 

 

 

《関連記事》

2020'7/1【ご報告】7年間続いた浜松への出張鑑定を完全終了します。

 

 
《7/25(土)-26(日)》
 今回コロナ拡大ならびに都内での外出自粛要請のため、7/25(土)〜7/26(日)に予定しておりました最後の浜松への出張を中止し、日時の変更をいたします。
 
《出張日変更》
 8/9(日)に予定を変更いたします。
 その時点でも自粛要請が続いた場合、浜松への最後の出張を諦めます。(時期が時期ですので・・・。)
 
 関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力いただけますと大変助かります。
 
《鑑定の再開について》
 9月以降に鑑定の再開を考えておりますが、今後は対面鑑定・電話鑑定だけではなくリモートでのオンライン鑑定も導入していく予定です。
 
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

《関連記事》

2020'7/1【ご報告】7年間続いた浜松への出張鑑定を完全終了します。

 

 
 
2020'7/24【浜松出張の中止・日時変更について】

 

 

2020'7/25 嬉しいお知らせ!!

 

 

 

 

 

《浜松の出張鑑定を完全終了します。》

 

 

★ 2013年7月〜2020年7月まで浜松での出張鑑定の際に鑑定場所として利用させていただいていたお店(チャイルドCANさん)が、10月までに移転されることになりました。

 

 そのため今後の浜松での出張鑑定がとても難しくなり、今月の725日(土)・26日(日)をもちまして浜松・東海地方方面での出張鑑定を完全に終了させていただきます。(CANさんに置いている鑑定道具や荷物を取りに7/25・7/26に浜松に行きます。以降、対面鑑定は都内(東京近辺のみ)とさせていただきます。)

 

 今後、浜松や地方・遠方のお客様の鑑定(アフターフォロー)はコロナウィルス対策・感染リスクを避けるため、オンラインもしくは電話鑑定等で対応していくつもりです。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::

 

  なお7月現在の個人的な鑑定・ご予約はすべて中止しており、鑑定再開は9月以降を予定しております。

 

 再開後はこれまで以上に鑑定の精度や専門性、サービス内容が向上・改善されておりますので、楽しみに待っていてください。

 

 お客様・関係者の皆様方には大変ご迷惑おかけしますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::

 

★ 汚れと穢れの違いについては次回書いていきます。書く内容・量が膨大になってしまったためにどこから手をつけたらいいかわからなくなって放置気味になっていましたが書く内容はきちんと決まっているので7月からボチボチ書いていきます。

 

 

《関連記事》

2020'7/1【ご報告】7年間続いた浜松への出張鑑定を完全終了します。