滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。





$Voice Lesson Justice 代表の日々


日本初、滑舌矯正トレーナーによる滑舌矯正や

滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです

舌筋トレーニング(舌の筋トレ)による滑舌トレーニングが特徴です



テーマ:

大学生の生徒さん。

「い、き、し、ち、に」の滑舌を改善したい、とお越しになりました。

 

 

 

 

「今後、就活も控えているので、それまでに改善したいです汗」とのこと。

お悩みの内容を話して頂く間、

「き、し、ち」は息が横から漏れ、お口元にも不均等に力が入る様子です。

 

 

 

 

「言い辛い言葉は、言い易い言葉に変換します」と仰って頂く言葉も言い辛そうですし、

苦手な言葉の部分では、弱く発音されています。

 

 

 

 

舌に力が入り、音が不明瞭になるため、弱く発音されていましたが、

それも発音を悪くする原因電球

 

 

 

 

原因は明確でしたので、早速滑舌トレーニング!

 

 

 

 

正しい位置を理解して頂いた上で

舌のトレーニングを行いますが、

最初は、舌が思うように動かず、苦戦も苦戦汗

 

 

 

 

思うように動かない舌に「うーーーーーーンガクリ」と唸る生徒さん。笑

正解が分かっているからこその唸りです。

 

 

 

 

これか!と感覚を掴み、

再び、繰り返し、トレーニング!正しい位置に向け、真っしぐらです。

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読み頂くと、

 

 

 

 

「読みやすいです!発音が軽く感じます笑い」とキラキラ

 

 

 

 

ブラボー!

 

 

 

 

この時点で、まだ、「し、ち」のトレーニングは行っていませんでしたが、

「し、ち」に関しても、レッスン前より、綺麗に音が出ていますキラキラ

 

 

 

 

舌が均等に動くようになったため、

空気の出る方向も均等になり、

結果、発音が明瞭、楽になる、というもの。

 

 

 

 

これこそ「ジャス」のトレーニングです。

根本的改善をすると、必ず発音は改善されるものです。

 

 

 

 

生徒さんの場合は、下記の原因により、発音がし辛くなっていました。

 

・舌がよれて発音していたこと、

・空気の出す方向が間違っていたこと

・舌の力を抜き過ぎていたこと

 

 

 

 

発音がし易くなった状態をキープして頂くため、ご自宅で練習を頑張って頂き、

最近の調子を伺うと、

 

 

 

 

『以前は、発音がしづらいと思った時、

話している相手が自分の口元を見ることが多くて、

「発音が変なんだろうな」と思うことが多かったのが、最近は、バレてませんニカ!​​』

 

 

 

 

いやいやビックリマークバレていないのではなくてビックリマーク均等になってるんですビックリマーク

とツッコミを入れる話しに。笑

 

 

 

 

冗談はさておき、

飲食のバイト中も、最近は、注文を受ける際、

「よし、シチュー来い!」と思うそう。笑

 

 

 

 

「い、き、し、ち、に」が言い辛い方にとっては、

シチューの組み合わせは避けたい言葉ですが、

 

 

 

 

今では、復唱したくなかった注文を願望するようにはてな笑

 

 

 

 

先日のレッスンでも、

『店長に言われてなくても、「充実セット」をお客様にオススメしますぐっど

 

 

 

 

頼もしい。

 

 

 

 

ジュウジツセット・・・ハードルは高いですが、

最近の生徒さんにとっては、願ったり叶ったりの言葉です。笑

 

 

 

 

発音が明瞭になっているのも、

日々、ご自宅で滑舌トレーニングをして頂いている成果ですので、

生徒さんの頑張りに大大拍手ですパチパチぱちぱち

 

 

 

 

日常会話でも発音が楽になっていますので、

安心して、就活に臨めるよう、引き続き、滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思います笑う

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「仕事で、発表の場があるため、滑舌を改善したいです。」

とお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

会話時の息苦しさや、

言葉により、少しつっかえる、こともあるそう。

 

 

 

 

昔から舌が短いのでは、と思ったり、

語尾が聞き取りづらいと言われる、という悩みもお持ちです。

 

 

 

 

発音を聞かせていただくと、完全に発音ができない言葉はなく、

舌の長さも問題なく、「少し不明瞭」という感じ電球

 

 

 

 

もちろん、「し」「す」「ち」「つ」の舌が「この位置の方が尚良い」と想像して

生徒さんの話を聞きますが、舌がよれる等はありませんでした。

 

 

 

 

多少の位置変化で「音が明瞭になること間違いなし!」ですから、

改善に向け、早速トレーニング開始!

 

 

 

 

トレーニング中、発音していますと、

段々と酸欠汗になっていく生徒さん。

 

 

 

 

声を出すため、力を抜いて、息を多く吐き、一生懸命出そうとして、酸欠になっています。

 

 

 

 

実は、生徒さんの声は完全に「息漏れ」を起こしている状態で、

少し声を出していると、顔色が・・・というほど。

 

 

 

 

これは、声の出し方に問題があり、

「力を抜いて、息を多く吐き、一生懸命出そうとして」が原因です。

 

 

 

 

息が漏れる原因は、主に下記2つがあります電球

・「さ行」「は行」「か行」など、発音によるもの

・声帯によるもの

 

 

 

 

言葉によって起きているのか、声帯によって起きているのかで、

トレーニング方法は変わりますが、

いづれにせよ「響かせる」「共鳴させる」ことが必要。

 

 

 

 

腹式呼吸を始めても、声帯が閉じていなければ、

息漏れを起こすのですから、

「声帯」のトレーニングが必要です。

 

 

 

息漏れ声を改善するには、声の響きがどの程度出るか、音の高さなども関係するため、

調整しまして、響くポイントを掴みましてから、

発音のトレーニングを行いましたら、

 

 

 

 

「あら、まぁキラキラキラキラ

 

 

 

 

お越しになった時よりも、声が響くため、言葉もはっきりされています。

もちろん、負荷をかけてトレーニングしますから、

発音も格段と強くなり、とても綺麗キラキラ

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読みいただくと、

「はっきり話している感じがしますニカ」とのこと。

ブラボーです!

 

 

 

 

せっかくトレーニングをするのですから、効果がなくては!

 

 

 

 

生徒さんの場合は、舌の位置が間違っていたのではなく、

声が影響し、不明瞭さを与えていた、ものでしたので、

声帯の部分を鍛えることが必須。

 

 

 

 

最近の調子を伺いますと、

「以前よりも、声が響くので、小さく話してます」とのこと。

 

 

 

 

「エーーーーービックリ!笑

 

 

 

 

確かに、数回前にお越しいただいた時と、声の響きが違うため、

「大きい感じがして」と恥ずかしいそう。笑

長年、響かなかった声に慣れ、響くことに不安があるそうで、

違和感が残らないように、調整いたしました。

 

 

 

 

また、最近は、特に「さ行」の発音がしやすくなり、

言いやすくなって初めて、「さ行が言いづらかったんだな」と思ったとのこと。

 

 

 

 

こちらは舌の位置が関係していましたが、

少し調整すると、綺麗な発音になり、

会話中も、はっきり言えているとのこと。

素晴らしいですぐっど

 

 

 

 

正しい舌の位置や、声帯の響きになると、「楽」に感じるものです。

引き続き、安定するよう、トレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「ら行の発音ができません、何とか治したいです。」とお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

 

詳しく伺うと、発音自体にも違和感があり、話しづらさもあるとのこと。

生徒さんの仰る通り、お悩みを説明して頂く間も、

ら行がだ行の音に変化し、聞こえています電球

 

 

 

 

 

また、仕事中、「自分の意図したことと、相手に伝わっていることが違う」ことや、

「早口になり、自分でも何を言っているのか分からなくなる」ことが多くある、

とのことでした。

 

 

 

 

 

確かに話して頂く間、お口元や発音を聞きますと、

・声がガサガサと掠れているため、語尾が聞き取りづらい。(YES なのか NOなのか不明)

・舌がスムーズに動かないことが原因で、口元を大きく開け、言いづらさが増している。

・正しい舌の位置で発音ができていない。(ら行がだ行に聞こえる)

 

 

 

 

 

例えば、「たら」が「ただ」など。

「鱈」と言いたいのに、「無料」のような汗

 

 

 

 

 

生徒さんの場合は、

「自分の意図したことと、相手に伝わっていることが違う点」について、

話の「内容」だけでなく、「発音」ができていないことで、

「別の言葉として捉えられている」ことが起きていました。

 

 

 

 

 

また、「早口になり、説明をしていても、何を話しているのか、

自分でも分からなくなってきます。」とのことでしたが、

これは、発音が不明瞭なため、ご自身の耳に入ってくる音も当然不明瞭ですから、

脳が混乱してくる、ということ。

 

 

 

 

 

発音が明瞭になれば、この点は解消されますので、

早速滑舌トレーニングです!

 

 

 

 

 

ら行がだ行になってしまう方は、往々にして、

舌小帯が短い方がなりやすい傾向にありますが、

生徒さんの場合、舌の長さは問題なく、

舌先の動かし方に間違いがある状態でした。

 

 

 

 

 

原因は明確ですから、その点を重点的に滑舌トレーニング!

 

 

 

 

 

トレーニング中、

「ら」など、1回ごと区切りトレーニングをすると、

発音も綺麗になりますが、連続すると、舌の動きが悪くなり、

発音の位置もばらつき、音が不明瞭になります。

 

 

 

 

 

四苦八苦しながらでも、

いつも動かしていなかった舌をトレーニングするため、

やはり「舌が・・・頬が・・・冷」と歓喜の悲鳴。笑

 

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読み頂きますと、

舌が正しい位置になりましたので、

音が綺麗キラキラ

生徒さんも、「発音が楽です!」とのこと。

 

 

 

 

 

また、声帯に関しても、適度に力が入り、1時間前よりも、

声の響きが出たため、カサカサが軽減し、聞き取りやすくなりましたぐっど

 

 

 

 

 

ご自宅でのトレーニングを頑張って頂きました結果、

最近の調子を伺うと、

 

 

 

 

 

「ら行の発音が、話していて楽になりましたOK」とのこと。

また、「はっきり言おうと思って、口を大きく開けていましたが、開けなくても発音ができるので、一生懸命話さなくても、話せます笑い」とのことでした。

 

 

 

 

 

素晴らしいです~!

 

 

 

 

正しい滑舌トレーニングをすると、必ず効果はあらわれるものです笑うきらきら

もちろん、ご自宅での生徒さんの頑張りがあってこその効果ですので、

大大拍手ですパチパチぐっど

 

 

 

 

 

まだまだ、気を抜くと、言葉の組み合わせにより、昔の「ら行」になりますので、

その点が解消されるよう、引き続き、トレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)