オタク街コンに参加した感想!【レポ】

テーマ:

 

 

皆さん、こんにちは

たつきです。

 

 

一応、婚活宣言をしてブログを立ち上げたのですが、まだ婚活らしいものは何ひとつ

していないので、ここでは街コンに参加した時のお話しでもしようかなと思います。

 

 

201年10月社会人1年目にはじめて街コンに参加しました。

 

 

※参加したのは街コンジャパンが主催する「アニメ・ゲーム好きが集まる街コン」というやつで、いわゆるオタク街コンに行ってきました。

 

 

⇒街コンジャパン主催のオタク街コンはこちらですね

 

 

街コンに行ったことがない人にも、だいたいどんなものか分かってもらえたらなと思います。(結構具体的に書いたのでかなり長くなってしまいました)

 

 

女の子でも参考になる部分もあると思うので見ていただければ幸いです。

 

 

①参加した街コンと行くまで

 

 

オタクの街コンにはネットで検索して、参加しました。料金は男が7000円で、女の子が2000円くらいでした。主催が街コンジャパンのものです。

 

 

男の方が値段は高いが、それでもオタク系の街コンの男枠はすぐに売り切れになってしまい、この街コンも2か月前に予約したものでした。

 

 

※本当に男枠はすぐなくなる。新しいのが出たら2日で売り切れるレベル。なので日々チェックして、新着情報が出たら即抑えるようにしましょう。

 

 

ちなみにオタク街コンに行ったのは、彼女を作りたいと思ったからなのと自分が話せるのが漫画やゲームぐらいしかなかったからという部分が大きい。

 

 

街コンの詳細は池袋のイタリアンっぽいところ?で40:40で行われた立食型のパーティーでした。時間は20時~22時までの2時間。

 

※追記 池袋のmano e manoというお店でした!

 

     

 

そんな感じでひとりでオタク街コンに行ってきました。

 

 

②会場入り

 

 

街コンがはじまる前の約1時間前には池袋駅に到着。

 

 

時間がくるまではチラチラと会場の店の中の様子を観察したり、その周りをうろちょろして時間を潰していました。

 

 

正直会場に入る前はかなり緊張しましたね。(多分皆さんも一番緊張するのが会場入りする前だと思います)

 

 

結果的にはじまる2分前に会場入りしました。でもはじめるギリギリに会場入りするのは絶対にやめておいたほうがよいと思います。

 

 

受付ははじまる30分前ぐらいに行われるのだけれども、受付の開始時刻にはすでに会場入りすることを絶対におすすめします。

 

 

30分前に会場入りすると、最初のテーブルに誘導されます。もし女の子も30分前についていたら、まだお酒は飲めないが話すことができます。

 

 

通常よりも30分ほど長く話すことができるため、これがかなりのアドバンテージになります。僕が会場入りした頃にはすでに出来上がっているグループやカップルもいました。

 

 

ですので会場入りは受付が開始されるのと同時に行った方がお得です。好みの子と2人っきりで話せるチャンスかもしれません。

 

 

③テーブルにつく

 

 

受付を済ましテーブルにつくと、僕以外はもう着いていました。男が僕を入れて5人、女の子が5人でした。

 

 

テーブルに着く時は「こんにちは」と挨拶しながら着くとみんなも返してくれて話しやすいムードになりますので、挨拶はした方が良いでしょう。

 

 

ちなみに服装は男も女もみんなカジュアルスタイルが多いですね。男のスーツは2割ほど。金曜日だったので仕事帰りという人もいました。コスプレとかしている人はいなかったです。

 

 

またあからさまなオタクな人というのもいなかったです。みんな普通な感じの人でした。そしてテーブルに着くとまず、プロフィールカードを記入します。

 

 

④プロフィールカード記入

 

プロフィールカードにはニックネームや好きな漫画ベスト3などを記載します。ちなみに僕が書いた好きな漫画ベスト3がこちらになります。

 

 

1位 嘘喰い

 

 

2位 バキ

 

 

3位 カイジ

 

 

自分の本心に従ってチョイスしました。でもこのような男向けの漫画はやめておいたほうが無難です。

 

 

女の子はみんなポカンとしてしまって、カイジですら「あーそれ聞いたことあります」って感じでした。そのため漫画からは全く会話につながらない状態でしたねー。

 

 

やはりここは自分の好きな漫画は我慢して女の子に合わせる漫画をチョイスしましょう。ちなみに女の子が挙げていた漫画の上位3つを挙げると

 

 

1位 ハイキュー

 

   

 

 

 

2位 黒子のバスケ

 

  

 

 

 

3位 弱虫ペダル

 

  

 

※2015年10月時点

 

ほとんどの女の子がこの3つを挙げていました。ジャンプ系の少年漫画が好きなようですね。この3つの漫画を読んでおけば、女の子との話すネタには困らないでしょう。

 

 

あと挙げるとすると銀魂、テニプリとかかな?

 

 

とりあえず漫画好きが集まるといっても、そんなコアのものが好きな女の子があつまるわけではないので、僕の二の舞にならないようにしましょう。

 

 

⑤どんな人が来てる?

 

 

一番気になる部分だと思いますが、基本的に男女とも普通の人が来ていたという感じです。

 

 

もみんな普通で、かっこいい人も数人ほどいました。

 

 

20代限定であったので年齢は25~29が一番のボリュームゾーンでした。僕はその時22ですが、男で僕よりも若い人はいなかったです。

 

 

ほとんど1人で来ているのが多かった。

 

 

女の子も普通な感じの子が多く、可愛い子もたくさんいましたね。いやマジで。でも口下手で消極的な感じの子が多かったです。

 

 

年齢は21~26くらいがボリュームゾーンでした。そしてほとんどの女の子は友達と2人以上で来ていました。

 

 

全部で20人くらい女の子と話しましたが1人で来ている女の子は1人だけでしたね。

 

 

※ちなみにもし彼氏を本気でつくりたいのであれば自分1人で来るべきかなと思います。

 

 

仲良い女同士二人で固まっている所に、一人の男性が「そのウチの一人を誘うために声をかける」って、難しいと思うんですよ。その子だけというわけにはいきませんからね。少なくとも僕はそうです。

 

 

う~んでもどうなんだろう、2人以下で来るようにしたほうが良いと僕は思いました。(人によっては違うかもしれませんが)

 

 

という感じでウェーイ系やギャル系、チャラチャラしたような人は男女とも全くいませんでした。

 

 

街コンに来る人は変な人が多いなんて言われているけれど特にそんなことはないと僕は感じました。

 

 

また同性のオタク友達を作るのにも最高の場であると思います。

 

 

⑥トークタイム

 

 

開始の時刻になると司会の人から挨拶がありました。

 

 

        

 

 

司会「皆さん、本日は街コンジャパンが主催するオタク街コンにご参加いただきありがとうございます!それでは皆さまグラスをお持ちください。では乾杯!」

 

 

実際には爽やかな女性が司会でした。

 

 

みんなで乾杯。僕はあまりお酒が飲めないので、なんかアルコール入りのブドウジュースみたいなやつを飲みました。ほとんどの方がビールを飲んでいました。

 

 

そしてトークタイムは1テーブル20分。

 

 

これがかなり時間が短く、正直テーブルの全員と話している余裕はありませんでした。

 

 

そして僕は最初にSちゃんという年下の女の子と話すことになります。

 

 

僕「どんな漫画が好きなんですか?」

 

Sちゃん「ブリーチとかですね」

 

僕「あーブリーチねー(やばいブリーチは全く分からん)」

 

Sちゃん「・・・」

 

相手の漫画ランキングを確認、1位ブリーチ、2位黒子のバスケ※その子は1位と2位までしか書いていなかった。

 

僕「黒子のバスケかー(これも読んだことないわ)」

 

僕「あーちょっと分からないかなー」

 

Sちゃん「・・・」

 

僕「(ヤバいな、全然会話にならん、打開しなくては)ゲームとか好きですか?」

 

Sちゃん「あ!ゲームは好きです」

 

僕「どんなゲームが好きですか」

 

Sちゃん「FFとかテイルズとか好きで、バイオハザードも好きです」

 

僕「おーバイオが好きなんだ」

 

 

それから僕とSちゃんはゲームの話で盛り上がりました。バイオハザード4の話が特に。レオンが好きなようでした。

 

 

⑦テーブル移動

 

 

司会「時間ですのでテーブルを移動してください」女の子はそのままで男は隣にあるテーブルに移動します。

 

 

僕「もう時間か。あとでLINE交換していいかな?」

 

Sちゃん「はい」

 

僕「じゃあ、また」

 

 

という感じで、次のテーブルに移ります。

 

 

そして次のテーブルに着くときはいいなと思う子の横をさりげなくキープするようにしましょう。

 

 

そこは駆け引きがある感じですね。なんにせよ積極性は必要です。

 

 

そんな感じでテーブルを全部で5つほど回りました。ぶっちゃけ会話のほとんどが住んでる場所や好きな漫画とかそんな話で終わってしまいます。

 

 

2chで『クラス替えの初日みたい』というレスがあったのですが、まさにあんな感じ。本当に無難な会話で終わってしまいます。

 

 

とにかく1対1で話すことが重要だと思いますね。2対2とか4体3とかグループで話しても印象が薄くなってしまいます。

 

 

他の男を寄せ付けず、がっつり2人で話すのが鍵でしょう。僕もSちゃん以外はグループの会話で無難に終わってしまいました。

 

 

1テーブル20分ほどで、5テーブルほど回りました。

 

 

⑧フリータイム

 

 

最後の30分間はフリータイムとなって、自由にテーブルを回り話すことができます。

 

 

本来はそこでSちゃんのところに行くべきですが何を血迷ったのかフリータイムは会場の外に出て、ひとりで時間を潰してました(笑)

 

 

お店の外にソファーみたいな席があったのですが、そこでうんこのように座ってました。とぐろを巻いていましたね。

 

 

お前、街コン来て何やってんだよと思われるでしょうが、正直、なんかその場の空気が耐えられなかったです。

 

 

あとなんか好みの女の子にアタックしている自分が嫌なんですよね。『あー、何してるんだろうオレ』ってなってしまうんです。

 

 

特に他の男が話している所に強引に割って入ることが何よりできなかったです。ということで、終了ギリギリにLINE交換をするためにSちゃんのところに行くことに。

 

 

Sちゃんは人気があり、その時だけで3人くらいの男からアプローチされていました。僕がSちゃんに近づくと「あ、どうも」と言ってくれました。Sちゃんは少し酔ってましたね。

 

 

LINE交換を済ますと、街コンは終了の合図となりました。

 

 

⑨2次会

 

 

街コンが終わったら、各自で2次会という流れになります。10人以上の団体で2次会を行おうとするところが出てくるのでそこに参加してもいいでしょう。

 

 

そしてこの2次会に狙っている子を100%誘うべきでしょう。街コンの時間だけでは足りないし、お酒の力も合ってより親密になれると思います。

 

 

ですが僕は飲み会じたいがあまり好きではなく、ぶっちゃけもういいかなと思い、帰って早く寝るつもりでした。本来はSちゃんを2次会に誘うべきですね。

 

 

そしてSちゃんは他の男にカラオケを誘われたようで、これから2対2で行くということでした。

 

 

あっこれは終わったなと思いました。

 

 

「そうなんだ…」と言い、内心かなり悲しかったです。

 

 

ですが

 

 

Sちゃん「よかったら、たつきさんも来ない?」

 

 

僕「え、あ、うん行きます」

 

 

ということでなんとSちゃんが誘ってくれて、僕も2次会のカラオケに参加しました。他の男2人も快くOKしてくれました。すげーいい人たちでした!

 

 

そして近場のカラオケで2次会を開催。ちなみにカラオケは苦手で、1曲も歌いませんでしたね…。

 

 

カラオケではみんな2曲ずつ歌って、1時間半ほどで終わりになりました。

 

 

印象に残ったのは男の人が夏目友人帳の『あの日タイムマシン』を歌っていて、これ良い歌だなというぐらいでした。後はマジラブ1000%の歌(あの空耳のやつ)やデジモンのbutter-fly、犬とハサミは使いようなどの歌が歌われていました。

 

 

⑩解散から帰宅

 

 

カラオケが終わったあとは特に何事もなく解散という感じでした。別れ際に、次に会う約束を取り付けるのが良いと思います。

 

 

また電車でSちゃんにLINEをしました。街コンで会った女性を初めて食事に誘うので緊張しましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして後日、Sちゃんと食事をして、さらにデートをすることになるのですがそれはまた次の機会に話そうかなと思います。

 

 

帰宅した後には、家につくとすごい疲労感でグッタリでした。慣れないことはやはり疲れてしまいますね。

 

 

⑪まとめ

 

 

という感じで、これが僕が体験したはじめての街コンでした。

 

 

実際彼女ができるのかと言われると、

 

 

積極的にガンガン行けばかなり高い確率で次のデートくらいには行ける

 

 

と思います。

 

 

でもそれができる人って、街コンに行かなくても彼女できるのでは?と身も蓋もない感じではありますね。

 

 

今まで彼女できなかった人が、ちょっと参加したぐらいでは残念ながら難しいですね。なんにせよただ普通に参加して無難に会話しただけではほぼ無理でしょう。ある程度の積極性がなくては彼女はできないのは確かです。

 

 

またどっかの統計で1回の街コンで彼女ができる確率は約5%とありました。

 

 

う~ん、今回の街コンで男が40人参加して彼女ができるのがざっと2人という計算ですから、確かにそれぐらいかなと思います。

 

 

逆に多いかなというのが正直なところです。

 

 

ということで街コンじたいはというとそこそこ楽しかったです。ただやっぱり家でゴロゴロしている方が良いかなというのがその時の正直な感想です。

 

 

最初は彼女がほしくて参加したのですが、参加している途中に「なんかもういいかな」という気になってしまいましたね~。

 

 

でも漫画が好きで、控えめで、かわいらしい彼女を作りたい方には絶対的におすすめできるスポットなのは間違いないでしょう。

 

 

もし興味があるのであれば、1回くらいは行ってみてもいいかなと思います。

 

 

そこまで期待せずに、どんな感じなのかな~くらいの気楽な気持ちで(笑)同性のオタク友達作りにもちょうどいいですしね。

 

 

⇒街コンジャパンのオタク街コンはこちら

 

 

 

※2018年1月11日更新

 

 

この記事を書いてから1年、今は街コンや婚活パーティーを格付けするみたいなことをやっています。オタク街コンも含めた今まで参加したもののランク票が以下になります。

 

 

オタク街コン(街コンジャパン主催の総評)

 

<楽しさランク>

 

S 人狼コン(evety) 暗闇コン ボルダリングコン バスケコン(ベストパートナー) 

 

A 寺コン(婚活スタイル)  読書コン(街コンジャパン主催) オタク街コン(街コンジャパン) ねこんかつ(街コンジャパン)

 

B ランニングコン 料理合コン(アニスタ) アイリス婚活カフェ(たこぱ)  山コン(イベンツ) アイススケートコン 

 

C 釣りコン アエルラ Rooters(着席)  東京夢企画 

 

D パーティーパーティー YUCO  マスクdeお見合い 

 

E 普通の合コン

 

F アイムシングル(フリータイムがあるからダメ)  謎解きコン(アリス)

 

G シャンクレール

 

<出会いとしてのランク> 

 

※カップリング・連絡交換のしやすさ、打ち解けやすさなどを総合して評価

 

S 人狼コン(2次会参加必須) ボルダリングコン アイススケートコン

 

A 読書コン(街コンジャパン主催) Rooters(着席) 料理合コン(アニスタ) オタク街コン(街コンジャパン) 寺コン(婚活スタイル) 釣りコン 

 

B 普通の合コン

 

C パーティーパーティー アエルラ 東京夢企画 ランニングコン バスケコン(ベストパートナー) 

 

D YUCO アイリス婚活カフェ(たこぱ)  山コン(イベンツ)

 

E 暗闇コン 謎解きコン(アリス) 

 

F アイムシングル ねこんかつ

 

G マスクdeお見合い シャンクレール

 

※B以上は基本的に話した人、全員の連絡先を手に入れることができました。
 

 

<個人的な総合ランキング>

 

・イベントコン、街コン部門

 

人狼コン(evety)>バスケコン(ベストパートナー)>ボルダリングコン>また参加したい!と思う壁>寺コン(婚活スタイル)>読書コン(街コンジャパン主催)>Rooters(着席)>オタク街コン(街コンジャパン)>料理合コン(アニスタ)>普通の合コン>2回目は参加しないかもという壁>暗闇コン>釣りコン>ランニングコン>山コン>アイススケートコン>東京夢企画>>ねこんかつ>>アイリス婚活カフェ(たこぱ)>>参加するのを全力で止める壁>>謎解きコン(アリス)

 

・婚活パーティー部門

 

パーティーパーティー>アエルラ>また参加したい!と思う壁>YUCO>2回目は参加しないかもという壁>マスクdeお見合い>アイムシングル>参加するのを全力で止める壁>>シャンクレール

 

最初に行った街コンジャパン主催のオタク街コンですが、今振り返ってみてもお勧めだと思います。参考になれば幸いです。

 

⇒街コンジャパン主催のオタク街コンはこちらですね

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(4)