余白やの余談


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-11-15 00:59:15

ボジョレー・ヌーボーの余白に

テーマ:その他のよしなしごとなど

佐山雅弘(p)逝去。日本のモダンジャズ史上屈指のピアニストの一人だったと思います。合掌。

 愛読している(?!)ブログ()で渓流斎さんというワタクシと同年輩の人が「人類の文明は衰退しつつあるのではなかろうか」とおっしゃっているのですが、同感です。そもそも進歩って何よ、ですね。

 昨日は片山広明のde-ga-show の2枚めを久しぶりに取り出して聴きました。そのジャケットに片山と林栄一、酒井泰三、上村勝正の幼い頃の写真が載っています。昭和30年代の前半でしょうか。モノクロのいい写真です。物質的には貧しいけれど、不幸せではない。いや、幼い彼らの顔は今日このごろの幼児の写真の何倍も幸せそうな(というのも何ですが、ま、充実したというか)表情を湛えていると感じました。どういうことなのか、これは? 

 たとえばひきこもりだったり、登校拒否だったり、いじめだったり、いろんなことは5、60年前にもあったけれど、その有り様も頻度も、つまり質も量も大きく異なります。これはワタクシの実感だけの話ではないでしょう。日本固有の問題もあれば、もっとワールドワイドな(グローバルな!)話もありそうですが、このたかだか数十年の変化(進化ではない)は決して好ましいものではありません。どうする? なーんて、駄ブログらしからぬ駄弁。

 

2018-11-13 21:18:57

テナーの太い響き

テーマ:今日聴いた音楽

片山広明逝く。ナウミュージックアンサンブル、生活向上委員会、どくとる梅津バンド、RCサクセション、de-ga-show、CO2、渋さ知らズ etc.  合掌。

2018-11-10 02:18:52

NORiCO.s を聴いた

テーマ:今日聴いた音楽

横浜エアジンでNORiCO.s(鈴木典子)を聴きました。林栄一のアルトとShezooのピアノ。これはとてもよかった、面白かった、です。NORiCO.s 5 Days at AiReGin の3日め(初日も聴いたのだけれど)。毎日楽曲とメンバーを変えて行う意欲的なライヴです(「鳥の歌」と「アルフォンシーナと海」の2曲のみ毎日歌う)。

 鈴木典子は故・津村和彦(g)の夫人です(津村氏のことは何度か駄ブログに書きました。アケタ曰く、日本一のジャズ・ギタリスト)。ライヴで聴くのは今回が初めてなのですが、昔のCD(Be Spel)は何度か聴きました。英語の発音がカタカナではない人。今、彼女の歌の中にはいろいろなことが積もっているのでしょうが、それが重さではなく、むしろある種の軽やかさに昇華されつつあるような印象がありました。林栄一のジャズなうたごころ、Shezoo(初めて聴きました)の確かな音、ともに素晴らしかった。いい夜でした。

 

 

ビー・スペル ビー・スペル
 
Amazon

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス