側音化構音「し・ち・じ」を治したい、高校生の生徒さん | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを専門的に行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。

さ行、た行が言いにくいです。特に「し」「ず」「ち」「つ」が言えません。とお悩みでお越しになった高校生の生徒さん。

 

 

 

 

 

『「し」はいつも左側だけで喋っているような感じで、空気がこもります。また、「ち」は「き」のようになってしまいます。ショボーン』とお悩みでした。

 

 

 

 

 

学校でお友達と話す時も、話しづらさがあるとのことで、お悩みを話す際も、とても話しづらそうです。

 

 

 

 

 

オンラインのレッスンですが、画面に映った生徒さんのお口元を拝見すると、左側の唇がよく動く印象です。

 

 

 

 

 

これは、舌が原因で、片側のみの発音になっていましたので、早速、舌のトレーニングを開始!

 

 

 

 

 

生徒さんのように「いきしちに」の発音が言いづらいことを「側音化構音」と言いますが、発音の訓練で良くすることが可能です。

 

 

下記で詳しくご説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

トレーニング中、生徒さんの舌を見させて頂くと、苦手な言葉で舌が立つなどして、言いづらさが起きていました。

「いきしちに」の「イ段」が言えないだけではなく、「す、つ、ず」等、「ウ段」も言えない状態です。ひらめき電球

 

 

 

 

 

生徒さんの言いづらさの原因は下記の通りです。

 

・「いきしちに」等、舌が偏り発音している

・「す、つ」等、舌に力が入り発音している

・下アゴが揺れる

 

 

 

 

 

「し」「す」も言いづらさがありますが、「ち」や「つ」は特に力が入りやすい状態で、言いづらさが起きていました。

 

 

 

 

 

原因は明らかで、母音の形の間違いと、舌に力が入ることで、立つ動作になっていますので、いつもの通り、ジャスのスパルタトレーニングにより、ガンガンと舌を鍛えて頂きましたキラキラ

 

 

 

 

 

トレーニング中は、

 

 

「舌が・・・チーン

 

 

「アゴが・・・・ゲッソリ」という時間を過ごして頂きまして。笑

 

 

 

 

 

文章をお読み頂きますと、

 

 

 

 

 

「最初よりも軽く読めます!」と生徒さん。

 

 

 

 

 

ブラボーキラキラ

 

 

 

 

 

先程まで、力が入っていた舌の力が抜けたことで、軽さに繋がったこと、また、舌の位置を正しい位置に固定したことで、発音が楽になったという流れです。

 

 

 

 

 

いつもはご自身で力を抜こうとしても、会話の中だと、力が入ってしまい、発音がしづらかったとのことで、練習の後は、自然と抜けて読めた、とのことでした。

 

 

 

 

 

根本的に舌を改善すると、意識をしなくても力は抜けるものです。

 

 

 

 

 

この発音の仕方を固定するべく、練習を頑張って頂きまして「し、ち、じ、ず」等、滑舌トレーニングを短期間で行いまして、最近の調子を伺うと、

 

 

 

 

 

「学校で話しやすくなりました爆  笑!」とのこと!!

 

 

 

 

 

「話し」の「し」や、「なりました」の「し」が綺麗になってる・・・ふふふ。

 

 

 

 

 

と感動しつつ、最近では、会話の中の発音がとても綺麗になってたことや、何より、発音が軽くなっていることがとても嬉しく。

 

 

 

 

 

これから大学生にもなりますし、進学の前に発音を整えることができ、本当に良かったと思います。

 

 

 

 

 

話す機会はより増えると思いますので、整った発音をどんどん使って頂ければと思います。

 

 

 

 

右矢印NEW1お試しレッスンでトレーニングが可能です。

 

 

右矢印NEW1オンラインレッスン

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷の滑舌教室です

 

滑舌の診断も行っていますので

詳しくは下記HPをご覧ください