「脳トレ」と「筋トレ」に特化したデイサービス、B&Bスタジオの社長ブログ

「脳トレ」と「筋トレ」に特化したデイサービス、B&Bスタジオの社長ブログ

「チャレンジ=努力×工夫」をテーマに、社員たちがやりがいを持って働ける組織が作れるように日ごろの想いを綴っています。

いま、介護離職が問題になっています。。

 

うちの職員でも、親の介護が理由で、

退職や勤務日数を減らしている社員がいます。

 

そして、私自身も、、

まだ親は元気ですが、年齢的にはいつ要介護になってもおかしくありません。

 

 

以前より言われていた「待機児童ゼロ」は、

様々な取り組みにより、かなり解決されてきました。

目黒区も昨年は待機児童は実質ゼロだそうです。

 

それは、保育所などを助成金を出して増やしたり、

職員の待遇を良くしたり、相談窓口を整備したり。。

各行政が本気で取り組んだからだと思います。

 

次は、、介護離職ゼロのために、同じような取り組みを期待したいです。

 

 

ただ、待機児童とは違った、大きな問題がそこに存在しています。

それは、、「人手不足」問題です。

 

特に、その中でも大きな要因なのが、

介護職員、介護業界への、世の中の理解の低さ、イメージの悪さです。

 

きっと、皆さんも介護と聞いて、良いイメージを持っている人は少ないでしょう。

 

これは、いくら助成金を出しても、施設を作っても、窓口を広めても、

解決しない、、とても大きな問題です。。

 

 

例えば、学生が就職で医療(看護師、薬剤師、検査技師等)を目指すとなったら、

立派な仕事だ、世の中の役に立つ、と家族は応援してくれます。

 

例えば、仕事が保育士だといったら、

この人は優しい人だ、頑張り屋さんだ、お嫁さんにしたい、と褒められます。

 

 

さて、これが介護士だったら。。。

 

学校の就職課は、

「そんな業界を目指さなくても、もっと良いところがある」と言います。

 

両親は、

「そんな辛くて、給与が安くて、将来大丈夫なの?」と不安になります。

 

そんなことを周りから言われた本人は、

余程の強い意志がなければ、介護業界には入ってこないでしょう。

 

 

いま介護業界で働いている方たちの多くは、

50代~70代の方々、もうまもなくリタイヤする人たちです。

あと、数十年経ったとき(=もっとも高齢者が増える時代)に、

働く人々がいなくなっている業界です。

 

そんな中で、入ってくる人たちを応援するために、

今から「社会的な価値観」や「業界の位置付け」を上げていかなければ、

この問題はけっして解決しません。

 

待機児童ゼロは達成できても、

この問題があるかぎり、介護離職ゼロは解決できないのです。

 

 

私たち業界人はもちろん、政府関係者や、マスコミの方々は、

この現実をしっかりと受け止めるべきだと思います。

 

そして、ブランドイメージの改善を(もちろん、実際の環境や待遇面の改善も)

進めていかなければならないのです。

 

日々、皆様に通っていただいているデイサービス。

 

毎日、車で迎えに行き、食事や風呂、趣味活動、そして当社のような運動まで、

高齢者の方の日常生活の一部として存在しています。

 

 

家ではゴロゴロと何もしない人が、

デイの日だけは、朝から支度をして、何を着ていくかと考え、

女性はお化粧をして、誰さんに会うからとお土産を持って。。

 

 

お客様によっては、推しの職員がいたり、

辞めるなんて話があれば、泣き出す方がいたり。

 

帰りがけには、今日もありがとうね、いつも悪いね、を連発。

(別に、職員は大したことをしているわけではないのですが・・)

 

 

認知症の人は、医者には行かなくても、デイには毎日行く。

無口の男性も、若い職員にはデレデレで、昔話を饒舌に話す。

 

コロナが流行って飲食店はつぶれましたが、

ほとんどのデイは、また賑やかさを取り戻しています。

(当社も、ほぼ満員状態に戻りました)

 

家族の方々は、仕事などで自分たちが診ることができないので、

デイサービスにその役割を託しています。つまり、介護離職を陰で支えているのです。

 

 

このように、、高齢者やその家族の日常生活にとってデイサービスとは、

生活の一部であり、食事や睡眠と同じくらい、

残りの余生を過ごすために大事な大事な場所なのです。

 

 

私たち従事者は、それを担っている重要な立場なのだと、

認識しなければなりません。

 

日ごろの仕事の忙しさから、

ついつい文句や悪口を言ってしまう。

やれ〇〇さんが失禁したとか、〇〇さんが我儘だとか、

〇〇さんが変な電話をかけてきたとか。。

 

毎日を辛い、しんどい、と思っている職員たちは、

一度足を止めて、通所されているお客様の笑顔をジッと見てみるべきです。

きっと、忘れていたものを思い出せると思います。

 

 

そして、行政の皆さん、特に厚労省や財務省の方々へ、

日本が作った、こんなに素晴らしいデイサービスという制度です。

 

ミサイルや、環境問題も大事だとは思いますが、

この業界をもう少し大事にしてもらえると、嬉しいなぁと思います。

 

今週末は、いよいよ介護福祉士の試験日となります。

そして次週は社会福祉士の試験日。

 

当社も、チャレンジするスタッフがいます。

後悔をしないように、一生懸命に臨んで欲しいと思います!

 

 

さて、介護業界というのは、介護福祉士にかぎらず、

とにかく研修や資格が必要な業界です。

 

他の業界から転職してきた私などからすると、

なぜこんなに資格、資格、と言われるのか??疑問ですが。

 

おそらく、

 

元々は措置制度の、行政の枠組みの中にあったことや、

医療業界とのしがらみなどが影響していると想像されますが。。

 

ここまで業界が当たり前に普及し、認知もされてくると、

ここまで巌二絡めにしてよいのか??と疑問に思います。

 

 

このせいで、けっきょく外国人労働者たちの待遇が悪くなったり、

 

人材を集めるのに、本当に苦労したり、

 

一生懸命にやっている事業所が、報酬をもらえない仕組だったり、

 

など、いろいろ問題が出ているような気がします。

 

 

当社には、資格関係なく優秀なスタッフが沢山いますし、

逆に、資格だけ持っていても、役に立たないことも多々あります。

 

あまりに、資格にこだわるあまり、

もっと大事なことが疎かになってしまわないように、

気を付けて経営をしていきたいと思っています。

 

まずは、今週末の受験が無事に終わることを願っています♪

 

今週、ユニクロが社員の年収を最大4割アップすると

ニュースが流れていました。

 

このタイミングでのリリース、というのは

いろんな狙いがあってのことと思いますが、

柳井会長は、ほんとうにスゴイ人ですね。

 

同じ経営者として思うことは、

まずその会社がそれだけ儲かる力がないといけないし、

その先へのビジョンや目的がしっかりないとできないなぁということ。

4割ではなく1割であっても難しいのに・・。強い人だなぁと感じます。

 

 

そして、同時に思うことは、

介護業界では、どうやったらこれが真似できるのだろう、ということ。

 

岸田内閣は、賃金を上げろ!と言いますが、

その財源となる介護報酬は下げる、と(財務省は)言っています。

 

そうでなくても、電気代や消耗品の値上げは著しく、

この1年でコストが1~2割は上がりました。

 

サービス体系や人員配置などの制度やルールが何も変わらない中で、

どうやって利益を出していけばよいのか・・。

 

だから廃業が増えるんですよ。

まさに、どうすんねん!?という状況。

 

 

次回の介護保険制度の改正の肝は、

介護情報を業者間で共有できるシステムの導入と、

ICTを活用した、人員の効率化と言われていますが、

 

これでコストが数%でも下がると思っている事業者は、ほとんどいないでしょう。。

 

逆に、政府側の運営費用(担当部門の人件費やシステム保守など)だけがさらに増えて、

利用者も事業者も喜ばない状況がさらに進むだけのような気がしています。

 

 

おまけに加えて、

私たち事業者の経営状況(会計情報)を公開するよう義務化されるそうです。

 

どうやら、経営者が利益を不正に得ていて、人件費を増やさないなどと、

笑ってしまうようなくだらないことを、官僚たちは未だに怪しんでいるようです。。

 

 

私たち経営者が単純に望んでいることは、

 

早く、運営ルールや人員配置など、可能なかぎりの規制を廃止して、

自由な経営やサービスができる制度に変えること。

 

そして、介護保険以外のサービスや、高齢者が喜ぶような追加サービスを

一緒に展開できるようにしていくこと。

 

これによって、やる気のある経営者、努力をする事業者がちゃんと儲かり、

そこで働く従業員の給与が上がり、利用者はさらに喜び、みんなハッピーになる。

 

政府も、これによって小さな政府になることができるので、

相対的には、ちゃんと税金が抑えられていくはずです。

 

 

当社は、今年から平均で3%の賃金アップを、なんとかすることができました。

 

さらに、賞与積立金の一部を崩して、毎月に前払いすることにしました。

これによって、社員全員の基本給を約4%上げることをしました。

 

この2つを足して、やっと7%の賃金アップです。

 

 

これでは、柳井さんの足元にも及びませんが、

これからも努力と工夫(アイデア)を続けていくことで、

少しでも社員に貢献していきたいと思っています!

 

年明けから、社員一人一人と面談をしています。

 

目的は、1年間の仕事の振り返りや、

各人のキャリアや私生活について、情報交換をすること。

 

当社のように、いろんな世代、家族構成、働く志向、などQOLがまちまちだと、

一緒のスタンスで仕事をすることがし辛いので、

私は定期的に面談を行って、満足度の確認を行っています。

 

こういった面談をすると、

その人の日頃の頭の中が覗けて、大変勉強になります。

 

 

言動は、いつも見ているので分かるのですが、

考えは質問をしてみないと分かりません。

 

特に、ググっと成長した人の話は、とても納得感があります。

 

やはり話を聞いていると、いろいろ悩み、行動をしながら、

日々一生懸命に考えていることがよく分かります。

 

そして、その内容や、出てくる質問が具体的で、行動に直接繋がるものです。

 

 

に対して、成長が伴わない人は、言葉は体裁の良い、聞こえの良い、

カッコ良いことを言うのですが、実はほとんど行動している話が聞けません。

 

だから、何を思っているのか?何を質問しているのか?が抽象的で、

こちらも回答に困ります。

 

当然、そこには行動が伴っていないので、

「~したい」はあっても、「~したけど」はありません。

つまり、結果が無いのです。

 

Plan → Do →Check →Action

とはよく言ったものです(笑)

 

 

また、同時にもう一つ。

成長している人の多くは、「自己評価が低い」傾向もあります。

 

つまり、考え、行動して悩んでいる人は、「悩む=できていない」と感じるので、

まだまだだ!と感じるはず。。。つまり、自己評価が低いのです。

 

片や、自己評価が高い人は、「ここまでで終わり!完成!」としてしまうので、

悩まず、行動をしていない結果、自己評価だけが高くなるのです。

 

こちらとしては、

まだ、●●ができていないのだけどなぁ~、もうちょっと××にならないなぁ~。

と思うわけで、本人の話を聞いても、納得感が得られないのです。

 

面談時の評価とは、この納得感が基準になるかな、と思います。

 

今日は仕事始め!

当社では、毎年この日は全社員を集めて研修をしています。

 

主な目的は、全員がそろう機会がこの年に1回だけなので、

1年の振り返りと、来期に向けての目線合わせ。

そして、社員たちの交流機会にあります♪

 

今年は7期目に入る年。

そこで、思い切って中期事業計画なるものを発表してみました。

 

まぁ、事業計画といっても、

ペラ1枚の簡単な図案なのですが(笑)

 

 

そこには、、5年後に目黒区の介護事業を、ガッツリと押さえている絵図を描きました。

(言うのは自由ですからね・・)

 

社員のみんながどう感じてくれたか?は不明ですが、

私のやる気だけは伝わったのではと思います。

 

 

介護業界はこれから先真っ暗、、だという人が大勢ですが、

だとしたら、これから更に増える高齢者を誰が面倒をみるのか。

 

このまま世の中が放っておくわけがありませんし、

ニーズがあるのであれば、必ず新しいビジネス(商売)が始まります。

 

ニーズがあれば、人が集まり、経済活動が盛んになる。

これは最も当然の現象です。

 

 

だから、私はまったく暗いとは思っていません。

逆に、周りがそう思っていればいるほど、私には大きなチャンスだと思っています。

 

ましてや、世の中に貢献できる、社会的価値の大きいビジネス。

つまり、「努力」と「工夫」で、きっと乗り越えられるチャンスだと思っています。

 

 

でも、、、研修をするといつも、

スタッフたちよりも、自分自身のほうがテンションが上がってしまうのです(笑)

 

スタッフたちの為とか言いながら、

実は、研修で一番のメリットは、

自身のモチベーションUPなのかもしれません♪

 

今回で6回目の仕事納め。

スタッフの皆さん、今年もお疲れ様でした。

 

例年、1年を振り返るといろいろありますが、

比較すると、良い意味で充実した1年だったなぁと感じます。

 

おそらく、スタッフの皆が頑張ってくれているお陰でしょうね。

 

 

過去5年間と比較して、自分としては同じように頑張っているのですが、

感覚値でいうと、私個人的には、まだ余裕がある印象です。

 

例えば、社員の離職があって人手が足りなくても、

車両事故があっても、コロナ感染者が出ても、

私以外にも、一緒に頑張って支えてくれるスタッフたちがいる。

 

また、目黒本町の新規が少なくても、緑が丘があり、

緑が丘が調子が悪くても、目黒本町が支える。。

 

古株のスタッフがリードし、新人がついていく。

新人が頑張り、それを古株が支える。。

 

 

きっと、、これを「組織力」というのでしょう。

これをとても感じた1年でした。

 

 

ただ、これは私が感じるだけで、

実際に現場で働いてくれているスタッフたちは、

毎日忙しく、大変な日々なんだと思います。

 

この組織力、チーム力、もっともっと上げていかないと!

来年はこれを大きなテーマにしていきたいと思っています♪

 

まずは。。

スタッフの皆さん、1年間お疲れ様でした。

今年は頑張って、結果も出せましたね。

 

1週間の休み、ゆっくりと休んでください。

そして、また来年、

一緒に頑張っていきましょう!

 

夢に関する有名な話で、

 

日本人にとって、夢とは寝てみるもの

欧米人にとって、夢とは叶えたいもの

 

という格言があります。

 

今の日本人にとって、まさにこんな感じなのではないでしょうか。

 

ニュースでは、税金が上がるとか、年金が足りないとか、老後をどうするとか。

そんな暗い話ばかりです。

 

最近でいえば、防衛費を増やすから税金を上げさせてくれなどと・・。

 

これでは、日本はどうやったって、アメリカや中国には勝てないでしょうね。

 

 

そんな中で、

 

私は幸せ者ですよ!

 

会社を興して早や6年、、こうやってまた1年を無事に過ごせました。

好きなように事業を行い、良い社員たちに囲まれ、温かいお客様に恵まれ、

来年は7年目に突入です。。

 

 

毎年、年明けの新年初日は、全社員で研修をしています。

そこで私は、毎年これからの目標を語っています。

 

そして、毎年年末は、そのための頭の中の整理や資料作成などを行う時期。

現場から一時離れて、頭の中をクリアにして、ゆっくり考える作業。

 

これも恒例行事になりました。

 

 

言うなれば、、年に1回の、私が夢を追いかける時期。

社員がどれだけ共感してくれるのか、は分かりませんが、

私にとっては、とても重要な恒例行事となりました♪

 

ご時世なのか、当社のような予防型のデイサービスにも、

認知症の方々が多く通われています。

 

とはいえ、一般でいう認知症の方ほどは進行されておらず、

話はできますし、一応私たちのお願いや指示に対しては、

ある程度は順応してくださっています。

トイレや洗面台、リハビリマシンなども、一応使えます。

 

(あくまで、「ある程度」、「一応」ではありますが・・)

 

 

でも。。。

 

何回お願いしても、家で待たずに勝手に歩いてきてしまったり、

 

同じ質問を何度もされたり、ちょっとしたことで不穏になられたり、

 

ノートを無くされたり、必要のない靴や服を着替えたり、等。

 

しょうがないですね、これこそが、認知症なのですから。

 

 

さて、頭ではわかっているはずなのですが、

実は案外ベテランの職員でさえ、このことを忘れがち。

 

例えば、

 

前回は何時に電話したら失敗したから、今度は何時に電話しよう。

 ↓

あれっ、ダメだっか。。では、何時だったらどうだろう?

 

などと、検証しながら仕事を模索する職員。

 

例えば、

 

ノートに大きく注意書きを貼ったら、きっと見てくれるはず。

 ↓

次は、カバンに入れてみよう。。よし次は。。

 

なんて感じで、論理的に何とか解決策を試みる職員の多いこと、、汗

 

 

それができないのが、認知症という症状なのですから、

うまくいかないのが当たり前なのですから。。

 

文字を文字として認識をしない。時間を意識できない。

という人に対して、同じ土俵で戦おうとしても、きっと無駄なのです。

 

 

それよりは、

 

そんな方々が、どうして当社のような予防型のサービスを楽しんでくれているのか?

 

少しでも、不穏にならない雰囲気を作るにはどうしたらよいか?

 

どうやったら、一般のクリアな方々と、一緒に時間を楽しむことができるか?

 

など。

 

そんな前向きな検証をしていく方が、

お客様にとっても、自身の成長にとっても、大事なことのような気がします。

 

毎年、この時期になると、お客様とのテッパン会話があります。

 

「あぁ~、もう年末ですね。1年てあっという間ですね。」

 

「本当よ、また1つ年を取ってしまうわ。もうやんなっちゃう。」

「益々、顔はしわしわになるし、体は動かなくなるし。」

 

「じゃぁ、年をとるのではなく、取られる(マイナスに)ならイイですね(笑)」

 

「そうねぇ、だったらドンドン若くなれるわ♪」

 

 

毎年、こんな会話を、私的には冗談だと思って話をしていたのですが、

最近は私自身も、これを本気で感じるようになってきました。

 

体はあちこち軋む痛むし、忘れ物はよくするし、

食事の量は減るのに、なぜか太っていくし(笑)

 

私も来年は53歳。。

いよいよ、心身ともに衰えてきたという証ですね。。

 

 

でも。。

 

当社のお客様は、約2割が90代の方々です。

最高年齢は98歳!ほとんどの方々が元気に運動や脳トレに励んでいます。

 

買い物に出掛けたり、家事や一人暮らしを続けていたり、

好きなもの、お酒や甘い物を嗜んだりと。。

 

このような方々を見ていると、

私もまだまだ、、人生はまだ半分あるなぁ~。

負けずにもっと楽しまなきゃなぁ!

 

なんて感じるのです。

 

 

「当社の事業は、高齢者を元気にするビジネスです。」

なんて、銀行やパートナー業者へ話をしていますが、

 

実は、逆に私たちのほうが元気をもらえているのかもしれません。