バレンタイン。

私は実は子どもの頃から何故か興味がなく
積極的に買ったりあげたりしていません。 

チョコレートは嫌いじゃないのですが
買って食べるほど好きでもなかったこともあるかもです。

大人になって、
義理チョコの存在が苦痛で、

「こんなイベント無くなったらいいのに」

と、密かに思っていました(^_^;)

こんな私ですが
生まれてきた娘は、
バレンタインに全力です笑

幼児の頃から興味があり、

「作りたい!創作意欲」と
「友だちにあげたい!コミュニケーション意欲」に満ち溢れ。

 

(誰の子なんだろうと、、不思議に思いました 笑)

数年、
娘(現在中学3年)を通じて見えるバレンタインデーは

コミュニケーションの機会の1つなんだと
シンプルに気づきました。

今年は、受験勉強の最中ですが、
休日に友達の家で工場ばりにチョコを作り

それを小さな手紙を添えて
配りまくっている姿。(自転車で配達。)

逆に、何人かのお友達が家にチョコレートを持ってきてくれていました。

「受験頑張ろう」のようなプチメッセージを添えて手作りのちっちゃなチョコ。

客観的に見ていて感じたのは


Z(ゼット)世代と言われる、
コミニケーションがSNS、LINEの娘たちには

意図して、こうやってリアルにコミニケーションを取る機会も大切なんじゃないかと気づいたのです。

私も、お仕事つながりの方から
お疲れ様的チョコレートをいくつかいただき。

 



リモート仕事が増えているからか
とても温かみを感じました。

良い意味でお金がかかっていない感じも。

小4息子も
本命チョコをいただき!✨

バレンタインデー当日の
部活が終わった後を狙って校庭の隅っこでいただいてました(きゃー💕)

リアルコミュニケーションをしなくても良いツールが増えている時代だからこそ、
こういった機会でバランスが取れるのかもしれません。


これまで、私は父親にもほとんどチョコレートあげたことがありませんでしたが

甘いものが嫌いな父親、義父には
今年は娘の影響を受けて、、感謝の気持ちを込めてパンを持っていきました。

 

 

気持ちのコミュニケーション、大切にしていこうと。

(デパートのチョコ売り場はやっぱり苦手ですが)

 

 

「アイディアと感性を育てるには?」

~暮らしを楽しむ、フィリップ&てつやまさんの話と食材~

 

7月23日(木・祝日)の午後に、

フランス田舎料理のアミティエ とのコラボ企画で

お話会(オンライン&現地参加)を開催しました。

(アミティエさんは、NPO法人ワークライフ・コラボの法人会員です)

 

 

 

開催まで1か月を切ってからの告知だったにもかかわらず、

オンラインで7名、現地参加が6名、

が参加してくださいました。

本当にありがとうございます!

 

わずか1時間という時間設定であったので、

参加の皆さまが、何をもって今回の講座に参加したのか・・・ということを

聞かなかったことはもったいない、状況ではありましたが

「仕事も暮らしも楽しむ」ことに共感してくださっている皆さまであったかなと思います。

 

 

 

・お2人が(パリで)出会った40年前のこと

 

・価値観も趣味も全く合わなかったけれど、「食べること」が共通言語で

「食べることで何か面白いことをやろう!」

というところからの、フランスでの修行(国家公務員だったので、2か月の休暇を取って修行したらしい)

東京での修行、を経ての

てつやまさんの故郷の愛媛でお店を立ち上げることにしたこと

 

・フランス料理を「スーツを着て、背筋を伸ばして、食べ方気にして食べる」ことをおかしいと思った。

慣れ親しんだお箸で、ボリューム感のある料理を楽しく、愛する人たちと食べてほしい。

美味しいものを、楽しんで食べてほしい。

のコンセプトでお店がスタート。

 

てつやまさんとフィリップの話は、極めてシンプルでした。

 

フィリップの話。

「仕事はどっちかというとキライ。自分の人生を大切に、楽しく、自分を成長させるためには

休むことが必要。

休みでは、旅行に行ったり人に会ったりする。

新しいものを知ることで、それを料理に活かしたり、会話を弾ませたりする(から休みが必要なんだ)」

 

「東京で修業をしたお店では、誰も休みを取らない、ずっとお店にいる。

休まないのは、学ばないということ。他の美味しいものを知らずに、自分のお店で美味しいものをお客さんに提供できるのか?

休まない日本人のことを、オカシイと思っていた」

 

仕事はキライと言いますが、

「美味しいものを、美味しく食べてもらいたい」

というぶれないコンセプトがあり、

休む、というのは、単にゴロゴロするだけではない、

自分にとって意味のある時間(体を休ませる、やりたいことをやる)にしているということを感じます。

 

てつやまさんからは、「ザ・てつやまワールド」。

 

「サンゴの産卵は28周期。それと同じように、お店にもお客さんがワーっと来ることもあれば

サーっとひいて誰も来ない時間もある。

ああ、サンゴの産卵と同じなんだなあって。面白いよね。」

(日々の忙しさ、閑散を、自然界や宇宙の仕組みで考えるようです)

 

「今回の新型コロナウィルスの影響で、大変なこともあるけれど

日本人は、休むきっかけになったと思う。

一緒に住んでいる家族のことを、深く知るきっかけになったと思う。

ああ、この子はこんな性格だったんだなあ、とか、パートナーのこんなところイヤとかも(笑)

知ることって、大切なんですよ。」

 

「80歳で美しく死ぬためには(てつやまさんプラン)、じゃあ何をすればいいのかなと考えたら

やっぱり、食べたもので人はつくられているから

食べるものを考えることかなと。

(3年前から始めた)自分たちで作ったその季節の野菜や果物を食べることで

自然のエネルギーをもらえてるんですよね」

 

「人は、年齢を重ねると、ギラギラしたお肉や料理よりも、お米・野菜、の素の味が美味しく感じるようになる。

“自然”に帰っていくんだなあって」

 

・・・1時間では足りませんでした(苦笑) 企画者の、ある意味企画ミスでした。

 

松山で30年、お店を継続するのは大変なこともあるけれど

「大変」ではなく、「自分たちが楽しみ、その楽しみをお客さんにも分ける」志向のお2人。

 

“違うもの”を受け入れ、取り入れてみる。

“自分の好きなもの・コト”に気づいて、それを休みの日に楽しむ。

 

理屈ではない、それが日常のお2人の話。

書ききれません。

 

続きは、アミティエで直接、楽しみませんか?

 

 

2019年のGW「も」、ゆるくスタートしております。

 

結婚してからは、オットがGWなど関係ない仕事だったため

基本、GWには大がかりな予定は入れないのが当たり前になってて

そのスタンスで21年目を迎えてます(笑)

 

また、娘@中2もちょこちょこと部活のため・・・

 

だからこそ、

GWの過ごし方は、

●普段やらない大掃除(カーテン洗う、台所やお風呂の細かな掃除、服の整理)

●普段会えない人や友だちにゆるく会う

 

ことが中心です。

 

このGWの楽しみの一つ。

28日に、大好きな方々とランチ会をしました。

 

 

何年か前から、「ガス抜き会」と称して

女性活躍や男女共同参画系の方々と、不定期にメンバー固定化せずに開催。

 

愛媛県内にて、男女共同参画に、一石を投じてこられた先輩方、

また、いろんな立場やテーマで、一石を投じている、現在進行形のみなさん。

 

お立場や役職を卒業したあとも、地域で活躍されています。

 

「運動家」ではない、地域を広い視点で見て、そこにいる方々。

自分がいろんな言い訳を持っていることに気づかされ・・・

 

反省と学びの時間でした!

 

ビストロ横濱さん、大変美味しかったです~~!


 

その2日前には

 

環境も仕事も違う、3人が集まりました。

 

パーソナリティのやのひろみさん。

長いお付き合いの、みずたにひとみさん。

 

 

なんでか、写真が縦にならない・・・( ;∀;)

 

 

これまでに感じている、モヤモヤ、おかしいな、と思うことに腐らず

 

ではどうすればいいか、

自分は今後どんなことをしたいのか、語る語る。

 

こんな未来形の時間、大好きです!

 

今回、素敵な女性の方々と会い、語る時間が多くありましたが

 

男とか女とか関係ない、一人の人として、

他者にかかわり、自分の道をつくり、歩く。

 

それぞれの持ち場で、役割で、もがき、楽しみましょう!

 

 

 

やのひろみさんのブログ記事にも、女三人衆ネタ。

http://tug-product.main.jp/yanohiromi/turezure/%E4%B8%80%E8%B6%B3%E5%85%88%E3%81%AB%E4%BB%A4%E5%92%8C%EF%BC%81/

 

 

 

 

 

 

 

今日は4月1日。そして月曜日。

平成から新しい元号に変わる年。

 

私の12年前、これまで経験したことのない「子どもを育てながら働く」ということを

慣らしスタートさせた月でもありました。

(娘が生後11か月で慣らし保育スタート、正式復帰は5月1日)

 

先日、第1子出産を経て、この4月から

職場復帰をする女性と話をしていて

まだまだ世の中が変わってないことを実感したこともあり、

 

自分の経験を振り返りつつ、出会った方々の経験値も含め

 

「育児休業からの復帰」について綴ってみたいと思いました。

 

おそらく、数字的にも、ハハが多いと思うのですが、

チチハハ関係なく。

主語を「オヤ」としますね。

パートナーが育休から復帰するという視点でも、

当事者だけでなく、パートナーであるチチも

ジジババにも伝えたいです。

 

 

①新しい環境になる家族・・・子どもも、オヤも。

・子どもは保育園へ。オヤは以前の職場へ。もしくは異動した部署へ。

 特に子どもは、慣れない環境に泣き叫ぶのが定番。

 ここに、心折れたオヤも多いと思いますし、

 こんな感じで

 http://livedoor.blogimg.jp/okiwa/imgs/3/6/3692a1c0.JPG

 

 私も、初日にいきなり娘は高熱を出していて、

小児科併設の園だったのでそのまま預けられたのですが

 涙ながらに預けて、出勤したのを覚えています。
 

・預けることへの後ろめたさ。10年前まで、

まだまだ「子どもはオヤが(特に母親が)育てる」が強い世の中で

 その価値観が自分にもしっかり刷り込まれていたことに気づかされました。

 

・でも、数日、数週間、数か月、経つにつれて

 先生との信頼関係もでき、そこにいる他の赤ちゃんや子どもたちとも関係ができ、

 自分の気が付かなかった、娘のポジティブな姿や行動が見えてきます。

 

 朝、娘を先生に託したら、そのまま私のほうを見ることもなく、

 部屋のおもちゃや友だちのところにズンズン進んでいく娘を見て

 「ああ、ここがもう娘の居場所になってるのね」と、

 悲しくも嬉しくも・・・という心境になりました。

 

 人は、新しい環境や人とのかかわりで成長する。それを、しっかりと感じました。

 

 → 子どもを預けることに罪悪感は不要。

    子育てを共に支えあうパートナー(園や先生方)ができ、

   子どももオヤ以外の居場所を確保し、人間的成長する場所なのです

 

 → 園の先生方と、信頼関係を築こう。

    園のやり方や、先生の対応で「あれ?」と思うことがあったら、

   不満やギモンをSNSなどで書き連ねるのではなく、まずは園の先生や、

   ちょっと仲良くなったオヤ仲間に

   「こう思うのだけど、どうですか?」と聞いてみたり提案してみる。

   思わぬ自分の誤解や、新たな考え方などを発見できると思います。

 

 → 振り返りの機会を持とう。自分時間の捻出でもいいし、

    夫婦でお酒を飲み交わしての時間でもいいし。

    おすすめは、日記やブログです。

    私は復帰して、ブログを始めました。 

    (その当時は、まだSNSが普及してなくてmixiくらいしかなかった)

    tonchinという、保育園の名前を充ててのブログで、

    2006年4月~2008年11月まで書いていました。

    自分が何に喜びを感じ、何に腹正しさを感じるのか。

    日々をつづることで、日々のモヤモヤを整理し、

    自分の価値観や、他者への価値観、今後やりたいこと、に

    気づくことに繋がりました。

 

②仕事、家事、子育て、完璧を目指さない、一人でやらない

 

・スムーズに時間を使いたくて、朝、夕ご飯の下ごしらえ(野菜を切っておく等)をして、

 洗濯も寝る前にして、、と、家事のダンドリを、時短レシピとかいろいろ見ながら完璧にしようとしていました。

 

 が、

 子どもを保育園に迎えに行ってからが大変。思い通りにはならない。

 家に戻ると、

 ★とたんにぐずりだす。 離れるとギャーギャー泣きわめき、食事の準備どころじゃない。

 ★お風呂を嫌がる

 ★落ち着いたと思ったら、夕食を食べずに寝始める。起きない。

 ★中途半端な時間に起きてしまう。

 ★子どもの具合が悪そうになり、明日園に行けるかどうか

   (ひいては仕事どうしようかと)不安に陥る。

 

 思い通りにならないことが、ハハのストレスになっていきました。

 不安、不満、不具合、、、日々が楽しくない。

 仕事してていいのかな、なんて風にも思えるように。

 

 ・21時には、完璧に子どもを寝させたい!というところからの、

  とんとん拍子で時間が進むことを前提とした行動だったからこそ

  そうでないことにいら立ちを感じていたんだと、後になって気づきました。

 ・しかも、

  長時間労働で帰るの遅いオットを、「あてにしない」と勝手に決めつけて

  子どものスケジュール(園のイベントなど)も自分の仕事のスケジュールも

  共有していませんでした。

 ・イライラが、お隣さんにまで伝わったのか(笑)

  晩御飯のおかずを、差し入れてくださることがありました。もう涙です。

 

 → 子どもが時間通りに寝なくても、食べなくても、お風呂に入らなくても、

    「まあ今日はいいか」と思う寛容な気持ちを持ってみる。

    お風呂に入れるのが大変で時間がかかる!と、

    3人の子育てをしている人に話をしたら、

    「1日や2日くらい、お風呂入らんかっても、子どもはくさくないから大丈夫よ!

     死なないから!^^」

    と言われたことが、気持ちを楽にしてくれたことも。

 

 → パートナーが、残業残業で帰ってこないから、単身赴任だから、

   仕方ない、自分がやる。

   と思いがちですが

   パートナーを時間かけてでも巻き込もう。一緒に子育て、を伝え続けよう。

   ときには、愛あるファイティングも必要。

 

 → タイムツリーとか、グーグルカレンダー、壁にかけているカレンダーでもいいので、

   子どものイベント(予防接種や園の行事など)は必ず共有する。

   (どうせ行かないだろう、できないだろう、ではなく)

 

 → 公共の資源もあります。お金との兼ね合いはありますが

   頼れる資源はとにかく使う。(ここに、葛藤を感じる場合は、なぜ葛藤するのか考えてみる)

   私の友人で、離婚した夫の妹に、助けてを伝えて協力してもらっていて、

   それも方法の一つなんだなと、感心しました。

 

③少し慣れてきたら、目を外に向けてみる

 

・自分の仕事やライフスタイルを守ること、我が子のことに精いっぱいで、

 朝はさっと子どもを園に預け、夕方は連れ去るように園を出る。

 そんな生活でしたが、

 娘が1歳のときの、お友だちにかみついた事件(笑)から、

 お友だちのお母さんにお詫びをするべく連絡を取ることになりました。

 連絡先を聞いて、やり取りをする。

 

 なんてことはない出来事ですが、

 先生からしか聞いたことのなかった風景が、別のオヤを通じて、新たな情報をもらったり、

 子どもの接し方を聞いたり。

 新たな視点(人とつながることで得られるものがある)に気づきました。

 そこからの、12年前に立ち上げた地域活動「ワークライフバランス向上委員会」に繋がりました。

 

・それから、子どもつながりで、会ってみたいな、話してみたいな、と思うオヤには、

 自分からアタックして、ときには連絡先を聞いたりするようにしました。

 

・娘が幼稚園に行き始めたとき、平日昼間に親向けの「ランチ会」なるものがありました。

 どうせ専業のハハたちのおしゃべり会だろうと・・・仕事もそのために休むのもどうかと・・・

 ともすると上からな目線で行きませんでした。(ママ友、という言葉もその当時まではキライでした)

 が、

 たまたま休みが合ったこともあり、アウェイ感丸出しで出席してみると、

 専業のハハが中心でしたが、働いてるハハもいて、

 みんなそれぞれ、楽しく泥臭く生きている。(笑)

 なんか、私一人が粋がってた?ような気持になり、何かが皮むけました。

 そこからどんどん、ママ友が増えていきました。

 

・息子のときは、8年前、生後4か月くらいから預けて働き始めたのですが、

 園に依頼されたこともありましたが、保護者会の役を引き受けました。

 保護者会のメンバーは、シングルハハ、教員採用試験真っ最中のハハ、共働き必死ハハ、などなど

 多様な環境を持つメンバー。(いまはチチもいるらしく、ようやく「オヤ」の活動ですね)

 

 だからこそ、限られた時間で園の活動を考えたり、子どもとのかかわりを考えたり。

 戦友みたいな仲間ができたと感じました。

 

 それからは、小学校では、読み聞かせボランティア、PTAの副会長、地区の役員・・・

 狭い目線にならないように、外目線を持つために引き受けています。

 しんどいこともありますが、その都度、子どもを取り巻く、私たちを取り巻く問題課題に気づき、

 自分自身が成長できるきっかけがもらえています。

 

→ 信頼できる仲間を作ろう。待ってても、仲間はできない。

   仲間を作ろうとするプロセスは、子どもはしっかり見ています。

 

→ 保護者会やボランティアなど、家庭や仕事以外のコミュニティを持ってみる。

   その仲間が、自分の子どもを支えてくれたり、他の子どもも我が子のように感じられます。

   そして次世代育成をジブンゴトと捉えられるようになります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3年前には、パートナーの夫が、仕事を辞めて、専業主夫になった経験もありました。

https://ameblo.jp/work-life-b/entry-12206605099.html

 

この経験も、また、チチの気持ちを知る機会になりました。

 

経験が、人を成長させます。

 

私の好きな言葉、

「強い者が生き残るのではなく、賢い者が生き延びるのでもない。

 唯一生き残るのは、変化できる者である。」

 

変化しなさい、というわけではないですが、

 

変化を楽しめるようになれば、と思います。

 

 

 

もう娘は中学2年生、絶賛反抗期中、

息子は小学3年生、いつになったら落ち着くんだろうのやんちゃぶり、

 

お世話する手はかからなくなったけど、心の伴走が必要な子育て中です。

まだまだ私たち夫婦も、子育ては道半ばです。

 

復帰後は価値観も、モノを見る視点も、長いスパンでどんどん良いように変わります。

ぜひ、楽しんで!!^^

 

 

ワークライフコラボでは、

長期休暇中の小学生向け学童保育「まちのがっこう」を

実施しています。

http://www.worcolla.com/activity/machinogakkou/

 

今、最も注目されている点数化できない力

「非認知能力」について、

学生服でおなじみのカンコーさんと、岡山大学の中山先生のご協力を得て、

講演会&体験会を開催しました。

 

一般社団法人カンコー教育ソリューション研究協議会 とは

https://kanko-gakuseifuku.co.jp/institute_edu_solution

 



「非認知能力」とは?から始まり、

子どもに関わる大人たちの認識を変えることこそが、

子どもが社会で生き抜く力を身につけていくことにつながる、と学びました。

 


 

具体例も分かりやすく、腹落ちしやすいワードが満載です。
子どもと関わる現場におられる方の参加が多かったこともあり、

講座後も先生への質問が絶えません!


中山先生が、

「まちのがっこう」もカンコーのプログラムも、愛媛トヨタのインターンシップも

「体験」の中に散りばめている「非認知能力」を意識した「しかけ」が入れ込んである。
しかけの質が上がれば、自ずと「経験」や「学び」の質も上がるんです!

 

と言ってくださったことは、背筋の伸びる思いでした。

関わる大人の視点や言葉がけ、環境の設定にますます磨きをかけよう、と思います!


中山先生の、最新本です^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、別部屋では、子どもたち向けのプログラム。

 

「やってみたいことや、がんばりたいと思うこと」や

「好きなものやワクワクするもの」などを

引き出し、そして記していきます。

 

その中から出てきた「願い」を、

 

ダルマにデザインしていきます。

 

 

バスケットが大好き!

ソフトボールが大好き!

 

頑張っていることが楽しい! などなど

 

という思いが、デザインにも個性的にあらわれています^^

 

終了後、大人たちは、先生への質問が止まらず

 

それを待つ子どもたち(特に男子たち)はゲームに群がり(笑)

 

 

「地域で子育て」を、しっかりと具体化していきます!