「頭医者のつぶやき」

 「慢性頭痛」は私達の日常生活を送る際の問題点に対する”危険信号”です。
 こうした「慢性頭痛」は、どのようにして引き起こされるのでしょうか。
 頭痛改善は、「姿勢」と「食生活」の改善がすべてであり、「健康と美容」のための第一歩です。


テーマ:

 これまで、このブログで片頭痛に関していろいろな記事を掲載して参りました。
 そして、極めて多くの方々が、このような記事をご覧になられ、実行・実践されるものの必ずしもよい結果が得られるとは限らず落胆されてこられたのが事実です。
 いつも、こうした方々から質問をされるのですが、うまくいかない方々には共通したことがあります。それは、片頭痛という頭痛を極めて断片的に捉えているからです。どうして、このように断片的にとらえるのか、その理由を考えてみれば、これまでの専門家による片頭痛の解釈にあります。
 現在では、専門家によれば、片頭痛は原因不明の”不思議な・神秘的な”遺伝的疾患とされ、これが一般的な常識とまでされています。


 なぜ、このようになっているのかは前回の「片頭痛の正しい知識」で述べました。


 日本の医療制度は、厚労省、医者(専門家)、業者(製薬会社)の3者によって決められているのが原則であり、医師が診療の指針とされるガイドラインもこの3者によって作成され、実際は製薬メーカーが作って、薬漬け医療を、全国の医師に“指示”しているのが実情です。このような利権トリオによって牛耳られています。
 このようにして、この3者の利害が一致するものが「正しい知識」とされています。


 前回の「片頭痛の正しい知識」でも述べましたように、現在の「臨床頭痛学」は「片頭痛中心の頭痛学」でしかありません。
 専門家は、「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な基準(教義・教典)とされます。この国際基準の生い立ちはトリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者が作成したものです。
 この「国際頭痛分類 第3版β版」では、”片頭痛と明確に定義された”「国際頭痛分類 第3版β版」の基準に合致しないものが緊張型頭痛とされ、いわば緊張型頭痛は”ゴミダメ”的な性格の強い頭痛とされ、専門家の間では、極めて”取るに足らない頭痛”とされています。
 片頭痛治療の世界にトリプタン製剤が導入されて以来、緊張型頭痛と片頭痛はまったく別の範疇の頭痛とされています。


 専門家は、緊張型頭痛も片頭痛も本来なら脳のなかに異常のない慢性頭痛(一次性頭痛)であるはずのものが、片頭痛のときに起こる脳の変化(閃輝暗点)が、PET、MRI(BOLD法)といった脳の新しい方法で、脳の病気が画像として確認されたことから、、”頭痛持ちの頭痛”といわれるもののなかに「頭痛そのものが”脳の病気”」であることがわかってきたとされています。


 そして、片頭痛の研究も、その病態を各種のトリプタン製剤の作用機序からのみ行われてきた結果、諸々の問題点が浮上してきたことから、脳のなかに異常のない頭痛と”定義”される片頭痛が、”片頭痛発生器”というものを脳幹部付近に想定することによって、”中枢性疾患”という脳のなかに異常のある頭痛とまで、”基本的な定義”さえ覆されています。


 このようにして、片頭痛にしても緊張型頭痛も「脳のなかに異常のない頭痛」であると定義されていたものが、片頭痛は緊張型頭痛とまったく一線を画した「別個の頭痛」とされています。このように緊張型頭痛と片頭痛は無関係とされています。


 そして、専門家は、これまでこのような本来”「脳のなかに異常のない」慢性頭痛(一次性頭痛)とは一体何か”といった謂わば禅問答にも等しい概念もなく、例えて言うならば「海図・羅針盤」のも等しい考えもなく頭痛研究を行ってきたために広大な荒海をただ漂流し、彷徨うだけでしかありませんでした。
 専門家は、片頭痛治療の世界にトリプタン製剤が導入されたことによって、すべてトリプタン製剤を中心に据えて、物を考えてきた結末として、本来、脳のなかに異常のない頭痛である片頭痛を、「頭痛そのものが”脳の病気”」とか”片頭痛発生器”というものを脳幹部付近に想定する、”中枢性疾患”といった支離滅裂な・迷路にも等しい思考過程を辿ってきたということです。
 それも製薬メーカーの作成した「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な基準(教義・教典)としたことによる結末でしかありません。 
  このように専門家は 製薬メーカーによって、医学研究をコントロールされ、製薬業界に依存してきた結果に過ぎないことになります。


 このような事実があるにも関わらず、専門家は気づかれることはありません。
 その結果、緊張型頭痛の患者さんは無視されてきました。このことは、これまでもブログで明確にしてきました。


  片頭痛中心の頭痛医療・・混迷を深める頭痛医療
   
https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12263430814.html

  

  無視される緊張型頭痛患者さん・・その結末は
    
https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12296268443.html


 先述のように、専門家は、このような日常的に感じる極く軽度の頭痛、緊張型頭痛を全く無視されます。
  そして、専門家は「国際頭痛分類 第3版β版」を遵守されるため、「体の歪み(ストレートネック)」と頭痛はエビデンス(科学的根拠)なしとされます。
 さらに、「体の歪み(ストレートネック)」といった概念そのものがありません。
 ですから、頸椎X線検査を仮に行ったとしても、「体の歪み(ストレートネック)」そのものの診断基準がありません。このため診断すら下せないことになっています。
 こういったことから、「体の歪み(ストレートネック)」に対処する”スベ”をまったく持ち合わせていないことになります。
 このため、「国際頭痛分類 第3版β版」の診断基準で、緊張型頭痛と診断しても、「体の歪み(ストレートネック)」の存在そのものが念頭にないため、筋弛緩薬・抗不安薬・血流改善薬などのお薬で対処するしかありません。
 しかし、このようなことでは、「体の歪み(ストレートネック)」は徐々に形成され、先述のような生活習慣が加わることによって、慢性頭痛は増悪の一歩を辿ってきます。


 結局、日常的に感じる極く軽度の頭痛、緊張型頭痛の段階で、適切に、薬を使うことなく、「体の歪み(ストレートネック)」を改善・是正させないために、隠れ”片頭痛の遺伝素因”があれば、必然的に、片頭痛を醸成・熟成させることになります。


  これまで、緊張型頭痛の患者さんは筋弛緩薬・抗不安薬・血流改善薬などのお薬でしか対処されませんので、根治に至ることはなく、医療機関を相手にされなくなります。このようにして、緊張型頭痛の患者さんは医療機関を敬遠されるため、このことからも専門家は、医療機関で治療せずとも治ってしまい、取るに足らない頭痛と短絡的に考えることになっています。現実には、緊張型頭痛の方々は、片頭痛と同様に簡単には根治することはありません。取るに足らない頭痛と考えるのは、このような浅はかな専門家だけであり、緊張型頭痛の患者さんから相手にされていないために、専門家は「簡単に治る」と思いこんでいるに過ぎません。このように見解の差があり、現実には、カイロプラクター・整体師・鍼灸師を受診されています。
 こうしたことは、ムチウチ患者さんにも言えることであり、「国際頭痛分類 第3版β版」の基準では、ムチウチ受傷後7日以内でなければ、ムチウチとの関連はないとされていることから、こうした方々は慢性頭痛で苦労されることになっています。
 専門家は、「「国際頭痛分類 第3版β版」を遵守するために、体の歪み(ストレートネック)」と頭痛の関連性をまったく否定されます。
 このように専門家が、「国際頭痛分類 第3版β版」を金科玉条のものとされることから、「体の歪み(ストレートネック)」の存在意義そのものを認めることがないため、こうした緊張型頭痛やムチウチ患者さんを苦悩のどん底に陥れることになっています。しかし、専門家はこのような事実を認識しません。
 さらに、片頭痛でも「体の歪み(ストレートネック)」は重要な位置を占め、脳過敏・閃輝暗点の原因になったり、片頭痛の慢性化にも関与しています。


 以上のように、専門家は、慢性頭痛とは一体何なのかを考えることもなく、信じるのは製薬メーカーの作成した「国際頭痛分類 第3版β版」だけしかありません。このような頻度的にも極めて多い緊張型頭痛を無視することから、慢性頭痛の全体像が掴めないことになっています。
 ということは、専門家は、片頭痛患者さんのことしか頭にはなく、「国際頭痛分類 第3版β版」といった人為的な分類に雁字搦めにされることによって、思考過程が極めて制限されることになっています。このようなことを反省しなくてはなりません。


 また、片頭痛は専門家によって「片頭痛は病気です。病気ですから、医療機関を受診して、片頭痛を治療して、治しましょう」と言って片頭痛患者さんに医療機関への受診を勧め、しきりにマスコミを通じて、片頭痛患者さんを病院に誘導してきました。
  本来であれば、寝込むことなく「生活の質QOLを高めて、健康寿命を長くさせる」ことが目的であったはずのものが、片頭痛発作時に毎回、トリプタン製剤を服用しておれば、片頭痛が治ってしまうとか、片頭痛の”適切な治療”とはトリプタン製剤を服用することという専門家まで出現してきました。
 そして、現在の片頭痛治療方針では、発作急性期には各種のトリプタン製剤を使い分け、発作間歇期には各種の予防薬を”適切に”選択すべきとされ、これで片頭痛の治療体系は確立されたとされています。
 このように「薬物療法」がすべてであり、片頭痛という辛い痛みだけを軽減・緩和させることに主眼が置かれ、このようにしておれば、いずれ3割前後の方々は治癒していくとされています。
  ところが、専門家が片頭痛の特効薬とされるトリプタン製剤を、いくら片頭痛発作時に毎回服用しても、逆に、全体の3割の方々は、片頭痛は悪化し、慢性化してきます。なぜ、このような結末に至るのかは、不明とされます。
 このように、これまで”慢性頭痛”治療の世界では、各種の諸々の薬剤によって、ただ単に”頭痛という痛み”さえとれば、これで”一件落着”(万事が解決した)と安易に考えられてきました。
 すなわち、従来から、頭痛があれば、まず市販の鎮痛薬を、これでダメなら病院での鎮痛薬NSAIDs、これで効かなければエルゴタミン製剤を、これでも効かなければトリプタン製剤が勧められてきました。このように段階的に、”鎮痛薬”の服用が推奨されてきました。
 そして、最後の”砦”とされるトリプタン製剤は片頭痛の”特効薬”とされてきました。トリプタン製剤は確かに鎮痛効果は優れています。しかし、これをいくら飲まれたからといって、片頭痛そのものは根本的に治ってしまうことはありません。大半の方々は、一生、トリプタン製剤のお世話にならなくなっているのが実情で、結局、頭痛を起こす原因に対処していないためこのような結果になっているということです。


 現在、使われているトリプタン製剤や予防薬はあくまでも”補助的手段”でしかなく、”対症療法”でしかありません。


  この点が最も大切なことであり、”くすり(トリプタン製剤)”さえ飲んでおれば、片頭痛が治ってしまうことはなく、専門家の言われるようにトリプタン製剤は片頭痛の特効薬でも何でもないことは、前回の「片頭痛の正しい知識」で明らかに致しました。


 以上、専門家の考えるように、「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な基準(教義・教典)とすることでは限界があることは明白なことです。
 このような製薬メーカーの作成したものを”絶対的な基準(教義・教典)”とすること自体が製薬メーカーの軍門に下り、頭痛研究そのものがコントロールされ、真実まで辿り着くことはあり得ないことは馬鹿でも理解できることです。

 こういったことから、頭痛という生身の人間が感じる現象を論じる学問である「臨床頭痛学」は、あくまでも自然科学の立場から論じていくことが極めて重要になってきます。
 このような理由から前回は「片頭痛の正しい知識」という小冊子を作成しました。
 このような正しい知識を基にして、私達・慢性頭痛(とくに片頭痛)でお悩みの方々は、こうした慢性頭痛の治療を進めていくべきです。決して、断片的な知識ではなく、すべて理路整然と理論立った考えで治療を進めていかなくてはなりません。そうされませんと治るべきものが治らないことになってしまいます。
 今回は「慢性頭痛 治療の進め方」です。最初の第1章で、前回の「片頭痛の正しい知識」のまとめとして、慢性頭痛のなかで片頭痛とはどのように理解すべきかを述べました。
 

 脳のなかに異常のない緊張型頭痛も片頭痛も、本来であれば、東洋医学でいう”未病”の段階にあり、このような”未病”とされる病態は、本来、生活習慣の問題点から引き起こされ、ここから病気へと進展するものと考えられています。
 このように、”脳のなかに異常のない”「慢性頭痛(一次性頭痛)」は、東洋医学でいう”未病”の段階にあり、すなわち健康と病気の中間に位置しており、この”未病”は本来、生活習慣の問題点から引き起こされ、ここから病気・難治性の頭痛へと進展するものです。
  このような意味合いから、”未病”の段階にある、慢性頭痛とは「健康的な生活」を送ることを阻害する”生活習慣”に根本的な原因があります。


 ここでは、日常的に感じる極く軽度の頭痛・緊張型頭痛から、ミトコンドリアの働きの悪さという”遺伝素因”を基盤として、ミトコンドリアの働きを悪化させるような、「健康的な生活」を送ることを阻害する生活環境および生活習慣が次々に追加されることによって、最終的に「酸化ストレス・炎症体質」が形成されることによって、片頭痛へと進展していくものです。このように進行性疾患です。このように述べました。
 そして、「ホメオスターシス(自然治癒力)」の観点から慢性頭痛は考えていくべきです。


 結局、日常的に感じる極く軽度の頭痛の段階から適切に対処することが大切です。この段階から片頭痛への移行を阻止することが重要です。
 女性の場合、初潮を経験する時期に、いきなり片頭痛の形から発症することも多いのですが、この段階から”適切に”対処しなくてはなりません。
 専門家の勧めるように、このような段階からトリプタン製剤だけを服用して経過をみることは厳禁であり、この段階から適切に対処しなくてはなりません。
 そうされませんと、年々、片頭痛は増悪するだけのことであり、対処が遅れれば、遅れる程、「根治させるまでの道のり」は遠のくだけであるということを知っておく必要があります。
 多くの場合、40歳前後まで、何も対処することもなく市販の鎮痛薬だけで痛みだけを押さえていますと、取り返しのつかなくなることを覚悟しなくてはなりません。


 要するに、片頭痛はあくまでも、日常的に感じる極く軽度の頭痛の段階から適切に対処することによって、予防すべき頭痛です。


 「慢性頭痛 治療の進め方」を最後までご覧頂ければ、専門家がなぜ「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な基準(教義・教典)とされるのかが理解されるはずです。
 「国際頭痛分類 第3版β版」では、”片頭痛と明確に定義された”「国際頭痛分類 第3版β版」の基準に合致しないものが緊張型頭痛とされ、いわば緊張型頭痛は”ゴミダメ”的な性格の強い頭痛とされ、専門家の間では、極めて”取るに足らない頭痛”とされています。このように全く無視されています。
 このように片頭痛と緊張型頭痛が全く別の範疇の頭痛と考えさせるようにしています。
 本来、”未病”の段階にある、片頭痛と緊張型頭痛の慢性頭痛とは「健康的な生活」を送ることを阻害する”生活習慣”に根本的な原因があります。
 健康的な生活を送るためにはミトコンドリアが重要な鍵を握っています。
 このように片頭痛は、ミトコンドリアの機能の低下によって起きる頭痛です。


 現在では、ミトコンドリアを治すものが”病気を制する!”とされています。 この事実は、医学界では何十年もタブーとされてきました。
 オットー・ウォーバーグが”ワールブルグ効果”を発表した時には、この事実がわかったのですが、製薬会社や医者の利益を守る為に封印されてきました。


 「国際頭痛分類 第3版β版」は、その生い立ちを考えれば、トリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者が作成したものです。
 これを専門家は、国際頭痛学会が作成した世界で最も権威あるものとされ、これを頭痛診療および頭痛研究の絶対的な基準(教義・教典)としています。
 このようにして製薬メーカーは、専門家を支配下におくことになっています。
  このため、片頭痛と緊張型頭痛はまったく別の範疇の頭痛とされることによって、緊張型頭痛と片頭痛は、一切、連続した頭痛と考えることはなくなり、予防などは論外とされ、日常的に感じる極く軽度の頭痛・緊張型頭痛から片頭痛へと容易に醸成・熟成されることになっています。
  このようにして、製薬メーカーと厚労省、専門家の医師の共通の利害が得られ、利権トリオを称される所以(ゆえん)になっています。
 このようにして、「片頭痛の正しい知識」は闇に葬むられることになっています。
 しかし、このようなことはあってはならないことです。

 

 

                  慢性頭痛 治療の進め方
                                  
                        

 

                                    目次

 

はじめに


第1章 「慢性頭痛」とは


 第1節 頭痛には、2つの原因があります


 第2節 慢性頭痛発症の概略


 第3節   具体的に、慢性頭痛はどのようにして起きるのでしょうか


  第4節 ミトコンドリアを弱らせる要因


 第5節 酸化ストレス・炎症体質の形成過程


 第6節 後天性ミトコンドリア病


 第7節 これまでの述べたことをまとめておきます


第2章 自然治癒力を高めるためには


 第1節 自律神経を整えるためには???・・

 

  第2節 「オメガ3」と「オメガ6」のバランス


 第3節 腸内環境を整える


第3章 「健康的な生活」 を送るために


 第1節 姿勢に対する配慮

 
  第2節 運動不足にならないようにしましよう


  第3節 バランスのよい食事


第4章 ミトコンドリアの機能を回復させる


 第1節 マグネシウムの問題


  第2節 ビタミンB2


  第3節 鉄の補充を常に念頭に・・・鉄分不足と女性

 

 第4節 睡眠は十分とりましょう


  第5節 抗酸化食品をしっかり摂取する


  第6節 食べ過ぎ・過食はよくありません


  第7節 運動不足は厳禁です


  第8節 早食い・ドカ喰い・・インスリン過分泌を防ぐ


  第9節 デトックスを心掛けましょう


  第10節 薬剤による影響


  第11節 必須脂肪酸の摂取のバランスをとる


  第12節 ミトコンドリアを活性化する9つの習慣


第5章 脳内セロトニンを増やす


   「セロトニン神経の活性化」の原則


   (1)早寝早起きの規則的な生活を心がける
   (2)太陽の光を浴びる
   (3)リズミカルな運動をする
   (4)食事をする際に、よく噛む
    (5)グルーミングという「人とのふれあい」
    (6)食事によって「脳内セロトニン」を増やす


  「セロトニン生活」の効果が現れるまでは最低3カ月は必要です!!!


第6章 体の歪み(ストレートネック)の是正


  ストレートネックの治し方


  ストレートネックを治すには・・
  
  ストレートネックを解消するにはどうすればいい?


      「あご引きエクササイズ」を行うのを習慣にして下さい
       首や肩に負担をかけないパソコンとの付き合い方は?
      「簡易版・首の関節包内矯正」のやり方は?
      「簡易版・腰の関節包内矯正」のやり方は? 
       仙腸関節のストレッチ
       内田信友先生による「N.H.R.頭痛解消法」


    1.背骨を伸ばす
    2.肩首のスットン体操と首周囲・頭のマッサージ
    3.両手振り運動


第7章 片頭痛体質改善のための「3つの約束」


   1.悪い植物油(市販のサラダ油など)や加工油(マーガリンなど)をとらない


    2.「万能健康ジュース」


    3.「ラブレクラウト」


  片頭痛体質改善のための「3つの約束」


  ◎健康ファイル 片頭痛が日に日によくなっていきます 


第8章 お薬を服用される際の考え方・注意点


   トリプタン製剤


   エルゴタミン製剤


   予防薬について


第9章 慢性頭痛治療の進め方


 1.慢性頭痛の起点は日常的に感じる極く軽度の頭痛・緊張型頭痛


  2.片頭痛に移行してしまえば、まず、生活習慣の見直しが必要になります


  3.実際、片頭痛はどのように治療を進めるか


おわりに

 

 

 
     「慢性頭痛 治療の進め方」  ダウンロード版です
         
http://taku1902.jp/sub550.pdf

 


   以上をご覧頂き、慢性頭痛のなかで片頭痛がどのような位置付けがされ、緊張型頭痛との相違点を把握し、その上で、慢性頭痛を改善させるためには何が必要なのかを理解することが大切になってきます。
 ということは、緊張型頭痛も片頭痛でも行うべきことは共通しており、片頭痛の場合はとくに重点の置き方が異なっているだけのことです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

たくさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。