バラの庭・アトリエ・小さな雑貨・ウッドチップスの裏庭ブログ【 wood-chips 】
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

バラの庭づくり・春の管理作業と庭の小物。 杉並区のガーデンより

杉並区 バラの庭 造園

 

 

咲きそうなバラもちらほら、春の葉が広がる杉並区の庭へ。

 

 

杉並区 バラの管理

 

 

薔薇の管理と植物の植え込み作業に平行し、庭の小物を塗装。

 

 

杉並区 バラの剪定 誘引

 

 

建築のための整地により、以前から植わっていた草花がところどころで。

 

バラの花壇とした場所から出てくるもの多いです。



杉並区 薔薇の庭 造園管理

 

 

バラやレンガの配置が変わる可能性があるので、現段階での植栽は控えめ。

 

春以降もバラの植え込み優先なので、草花や雑草の整理は、しばらくは掛かりそうです。

 

 

杉並区 バラの剪定 造園業者

 

 

ベンチは補修はせず塗装のみですが、汚れないかな・・ を気にせず座れるようになりました。

 

見た目的には。

 

次回も春の管理に合わせ軽作業を一つか二つ。 咲いている薔薇もありそうです。

 

バラの庭と今日のアトリエ / 奥の庭。 開花前の庭より

バラの庭 誘引風景

 

 

ヒルズガーデンのゲートをくぐり奥の庭へ。

 

工房前の薔薇も順調に葉を増やしており、ここまでは昨季よりも良い感じ。

 

 

小さなバラの家

 


日に日に広がる緑色。

 

 

小さなバラの家

 


窓側はフロントBからの植え替えバラ。 芽の動きは鈍いものの、株の定着は順調なようす。

 

メインローズとして、来季は期待出来るかな・・。

 

 

バラの花壇

 

 

花壇の木立性バラは、1~3年生。 おおむね状態を上げて来ているようす。

 

 

小さなバラの家
 

 

別館周りも植え替えは多く、樹勢の強いつるバラで春の形をサポート。

 

サポートのあるうちは、まだまだ。 勢力を入れ替える程になってもらいたいなと。

 

バラの庭と今日のアトリエ / ヒルズガーデン(中の庭)。 開花前の庭より

小さな庭 パーゴラ

 

 

冬の誘引作業前にパーゴラとして拡張した、ヒルズガーデンのBゲート。

 

通路が狭まり奥の庭への資材(3m前後の)搬入は、さらなるスキルが必要になりますが

 

風景を深める効果としては、まずまずと予想。

 

 

小さなバラの家

 


ヒルズガーデン(Aゲート) 日に日に広がる緑色。

 

 

バラの誘引 窓

 

 

窓側。 こちらも日に日に。

 

 

バラの庭 小さな家

 

 

資材置き場側。 Bゲートに合わせて拡張しており、枝の広がりは前季からの3割増し。

 

 

小さな家 つる薔薇
 

 

奥側。 立ち枯れのぐるめツリー、杭で持たせていますが老朽化が激しく(6号館ツリーは先日伐採)

 

3号館ツリーもそろそろという気配がするので、小鳥たちは敬遠するかも知れませんね。

 

もう少しバラに干渉しない場所に、新しいメゾンを検討してみます。 薔薇に干渉しない場所か・・。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>