第一声が出ない原因を知り、治したい | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。


テーマ:

 

「子供の頃から吃り、舌足らずで悩んでいます。仕事上でも困るので、原因を知り、治したいです。」とお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

父母の方と接する機会が多いこと、また、季節ごとに壇上に立ち、演説をしなくてはならないこともあり、どうにか治したい、とのことでした。

 

 

 

 

お悩みを話してくださる間は、特に吃ることはなく、声がこもって聞こえる印象の方が強くあり、また、声がかすれてしまうこともありました。

 

 

 

 

詳しく伺うと、「言わなくてはならない」と意識をすると、「余計に第一声が出なくなります。」とのこと電球

 

 

 

 

生徒さんの仰る通り、会話中は、自然と話の流れで声が出ますが、「言わなくてはならない」と考えると、例えば「ありがとうございます」などは、力が入って出にくくなる状態です。

 

 

 

 

さらに、さ行やざ行など、言葉の部分でもはっきりと発音ができない、とお悩みでしたので、

早速滑舌トレーニングを開始です!

 

 

 

 

第一声が出ない原因は、「言葉が詰まる、第一声の声が出ない原因と改善法」でもご紹介しました通り、声帯が締まってしまうことにあります。

 

 

 

 

「言わなくてはならない」と考えたことで、「声帯が締まり過ぎる」ということ。

 

 

 

 

第一声が出ない、出にくい、と感じている場合には、力を抜くことが必須ですが、長年力が入る癖がついてしまった場合には、容易には抜けないものですので、「出る」と脳に認識させる必要があります。

 

 

 

 

原因を把握した生徒さんは、改善へ一直線!

 

 

 

 

滑舌トレーニング中、舌が右往左往しつつ。笑

少し繰り返していますと、安定し、強く弾けるようになってきましたところで、文章をお読み頂きますと、

 

 

 

 

「声が楽に出ますビックリ」と生徒さん。

 

 

 

 

素晴らしいです~ぐっど

 

 

 

 

今までは、声を出そうとすると、「体」に力が入っていましたが、「舌」に弾く力をつけたことで、その分、体の力が抜けて、声が出やすくなった、という流れです。

 

 

 

 

また、舌足らず、と悩んでおられた部分は、響かせるポジションが奥にあり、声がこもっていたことで、舌を強く弾けず・・・いや、舌が強く弾けなかったことで、響きが奥に入ってしまい、響きのポジションが固定されてしまった、という流れでした。

 

 

 

 

良い状態をご自宅でも滑舌トレーニングをして頂きまして、お仕事先での調子を伺いますと、

 

 

 

 

「以前よりも、第一声が出やすくなってきましたキラキラ」と笑顔の生徒さん。

 

 

 

 

素晴らしいですきらきら

 

 

 

 

日々、ご自宅での練習を頑張って頂いた成果ですので、

いつもながら、生徒さんの頑張りに脱帽です。ペコッキラキラ

 

 

 

 

まだ、意識をし過ぎると、以前の名残が出るとのことで、「言える」感覚を身につけ中ですが、「言える」感覚が出れば、あとは固定するのみです。

 

 

 

 

今後も多くの行事があるとのことでしたので、固定ができるよう、引き続き、滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

 

滑舌の診断も行っていますので、

詳しくはHPをご覧ください 

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

 

 

滑舌矯正トレーナーRyukaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります