赤ちゃん言葉の番外編

テーマ:

おはようございます。


前回ベビーイングリッシュを紹介しましたが、大人とのやり取りで子どもが周りに居ないと使う機会が全くないと思っている方が多いかと思います。
実は赤ちゃん言葉を日常生活で遣うということもしばしばあります。もちろんフォーマルな場や上司など目上の人には遣わず、親しい仲での会話に限ります。

よく赤ちゃんや我が子に対して"sweetheart ""sweetie" などと呼んでいることがあります。これらの名称は子どもだけでなく恋人や夫婦間でも使われており、主に愛情を示す言葉としてよく遣われます。「愛しい人」「愛しい人・可愛い人」 という意味です。
日本では名前やあだ名で表現するので、海外特有の表現です。
その他、ジョークが通じる相手に対して赤ちゃん言葉を遣うことは日本でもよくあることかと思います。



その中でもよく遣われるのがトイレに関することです。
トイレは日本でもよく使われているのは"Toilet"ですが、"Toilet"は便器そのものを指します。トイレは"lavatory"と表現するのが一般的で赤ちゃん英語だと"Potty"となります。
そして、おしっこは"Urination"といいますが、赤ちゃん英語だと"Wee-wee""Pee-pee"、うんちは"Defecation"ですが赤ちゃん英語だと"Poo-poo"といいます。

「トイレに行ってくる」という表現が一番遣われるかと思いますが、より親しい仲となると尿意や便意をストレートに伝えることもあります。
スラングに属する表現になりますが、気心知れた仲間同士で子どもっぽい感じの大人の表現として「おしっこする・おしっこしたい」を "pee"と表すことがあります。

"I have to pee."
「おしっこしなくちゃ」
"I have to pee so bad!"
「ダメだ!間に合わない!」

「ウンチしたい」という場合は"poo"とは言いません。
とても汚い言い方になるのでオススメはしませんが"take a dump"という表現をすることもあります。
"I gotta go take a dump."で日本でいう「クソしてくる」というような表現に値します。
 
基本的には子どもから大人までウンチのことを"Number two"という表現をすることが多いでしょう。
"I need to go number two."で「ウンチしたい」という意味になります。

"number one"はおしっこの意味になります。
とても仲がよくジョークが言い合える間柄であれば子どもっぽい大人の表現やスラングでもいいのですが、そうでもなくこれから仲を深めたいという間柄であれば"number one""number two"という表現を遣いましょう。

ちなみに丁寧な言い方、日本でいう「御手洗」に値するトイレの丁寧な表現は"rest room"です。

 

赤ちゃん言葉から英語を勉強するというのも面白いかもしれませんね。Webで翻訳はゴールデンウィーク中もご利用頂けます。ゴールデンウィーク中のサポートや決済に関しましては、こちらのブログに記載してますのでご確認ください。

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う内容で書いてます。

最新記事はまずは3ステップを実践してみよう!初心者におすすめの翻訳の勉強のしかた(2019年4月24日)

赤ちゃん言葉を英語で

テーマ:

おはようございます。


皆さんは「ベビー英語」というのをご存知でしょうか?
日本でも「赤ちゃん語」というのはありますよね?例えば、車のことを「ブーブー」と言ったり犬のことを「わんわん」(犬)と表現したりします。
では、このような赤ちゃん語は日本だけなのかというともちろんそうではありません。
海外でも同じ音を連続して発音する赤ちゃん語やその他赤ちゃんが親しみやすい言葉が存在します。
"Mama"は日本と同様「ママ」ですが、「パパ」は"Dad"なので"Dada"になります。
「じぃじ」(groundpa)は"Papa"「ばぁば」(groundma)は"Nana"と呼ばれます。

これらのように同じ音を二回連続して発音するベビーイングリッシュを "duplication"(繰り返し、重複)と言います。
「姉妹」(sister)は"Sissy"「兄弟」(brother)は"Bubby"といい、語尾に "ie"または"y"を付けるベビーイングリッシュを "diminutive"(小さい)と言います。
大体の言葉が"duplication"と"diminutive"で表現されています。



動物の場合は、トラやライオンなどネコ科の大型動物のことを"big kitty"(大きなにゃんにゃん)と呼んだり、鳴き声を繰り返した名称で呼んだり、家庭や子どもに合わせて様々な表現があります。
"Dog"の場合、"Doggie"と呼ばれることもありますが、犬の鳴き声を表現した"bow-wow"や"arf-arf""ruff-ruff "などと呼ばれることもあります。"bow-wow"は聞き覚えがあるかと思いますが、後者二つの鳴き声はイマイチぴんと来ませんよね。
ちなみにディズニーのキャラクターである「グーフィー」ですがアニメの中では「アフィアフィ」という独特な鳴き声を発しています。

"Kitty"(Cat)
"Horsey"(Horse)
"Moo-moo"(Cow)

"Night-night"「おやすみ」(Good nigh)
"Wakey-wakey"「起きる時間よ」(Time to wake up)

"Pacifier"(おしゃぶ)は"Binkie"
"Dinner"(夕ご飯)は"Din-din"
「美味しい」は"Yummy""Nummy"を更に親しみやすいように"Yum yum""Num num"と言い換えます。
反対に「不味い」"Yuck"は"Yucky"となります。
"Boo-boo""Owie"は傷・怪我の"Wound "のこと、
"Oopsie"は"Oops "で「やっちゃった」のことをいいます。

また親が子供に合わせて幼い言葉遣いをするのを"Motherese"または "Parentese"と言います。赤ちゃんをあやしたり、話しかけたりする時は自然といつもより声のトーンが高くなります。そのようにソフトに話しかけることを"Cooing"といいます。

 

 

来年2020年から文部科学省発表の「グローバル化のための英語教育改革実施計画」が始まりますが、実際にどれくらい効果があるのでしょうか。週1.2回の英語の授業では、英語が出来るという状態になるのは難しいと思います。Webで翻訳の翻訳家はそれぞれがそれぞれの言語のプロフェッショナルとなるように、プロの翻訳家になった今でも勉強をし続けています。普通の人が仕事をしながら言語のプロフェッショナルになるのは相当な努力が必要です。翻訳が必要な時は、翻訳のプロに頼っても良いのではないでしょうか。

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う内容で書いてます。

最新記事は知らずに使っているかも?!シェイクスピア作品の使える英語表現Part3(2019年4月17日)

シチリア島旅行もオススメ

テーマ:

おはようございます。


シチリア島はドラマや映画の舞台地として使われているということもあり、一度は目にしたり見覚えのある風景かと思います。
例を挙げるなら、チェファルは、映画「ニューシネマパラダイス」のロケ地になっていました。その他、ゴッドファーザー、グランブルーなどなど。
イギリス~イタリアのヨーロッパ旅行で紹介したい所でしたが、「シチリア島」は小さな島なわりに観光するには結構な時間を要します。
そしてよく聞く地名ではありますが日本から飛行機で14時間程かかるのでなかなか訪れる機会がないのです。

シチリア島は四国より少し大きいくらいの島です。簡単に回れそうな気もしますが、実は交通網があまり発達していません。
なので観光に行くのならしっかり計画を立てておくことをオススメします。

 



シチリア島は「パレルモ」「タオルミーナ」「シラクーサ」「アグリジェント」が四大観光都市と言われていますが、バロック都市が建ち並ぶラグーザやモディカなどの東南部の町、カルタジローネやピアッツァ・アルメリーナなどの内陸部、トラーパニやエリチェなどの北西部の町などがあります。

たくさんの見どころがあるので映画の聖地巡りをしたいのか、綺麗な景色を観たいのかなど、的を絞っておく必要があります。
それらの中でも定番だったりオススメの観光スポットとして挙げられる歴史的な建物や世界遺産を紹介します。
モンレアーレ大聖堂"Duomo di Monreale"です。イタリアの指定保護文化財建造物となっており、ノルマン建築様式でとても有名な建物です。

サン ジョルジョ大聖堂"Duomo di San Giorgio"は、イブラ地区にあるゴシック調の教会で、17世紀末の大地震後に建てられました。この大聖堂にあるステンドグラスは街の守護神であるサン・ジョルジョを象徴していると言われています。

ヴィッラ ロマーナ デル カサーレ"Villa Romana del Casale"は古代ローマ時代の権力者の別荘として有名な建物で、1997年に世界遺産に登録されました。

その他、イブレオ庭園"Garden Ibleo"はイブラ地区の東に位置する市民公園で地元の人ものんびり過ごしているので現地の雰囲気を味わうことが出来ます。

ラグーサ イブラ"Ragusa Ibla"は旧市街地のことをいい、バロック様式の建物が立ち並んでおり、所謂「インスタ映え」な観光スポットです。また細い小道がたくさんあり、散歩をするだけで日本では絶対にない異世界な雰囲気を味わうことが出来ます。

ヨーロッパ旅行でシチリア島を組み込むのは見どころが多すぎて難しいかもしれません。イタリアにはシチリア島以外にももちろんたくさんの観光があります。なのでヨーロッパ旅行とは別にシチリア島のみをじっくり観光する旅行を考えるのもオススメです。
イギリスやイタリア旅行をした事がある方はGWはシチリア島を検討してみてはいかがでしょうか。世界遺産にも登録されている観光地ですので、一度は足を運んでほしいスポットの一つです。

 

 

ヨーロッパは歴史の長い国ですので、さまざまな観光名所があります。Webで翻訳にはヨーロッパを始め国内外問わず名所旧跡の翻訳依頼が入ってきます。名所旧跡が多いということは、それだけ観光客へ伝える歴史も多いということですね。これからもWebで翻訳はきちんと伝わる翻訳をしていきます。

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う内容で書いてます。

最新記事は知らずに使っているかも?!シェイクスピア作品の使える英語表現Part3(2019年4月17日)

おはようございます。


前回はヨーロッパ旅行というタイトルでありながら、イギリスまでの紹介となっていました。
なぜ、今回イギリスだけでなくイタリアまでの旅行をオススメするのかというと、ヨーロッパにも日本と同じく格安旅行をすることが可能な格安な航空券などが揃っていること、これからオススメするイタリアにはファッション、文化、歴史、食べ物、芸術など、魅力的な物がたくさんあるからです。

世界遺産や歴史的な建物は主にナポリ近郊に集まっており、紀元前1,000年頃にはすでに存在していたとされる古代都市「ポンペイ」の遺跡や世界遺産に登録されている「アマルフィ」は世界一美しい海岸と称されています。
「トゥルッリの町」と呼ばれるおとぎの国のような町「アルベロベッロ」も世界遺産に登録された街で、トゥルッリとは円錐形のやめに白い壁のこの地方独特の建物のことを意味します。



 

カプリ島の「青の洞窟」は温暖化の影響によって水位が年々あがっています。そのため入洞の可能性が年々危ぶまれているので早めに行っておいた方がいいでしょう。

その他、ナポリには12世紀に建てられたナポリ一番の観光スポットデローボ城や、ローマには「ローマの休日」で有名な「スペイン広場」や「真実の口」はもちろん、「トレヴィの泉」も誰もが知っているかと思います。
また世界一小さな国家で有名なバチカン市国もローマ内にあります
「死にゆく町」「天空都市」として近年人気の「チビタ・ディ・バーニョレッジョ」はローマの北にあります

フィレンツェ近郊にはレオナルド・ダ・ヴィンチの生家が残っている「ヴィンチ村」があります。穏やかなトスカーナの田舎風景がどこまでも広がる町です。
また城壁に囲まれ中世の雰囲気漂う町「ルッカ」も訪れたい街で少し南下すれば「ピサの斜塔」があります。
物語の世界に出てくるような可愛らしい中世の街並みが自慢の「ブオンコンヴェント」は、実はイタリア人らがおすすめする穴場の街なのです。

そして近年日本でも知られてきているのですが、ミラノから少し南の方にある「ポルトフィーノ」はリゾート地として人気で地中海のリビエラ海岸が広がります。この海岸の小さな入江に、欧米のセレブや有名スポーツ選手などもお忍びで訪れくつろいでいるようです。
また、ポルトフィーノはディズニーシーのモデル地ともいわれています。
ディズニーランド&シーのファンは日本のディズニーシーと似ている光景が見つかるか探してみると楽しいでしょう。

 

世界にも日本国内にも素敵な場所がたくさんあります。ゴールデンウィークではなくても、時間を作って旅に出てみてください。Webで翻訳はゴールデンウィーク中もご利用頂けます。ゴールデンウィーク中のサポートや決済に関しましては、こちらのブログに記載してますのでご確認ください。

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う内容で書いてます。

最新記事はどうやって英語に訳せばいい?翻訳家泣かせの世界の言葉たち(2019年4月10日)

おはようございます。


今年のゴールデンウィークは10連休です。
皆さんはこのお休みをどう使いますか?
10連休もあれば海外旅行も私生活に支障をきたすことなく出来ますよね。
海外旅行としてゴールデンウィーク中にオススメするのはヨーロッパです。
ヨーロッパツアーというプランで旅行会社もチケットを販売している所もあります。
しかし、そうすると結構な費用がかかってきます。ヨーロッパを全て制覇するのでは無くイギリス、イタリアだけでもかなり満喫することができます。
この時期にオススメのスポットがイギリス・イタリアにはいくつかあります。
まず、イギリスは古き良き文化を大切にした国で、世界遺産や古くから大切にされている文化を見ることができます。何となく、イギリス ロンドンと聞くと赤い隊服の黒くて長い帽子を被った兵隊さんや赤いバスを思い浮かべませんか?

ロンドンで最も人気の観光名所の一つ「バッキンガム宮殿」では、皆さんが想像する兵隊さんを目にすることができます。衛兵交代式では兵隊さん達が行進します。
また、バッキンガム宮殿は現在でも使用されている王宮で、エリザベス女王のロンドンの公邸です。執務の場であると同時に、王室庁の事務本部としても使われています。

 



「大英博物館」では古今東西のありとあらゆる貴重な品々が展示されています。
ロンドンに観光に来られる方はほとんどが訪れたい場所なのではないでしょうか。
館内はとても広く収蔵品も多岐にわたるため、隅々までじっくり見学するとなれば1ヶ月以上はかかると言われています。
ゴールデンウィークで時間が限られているなら、大英博物館のエッセンスが凝縮された「Enlightenment」に的を絞ることで無駄のない見学ができ、満足出来るでしょう。
次に、ロンドンのテムズ川沿い、タワーブリッジの近くに位置する「ロンドン塔」"Tower of London"はイギリス世界遺産の一つであり、その正式名称を「女王陛下の宮殿にして要塞」といいます。
タワーブリッジもオススメではありますが、ロンドン塔はこれまでのロンドンの長い歴史を目で見て感じることが出来る場所です。
古くから国王の居城として使用されたり、時には罪人を幽閉する監獄としても使用されてきました。敷地内は広く、建築物の見学は勿論のこと、中世の国王達が使った甲冑や武器、王室の儀式用の宝石類や中世の拷問具などなど、様々な見どころと歴史が垣間見える観光名所となっています。

その他、ハリーポッターでお馴染みのホグワーツ魔法魔術学校のモデルとなったオックスフォード大学も見どころです。約500年以上も前に建てられたものでハリーポッターファンはもちろん、そうでない方でも歴史ある建物を見てみてはいかがでしょうか。

そして最後にロンドンからは離れますが、イギリスの最北端に位置するスコットランドです。ホグワーツ魔法魔術学校に続き、ハリーポッターの劇中にホグワーツ急行のシーンで使われたウェストハイランド鉄道がある事でも有名です。
スコットランド西岸側に位置する「スカイ島」という島です。
スコットランドで2番目に大きな島で、ビーチとしてはもちろん、豊かな自然とその絶景で隠れ人気スポットとしてよく名前が挙がります。
ちなみに1番小さな島はマル島で、大きな島はグレートブリテン島です。
イギリスだけでも歴史的なものを見学するのにとても時間がかかりそうですが、スコットランドにも自然豊かな島々や秘境がいくつもあり、とても忙しい旅となりそうです。

 

今日本では、どこの国の料理でも本場と変わらないくらいの物が食べれます。でも、やっぱり現地に行き、現地の空気感を味わいながら食べるのとでは全然違います。Webで翻訳には、フランス語・イタリア語・ドイツ語・イギリス英語などのヨーロッパ言語を翻訳できる翻訳家が多数おります。もし現地に行く前や現地とのやり取りで必要だと思ったら、彼らに一度翻訳を依頼してみてください。プロの翻訳家がどういう人達なのかを知って頂けると思います。

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う内容で書いてます。

最新記事はどうやって英語に訳せばいい?翻訳家泣かせの世界の言葉たち(2019年4月10日)