滑舌トレーニング〜アナウンサー編〜 | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。


テーマ:

 

アナウンサーのお仕事をされている生徒さん。

「サ行やイ段が甘くなってしまうことがあり、悩んでいます。」とお越しになりました。

 

 

 

 

お悩みを話してくださる間、「し」「す」など、空気の漏れが多いように感じ、また、ら行の滑舌もダラダラと流れてしまうように感じましたので、その点について伺うと、

 

 

 

 

「仕事中、話していても、後で、仕事のものを聞き直しても、ダラっとしていると感じます電球」とのこと。

 

 

 

 

文章をお読み頂きますと、流石、アナウンサーさんというお仕事柄、

お声は良く通るのですが、滑舌に関しては、はっきりと発音されている部分と、舌を巻くような発音の部分がありました。

 

 

 

 

舌のもつれ等はなく、舌先の位置が原因で、「サ行やイ段が甘くなる」に加え、「ら行」の発音に影響が出ていましたので、舌の位置を整え、ご自宅でも、舌を強化するトレーニングをして頂きました。

 

 

 

 

最近の調子を伺うと、

「仕事でも話しやすくなっていますかお キラキラ」と生徒さん。

 

 

 

 

素晴らしいです~!

 

 

 

 

「どのように舌を動かせば良いのか、舌の使い方が分かったので、はっきりと話すことができます。」とのことでした。

 

 

 

 

滑舌(かつぜつ)とは」でもご説明しています通り、発音の仕方の間違いを正すことが、滑舌を良くするための唯一の方法です。

 

 

 

 

また、苦手なさ行の発音に関して、滑舌改善トレーニングを行ったところ、

 

 

 

 

『今まで、「さしすせそ」と発音する時、はっきり言おうとして、

 

 

 

 

「さっしっすっせっそっ!」と、無理に力強く出していましたが、

そんなに力は必要ないんだ、と目からウロコでした顔』とのこと。

 

 

 

 

生徒さんの仰る通り、

「さ行」に「息の吐く強さ」は必要ありません。

 

 

 

 

滑舌トレーニング[さ行の発音理論]」の通り、「s」をいかに鮮明に出すかが、ポイントなのですポイント。

 

 

 

 

正しい発音の仕方が分かった生徒さんは、サクサク滑舌を克服中ですぐっど

 

 

 

 

お仕事先で、話しやすさに繋がっていることが大変嬉しいですし、

このまま、「ち」「つ」など、苦手な発音をどんどん克服して頂きたいと思います頑張る

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

 

滑舌の診断も行っていますので、

詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

滑舌矯正トレーナーRyukaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります