夏越大祓式

テーマ:
本日は、夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)に参加するため茨城県の羽鳥にある乗越神社へ行ってきました。

昨日の雨とは打って変わっての晴天に恵まれ、ありがたく思いました。

大祓式は、日々の生活の中で知らず識らずのうちに犯している罪や汚れをはらい清めていただく神事で、6月末と12月末に行われます。

杉浦宮司の導きで参加された方全員で茅の輪をくぐりながら歩く事から始まり、その後は、本殿に入っての神事が続きました。

茅の輪について調べた所、次のように書かれていました。


茅の輪(茅草(かやくさ)で作られた大きな輪)は、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。 くぐり方は「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。 こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。 芽の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(むとうのかみ)(素盞鳴尊すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。





このように茅の輪をくぐりました。



神事が滞りなく終了し、杉浦宮司とKAORUKOさんと共に記念撮影。