Cream - Silver Horses Revisited (Gift 2CDR) | cinnamon の音楽ブログ♪ 徒然なるままに.
新型コロナウイルスに関する情報について

cinnamon の音楽ブログ♪ 徒然なるままに.

 60年代後半から70年代 Rock中心に聴いており,当時の音源,ライブ参戦含めて,音楽中心のブログを徒然なるまま記載しています.稀に当たらない競馬予想も.(爆)
 アメンバー登録,読者登録もどんどん受け付けていますので,お気軽にどうぞ♪

 ジンジャー・ベイカー(Ginger Baker),エリック・クラプトン(Eric Clapton),ジャック・ブルース(Jack Bruce)の 3人によって,1966年に結成された伝説のスーパー・トリオ:クリーム(Cream).

 クリーム(Cream)は,1966年7月29日英国はマンチェスターのライブ・ハウス:ツイスト・ホイール(Twisted Wheel)でのギグを行い,2日後の 7月31日ウィンザーで行われた 『 The Sixth National Jazz and Blues Festival (第6回 ナショナル・ジャズ・アンド・ブルース・フェスティバル) 』 で公式デビューを飾りますが,活動を続けて行く中でメンバー間の確執等もあってか 活動期間は約 2年半と短命で,1968年11月25日,26日英国はロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでの 2夜連続で行われた解散コンサート(Farewell Concert)を以って,その活動にピリオドを打ちます.

 その後,1993年にロックの殿堂(The Rock And Roll Hall Of Fame And Museum)入りを果たし,1993年1月の受賞パーティーにて,その場限りの再結成で "Sunshine Of Your Love"("サンシャイン・ラブ"),"Crossroads"("クロスロード"),"Born Under A Bad Sign"("悪い星の下に")の 3曲のみを演奏.
 それから 12年経過した 2005年5月に何故か期間限定的再結成があり,解散前の最後のライヴを行った英国はロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで 4公演(5月2日,3日,5日,6日),10月にはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにおいて 3連続公演(10月24日,25日,26日)が行われました.

 本ギフト・アイテムは,2005年10月24日から 3夜連続(24日,25日,26日)行われたニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン公演から初日に当たる 10月24日のパフォーマンスのオーディエンス録音を収録した 『 Silver Horses Revisited (Gift 2CDR) 』 です.
 音像は若干遠い感はあるものの,高音質なオーディエンス録音と言えます.
 ”Deserted Cities Of The Heart” は,リハーサル不足なのか導入部が合っておらず違和感を感じます.また ”White Room” の導入部で何故か次に演奏する ”Toad” の導入部のドラムでリズムを刻んでしまうジンジャー・ベイカーはご愛敬でしょうか.

 メーカー情報では
 『2005年秋に実現したニューヨークはマジソン・スクエア・ガーデン3日間連続公演より、10月24日の初日公演を、音質において格段に優れた、極上音質マスター・ヴァージョンにて完全収録。
 2005年末にリリースされ、ファン、メディアから「MSG初日公演の決定盤」と高い評価を受けた傑作音源です。この音源は、早い段階でネットなどで流れおり、その高音質ゆえに、それを基にしたCDRタイトルが複数リリースされました。それに対して、本タイトルは、その大元の録音者のマスターから作られており、既発盤と比較することで、その音質において、デジタル時代には珍しいほどの差を確認することができます。(決してリマスタリングなどの差ではありません。)。
 本盤と比較すると、既発はアナログテープを一回通過したような劣化を感じます。間違いなく、2005年クリームのMSG公演を代表する音源と言えるでしょう。初日公演と言う事もあってか、クリームを待ちわびたファンの熱い反応が各曲で大変リアルに収録されており、3人の素晴らしいパフォーマンスも含め、各曲で素晴らしい盛り上がりを体感することができます。
 N.S.U.終演後、ジャック・ブルースが、観客に対し「Fantastic, amazing, beautiful」と続け「世界最高のオーディエンスの前でプレイ出来て嬉しい」とMC、観客も大歓声でそれに応える様子が記録されています。ロンドン公演同様に、手堅くも熱気を孕んだ3人の演奏は、全編、まさに聴き応え満点。ニューヨーク公演ではロンドンでは演奏されなかったTales Of Brave Ulyssesを追加し、ファンを喜ばせています。
 White Roomのイントロでジンジャーが間違えてToadのドラムを叩きだし、気付いたジンジャーが演奏をストップ。クラプトンが「今のはジンジャーのソロでした」と場つなぎのMC。こういったアクシデントもWhite Roomが演奏されたのは初日ならでは。ジャックの死によって、今後、二度と実現することがなくなったクリーム再結成公演の2005年MSG初演。場内の観客の歓迎ぶり、興奮ぶりも凄まじく、今、改めて聴き直すことで、これまでとは違った感動・感慨があるのではないでしょうか。

 肝臓移植後のジャックの病み上がり状態を心配したクラプトンが声をかけて実現したクリームの再結成公演。時折椅子に体を預けてプレイしていたジャックでしたが、本盤を聴かれると、あの全盛期のかみつくようなボーカルとベースプレイは健在でした。どうぞ偉大なるベーシストを本盤で偲んでください。

  ★beatleg誌 vol.67(2006年2月号)でのオリジナル・リリースの際のレビューです。ご参考まで。
 2005年10月に3日間の限定でニューヨーク公演を実現した再結成クリームの10月24日の初日公演を完全収録。本作のソースは既発タイトルと同じなのだがbittirentでの配信ソースから製作された既発盤に対し、本作はレーベルのネットワークによって、大元の録音者(音源配信者)のマスターを譲り受けて製作されており、その音質においては格段に優れたクオリティを実現している。
 既発盤も良好なサウンドだったが、本作においてはドラムのサウンドに顕著なように、各楽器の音の粒立ちの具合が全然違っている。デジタルとは言え、既発盤のマスターは、ワン・ジェネレーション高いと考える程の違いがある。初日音源のリリースは競合しているが、音質においては、本作が最高レベルのクオリティだろう。

 前号でもレビューしたように、初日公演ということで、アメリカのオーディエンスのレスポンスはこの日が最も盛り上がっており、本作ではそのリアルな臨場感も再現している。クリームの3人のパフォーマンスもロンドン公演を経てこなれており、SpoonfulではRAHよりも格段に長いインプロ・パートを展開している。アメリカで初めてセットインしたTales Of Brave Ulyssesでのクラプトンのワウワウを駆使したプレイはやはり魅力的だし、ジャックの歌詞が怪しくなるのも初日ならではの面白さだ。そしてクラプトンが一気にオーディエンスの度肝を抜いたStormy Monday の爆発的プレイ、We're Going Wrongでのバンド一丸となったプログレっしヴな演奏、クラプトンが流石の貫録で飛ばすCrossroads、初日のみワウワウを全面的に使ったWhite Roomでのプレイ、この曲の前には次曲と順番を勘違いしてしまうジンジャーのフライングなど、初日だけの聴きどころはたくさんある。
 最高音質で、興味深い初日を鑑賞するなら本作のクオリティが決定盤だろう。』

Silver Horses Revisited (Gift 2CDR)
 
 Live At Madison Square Garden,New York,NY,USA 24th October 2005
 [From Original Masters]
 
  Disc 1
   1. I'm So Glad
   2. Spoonful
   3. Outside Woman Blues
   4. Pressed Rat And Warthog
   5. Sleepy Time Time
   6. Tales Of Brave Ulysses
   7. N.S.U.
   8. Badge
   9. Politician
  10. Sweet Wine
  11. Rollin' & Tumblin'
  12. Stormy Monday
  13. Deserted Cities Of The Heart

  Disc 2
   1. Born Under The Bad Sign
   2. We're Going Wrong
   3. Crossroads
   4. Sitting On Top Of The World
   5. White Room
   6. Toad
   7. Sunshine Of Your Love

 Outside Woman Blues
 
 Deserted Cities Of The Heart
 
 Born Under The Bad Sign
 

[関連記事]
Farewell Concert : Japanese Broadcast (DVDR)
 
Disraeli Gears : Mobile Fidelity CD (Gift CDR)
 
Second Gear!(EC Is Here DJ Copy 151/152)
 
Refresh Gream (EC Is Here DJ Copy 149/150)
 
Final Winterland 1968 (Beano-129)
 
 









#2020-03-03