11/14は幻のTNRも何も捕獲する気もなく…って言うか、元々、この日はあちこちから猫達の搬送お願いを受けておりました。
金曜日の私の仕事中から”2匹捕まりました” とか”ターゲットの黒捕まりました!”とか次々とLINEがウシシ

こ、これはもう、私、捕獲に行かなくて良いんじゃない?
って言うか、車に乗せられるのか…という不安。
下手に私が捕獲しちゃうと、運べないかもー!?って事で、捕獲しない事にウシシ

代わりに帰宅後、隣の市まで2匹をお迎えに車

翌朝、8時に近くで3匹受け取り。
9時半に待ち合わせして3匹受け取り。

結果…

 

こうなりましたーアセアセ

私の車、一昨年買い替えまして、数年前までよりほんのちょっと広くなりました。
トマホークなら横に4台並びますOK
後部座席を倒せば前にも4台、合計8台はいけます。
(買い替え時、これがめっちゃ嬉しかったにやり
 

全て同じサイズの捕獲機なら有難いのですが、サイズはバラバラタラー

しかも今回、折り畳みケージが5つアセアセ

もしかして、入らないかもガーン
と焦りましたが、何とかなりました。
本当は捕獲機(トマホーク)重ねるのはイヤなんですよねぇ。
危ないですしね。
それに何か、荷物扱いみたいで私はイヤ。
捕獲機を重ねる事が。

 

以前、都内の動物病院で他のお客さんに邪魔になると思い、トマホークを重ねて置きました。
院長が怒る訳でもなく、柔らかい調子で ”危ないですからね” とだけ言って、私が重ねたトマホークを平置きし直してくれました。
そういう優しさを忘れないでいきたいと思います。
件数(頭数)が増えるに連れて、機械的になってはいけないなと。


って事で、いつものようにタダ働きをして20時半過ぎに3匹×2人分をお返し。
その足で家には帰らず、隣の市まで残り2匹をお届けに。
帰宅したら23時近かったような記憶。
前日からの走行距離が134kmゲラゲラ 笑うしかない。
お隣の市の太っ腹ボラさんから頂いたビール呑むぞ生ビールと思ったけど、その前に寝落ちでした。

お…このままだと今回、猫の写真が無いガーン
それはTNRブログとして、どうなのよ…と思いますので、ちょっと。
最近、気になった事を。

少し前に某団体代表さんからこんなLINEを頂きました。


うちの近所の動物病院ですが、何故か頑なに耳カットしないんです。
野良だと言っても。
なのでその病院で手術した後●●病院で耳カットしてもらった人もいて。
恐らくそのせいで昨日の別現場のメス2匹術済みだったんです。
耳カットないのに。
耳の中にイレズミしていると聞いたんですが、そんな子見たこと有りますか?
本当に迷惑な話で、術済みなのに捕獲して搬送して麻酔して助成金丸々使う羽目に。

 

耳の中にイレズミ目 刺青ですよ入れ墨!!

そんなヤ●ザな猫が居る!?


居るんですっ!ウチに!ゲラゲラ

分かりますか?黄色い〇の中に点描きで”0”の数字

 

この刺青の持ち主は…



アタシの耳の中、勝手に撮ってんじゃないわよー by飼い猫その2

 

我が家の飼い猫その2。
2010年4月17日に色々ありまして捕獲。
我が家では保護出来ない為、都内のシェルターに預けて2014年5月31日に我が家へ。
この団体さんの掛かり付けで不妊手術を行ったのですが、その際に手術済という印でこうやって耳の中に刺青を。
右耳の中のこの”0”は”2010年の10”の意味。(今、20年だけど、どうするんだろう…)
左耳の中には4月に手術したって事で”4”の数字が入っています。
かなり薄くなっているので撮影はしませんでしたが。(怒るし…タラー

と言う具合に、中にはこうやって不妊去勢手術済の印で刺青が入っている猫も居ます。

だけどね、うちの飼い猫その2もそうですけど、これ、TNRの猫じゃないんです。
二度と外には出さない、完全室内飼いの猫だからこそこれでもOK。
TNRでリターンする猫にこんな事したって、判別つかないですよ。
そりゃ、捕まえてしまいますってぼけー

そして、結果はこうなるんです。

 


矢印がおへそ。矢印が手術痕。
 

これ、某病院に連れて来られた三毛さん。
勿論、耳カット無しだから捕獲されて、麻酔掛けられた訳です。
獣医師が触診して、”子宮が触れない。手術済みかも。傷跡無いか見てもらえます?”って事で私が毛刈りして、はい、ありましたって写真です。
野良猫の手術に慣れた獣医師だから、触診で分かります。
念の為に毛刈りもして、手術痕も見付けられました。
でもそうでなかったら…また開腹される可能性大ですえー?

手術済みかもと言って、耳の内側をチェックする病院なんて無いですよ。

耳カットが無い為にこうなる訳で…耳カットと再度の捕獲・開腹…どっちが可哀想ですか?

かと言って、何が何でも耳カットチョキとも私は思いません。
大昔ですが、知人の捕獲のお手伝いで都内へ。
本当に偶然、そこにある団体さんが2日に渡っての一斉TNRをやっていらっしゃいました。
私達はそんな事も知らずに、保護の為に捕獲機を持ってそこに行ったんです。
私達が私達の捕獲機で保護する為に捕獲した猫。
その団体代表さんが一緒に連れて行って手術して返してあげると仰るんですよ。
でも、私達はそのまま連れて帰りたかったんで(だって、また引き取りに来なきゃいけなくなるし・・・)お断わりしたところその代表さんがですね…
 

”譲渡するにしても手術したら、必ず耳カットして譲渡して下さいね!”
”万が一、脱走してしまった場合に耳カットされていないとまた捕獲される場合がありますから!”

 

目何でアセアセそこまでする??

仰る事、分からないでもないですよ。
だけど、TNRでリターンでもない。
譲渡予定の猫なのに、何故わざわざ耳カットする必要ありますか?

幾らカット時は麻酔をしていて痛みは感じない、出血も大した事ないと言っても必要ないのにカットするものですか?
脱走したら…有り得る事かもしれません。
でも脱走しても見つけ出して保護出来るよう努めるのが当たり前。
万が一、脱走中に何方かに捕獲されても、飼い猫であると分かるようにしておくのが基本じゃないですか?

 

そして、これまた真逆と言うか変なお話。
先日、人伝に頼まれたTNRの猫たち。
連れてきた方が私に”耳カット、頼めば小さめにしてくれるって聞いたので、小さめでお願いしますラブ 何か可哀想でぇ…”
はい!?
えっと、リターンするんですよね?
譲渡対象じゃないんですよね?

たまに、手術後に数日、養生させてその間に保護かリターンか決めるって方がいらっしゃいます。
その場合に、どっちに転んでも良いように耳カットはする、でも出来れば小さめに…と依頼される事はあります。
でも、この方は最初から”野良猫なんで、放しますー”と仰っているんです。
それなのに”耳カット小さめでぇ。可哀想だから。”
何だそれって話ですよ。
しかも、言ってはなんですけど、此方の方、とある犬種のブリーダーさんだそうで。
その犬種は断尾する犬種。
見た目の為の断尾がOKで、TNRの猫の耳カットが可哀想!?
秘密も休み休み言ってくれムキーッ

そして、究極と言うか…
これ、ある猫ボラさんが何度か言っているのを耳にしたんですけどね。
”手術しないで出入り自由で飼っている猫なんて、取っ捕まえてW耳カットして突っ返してやりたい!”

 

えっと…それ、何の意味がございますか?
W耳カット?何故、敢えて両耳カットする必要が有りますかムカムカ
それは単にアナタの飼い主に対する腹癒せってもんでしょイラッ
猫に何の落ち度が有りますかムカムカ

一般の方だけでなく、獣医師も猫ボラも耳カットの意味、もう一度よく考えてみて欲しいものです。

どうでも良い事ですが、私、耳の先の毛(リンクスティップ)フェチですラブ
飼い猫その3の右耳はカットされているので、無い訳ですが…
あったら良かったなぁ…と思っていますよ。
(もう少し、ブサじゃなくて済んだかも…笑い泣き


 


 

 





 


 


 

頑張れ私!今日、前回のブログを今日UPしたら現在に追い付く笑い泣き
書き残しているTNRが無くなりますウシシ
あのねぇ…すぐにUPしないとね、もうね、忘れちゃうの。
ババーだからゲラゲラ
しかも最近、自分で捕獲よりも捕獲された猫を運ぶ方が多いので、あまり覚えていないタラー

10月の最終週も…結論から申し上げますと…捕獲出来たのはタマプリさんことTPさんだけ。

金曜夜に隣の市の肝っ玉ボラさん宅に2匹お迎えに車
その後、仮眠を取って4時半に捕獲に。
早朝まだ暗い中を…
その結果は…

    

 

置き餌の数々と…

            夏に手術した白黒onバイクの上自転車←これチャリだけど。
朝の5時前に、ペット飼育禁止の共同住宅の敷地のあちらこちらに置き餌。
餌遣りしないようにとの張り紙まであるのに…
バイクのシートも爪とぎされてボロボロ。
この場所、猫を可愛がっている人も居るそうなのですが…
その割に、この置き餌。
どう見ても人間の食べるチーズですよチーズチーズ
そして、この白黒くん。
TNR時にも風邪が酷かったのでコンベニア注射して返しました。
今、血液混じりの鼻を垂らしていますぐすん
それなりに人に慣れています。
確か、捕獲しに行った時も餌遣りさんが、この猫を可愛がっているような事を言っていました。
可愛がるって…どういう事か分かっていますか?

餌だけ与え、触りたい時だけ触る。
不妊去勢手術すらせずに具合が悪くても治療もしない。
したくない事はしない、出来ないと仰り、餌遣りはしたい。
おかしくないですかぼけー

この現場での捕獲は諦め、帰宅してTPさんの捕まえた2匹を受け取り越谷へ。
  
今年生まれの茶トラくん         同じ現場の茶白くん


この茶トラくんに関しては、何だかモヤモヤすっきりしないんですよ。
この夏、TPさんと私で捕獲と保護に取り組んでいた高齢餌遣りさんのお庭。
そう、私がチャドクガに刺されまくったあの、お庭笑い泣き
唯一、捕まらなかった子猫がこの茶トラくん。
見捨てた訳ではないのですが、捕まらないと言うよりは見当たらなかったんですよねタラー
あの時、捕まってくれていれば兄弟、従姉妹たちと同じく飼い猫になれたのに…ぐすん
しかも、一時、この茶トラくん、足を怪我しているとの話を聞いていました。
今回、捕獲時にはパッと見、怪我しているようには見えず。
ところが、手術前の準備をしていたら後ろ足がおかしい。
”ここ、おかしくないですか?”と伝えて、診て貰うと関節が腫れていると。
針を刺してもらうと中から血と透明の液体がポタポタと。
                 

                 薄赤いところが刺した箇所。
                 関節が腫れているの、分かりますよね?
”これ、どうしたら良いんですか?治療があればお願いしたいんですけど。”
と伝えたものの、

”う~ん…多分、またすぐ溜まるだろうし。外に居る限り無理だろうねぇ。”
”恐らく、何か事故にでもあって関節が炎症を起こして、溜まっちゃったんだと思いますよ。”

特になすすべもなく、去勢手術とワクチン、駆虫でリターンする事にぐすん
外に居るって、こういう事なんですよね。
治療したくても出来ない(続けられない)。
いつ、事故に遭うかも分からない。
出来ることなら1匹でも多く、完全室内飼いの猫にしたいけれど…難しい。
でも、せめて…不妊去勢手術だけでもしてもらえれば。
外の猫を増やさずに済むんですよ。

 

今、不妊去勢手術もせずに餌遣りだけしている方。
どうか、今一度、自分のやっている事の意味、影響を考えてみてください。

そうそう!UPし忘れていたのですが、先日、とある団体さんから沢山の手作りニャンモックやベッドを頂きましたラブ

その一つ。手作りですってよーガーン

ニャンモックは消耗品!!と仰る肝っ玉ボラさんに。
手作り猫ベッドはTPさんとオレガノ氏の預け先団体さんに。
それ以外にうちの猫たちにと、素敵ベッドを頂きました!!
本当に有難うございますラブ
うちの猫たちにまで…って、そうそう他にも頂いていました。
”好きそうだから”と私に胡瓜のみそ漬けゲラゲラ
 ど、どうやらお酒のアテらしい…
肝っ玉ボラさんからもどうぞ生ビールって限定の造り立てスーパードライ6缶笑い泣き
皆さま、一体、私にどんなイメージをお持ちで…笑い泣き
こんな感じでしょうかねぇ…
 


折角なので、しつこく室内飼いしましょう!の宣伝。
 

皆さま、色々とお気遣い有難うございますニコ

今晩、やっとブログが追い付いたお祝いに胡瓜のみそ漬けをアテに呑みたいと思いますっ!
と言いたいところですが、今晩は呑めないのですよねぇ…。
あ、胡瓜のみそ漬けは既に美味しく頂きましたラブ

10/23-24のTNRの事を書く前に、見ている方は見ているので”アレは私ではないですよ”の注意書きを。
(分からない方は分からないでOK
 

先日、とあるブログに”手術ボラYさん”に起きた話 と称して紹介してありました。
あれは私ではありませんので。

そもそも、私は”手術ボラ”と呼ばれる事が不本意です。
”手術ボラ”って聞いたら何だと思います?
その辺の何も知らない方に聞いたら恐らく、”ボランティアで手術をしている人”と思うのでは。
私が某病院でやっているのは単なる…”雑用”です。


そして、ついでに言いますと、そのブログには

 

事故に遭った野良猫を動物病院に連れて行った

下矢印

野良猫なのに鎮静もかけずにキャリーから出して大暴れ

下矢印
やっと捕まえたけれどレントゲンも撮らずに大丈夫そうだからと帰された

下矢印
どこも診てもらっていないのに診察料を取られた

下矢印
野良猫病院でレントゲン撮ってもらった

下矢印
骨折していた

下矢印
先の病院、完全なるヤブ、ヤバいっすね!


こういう事が書かれていました。
最初の病院、ヤブだと思われます!?
診察料取られた…当たり前じゃないですか!?
その場に居合わせた訳ではないですけど、書いてある事からだけの判断でヤブなんて言って良いのでしょうか。


私は野良猫を連れて行くならまず、病院に連れて行って良いか問い合わせます。
診てもらえるとなったら、洗濯ネットに入れます。
ご自身で洗濯ネットにも入れていかない野良猫を連れて行って、

”沈静もかけずに出して”と非難するのなら、予め”必要なら鎮静かけて下さい”と言うべきでは?
中には居るんですよね”●●病院はすぐ麻酔かける”とか”アレくらいで麻酔かけなくても”とか言う方も。
あくまでも予想ですが、連れて来られた病院も野良と言えど洗濯ネットにも入っていなかったのですから”大人しい”と思ったのではないでしょうか。

そして診察料の件。
払うのが当たり前だと思います。
少なくとも、獣医師、看護師の時間を取らせた訳です。
そして、大暴れしたのなら、それが野良猫だったら、その後の患畜の事を考えて大掃除ですよ。
それなのに”診察料無し”で済むと思うの?

例えば、何か電化製品でも修理を頼んで出張してきてもらいます。
来て貰って見てもらおうとしたら直っていた。

出張費、請求されますよ。
その分の時間を取らせた訳ですから。
当たり前ですよ。

そして、”完全なるヤブ”発言。
最低ですね。
たった一度の診察。
それもご自身は”どこも診て貰っていない”と思っているんですよね。
それで骨折に気付かないだけで、ヤブ扱い!?
レントゲン撮っても骨折に気付かなかったというのならまだしも。

何が言いたいかと言いますとね、犬猫ボラを見ていると

”ボラなんだから安くしてもらって当然!”
”野良猫だって診てくれて当然!”

勘違いも良いところですよぼけー
野良猫に限らず、飼い猫の診察だって同じ症状でも病院によって判断が違う事なんて多々あります。
だからこそセカンドオピニオンというものがあるのではないでしょうか。

そのセカンドオピニオンだって、状況によっては最初に診た獣医師と次に診た獣医師で怪我や病気の症状が変わっている事も。
それでいて、簡単にヤブ医者呼ばわり、しかも”完全なるヤブ”なんて言って良いの?
野良猫を連れて行って、こんな風に言われたら余計に一般病院で野良猫を診てくれなくなると思いますよ。

招かれざる客ですもんショック

私が獣医や獣看護士だったら、こんな客(猫ボラ)来て欲しくないですわ。

と長くなりましたけど、それだけあの”手術ボラYさん”が私だと思われたくないんでね。
ボラと病院が協力してこそなんだと思いますけど…
それをたった一度の診察で(ご本人は診察と思ってないようですけど)”完全なるヤブ”なんて言われたら、協力も何もあったものではないです。


言ってはなんですけど…私の関わった猫で、野良猫病院で麻酔もかかっているのに怪我を見落とされていた事、何度かありますよ。
だからと言って私、ヤブ医者だなんて言いませんから。

さて、話を変えて、10/23-24のTNRですが…
またしても私…

いつものコレでした笑い泣き

 

いや、あの、言い訳ですけどね。
私の家の周り、野良猫居ないんですよウシシ
ホント、この数か月、家の周りで猫見ませんから。
一番近い場所でも、住人の方々がTNRしていますので(捕獲機の貸し出しや搬送の協力をしています)。
次に近い場所も今年から地域猫活動を始められたそうなので、部外者が勝手にTNRするのもなと。

で、別の場所へ見に行くも、見る猫全て耳カット有りウシシ
別の場所でTNRしたい猫は居るのですが、”飼い猫だ!”と言い張る方がいらっしゃいまして手出し出来ず。
飼い猫だと分かっているのに、勝手に捕まえてTNRはいけませんからね。
そこは良識を持ちましょう。

って事で、今回もタマプリさんことTPさんはきっちりお仕事されていまして…
ターゲットの雉白くんをしっかり捕獲。

このコ、捕獲前にカメラにしっかりにタマタマが写っていたゲラゲラ
 

そして、別の地域のボラさんからずっと気になっていたターゲットの三毛猫ちゃんとその三毛ちゃんと仲良しだという茶トラ君と急遽ターゲットになっていた雉トラ君の3匹をお預かりしました。
(雉トラ君の写真は撮り損ねましたお願い

    

この三毛ちゃん、もしかしたら出産したかも疑惑が。
と言うのも、餌場に血痕が残っていたと。
もし、産んですぐなら手術後、即リターンしなきゃ…と慌てていたのですが、血痕の主は何とこの茶トラ君と判明アセアセ

痛そうなのでモノクロにしましたガーン

 

場所が場所なだけに、縫合は無理ぐすん
皮膚を引っ張ってくるには太ももの方から引っ張ってこなきゃならないので、結構な大手術になるよと。
幸い、この茶トラくん、戻すに戻せない場所なので保護と聞いていました。
だったら、保護先のボラさんにお任せするしかないなと。
残念な事にFIV陽性ぐすん
でも、保護して貰えるので、これ以上、他の猫に感染させる恐れもありません。
何よりも、この先、怪我の治療をしてもらえるラブ
茶トラ君、ラッキーなコなので仮名がラッキーくん となったそうですウシシ
そして、保護主さんもラッキーな事に、ラッキーくんはとっても大人しいコだそうで。
怪我の治療に行った病院でも”何このコ??”と先生に言われるくらい、大人しく治療させてくれるとの事。
当初、もしかしたら腫瘍の可能性も…との事で、数日入院して病理検査にも出して貰えたそうです。(検査の結果は腫瘍の疑い無しだったの事です)
本当にラッキーなラッキーくんOK

あ、そしてラッキーくんと仲良しだと言う三毛ちゃんはそこまで仲良しではなかったのか…
FIV陰性でしたOK
人慣れ頑張ってもらって里親募集となるそうです。

って事で、24日の夜のうちに4匹さん皆、お返しいたしました。
いやぁ…翌日の後始末も殆どなくて、何だか申し訳ないです。

 

 



 

 



 

 

 

この秋は雨の日が多い気がしませんか?
台風は例年より少ないと思いますが、雨続き傘
しかも、何故か私達が捕獲しようという日はほぼ雨な気がしますぼけー
多分、私の日頃の行いが悪いのでしょう…えぇ、認めますウシシ

10/9(金)は有給休暇を取っておりました。


 

アセアセ違いますよ。
誰もTNRの為に毎月、有休取ってなんてないですよ。
母の通院日がちょうど、金曜日なんですよ。
なので、その金曜日に飼い猫の通院日も捕獲日も充てているだけです。
何て合理的グッ


ボランティア休暇なんて素敵な制度あるような職場ではありません。
万が一、ボラ休暇があったとしても”TNR”をボラ休暇に認めてくれる職場って全国でどれくらいありますかねぼけー
TNRに限らず、動物の為のボランティア…まだまだ一般的じゃないですよねぇぐすん
どうしてもすぐ”好きでやってるんでしょ?”と言われがちえー?
とまぁ、嘆きぼやきはここまでにしまして。

数年前に近所でTNRと子猫の保護をお手伝いしたのですが、その時の方から連絡を受けていました。
当時、TNRした猫たちに給餌していたお宅の方が亡くなったり、施設に入られたりで空き家に。
食べられなくなった猫たちは元々あった別の餌遣りさん宅に行くのだけど、やはりそこは縄張り等もあって食べられず。
止む無く、このご相談者さん宅でも給餌する事に。
そこに耳カットの無い茶トラが来るようになったので、TNRだけでもしてあげたいとの事。
捕獲や搬送をお手伝い頂けますか?との話でしたので、それくらいならウェルカムですよニコ
私も鬼ではありませんから。

 

鬼は飼い猫2号だけで結構です…
 

えぇ、脱線気味ですが、ねこはうち!!ですよ。
今、外に居る猫たちだってTNRは最低限の措置なんです。
出来る限り、1匹でも多くの猫が完全室内飼いになる事を願っています。


話を戻しまして。
相談者さんが、周囲に聞き込みをしたところ、ターゲットの茶トラくんは裏のお宅にも食べにくるとの事。
どうもそちらのお宅の方が現れる確率が高いそう。
そのお宅に捕獲機を設置する事になり、16時半に雨の中お伺いしました。
雨が掛からない場所にしか設置出来ないと伝えたのですが、指定された場所は多分、かかりそうな…
案の定、設置して暫くすると連絡があって、雨が掛かるので移動させたら扉が閉まった。
再び開けたけど、どうやって開けっ放しにしておくのかが分からない。
再度、ご訪問してみると、ちゃんと開けたままに出来ていました笑い泣き
そして、帰宅して1時間も経たないうちに捕まりましたの連絡。
再々度、ご訪問。
受け取って参りました。

結局、この日は他のどの場所でも捕まらずで…
翌日、茶トラくん1匹で越谷まで笑い泣き
相談者さん達は”小さい””まだ若そう、1歳未満”なんて仰る茶トラくん。
えっと…全く小さくありませんもぐもぐ決して1歳未満なんかじゃありません。
病院では個体識別表に”茶トラ”と書いてあった隣に、”大”と追記されましたゲラゲラ
どうも餌遣りさん達って、外の猫に対して”小さい””若い”と思いがちな気がします。
皆さんのお家の中で大切に飼われている猫に比べれば、そりゃ小さめかもしれませんけどね。
この茶トラ大くん、何の問題も無い健康優良児かと思いきや。

タマタマに異常がありまして…精巣炎だとか何とかで、血も止まりにくいと。
オスなのに手術箇所を止血してもらいました。


                 茶トラ”大”くん。
翌朝、依頼者さん達がリターン時に待っていて下さって、ダッシュで走り去っていきました。
その後も特に問題ないそうです。

そのリターン直後に買い物をしていたら、以前、別の場所でのTNRや私が保護し切れなかった子猫をたまたま見つけて保護して下さった方からメッセージが。
”あれ、今ヨノさんらしき方がうちの前にいたような…!?”と。
えっ??
何とその方のお住まいがたまたま、今回の捕獲したお家の前だったという…
その方からは以前、お住まいの周りで”地域猫”と称して猫が居るのだけど、庭に入って来て糞尿被害が酷く…でも”地域猫”だから我慢しなきゃならないって感じでと話を聞いていました。
当時はこの方が何処にお住まいか存じ上げなかったので、そうか…地域猫活動の場でもやはりそうやって迷惑を被っている方がやはり存在するよねぇ…と思っていました。
ところが、えっ…この場所?この場所は全く地域猫ではないですよタラー
住民の数人が猫が増えてきている事を問題と思って、個人負担でTNRと保護をしただけで。
所謂”地域猫活動”とか”地域猫”ではない、手術済みの飼い主のいない猫(野良猫)なだけ。
最初にここの猫達をTNRと保護をしようとして下さった方、(今回の依頼者さんでもあります)当時、不妊去勢手術をして耳カットし、住人が餌遣りをしている猫を地域猫と言うのだと思い込んでいたんですえー?
次に依頼された時に、それは違うんですよとお話したら、驚いていらっしゃいましたが納得して下さいました。
でも、最初に住民の方々にTNRや保護を周知する際に”地域猫”という言葉を使ってしまっていた為に、ずっと誤解が生じたままだったんですよね。
 

この為、TNRでリターンした猫が懐いてきて、飼い猫にしたいと思った方が、”でも地域猫だから飼い猫にしたらいけないんじゃないか…怒られるんじゃないか…”と思われ、悩んでいたという事も。
(この猫は、保護され飼い猫にして貰えましたラブ
野良猫でも地域猫でも、飼い猫にしてはいけないなんて決まりはありません!
野良猫も地域猫も”飼い主のいない猫”です。
連れ帰って、飼い猫にしても良いのですよ。
勿論、もしお世話している方が居るのであれば、一言お断わりしておくとトラブル回避になりますけど。
もし、反対されても反対する権利はないです。
一匹でも外の生活から室内の生活になれる方が、良いって事…分かりますよね?

今回、捕獲機を置かせて下さった依頼者の一人でもある方からは手術代の実費プラスガソリン代にして下さいと2万円も頂きましたニコ
全額、実費以外は全額、ご寄付として他の猫たちに使いたいと思います。
そして、もう一方からは…後日…手作りのこんな素敵な物が!!


黒猫のがま口黒猫がま口財布 

 

            
 耳までついてるエコバッグラブラブ
 

 

嬉しい事に、この黒猫がま口は我が家の飼い猫3号(通称:愚息)がモデルだとの事ラブ
って…えっ、黒猫ちゃん(特大)…特大?

こ、これはひょっとして、茶トラ君を”全然、小さくないですよー”と言った事への対抗か笑い泣き
とまぁ、収支報告には載せられない金銭以外のプレゼントやお気持ちも頂いております。
心よりお礼申し上げますニコ

って事で、9月分の収支報告を札束

佐倉市のN様、随分前にTNRと保護のお手伝いをしただけなのに、未だに有難うございます。
いつもご寄付のお礼の際に、嬉しくなるようなメールも返して頂き恐縮です。
八千代市のO様(またの名を世界のあっちゃん)、ご自身だって猫ボラ大変なのに、仲介した責任とばかりに交通費にして!と1万円。

常々、申しておりますが預かりも出来ない私が出来るのは捕獲と搬送のみ。
そんな私がガソリン代を頂くというのは、何だかな…と今まで受け取らずにいました。

”収支にUPしなきゃ良いよ”とか”これはヨノさん個人に渡すんだから”とか言われる事もあるのですが、何かね…そういうの、違うなと。

で、ちょっと考えたのですが、とても我儘言わせて頂き、9月に見付けちゃったオレガノくん。
ずっと医療費が掛かります。
恐らく死ぬまで投薬が必要となります。
預かって頂いている団体さんが利用の動物病院は保護猫価格というものがありません。
でも、しっかり診て頂けるとの事。

私が勝手に見付けちゃって、保護に決めたオレガノ氏。
だったら…とても甘えさせて頂き、今後、ガソリン代にと私が渡された分はオレガノ氏の医療費に充てて良いかしら?
例えば、私が越谷へ搬送1回したらその都度、千円をオレガノ氏の医療費に充てても良いかしら?
とモカさんにお伺いを立てたんですよ。
そしたら、

”何言ってんの!オレガノくんはヨノちゃんが餌遣りしていた訳じゃないでしょ!”
”医療費はCCYから全額出しなよ!”
”オレガノくんはCCYの保護猫。預かり場所が無くて山猫庵さんにお願いした猫だよ!”

とお叱り…じゃない、嬉しいLINEが届きましたラブ

皆さまのお陰で、そして山猫庵さんのきめ細やかなケアのお陰でオレガノ氏くしゃみしつつ、鼻水垂らしつつもゴハンは毎回完食グッ
肥大型心筋症の為の血栓予防のお薬や、血圧のお薬もしっかり飲んで彼なりのペースで暮らしております。


これはベッドに居ますけど、実は何故かベッド嫌いなオレガノ氏

オレちゃん(オレガノ氏)もお陰様で医療を施せます。

 

なかなかブログ更新できませんし、派手な事は致しませんが地味に続けていきますのでー。
 

ついに…”幻の”が消えましたウシシ

久々に搬送だけでなく、ちゃんと捕獲からやりましたよウシシ
たったの…一匹ぼけー

          ↑前は”一匹も捕獲せず”だったので一匹は捕まえた時バージョン♪


え、えぇ…すみません。
働き悪くて…って言うのもですね、雨だったんですよ、夜通しずっと傘
本来なら、この日は先週に引き続き、世界のあっちゃん(♂)から相談を受けた場所の残り3~4匹を預かるだけの予定だったのです。
ところが、世界のあっちゃん、何と!緊急入院アセアセ
しかも1か月は入院との事(そして10/27今日現在もまだ入院中ぐすん)。
タマプリさんことTPさんの所も捕まらない。
これは無理かなぁ…と思いつつ目覚めた早朝。
TPさんからLINEが入っていて、雨は止んでいるとの事で急遽、世界のあっちゃんからの相談現場へ。


先に到着していたTPさん
何だか腑に落ちない顔つきと言うか…ボソッと私に
”来たら猫居て、捕まえようと思ったら飼い猫なんだよね。”と。
あー、飼い猫も外に出ているような地域なのかとその時は思っていました。


餌遣りしている張本人さんが、車で出て行く際に、ガレージから庭に回ってくれたら良いと。
ところが、その庭っていうのが、ジャングルぼけー
またチャドクガに刺されたら堪らんアセアセヤダ、入りたくない。
TPさん曰く ”入れないよ。”
庭には猫ハウスに置き餌に…お隣との境界には猫除けの為なんでしょうね。
グリーンのネットが張り巡らされ(意味ないだろうけど)。
お隣の敷地には猫除けチクチク。
ジャングル状態なのは、ある意味、目隠しなんだろうなぁ…。
よくまぁ、こんな状態で手術もせずに10年も餌遣り続けていたもんだ。
そのくせ、他所の市の地域猫活動の場の猫に餌遣りしているって、どういう事よ!?

餌遣りさんは世界のあっちゃんが入院した事で、TNRは延期だと思っていたそう。
そこにいきなり知らない女が来たので、最初はムッとしていたようですが、TPさんが説明すると了承。
お願いします的感じだったのですけどね。
実際に捕獲を始めると、家の中から声がして奥様がどうやら出て行った餌遣り旦那と電話している様子。
声の感じや奥様の受け答えからして、何となく不穏な感じ。

で、猫はと言うと先週TNRした♂が一匹ウロチョロ。
それ以外にも耳カットの無い猫が数匹、庭に来たり、戻って行ったり…。
庭での餌遣りはもう終わっていたそうで(置き餌はあったけど)、庭ではあまり期待できないかなぁ…と一応、庭にも捕獲機を設置しつつ、周囲も見て回る。
と、そうこうしているうちに、庭で一匹捕獲。
ジタバタしている時にお腹が見えて、ん?これ、授乳中じゃないのタラー
取り敢えず車へ。
               
               男前の顔していますが、ムギワラちゃん。


その後も続けて、捕獲機を片手にあちこち見て回ると、居た居た…
今春生まれっぽい小さめの三毛とパステル三毛が2匹。

それ以外にもデカイ雉白やらほぼ雉トラの雉白やら…残りは4匹と聞いたけど、これ、もっと居るよね。
ゴミ出しに出てきた、近所の女性から話し掛けられ説明すると

”あら、私も何年か前に捕まえて手術したのよ。どこの病院へ行くの?●●病院だとお安いわよ。”
この方は特に餌遣りはしていないとの事。
餌遣りもしていない方がTNRしているのに、餌遣りしている張本人が手術もしないって何それ。
とまぁ、益々餌遣り張本人に不満を募らせる私イラッ
三毛2匹を何としても捕獲したい、でもこんな早朝にインターフォン押して事情説明して庭に入れて貰えるか?とは聞けない。
なので、道路に捕獲機を設置し、TPさんと交代で見張りながら、別場所にも捕獲機設置でデカ雉白を狙う。
恐らく捕獲機を見た事ないであろう猫達なのに、意外に警戒心がある。
三毛たち、捕獲機の途中までしか入らず周りをウロウロ。
挙句にやっと入ったと思ったら、誤作動で逃げられるえーん
それでも戻ってくる三毛たち。
植え込みを挟んでお庭と道路で、めっちゃ近いのに捕まえられないこのもどかしさ。
って、ん?何かさっきのパステル三毛とちょっと違うような…

で、後になって自分で撮った写真をよーーーく見て、確信。
三毛…3匹は居るアセアセ

         

         分かります?捕獲機の左に1匹、向こう側に1匹、中に1匹居ます。

捕まらないなぁ…そろそろ、時間も無くなるよなぁ…と思っていたら、餌遣り張本人奥さんが出て来て、捕獲は家の庭だけにしてくれと仰る。
目の前の駐車場(と私達は認識)は人の敷地だからと。
確かに。
集合住宅の駐車場と言えど、許可を得ず立ち入ったらいけませんから、そこは分かる。
なので、道路でやっていますけど…邪魔にならないように見張って…と言うと、どうやら、そうじゃなくて…
”庭に来ている猫のみにして欲しい”
はぁ…でも、アナタの庭に来ている猫が、道路に出てしまっているんだけど。
三毛だって、雉白だってアナタの庭に入っていて、また出て行ったんだけど。
あれか、飼い猫も外に出ているような地域だから、他所の飼い猫を捕まえてトラブルになりたくないって事か?
と想像していたら、何と、TPさんが最初に”飼い猫も外に出てる”と言ったのは、この餌遣り張本人宅の飼い猫ムキーッ
猫ドアがあって出入り自由。
あのさぁ、地域猫活動に参加していて、猫ボラだって言うなら適正飼養に努めるもんじゃないの?
自分の飼い猫すら出入り自由にしていて、家の周りで手術もせずに10年以上も餌遣りしているって、それ何!?
全く、話にならんわ。
因みに早朝に餌遣り旦那が車で出て行ったのは、その他所の市の地域猫に餌遣りに行ったんですよね。
はぁ…餌遣る事だけが生き甲斐ですかぼけー
時間も無くなったので(私は母を病院へ送らなきゃで、TPさんもお子さんを部活に送らなきゃで←忘れてたそうw)慌てて撤収。
餌遣り奥さんが捕まえた猫を見せてと仰ったのですが、本当に時間が無かったので、

”ムギワラです。キジみたいな。恐らく授乳中ですよ。お庭に来ました。写真を後で(世界のあっちゃん経由で)送ります。”
と言い残して帰宅。

母を病院へ送り(越谷行きが無ければ迎えにも行けるのに…)、途中でボラ仲間さんから一匹お預かりして、越谷へ。

           
         
          なんちゃってシャムもどき君♂ 保護だそうですラブ

案の定、ムギワラは出産後1か月くらいとの事。
だったら、アチパメゾール打ってもらって戻ったらすぐリターンする事に。
シャムもどき君の受け渡しをムギワラのリターン場近くにして頂き、(まぁ、その方が若干ボラさんも近い)21時過ぎに餌遣りさん宅のインターフォンを押す。

出てきた餌遣りさんが、まず猫を見せてと言う。
そりゃ、勿論、見せますよ。
今からリターンするんだもん。
で、捕獲機の中の猫を見た途端に
”こんな猫、知らない。これ、本当にウチで捕まえた?”
は?本当にも何もアナタの指定したアナタの庭で捕獲しました。
奥様にもそう申し上げましたけど。
何なら、捕獲直前の捕獲機に近付く写真お見せしましょうかイラッ(遠くからでよく分からないけど…)
その後、延々と

 

・ウチで餌遣っている猫は今日、皆食べに来た。だからどこの猫を捕まえたんだと妻と話していた。
・こんな猫(ムギワラ)見た事ない。
・ウチ以外で捕まえて欲しくない。(他所の猫なんて知らない)

・妻と確認したら、ウチに食べに来る猫は11匹だった。(だから後7匹だけだ)

とのたまうんですよ。
ちょっと待て。
アナタの話だと最初、7匹手術だと言っていたんですよ。
なのに先週、4匹捕まえた後に残り3匹…いや、3~4匹と言うようになった。
そしたら、総勢7~8匹のはずよね。(朝の妻の話でもそうだった)
それが結局は11匹って事は、個体識別も出来ていないって事でしょ。
そのくせ、”この猫は知らない。ウチに食べに来ている猫ではない。”ってよく言えたもんだね。
アナタが知らないだけでしょう?
置き餌していて、24時間見張っている訳でもない。
どんな猫が来ているか把握出来ていないって事が、自分の発言でも証明されてるじゃん。

アナタ達夫婦が把握していない猫が、子猫も産んでいるって事は恐らく、他所でも餌遣りされていると思う。
これを機に、ご近所や自治会内でTNRしたい事を伝えて、聞き込みや捕獲機を置かせてもらえないか頼んでもらえないか?と言うと。

 

”他所で餌遣りしているかなんて知らない。”

と言い張るのみで、近所に聞く事もしたくないと。


そして、そのうち子猫連れて現れますよと言うと

”授乳中って言うのに手術なんてしちゃって良いの?おっぱい出ないと、子猫死んじゃうでしょうニヤ 死んじゃったんじゃないの。”と何か意地悪く言ってくる。

”出ますよ。手術しても授乳出来ますよ。”と言うと
”出ますよ なんて怒って言わなくたっていいじゃないですかムキーッ 出ますって言えば良いだけじゃないですかっ!こっちは知らないから聞いてるんだからっムキーッ
あのぉ…それ、聞いている人の態度ですかタラー
 

手術代は払うと世界のあっちゃんと約束しているそうで、”はい。お金!”と渡されていたのですが、この一連の発言に好い加減、私も腹が立ってきて”でしたらお金、結構ですムカムカ”と突き返す。
すると、”いや、受け取れば良いですよムキーッ”と押し返してくる。
じゃ、貰うわと受け取り、残りの猫はどうするのかと聞くと、世界のあっちゃんが入院しているし、捕獲機も無いのだから出来ないでしょうと言う。
だったら、捕獲機、ご購入されたら?と言うと、ウチに来ている猫だけ手術するのにそんなの買ってもだの、買うと言っても何処でだの言うので、ネットでも買えますよと伝える。
ウチに来ている猫だけって、アナタが言うウチに来ている猫だけでもあと7匹は居る訳でしょう。
買った方が早いでしょうよ。
第一、ここに、目の前に捕獲機を持っている人間が居る訳よ。
”貸して下さい”と一言言えば良いだけですよねイラッ
言いたくないんでしょうね。
自分より若い女に色々とダメ出しされて、腹が立っているんですよね。

帰宅途中にTPさんところに預けていた捕獲機を取りに行き、ひたすらグチる。
入院中の世界のあっちゃんにも、こんななんだけどーとLINE。

で、発覚したのが、私と話すそれ以前にこの餌遣り旦那さん、他の猫仲間に

”違う猫を捕獲して手術された!”と文句と言うかグチを言ってきたそうで…
そして、逆にその猫仲間に怒られたという経緯があると。
ふ~ん…やっぱり、疑ってんじゃん私達の事。

後日、世界のあっちゃんからこの餌遣り旦那にブチ切れた。 
退院したら、猫には責任が無い事なので、餌遣りは完全度外視してTNRしたいのでご協力をとLINEが届きました。

猫には責任無いとは思う。
でも、この餌遣りさんには責任有るよね。
世界のあっちゃん 早く退院してー笑い泣き
手術せずに餌遣りだけやる人って、何もしない人よりタチ悪いですよ…
猫だけじゃない、他の住人の事を考えた事ありますか?
世の中、猫と自分だけ生きているんじゃないですよ。