おはようございます。


これまでは「連絡をとる」という意味と、山場を越えたりやってのけるという意味の「やりきる」という意味の"get"を紹介してきました。
今回はその他に様々な意味を表す"get"を紹介していきます。

"get it"「理解する」
何か説明をしていて相手に「わかった?」と聞くことってありますよね。
そのような場合には、"Got it?"と相手に聞くことが多いです。
その他「叱られる」、電話などに「出る」などの意味もありますが、「理解する」や「了解する」という意味で使われることがほとんどです。

"get into shape"「体調をよくする」
「体調を整える」や「よくする」という表現の慣用句です。日本では「シェイプアップ」などよく使うのでなんとなく納得のいく表現ですよね。"shape"には「姿、形」の他に、「(体や物の)調子、状態」という意味があります。"condition"と同じようなニュアンスで使うことが出来ます。

"get even (with) 〜"「〜に仕返しする」
「仕返しする」と聞くと、ちょっとギョッとしてしまいますね。
「(人)に仕返しする」の他に、「(人)に借りがなくなる」という意味でも使えます。
何か嫌なことをされた状態または借りがある状態から、"even"「対等な」「つり合いのとれた」という状態にするという考え方をしましょう。

"get rid of〜"「〜を処分する」「取り除く」
後ろにゴミなどの不要品を入れて「〜を片付ける、捨てる、処分する」という意味で用いられます。また、「(悪習慣や先入観などの)好ましくないものを取り除く」のように、ゴミだけでなく見えない不要なものを排除するという意味でも使うことができます。


"get lost"「道に迷う」
ostには「道に迷った」「途方にくれた」という形容詞の意味があり、そのような状態になる(=get)ので、「get lost」は「道に迷う、迷ってしまっている」を表します。

"get on one’s nerves"「〜をいらいらさせる」
irritateやannoyと同じ「〜をいらいらさせる」を意味するイディオム。nerve「神経」という意味を知っていると、「神経にさわる→いらいらする」とイメージしやすいかもしれませんね。

"get underway"「始まる」
underwayは「(物事が)進行中の」「動作中の」の意味。物事が進行しているイメージですね。したがってgetをつけると「進行させる→始まる」という意味のイディオムになります。

お馴染みのものをはじめ、イディオムは無数に存在するので一気に全部覚えようとはせず、1日1個ずつでもいいので少しずつマスターしていきましょう。そして実際に使ってみてください。そうすれば驚くほど効率的に身につきます。

年末でなくても、日常生活での会話中によく使うものが多いので覚えておくととても便利です。

 

Get をかっこよく使って翻訳をしたいならWebで翻訳

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う 内容で書いてます。

最新記事は表現力をアップさせる!英語のイディオム9選 Part1(2018年12月5日)

おはようございます。


前回に続き、"get"を使ってのさまざまな慣用句を紹介しています。
普段の生活の中でももちろん使えるのですが、年末に向けてのさまざまなシーンで活用すること間違いなしです。
今回は、仕事に追われている方や年内に片付けておきたいことを表すのにぴったりな慣用句を紹介します。

 

"get by 〜"「〜で何とかやっていく」「切り抜ける」
給料日前でとにかくカツカツ!持ち合わせのお金でやりくりするしかない!という場合に使えます。
経済面だけでなく、材料がギリギリの場合やその他の消耗品がキレかけている場合にも使えます。
そのようなピンチを切り抜けるという意味の他に、「通り抜ける」という意味でも使えます。

"get through〜"「〜を乗り切る」
先程と同じような意味ですが、空間や状況
通過したり、終了したりする場合に表現することができる慣用句です。
何か辛いことや壁を「乗り切る」の意味と仕事や作業、課題を「終わらせる」などの意味があります。
そしてその他にも何か案件や法案など、提案したものが「議会を通過する」という意味でも使うことが出来ます。

"get over〜"「〜を乗り越える」
"over"は「超える」というニュアンスを持っているので、なんとなく覚えやすいかと思います。"get over"と言うことにより、困難なことを「乗り越える」、「克服する」などで使えます。
または嫌な事件や思い出、出来事を「忘れる」「諦める」といった場合でも使えます。
"Get over yourself!"というフレーズ英語は、一旦自分のことを忘れなさい、離れなさいという意味合いで、「自分のことばかりにかまってないで!」と自惚れ気味の相手をたしなめるような意味になります。

"get down to〜"「〜に取り掛かる」
「腰を据えて真剣に取り組みましょう」「本題に入りましょう」と言いたい時によく使う慣用句です。普段でのビジネスシーンでもよく使われています。

"get along with〜"「〜とうまくやっていく」
誰かと仲良くしたりいい関係にあることを意味する慣用句ですが、注意しなければならない慣用句でもあります。
"Get along with you"と命令文にしてしまうと、「あっち行け!」や受け取り方によっては「ばかな!」という乱暴な意味になってしまいます。本人は仲良くしたくて言ったつもりでもとんでもないことに・・・
主語を必ず使うことがポイントです。

 

分からない翻訳は各分野専門の翻訳家に任せて↓

Webで翻訳

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う 内容で書いてます。

最新記事は表現力をアップさせる!英語のイディオム9選 Part1(2018年12月5日)

こんばんは。

 

寒さが厳しいですね。
今年も残すところに1ヵ月をきり、そう考えると急に年末に向かってるんだなぁと実感します。


ボーナス前でわくわくしている方、忘年会に向かって久々に友達に連絡を入れている方、年内に終わらせたい作業をバタバタと仕上げている方、大掃除に取り掛かろうとしている方・・・
さまざまな状況があるかと思います。
今回はそんな方々にぴったりな英会話で使える慣用句を"get"を使って紹介します。

基本的、"get"を使った慣用句、イディオムと言うと"get to〜"「〜に着く」や"get up"「起きる」、電車などから「降りる」に使う"get off"などが頭に浮かぶかと思います。
実はそれだけではありません。もっとたくさんの表現が存在し、それらは意外にもよく使うものなのです。

"get back to〜"「〜に連絡し直す」「〜に戻る」
今電話にでられない、今会うことが出来ない、だから「後でこっちから行くね」「電話かけ直すね」というシーンって多いですよね。
そのような場合にはもちろん、"Let’s get back to work"「仕事に戻りましょう」という使い方も出来るので職場や学校、その他たくさんのタイミングで使うことがあります。

"get in touch with〜"「〜と連絡をとる」
一時的に連絡を取る場合に使います。ちなみに継続的に連絡する意味の「連絡をとる」は"keep in touch (with)〜"と表現する必要があります。"Let’s keep in touch!"は、別れ際の挨拶として定番のフレーズ英語です。
滅多に会えない友達との別れ際や、それこそ同窓会で久しぶりに再会した友達との去り際などにぴったりです。

 

 

今年するべき翻訳は今年中にWebで翻訳 Get しましょう

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う 内容で書いてます。

最新記事は表現力をアップさせる!英語のイディオム9選 Part1(2018年12月5日)

おはようございます。

 

今年も残り一ヵ月を切りました。
年末に向けてたくさんの計画を立てている方が多いかと思います。

皆さんは年末年始はどこで過ごされるよていですか?


よく芸能人やモデルの方々はハワイやマカオへ旅行に出てたなんてテレビでお話している姿を目にします。
テレビでハワイやマカオなど、いかにもバカンスというような場所を取り上げられると、そこにばかり注目が集まってしまいますが、世界にはまだまだ楽しいバカンスの過ごし方があります。
ニューヨークやドバイも毎年豪華なカウントダウンで話題となっています。
しかし、意外と知られてないカウントダウンイベントを開催している穴場スポットがあるのです。

海外のカウントダウンと言えば豪華な打ち上げ花火が多いですよね。
プーケットの年越しは、花火はもちろん、コムローイという、日本でいう灯篭も上がるのです。

プーケットでは、コムローイに新年の願いを込めて空に飛ばすということが恒例行事となっています。
夜空にコムローイがたくさん浮かび上がり、花火とは違ったとても幻想的な光景を楽しむことが出来ます。

プーケットの年越しの醍醐味はコムローイだけではありません。

繁華街のバングラ通りでも少し変わった楽しみがあります。
「泡が出るスプレーを見知らぬ人にかける」という変わった遊びが行われています。
こんなことをしても許される日だからこそ、思い切って楽しんでみましょう。
日常でのモヤモヤやしがらみ、常識から離れて汚れてもいい格好で参加してみてはいかがでしょうか?

カナダ、トロントのカウントダウンは、音楽好きな方々必見です!
市庁舎前の広場で有名海外アーティストによる音楽イベントが開催されています。
こちらももちろん花火も上がりますが、ライブやフェスなどが好きな方や音楽が趣味の方にはぴったりの年越しイベントです。

日本でも年越しライブは各都道府県で行われてますし、国内を代表する大きな音楽フェスもありますが、トロントのカウントダウンはひと味違う年越しライブを体験できそうです。

さらに、アイススケートリンクが無料で開放されているということも嬉しいです。
夜を迎えるまでの隙間時間もみっちり海外旅行を満喫することができます。
音楽フェスに馴染みがない方も、楽しめること間違いなしです。

ただし、気温は日本とは全く違い、氷点下になることなんてザラです。
音楽フェスやライブ熱気で温かいだろという考えは甘すぎます。

防寒対策は必須ですので抜かりなく準備をしておきましょう。

今までの年越しとはひと味違う体験をいかがでしょうか?

 

 

年末の休みを満喫するためにも、早め早めのWebで翻訳

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う内容で書いてます。

最新記事は意外に使えるかも?ドラマやアニメの名セリフを英訳してみよう(2018年11月28日)

おはようございます。


鍋が美味しい季節になってきました。


家族みんなで鍋を囲む機会が増えるかと思います。
最近では「一人鍋」も一般的になっているのでとても手軽に楽しむことが出来ます。
鍋料理といえば日本料理だと思っている方が多いのではないでしょうか?


実は世界には様々な鍋料理が存在します。
例えば、日本では馴染みの深い洋食メニューの「ポトフ」も鍋料理に入ります。
ポトフは元々フランスの郷土料理なのです。
スイスではチーズフォンデュが鍋料理になるようですが、私たち日本人が思い浮かべる「鍋料理」とは少しかけ離れていますね。

中国、韓国、香港や台湾、その他アジア圏では私たちが思う鍋料理が多いようです。
中国では鍋料理を「火鍋」(フォグオ)と言います。

 モンゴル民族の羊肉料理が起源とされているようで、中に入れるお肉は羊肉がほとんどのようです。
北京名物の「涮羊肉」(シュアンヤンロウ)は日本のしゃぶしゃぶよりも豪快なしゃぶしゃぶというような感じで、野菜やお肉をゴマだれで食べるのが一般的です。

お隣、韓国では鍋の中のお肉は鶏肉が多いようです。
よく「チゲ鍋」と日本でのインスタント食品やレストランのメニューで見かけますよね。
しかし韓国では「チゲ=鍋」なので日本人は知らず知らずのうちに「鍋鍋」と言っていることになります。
気がつくと少し恥ずかしい失敗です。
なので「キムチチゲ」や「スンドゥブチゲ」というのが正しいつかいかたなんだそうです。
そんな韓国での寄せ鍋のような大鍋での料理は「チョンゴル」というものがあるようです。
一人鍋でのキムチチゲやスンドゥブ、サムゲタンが日本では有名なので、少し気になる大鍋スタイルです。
「ブテチゲ」。漢字で書くと部隊鍋。その字が表すように、もともとは軍隊から始まった鍋です。

戦後、アメリカ軍から流出した安価なスパムやソーセージを鍋に入れたところ、意外なほどに美味だったため、一般の人たちにも広がったとか。

日本人の好みに最も近いと言われているのがタイの「タイスキ」です。
現地では「スキー」と呼ばれており、日本の「すき焼き」が由来だと言われています。

しかしタイスキ自体はしゃぶしゃぶのような鍋料理です。


マレーシアでは寄せ鍋のような「スチームボート」という鍋料理で、スープは鶏の出汁が使われます。

チリソースやニンニク醤油につけて食べるのが特徴です。


ベトナムでは五目鍋の「ラウタップカーム」が日本人でも食べやすい鍋料理ですが、発酵させた魚(マウムカー)をたっぷり使った「ラウマム」やドジョウやヤギの鍋など個性的な味の鍋もたくさんあるようです。


チベット・ネパールは寄せ鍋の「ギャコック」が代表的ですが、ヤクなどを使うこともありかなりクセの強い鍋なんだとか・・・

冬に海外料理をするなら、ぜひ現地の郷土料理や鍋料理をご賞味してみましょう。

 

 

インバウンドで来る外国人向けのメニューを外国語に翻訳するにもWebで翻訳

 

Webで翻訳オフィシャルブログでは、翻訳、言語、その他の事をアメブロとは違う内容で書いてます。

最新記事は意外に使えるかも?ドラマやアニメの名セリフを英訳してみよう(2018年11月28日)