滑舌改善〜弁護士先生編〜 | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。

 

弁護士のお仕事をされている生徒さん。

 

 

 

 

「仕事で、人前で話す機会が増えてきており、もっと滑舌良く話したいです。」

と滑舌改善のためにお越しになりました。

 

 

 

 

「特に話しづらさはないですが、声がこもってしまい、通らないと感じます。」とのこと。

 

 

 

 

「声が通らない」理由は、「息の量」にあります電球

 

 

 

 

息の量が多いのは、声が響いていない証拠。

「共鳴」が生徒さんにとっての重要ポイントですポイント。

 

 

 

 

また、発音を見させて頂きますと、さ行やざ行など、上下の歯が関係する発音の部分で、音の不明瞭さがありました。

 

 

 

 

さ行の発音などで、空気の漏れがあることで、

声の響きが弱まり、発音がはっきりとしない、という印象です。

 

 

 

 

歯科矯正中ということもあり、発音の不明瞭さが起きていた、ということがありましたので、

下記の点を踏まえ、滑舌トレーニングを行いました。

 

 

・空気の漏れ

・舌先の位置

・共鳴の位置

 

 

 

 

歯並びが滑舌に与える影響とは」でもご紹介しました通り、

歯並びは、さ行やざ行の発音に影響はあるものの、舌の位置を整えることができれば、滑舌改善することが可能です。

 

 

 

 

滑舌トレーニング後、文章をお読み頂きますと、

 

 

 

 

「音がシャープになりました。重たかった発音が軽く感じます。」と生徒さん。

 

 

 

 

ブラボーです!

 

 

 

 

発音も明瞭になりましたし、息漏れがないため、声の響きも強くなりました。

 

 

 

 

「響くということが良く分かりました。顔ぐっど」と生徒さん。

 

 

 

この状態をキープして頂くためご自宅でのトレーニングを頑張って頂きまして、

さらなる声の響きの調整を行いました結果、

 

 

 

 

最近の調子を伺いますと、

「発音が以前より楽になり、声がこもらなくなってきましたOK

また、「響きも保てるようになってきました。」とのことぐっど

 

 

 

 

素晴らしいです。

 

 

 

 

日々、生徒さんがご自宅での滑舌練習を頑張って頂いた成果ですので、

いつもながら、生徒さんの頑張りに脱帽ですペコッ

 

 

 

 

お仕事柄、「落ち着いた芯のある声」を出したい、という目的の元、滑舌トレーニングを行ってきましたが、最近は、お越し頂きました当初と比べ、共鳴の場所が明確になり、響きがこもらず、芯のある声になってきました。

 

 

 

 

単に「強い」のではなく、「響きのある厚みのある声」が「落ち着いた芯のある声」に繋がる部分です。

 

 

 

 

引き続き、お仕事先での「勝利」に向かって、声を活かして頂けるよう、

滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思います笑う

 

 

 

 

右矢印NEW1 2019年最新記事一覧

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷の滑舌教室です

 

滑舌の診断も行っていますので

詳しくは下記HPをご覧ください