大腿四頭筋のトレーニングで、

前回はスクワットを紹介しました。

スクワットは強度が調整しやすいので、

初心者でも取り入れやすいトレーニングです。

スクワットに匹敵するトレーニング方法に、

チューブを使ったトレーニングがあります。

以前捻挫のリハビリで、

足首のチューブトレーニングを紹介しましたが、

チューブは大腿四頭筋のリハビリでも有効です。

 

スポーツジムなどには、

レッグエクステンションを行うための器具が存在します。

今回はそのトレーニングを応用した、

チューブレッグエクステンションを紹介します。

 

〜目的となる筋肉〜

大腿四頭筋

 

〜ウォーミングアップ〜

トレーニング前にチューブ無しで同じ動きをする

回数:左右10回ずつ

 

〜チューブレッグエクステンション〜

回数:左右10回ずつ

①.椅子やベンチなどにチューブを固定する

②.チューブに片足を通して、

  大腿四頭筋に軽く力が入るまで足を伸ばす

③.足をゆっくり伸ばし膝が伸びきるまで力を入れる

〜Point〜

膝が真っ直ぐ動くように注意する

〜悪い例〜

膝が左右に開いている

★一連の動き

★力が入りにくい場合

椅子やベンチを手で支えると安定する

 

このトレーニングは、

学校や職場などでも簡単に取り入れる事ができます。

チューブが無くても、

正しいフォームと筋肉の収縮が確認できていれば、

基礎的な筋力強化には大きく役立ちます。

スクワットは実践に近い、

言い換えると・・・

アクティブな動きがメインになると私は考えます。

もし肉離れなどから復帰を考えるのならば、

チューブトレーニングで基礎を作ってから

スクワットに移行する事が理想的です。

 

症状の程度によって計画は異なりますが、

リハビリの組み合わせは無限大だと思いませんか?

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288

 

HP:「plusbody-fuji.com

公式アプリ:「AppStore

      「GooglePlay