受験専門の心療内科 東大赤門 吉田たかよし

  



 


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

医者だけが知る試験のケアレスミスの防ぎ方!トンネルビジョン効果とは?

 
 

受験の心療内科

 

テストのケアレスミス原因はトンネルビジョン効果

 

 

 

 

今日は試験でのケアレスミスを防ぐために、ぜひ知っておいていただきたい「トンネルビジョン効果」についてです。

 

これは、大半の受験生がご存知ありませんが、試験の成績に大きな影響を及ぼすことがわかっています。

そこで、「トンネルビジョン効果」についてわかりやすく解説し、誰でも簡単にできるその対策もご紹介します。


トンネルビジョンとは、狭い視野になってしまい、全体像が見えなくなる現象のことを言います。

 

トンネルに入ると、周囲は真っ暗でよく見えませんが、先の出口の部分だけは明るいので、その部分だけを注目しがちですよね。

このように一部だけに気を取られ、周囲については注意が向かなくなることを、トンネルに入ったときの見え方に似ているという意味で、「トンネルビジョン」と名付けられました。

 

 

受験生ご自身は意識していないかもしれませんが、試験を受けているとき、「トンネルビジョン効果」は大なり小なり、ほぼすべての人に生じています、

 

問題全体を把握する代わりに、一部分に意識や視点が固定される・・・。

その結果、大切な要素を見落としてしまう・・・。

そんな経験が一度もないという受験生はいないと思います。

 

 

受験生を専門に診療している私の心療内科クリニックでは、ケアレスミスも重要な検査項目です。

 

志望校への合格を勝ち取る上で大きな障害となるのは、大切な試験であればあるほど、逆に「トンネルビジョン」によってより失点しやすいということです。

実際、こうした傾向があることは、分析を行うとデータとして出てきます。


どうして大切な試験であるほど、「トンネルビジョン効果」は生じやすくなるのか?

その理由は、プレッシャーや不安を感じる状況で「トンネルビジョン効果」が増加しやすいという性質を持っているからです。

 

試験を受けているときは、体内でストレスホルモンのコルチゾールが増加します。

これが脳に作用し、その結果として脳は無意識に視野を狭くし、細部に焦点を当てるという構造になっているのです。

 

これは人類の進化の過程で獲得した、危険を察知して生存するための機能なのです。

肉食動物の牙など、私たちの命を奪いかねない危険な一部分に脳のすべてのリソースを動員して集中し、そのぶん、それ以外の部分については、注意のレベルを多少落とすほうが、生き延びるために役立ったのです。

 

しかしながら、現代に生きる私たちが、入試などのテストを受けるときには、この「トンネルビジョン効果」はむしろ邪魔になるだけです。


では、受験生にはとっても困るケアレスミスをなくすため、「トンネルビジョン効果」を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

認知科学の研究によって、その対策が明らかになってきました。

やるべきことは、姿勢と眼球の動かし方にあります。

 

 

これは基本中の基本ですが、まずやるべきことは、背筋を伸ばして猫背にならないようにすることです。

 

多くの受験生が試験を受けているときは、猫背になって問題用紙に目を近づけています。

何度しても点数を稼ぎたいという熱意の現れなのはよくわかりますが、結果としてはケアレスミスを増やすので逆効果です。

 

「トンネルビジョン効果」は目の中でピントを合わす働きをしている眼内筋という筋肉の収縮と連動しており、問題用紙に目を近づけると「トンネルビジョン効果」が高まることがわかっています。

だから、背筋を伸ばして問題を解いたほうが、ケアレスミスの予防に役立つわけです。

 

 

ただし、目を離すだけではなく、適切に視線を移動させることが必要なのですが、このとき、ちょっとしたことを心がけるだけで全体像を把握する能力が大幅に高まります。

これについての詳しい解説は、クリニックのホームページ「受験生のケアレスミス解消:テストでの点数アップ方法 - 脳科学が解明する5つの原因と14の対策」をご参照ください。

今日、アップされたばかりの最新の解説記事のページです。

タイトルの通り、ご紹介した視野を広げることを含め、あわせて14のケアレスミス対策をご紹介しています。

 

「受験生のケアレスミス解消:テストでの点数アップ方法 - 脳科学が解明する5つの原因と14の対策」

 

ぜひご覧ください。

試験に挑むすべての人に役立つ情報が満載です。
 

 
 

詳しい解説を読む

⇒ 本郷赤門前クリニック ホームページ

 

 

 
 

吉田たかよし院長のおすすめ記事

 
 
 


 




 

 

本郷赤門前クリニックの合格実績

自殺する受験生は燃え尽き症候群!未然に防ぐには?【心療内科】

⇒ 「受験・燃え尽き症候群(Examination burn-out syndrome)」はこちらから!

 

 

 

受験の心療内科

 

受験生の自殺は燃え尽き症候群メンタルに現れる変調とは?

 

 

 

 

今日のテーマは、自殺する受験生は、「燃え尽き症候群」に陥っている場合がとても多いということです。

 

 

「燃え尽き症候群」によって、まず勉強への意欲が燃え尽きる・・・・。

そして、やがて生きる意欲も燃え尽きてしまう・・・。

そして、自殺という悲劇へ・・・。

 

 

これを未然に防ぐために、ぜひ、チェックしていただきたい、親子関係に表れる特徴があります。

受験生を専門に診療している心療内科医としての経験と知識をもとに、わかりやすく解説します。

 

 

受験うつ~どう克服し、合格をつかむか~ (光文社新書)(電子版)

 

ストレスが増える受験期に、突然うつ症状を発症する人が急増している。うつで人生を狂わさないために、受験生本人や家族ができることは何か。受験生専門外来のがストレス管理や効率の良い勉強法を解説する。

 

 

自殺を図った受験生に問診を行うと・・・

 

じっくり時間をかけて問診を行うと、受験生に限ったことですが、自殺を図る人は、ほとんどの場合、受験勉強を、その人なりのメンタルの限界いっぱいまで頑張った時期があったことがわかります。

 

ただし、今の若い世代は、メンタルが繊細で、親から見ると、「こんな程度か・・・」と思えるくらいで限界を迎えていることも多く、そこが注意の必要なところです。

 

 

さらに、その努力が報われなかったことがキッカケとなって、生きる意欲や勉強への意欲が、あたかも燃え尽きてなくなるかのように消え去って、一気に無気力になっていくのです。

 

 

これは、構造としては、受験・燃え尽き症候群(Examination burn-out syndrome)と同じです。

 

実際、自殺を図った受験生を診察すると、受験・燃え尽き症候群に陥っていたという場合も少なくありません。

 

また、そうではない場合であっても、それに類似した状態になっていて、何らかの共通した症状も出ているケースが大半です。

 

 

自殺を図る受験生に表れる共通の変調とは?

 

その中でも、燃え尽き症候群の症状として、とても重要な「冷淡な態度(Depersonalization)」が、自殺を図る多くの受験生にも共通して見られます。

 

「冷淡な態度」とは、燃え尽き症候群に陥った脳が健やかな感情を生み出すことができなくなり、本来は冷淡な性格ではなくても、あるいは、本来は冷淡になる間柄ではない人に対しても、人が変わったかのように冷淡になっていくという症状なのです。

 

これが、自殺を図る多くの受験生に生じているのです。

 

 

優しかった我が子が、いつしか・・・

 

私は、受験生だけでなく、受験生の親御様に対するカウンセリングも行っていますが、自殺を図る前兆として、今から思えばそうだった・・・ということがとても多いのが、メンタル医学で「冷淡な態度(Depersonalization)」と呼ばれている現象です。

 

 

それまで、優しい子だった・・。

 

親との温かい感情の交流があった・・・。

 

なのに、ある時期を境に冷淡になり、食事をともにすることも嫌う・・・。

 

話しかけると「うるさい!」、「放っておいてくれ!」の一言しか返ってこない・・・。

 

 

カウンセリングでは、多くの親御様が、わが子から親への愛情が消えてなくなったのだと寂しく感じたと話します。

 
 

冷淡な態度は治療で元に戻る!

 

でも、多くの場合は、その認識は間違いです。

 

親への愛情が消えたのではなく、単に、受験・燃え尽き症候群に陥った、あるいはそれに類似した状態になってしまって、脳内で「冷淡な態度(Depersonalization)」が生じているというのが実態です。

 

だから、親は、寂しがる必要はないわけです。

 

実際、きちんと治療すれば、ほとんどの場合、親子関係も親への愛情も元に戻ります。

 
 

 

受験の失敗で1年を無駄にしないためには・・・

 

でも、単なる愛情が冷めたわけではないからこそ、自殺するという最悪の結末を迎える危険性もあるということは肝に銘じていただきたいのです。

 

受験生自身も保護者の方も、取り返しのつかない心の崩壊を防ぐために、ぜひ、「受験の燃え尽き症候群」に関する以下の解説文もご一読ください。

 

昨年度も多かったのですが、共通テストで失敗して燃え尽き症候群になってしまい、私立大学も含めてすべて受験会場にさえ行かなくなり、1年を棒に振ることになってしまいます。

 

これって、すごくもったいない・・・。

 

仮に燃え尽き症候群ではなくても、受験ストレスを抱えている場合には幅広く参考になる記事です。

 

 

 

 受験・燃え尽き症候群 


 
 

 このページの要点は? 

 

 ✓  燃え尽き症候群とは、アメリカの精神科医、ハーバート・フロイデンバーガー(Herbert J. Freudenberger)が提唱したもので、一種の心因性うつ病とも捉えられえています。

 

 ✓  頑張って受けた模擬テストの後に、勉強へのヤル気が急にわかなくなってしまった場合、「受験燃え尽き症候群」の危険性があります。

 

 ✓  脳内で、受験勉強を頑張ろうという意欲の枯渇や消耗(Emotional Exhaustion)が急激に起きるのが特徴です!

 

 ✓  受験生が親へ暴言を吐くようになる場合も多く、これはメンタル医学で「冷淡な態度(Depersonalization)」と呼ばれる重要な兆候です。元気があり余っていると誤解する親も多いのですが、「受験燃え尽き症候群」のSOSサインの可能性があります。

 

 ✓  受験に特化した光トポグラフィー検査などを受けることによって脳機能の状態を詳しく調べ、脳の不調をピンポイントで治すことで、早期の回復と志望校への合格が可能になります。

 

 

東京大学本郷キャンパス赤門正面

本郷赤門前クリニック

 

 ポイント! 


それまで、真面目にコツコツと勉強してきたのに、ある日を境に、急にヤル気がわかなくなってしまう・・・。

気がついたら、受験勉強は進んでいらず、一日じゅう、スマホばかり見ていた・・・。

 

そんな異変が起きたら、受験ストレスによる「受験・燃え尽き症候群(Exam burn-out syndrome)」の可能性があります!

 

早期に脳機能に何が起こっているのか正しく理解し、適切な対処を施すことが必要です。

これを怠ると、合格を勝ち取れないだけでなく、本格的な「受験うつ」に移行し、志望校への合格は絶望的になってしまいます。

さらに、意欲はいつまでたっても回復せず、成人後も仕事につかずに引きこもりになるなど、将来に禍根を残すことにもなってしまうのです。

 

 

大切なのは、「気合で頑張る・・・」、「気の持ちようで勉強を再開させる・・・」といった精神論では解決しないということです。

逆に「受験ストレス」による脳への悪影響が激しくなり、燃え尽き症候群の症状が悪化してしまうことになりかねません。

受験生の脳に特有のストレスの性質をよく理解し、それに合致した適切な対処が必要です。

 

続きを読む ⇒ 本郷赤門前クリニックホームページ

 

 

「受験の燃え尽き症候群(Examination burn-out syndrome)」

 
 
 
 

吉田たかよし院長のおすすめ記事

 
 
 


 




 

 

本郷赤門前クリニックの合格実績

受験生がオネショ?脳のストレスサインを心療内科医が解説!【受験専門の心療内科】

 

受験の心療内科

 

受験生の意外なストレスサイン!受験生の夜尿症に迫る

 

 

 

 

今回は、意外と知られていない受験生のストレスの現れ方について話をしようと思います。

私の受験専門の心療内科クリニックでは、受験生の脳や心に関するさまざまな症状に関して診療を行っていますが、今回特に取り上げたいのは、「夜尿症」、つまりオネショです。


オネショは、一般的には5歳までの子供に多く見られるものです。

しかし、実は近年、受験生にも増えていることをご存知でしたか?

 

オネショというと、「中学受験に臨む小学6年生なら、ギリギリあるかな・・・」と思われたかもしれません。

でも、大学受験に挑む高校3年生・浪人生、さらには医師国家試験を受ける20代なかばの受験生にも見られる現象なのです。

もちろん、その主な原因は「受験ストレス」です。


ただし、この問題に対して親も先生も、ほとんど認識されていないのが現状です。

理由は明確です。

それは、この年代の受験生は、夜尿症を非常に恥ずかしいと感じ、自分で隠そうとするからです。

それが結果的にさらなるストレスを生み、心身の負担が増える悪循環を生んでしまっているのが現状です。


私のクリニックでは、このような受験生の隠れた問題にも気を配っています。

通常の診察だけではなく、カウンセリングにも力を入れているので、信頼関係が構築されてからは、多くの受験生がこの問題を打ち明けてくれます。

さらに深刻な問題は、この夜尿症が受験生の脳機能に影響を及ぼすということです。

脳がストレスにより抑制され、創造力や問題解決能力が落ちるため、試験の結果に直接影響を及ぼす可能性があります。


このような脳のストレス状態と受験生の夜尿症について、クリニックのホームページに解説ページを設けました。

受験生のオネショの原因や対策について詳細を解説しています。

受験生、そしてその親御さんにとっても重要な情報だと思います。

以下のリンクから、ご訪問ください。

 

心の問題は、早期発見と早期対応がとても大切です。

受験生が心の中に何かトラブルを抱えているかもしれません。

この機会に、一度チェックしてみてください。

【受験生のオネショ(夜尿症)が増加!原因は受験ストレスと脳疲労症候群】
 

 
詳しい解説を読む

⇒ 本郷赤門前クリニック ホームページ

 

 
 

吉田たかよし院長のおすすめ記事

 
 
 


 




 

 

本郷赤門前クリニックの合格実績

受験パニックは食事で防げる?心療内科医が教える入試対策!【受験専門の心療内科】

⇒「受験パニック(Exam Panic Attacks)」はこちらから!

 

 

 

受験の心療内科

 

親子でメンタル対策受験パニックを防ぐ食事のとり方

 

 

 

 

受験パニック(Exam Panic Attacks)は脳の扁桃体の暴走で起きる!

 

試験を受けている時に頭が真っ白になる「受験パニック(Exam Panic Attacks)」・・・。

 

毎年、多くの受験生が、学力があるにもかかわらず、「受験パニック」によって入試に落ちてしまっています。

 

 

大多数の方が、受験パニックの原因は、緊張しやすい性格のためだと思っているようです。

 

もちろん、緊張しやすいほうが受験パニックになりやすいという側面があるのは確かです。

 

ですが、緊張することが全面的に入試に悪い効果を与えるということではありません。

 

緊張することによって、逆に脳の機能を高めて合格を勝ち取るのにむしろ役立っているという受験生の方が、実は多数派なのです。

 

 

緊張は、受験パニックをもたらすきっかけになっているのは確かですが、根本的な原因ではありません。

 

得点力を上げてくれるはずの良い緊張が、壊滅的な点数へと転落する悪い緊張に変わってしまう本質的な原因は脳の扁桃体の暴走にあります。

 

つまり、これが受験パニックの本質なのです。

 

脳の扁桃体が暴走すると、思考力を司る前頭前野の機能が一時的に麻痺してしまうのです。

 

実は、食事はこうした扁桃体の暴走を防ぐ有力な手段でもあるのです。

 

 

食事をおろそかにすると受験パニックを誘発!

 

受験パニック起こした受験生に専門の検査と問診を受けていただくと、食事との関連性が明確に浮かび上がります。

 

まず、知っておいていただきたいのは、普段から食事をおろそかにしている受験生は、受験パニックを引き起こす頻度が明らかに高いという現実です。

 

特に、食事にかける時間が短いほど、受験パニックを起こしやすくなる傾向が顕著です。

 

そのような食生活をしている人は、今すぐあらためていただくことをおすすめします。

 

食事の時間を大事にすることは、受験パニックを防ぐ第一歩なのです。

 

 

食事によってストレスホルモンが抑制!

 

どうして食事の時間を大事にすると、受験パニックを防ぐことに役立つのか?

 

その理由も、脳医学の研究で解明されています。

 

 

食事を取ると、体内のコルチゾールなどのストレスホルモンが自動的に抑制されます。

 

これによって、脳内のストレスは緩和されるのです。

 

ストレスホルモンが抑制される程度は個人差がありますが、食事でストレスホルモンの抑制作用がまったく出ないという人は、少なくとも受験生のような若い世代では、ほぼありえないことです。

 

 

もともと、人体にとって最大のストレスは餓死することでした。

 

食事を取ると、そのリスクが遠ざかると判断できるので、脳内でストレスホルモンを抑制する効果が生じるように進化したわけです。

 

受験生は、受験パニックを防ぐために、この機能を有効に活用すべきです。

 

 

食事を味合わうことで扁桃体の暴走を防ぐ!

 

ただし、受験パニックを効果的に予防するには、ただ食事を食べればそれでいいというものではありません。

 

最も大事なのは、食事を味わって食べるという習慣を徹底させることです。

 

 

味わって食べることで、脳内の側頭葉にある味覚の中枢は、食事の味を確かな感覚としてしっかりと認識することができます。

 

これによって、受験パニックの原因となる扁桃体の暴走を防ぐ効果が生じるのです。。

 

 

ところが、受験ストレスが高まってくると、精神的なゆとりがなくなり、多くの受験生が味わって食べるということをしなくなります。

 

その結果、扁桃体が暴走しやすい状態になり、これによって、さらに受験ストレスが高まります。

 

そうすると、より一層、食事を味わって食べることがなくなり、扁桃体の暴走もより高まる・・・・。

 

こうした悪循環の末に受験パニックが起こっていくという側面もあるのです。

 

 

この悪循環のスパイラルを断ち切るために、受験で精神的なゆとりがなくなったときこそ、食事を味わって食べるという習慣を徹底させるべきなのです。

 

 

親子で食事を味わう家庭の習慣を!

 

ただし、受験生の親御様に注意していただきたいのは、子どもに「もっと食事を味わいなさい!」と命令口調で言うだけでは、何も解決しないということです。

 

親からお小言を言われることで、逆に受験生のストレスは高まってしまいます。

 

恐らく、ほんの少しではありますが、受験パニックを誘発する方向に働いてしまっているでしょう。

 

 

受験生の親御様に、まず実践していただきたいのは、まず親自身が食事をしっかり味わうということを徹底して実践するということです。

 

同時に、これはお子さんと一緒に食事をとらなければ意味がありません。

 

 

脳には、ミラーニューロンと呼ばれる目の前の人と同じことを脳内て再現する仕組みが内在されていますj.

 

親がじっくり時間をかけて食事を味わうと、目の前にいるお子さんの脳も、無意識のうちに同じ行動を取ろうとします。

 

 

さらに、「この魚おいしいね」などと、親御様の方からお子さんに食事の味について話題を振るということをしていただくと、さらに食事を味わうということを受験生も自然に実践できるようになります。

 

こうして家族全体の食事の習慣として、食事を味わうということを徹底して行うと、毎日生じる受験ストレスのかなりを食事で軽減することができます。

 

その結果、受験パニックを未然に防ぐことに役立つわけです。

 

 

まずは受験パニックを知ること!

 

今回は受験パニックを防ぐための食事のとり方をご紹介しました。

 

ただし、当然ですが、食事のとり方だけですべてが解決するわけではありません。

 

学力があるのに受験パニックで不合格になってしまった受験生は、ホント、悔しそうにされています。

 

そのような悲劇を完全に封じ込めるために、できることはたくさんあります。

 

そのためには、受験パニックについての脳医学やメンタル医学について、よく知っておくことです。

 

 

私のクリニックのホームページでは、「受験パニック対策 Exam Panic Attacksの治療法 脳機能の不調解明に基づく合格への道」のページを本日、リニューアルしました。

 

こちらで正しい対処の仕方を詳しくご紹介しています。

 

以下、その冒頭の要点の部分を掲載しておきます。

 

 

 


受験パニック対策

Exam Panic Attacksの治療法

脳機能の不調解明に基づく合格への道


 

 

 ✓  試験中に頭が真っ白になり、問題が解けなくなる現象は、メンタル医学では「受験パニック(Exam Panic Attacks)」と呼ばれる症状です。最新研究により、これまで心の問題とされてきた側面に加え、脳機能の不調が関与していることが明らかになりました。

 

 ✓  緊張しやすい性格のためだと心の問題を矮小化しがちですが、実際には脳機能の乱れが症状を引き起こしているのです。この点を理解することで、根本的な解決に向けた一歩を踏み出すことができます。心の問題だけでなく、脳機能の調整も重要なポイントとなります。

 

 ✓  多くの受験生が「受験パニック」を気持ちの持ちようで乗り越えようとしますが、実はこれが逆効果となることがメンタル医学の研究で明らかになっています。自分の意図とは裏腹にストレスが高まり、て脳機能の不調を悪化させることで症状をより深刻化させる可能性があるのです。したがって、正しい対策と治療法を用いることが重要です。

 

 ✓  この記事では、誰でも今すぐ簡単に実践できる受験パニック対策をご紹介します。さらに、脳医学に基づいた効果的な治療法を解説し、合格への道を切り拓く手助けをいたします。受験ストレスを軽減し、脳の働きを最適化する方法をご紹介します。

 

 

続きを読む ⇒ 本郷赤門前クリニックホームページ

「受験パニック対策 Exam Panic Attacksの治療法 脳機能の不調解明に基づく合格への道」

 

 
 

吉田たかよし院長のおすすめ記事

 
 
 


 




 

 

本郷赤門前クリニックの合格実績

頭に霧がかかって勉強できない!ブレインフォグ型受験うつとは?

受験の心療内科

 

頭に霧がかかるのはコロナのせいではなかった!「ブレインフォグ型受験うつ」とは?

 

 

 

 

今日のテーマは「頭に霧がかかるのはコロナのせいではなかった!ブレインフォグ型の受験うつとは?」です。

 

今、多くの受験生が勉強をしているときに「頭に霧がかかる」という感覚に苦しんでいます。

 

応用問題を考えようとしたら、頭に霧がかかって思考が止まる・・・。

論述しようと思っても、頭に霧がかかって文章がまとまらない・・・。

この現象は一般的に「ブレインフォグ」または「脳フォグ」などと呼ばれ、思考がぼんやりとして集中力が散漫になるといった状態を指します。



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に流行して以来、その長期的な影響や後遺症についての報告が増えてきました。

その中の一つが、この「ブレインフォグ」です。

「ブレインフォグ」は文字通り「脳のもや」を意味し、思考がぼんやりとして集中力が散漫になるといった状態を指します。

COVID-19に感染した一部の人々が、回復後もこの症状に苦しんでいるとの報告が寄せられています。

 

ただし、受験生の場合は、コロナに感染していないのに「ブレインフォグ」を起こす、あるいは、コロナに感染した経験があっても、実は「ブレインフォグ」はコロナと無関係だという場合がとても多いということがわかってきました。


ブレインフォグの主な症状には、以下のようなものがあります。

・集中力や注意力の低下
・頭が重く感じる、思考がぼやける
・一時的な記憶喪失
・物事を理解するのが難しくなる
・決断を下すのが困難になる


これらの症状は、受験勉強や入試問題を解く場合に大きな悪影響を及ぼし、志望校合格を阻みます。


こうした症状が出た場合に、短絡的に新型コロナの後遺症に決めつけてしまう人もいますが、実際に検査や診察を行うと「ブレインフォグ型の受験うつ」がかなりの多数を占めるということがわかってきたのです。

特に受験生は、学習のプレッシャーや不安感が高まることで、慢性的なストレスや不安、過労によってブレインフォグを引き起こすリスクが高まります。

これが「ブレインフォグ型の受験うつ」なのです。

受験うつが進行すると、学習効率の低下、情緒不安定、自己否定感、過度の疲労感などの悪循環に陥る可能性があります。

これらがさらにブレインフォグを悪化させ、思考や集中力、記憶力の低下を引き起こします。


ブレインフォグを治すにはどうしたらいいのか?

ご家庭でできる対策は、どんなことがあるのか?

 

受験生のブレインフォグについては、クリニックのホームページ「受験生のブレインフォグ(Brain Fog in Exam Students)」のページで詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

 

「受験生のブレインフォグ(Brain Fog in Exam Students)」

⇒ クリック!

 

受験生のブレインフォグ

 

 

詳しい解説を読む
 
 

吉田たかよし院長のおすすめ記事

 
 
 


 




 

 

本郷赤門前クリニックの合格実績

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>