歯科衛生士の中村です。

勉強会に参加致しました。

 

CASE:1

矯正治療で使うマイクロインプラントについて、

症例を拝見しながら使い方や注意点などを教えていただきました。

部分的歯牙移動をするケース:下顎左右7番を抜歯し、

両側8番を近心移動する目的でマイクロインプラントを使うという症例でした。

 

マイクロインプラントを6番近心に埋入し、

プラス6番を固定源とし引っ張りましたが、

固定源が少なくアンカーロスを起こし、6番が圧下しました。

臼歯をひっぱり動かすにはかなりの力が必要なので、

この場合は、固定源を多数歯に求めたほうが良いとのことでした。

セクショナル(部分矯正)は、簡単ではないということがわかりました。

 

アンカー=固定源

アンカーロス=動かしたくない歯が動くこと

 

CASE:2

態癖のある混合歯列期男児 矯正治療症例

上顎歯列不正や左右のズレがありました。

上下顎咬合面観を見ると、右上2.3クラウド、

左上下の歯列が舌側に入っているので、左からの態癖を疑います。

上顎1.1が正中より右にズレてみえる、

そのため上顎6.6の位置に左右差があるようにみえます。

この症例で学んだことは、上顎咬合面観写真の見方です。

正中口蓋縫合は曲がっていたりすることがあるということと、

上唇小帯は上顎前歯1.1番に合わせて付くので、

正中の目安にはならないということです。

それを踏まえこの症例を診ると、

上顎左右の6.6番の位置は、左右差があるように見えますが、

臼歯関係はそんなにズレていないという結果になるということでした。

 

森田先生プレゼン「咬合平面の斜面を伴った一症例」

左右差、前後的な差を矯正治療していくことの難しさをお話いただきました。

所見:

顔貌口角左上がり、左クレンチング、左臼歯てい出、

下顎左にズレ、バイトが深い

左下5番インプラント、左下7番欠損

右下4番先欠

右アングルⅠ級、左アングルⅡ級

右上1.6.7と左上2.5失活歯、右上近心根抜歯

 

パントモで右上6.7.8と右下6.7.8が、近心傾斜しているので力がかかっていそう

側貌セファロで顔が下向きになっており、

気道が狭く、逆彎曲頚椎、アングルⅡ級

MRIで、左は非復位性関節円板前内方転位、右復位性関節円板前方転位でした。

しかし左にはクリックを認めたとのこと

 

診断:顎関節症を伴った骨格性Ⅱ級、父方遺伝的要因と生活習慣を含んだアングルⅡ級症例

 

RP(TP)で治療の方向性を探り、スプリント、OCC、

アライメント、ASBP、バイトタブ、ブラケットで治療を進めていく

治療後、セファロにて気道が広がり、

頚椎も逆だったのがストレートになり戻ってきた

舌骨があがったなど良い結果が得られた

ただ関節円板の位置に影響しているのか、

咬合平面の左右差の改善は想定していたようには行かず左下がり、

咬合平面の改善は難しい経過をおっているとのことでした。

 

顎位の偏位症例は難しいが、咬合平面が歪んでいる症例はさらに難しい

とおっしゃっていました。

 

先生のアドバイスとして、

拡大をしたあとにOCCをした方が顎位は安定するとのことでした。

 

全体を通して、難しい症例を治療する場合、

予想と反することが起きてもさまざまな手法手札を用い

修正していくことが大事だと教えていただきました。

今回はマイクロインプラントの治療の仕方などを学ぶことができてよかったです。

また態癖によりさまざまな歪みが起こるので、

子供に対する態癖指導の大切さや、

大人に対しても態癖指導をしていくことが大切だと思うので、

これからも取り組んで行きたいと思います。

 

歯科衛生士 中村由希子

こんにちは、代々木八幡・代々木公園の吉富歯科医院、副院長の下井一浩です。

 

2月21日、PHIJ(Perio Health Institute Japan)主催のウェブ講演、Update Meetingを受講させていただきました。

朝から夕方まで、歯周病の治療・根管治療・噛み合わせの治療など多くの分野に関しての講演がありました。

演者の先生方はそれぞれの分野のスペシャリストで、ディスカッション含めとても勉強になりました。

 

今回1番印象に残ったのは、「Battle of WHY: イエテボリ vs コロンビア vs インディアナ」という演題です。

一つの症例に対して異なる治療法を先生方が選択し、どうしてその治療法を選んだのかということを検討するものでした。文献を基に、WHY ; 根拠 を明確にして発表されていたので、とてもわかりやすかったです。

どの治療法であれ、お口の健康に対して患者さんに理解、協力してもらうこと(歯ブラシ頑張る、メインテナンスに通う)が最も重要だと先生方が口を揃えておっしゃっていたことが印象的でした。

 

患者さんにとって何が幸せになるのか常に考えて臨床し、治療が終わったら終了ではなくメインテナンスで一緒にお口から全身の健康に携わっていきたいと思いました。

 

 

 

代々木八幡・代々木公園の歯医者 吉富歯科医院
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-53-2
レオマックビル2階・3階

http://yoshitomi-dental.com

TEL:03-3466-4182

 

中島先生発表「セレックシステム 形成の違いが及ぼす修復物の精度について」

 

セレックのメリット:

印象時の不快感の軽減、コストが安い、時間短縮、作業の効率化

 

デメリット:

メタル光が反射しやすい、3次元的ではないので精度が劣る、色調の再現が難しい

 

ポイント:

形成の形、角度により、補綴の適合が変わってくる、

マージン部の適合状態により破折につながったりする、

基本的に縁上の形成にする(縁下の光学印象は困難)、

単純な形態にする、接着材(パナビアV5)が重要なポイントである

 

学んだこと:

セレック用の形成の仕方がありました。

バーの種類や、切削の角度を90度にして、単純な形に形成することで、

破折も避けられ、補綴物の適合がよくなって精度が上がることが分かりました。

セレックの場合、接着剤が重要であるということも教えていただきました。

将来的には、光学印象の技術が上がっていき、

主流になってくるであろうということでした。

 

 

 

森田先生講演「長期維持安定を目指す~歯冠修復偏~」

 

先生の開業時から現在までの長期症例を拝見し、大変勉強になりました。

 

先生は、顎口腔機能の長期安定ということを目標に診療されおり、

機能の安定+メンテしやすい口腔内環境+審美的にもよい状態、

この3つがそろって初めて長期安定につながるとおっしゃっていました。

 

一人の患者様の長期症例から、

先生が治療で悩み苦しみながら現在の治療体系を築かれたことをお示しいただきました。

 

主訴の解決はもちろんなのですが、解決のためには主訴部位だけではなく、

もっと広い目で(全身単位)患者様を診て、主訴に至った原因を探らなければ、

本当の主訴の解決にならず、一部分だけ治しても時間の経過とともに再び壊れ、

悪くなることが分かりました。

 

全身単位での咬合再構成を行って、

歯周治療、根管治療、補綴治療など丁寧に行った結果、

長期にわたるメンテナンスでトラブルなく維持できている症例で、素晴らしかったです。

私も自身の診療で視野を広く、丁寧に行っていこうと思いました。

 

 

歯科衛生士 中村由希子

AOBミーティング

筒井照子先生、筒井歯科歯科衛生士ご講演

 

力のコーディネーターの役割:

1. 顎口腔系に悪影響を及ぼす力について患者様にお伝えし理解していただく

2. 良くない力は取り除けるものは取り除く

3. 口腔、全身が永く健康で維持できるように働きかける

患者とドクターとをつなぐ役割

 

非機能的な力は隠れていてわからないので、患者から聞き出し、見つけ出す

 

症例:56歳女性 主訴:下の前歯が削れてる、良く噛めない

 

所見・症状→原因:

切端咬合、上顎1,1が伸びだし、歯肉が薄い→上口唇巻き込み(口唇タイト)

左咬筋の張り、左口角上がり(左奥に下顎が押し込まれている)

→右からの態癖、左クレンチング

いびきをかく→下顎が後退し、気道が狭くなっている

 

RPは右前、日常生活習慣で体をひずませ下顎をずらしている状態

 

ICP=習慣性咬合位…この位置で治療しても治らない

治療のゴールは生理学的咬合の下顎位(RP)にすること

 

RP…全身、顔のバランスが良くなり、筋肉の凝りや頭痛などの全身症状が取れる

 

治療経過:態癖指導、スタビリゼーション型スプリントを1か月いれ、RPを探す

→アムステルダム型ミニスプリントを入れ、臼歯を挺出させる

→上顎前歯が唇側に出て、バイトアップしたところ(トータル2か月)で、

アライナーで歯列矯正

 

ブラキシズムは、

1. グラインディング

2. クレンチング

3. タッピング

の三種類があり、咀嚼筋が何らかの理由で異常に緊張して、

機能的運動とは関係なく、すり合わせたり、くいしばったりする習癖をいう

 

下顎が後ろに行くと、筋肉が緊張して悪くなり症状が出る

軟スプリントは、クレンチングを悪化させる

 

 

症例:2020.6初診39歳女性

主訴:口を開けると左顎が痛い、開けにくい

 

所見:左口角上がり、口唇茶色、左VD低下、

上顎側方歯群舌側傾斜(右が強い)歯列狭窄フラット化、

MO26mm、開口時左クリック

 

MRI:右非復位性関節円板前方転位Ⅲb、左復位性関節円板前方転位Ⅲb

 

原因の態癖:睡眠中のくいしばり、口唇咬む(以前ホルンを吹いていた)、

左右横向き寝(右下多い)、左頬杖、バックの右かけ、左を向いて食事をしている

 

態癖指導:横向き寝してもいいが、枕が口腔部位に当たらないようずらす、

右を向いて食事する(右咬み指示)、バックを左右均等にするかリュックにする

 

※小冊子をみてもらいながら、一緒に態癖を探す

 

治療経過:

スタビリスプリントとリシェイピング(はまり込みの形態修正)を行うと

開口量が増え、下顎が前に出た、顎関節への負荷を軽減

 

患者さんへの説明と対応:

スプリントを使うと一時的に噛めなくなることを説明する、

患者様へ態癖の説明をして、態癖に気づいてもらい、理解を得る、態癖指導をする

 

感想:

一日を通して症例発表を拝見しました。

各医院の治療への取り組み方や病態の見方、治療方法など大変勉強になりました。

炎症のコントロールプラス力をコントロールすることで、

治療を円滑に進め、症状がとれていく症例をたくさん拝見できて、勉強になりました。

 

 

歯科衛生士 中村由希子

 

 

 

第19回AOBミーティングに参加させて頂きました。

筒井照子先生 ご講演

 

「力のコーディネーターが育ってほしい」

患者さんに口腔に関わる「力」を理解していただき、

良くない力は取り除き口腔が永く良好な状態でいられることを目指す。

歯科衛生士は歯科医と患者さんの架け橋となる。

 

<体癖>

1.広義 体全体

2.狭義 顔にかかる力 中下顎面より下

3.口腔周囲筋のアンバランス

 

症例①

主訴  下顎前歯が削れる

写真 問診から読み取る力をつける。

この場合本来の下顎位が前であることを訴えている。

下顎位が決まらないと、歯列も歯牙も決められない。

習慣性の下顎位(ICP)に騙されない事。

・ICPとRPでは口唇ラインは差異がある。

 

症例②

主訴  ブラッシングは上手にできているのに下顎唇側歯肉が腫脹する。

問診から理由をさぐる。

テレビを見ながら1時間位歯ブラシを右側にくわえていることが多々ある。

くわえることにゆり歯肉がうっ血し、血流が悪くなる為歯肉が腫脹する。

悪習慣をやめてもらう。

・炎症と力のコントロール

炎症は単純でわかりやすいが、力は複雑でわかりづらい。

炎症と力のコントロールは歯科衛生士の仕事である。

 

症例③

主訴 前歯のクラウドを治したい。右顎関節からビキビキ音がする。

・体癖による歯軸傾斜、アーチの変形→顎位の偏位→顎関節症へ

体癖は患者さん自身で注意してやめてもらう事が重要。

・スタビリゼーション型スプリント

 下顎の位置を正しく戻す

・スポット 高口蓋の人はやりづらい

 

・安静に空隙の指導

口腔衛生指導と同タイミングに行なうとよい。

薄紙一枚あける程度に。

ツールを作っておくと時間短縮になる。

その他ご家族に注意してもらう、体癖ダメシールなど、

習慣化し継続できる様に環境を整える。

 

感想

問診や写真から読み取れることは沢山あり、

そこから問題を解決していく力をつけるために、

一つ一つ考えながら歯科衛生業務にあたっていきたいと改めて感じました。

 

 

歯科衛生士 芦澤真理

2021.1.16 F.O.S.S.A zoom会議に参加させていただきました。

 

症例相談をいくつか拝聴させていただきました。

 

症例1

主訴:右上3の捻転を治したい

治療方法:上顎に細いワイヤーをつけ、リガチャーワイヤー、

パワーチェーンを共に弱い力でワイヤーを固定

問題点:上下の歯列がかなり傾いてしまった

<ここでのポイント>

マルチブラケットをつけるときは固定源を決めて、

ワイヤーの太さ、種類を考え装置しなければ歯は理想的に動いてくれない。

 

*舌の力、噛み締め、体癖などが歯を動かしている。

過蓋咬合の例で、臼歯バイトを上げるためにFKOを入れたが上がってこない。

なぜか?→異常嚥下癖により、舌を挟み込むクセがあったため。

異常嚥下癖(例えば咬舌癖)を残して歯を動かすと後々大変な事が起こってしまう。

口腔内をみるとき、医療面接をする際は常に「なぜ?」を考えながら進まないと、

上手くいくはずのものも、途中で滞ってしまう事があるため注意が必要。

 

*過蓋咬合の原因

・遺伝

・上口唇の巻き込み、両手で肘をつき下顎を押し込む

 

*FKO

FKOは上下顎の前後的関係を治すために使用。

顎を正しい位置で保定。ワイヤー装置とは異なり筋肉の機能を矯正力とし利用する。

適応症:下顎劣成長を伴う上顎前突

    下顎前突(骨格的な下顎前突には使用不可)

唇側線は口唇圧排除の役目となる。

 

*部分矯正

部分矯正とは気になる部分だけ限局して行う矯正方法

適応症:臼歯の噛み合わせが問題ない方で、前歯のカタツキを治したい

デメリット:適応外での部分矯正は噛み合わせが変わってしまう危険性がある。

 

せっかく長い期間と費用をかけて矯正をしていても、

悪癖により治療が上手く進まないのは患者さんにとって辛いことだと思います。

習慣は中々やめられる事ではないですが、

長い治療期間を乗り切るためのお手伝いをしていけたらいいなと思います。

そしてMFTで改善される噛み合わせに関して、

気付いて働きかけができる様に今後勉強をしていきたいです。

 

歯科衛生士 芦澤

 

 

 

矯正治療中の症例相談を拝聴いたしました。

 

矯正治療のポイント:

マルチブラケット治療の場合、固定源をしっかりと求めること。

ワイヤーの太さや締め方、パワーチェーンの使い方で歯の移動の仕方が変わる。

 

部分矯正の適応かどうかの見極めは非常に大切である

→写真だけだと細かいところまで咬合関係がわからないことがある、

必ず模型で診断すること、

また口腔内だけでなく顔貌全身を合わせて診ることで、

左右のゆがみや顎関節異常咬合の不調和を見落とす可能性が低くなる

顎関節症やはまり込みや左右差がある状態で

前歯部だけを部分矯正しても臼歯関係が変わり治せない、状態が悪くなる

 

セファロを撮るときは、唾を飲み込むよう指示する

→異常嚥下がある場合、正常像にならないことがある

 

口腔悪習癖を残したまま、矯正治療を行ってもうまく治らない、順調に進まない

たとえば、過蓋咬合混合歯列を拡大床にて上下拡大を行っても、

舌を上下歯の上に挟む舌癖があると臼歯の挺出は起こらない

口唇の巻き込みがあると前歯の舌側傾斜は治らない

 

医療者側が患者さんを診る目を的確にもつこと、

病態として何が起こっているのか、

なぜ現在の形態になりなぜ症状が起こっているのかを

見極める力が大切であるということ。

「なぜ」ということを常に念頭に置き診療することとおっしゃっていました。

適応症例に適切な処置を行い、最短で患者さんを治すことを目標にすること、

生活習慣の改善は患者様の協力が不可欠であること、

そのためには患者様との信頼関係の構築が大事であること。

難症例の場合は専門医の紹介も必要であることなど、

様々なケースを拝見し、学ばせていただきました。

 

歯科衛生士 中村由希子