■今日、わしこんなもん食べた -2ページ目
2018-05-31

■ロン島脱出

テーマ:☆カンボジア
翌朝、6時起床

ロン島でのんびり
何泊がするつもりだったが
宿、飯ともに水準以下のため
脱出することにする。

が、朝、目覚めたときから
おなかの具合が悪い。

このため、移動にそなえて
朝ごはんをぬく。

シアヌークビルまで
9時発の5ドルの
スローフェリーで
いくつもりだったが、
お腹の調子が悪く
心配なので、12ドルの
スピードボートを選択
ついでに、カンポートまでの
バスチケットも手配

全部で18ドル。

3時前、カンポート到着

どうにも、体調がすぐれない。

宿さがしをするうちに
本格的に調子が悪くなる。




こぎれいな
Borey Vattanac Guest Houseを
8ドルでおさえて

ベッドに倒れこむと

【今日のまとめ】
そのまま安静( ´_ゝ`)
2018-05-30

■ロン島で晩ごはん。

テーマ:☆カンボジア



夕暮れまで
テラスで読書

日がおちたら
ハjッピーアワーで
50セントのアンコールビア

安いのでがぶのみw

ほろ酔いで
晩ご飯さがし

観光客相手の
店しかなく
どこも竹

(´・ω・`)

屋台で焼き鳥の
ヌンパン(バゲットサンド)で
いいかとオーダーするも
不愛想なおねえさん
手をひらひらとするばかりで
売ってくれない。

売り切れみたいだ

しかたなく、
桟橋の入り口の店で
人参おおめの
野菜炒めごはん
3ドルで

【今日のまとめ】
おちゃをにごす( ´_ゝ`)
2018-05-29

■ロン島で宿さがし(難航)

テーマ:☆カンボジア
基本、わしはリゾート地では
宿は現地調達である。

値段とロケーション、設備の
バランスをみて決める。

というわけで、ロン島の
ビーチ沿いを探索。

どうにもきまらない。

ビーチ沿いは
のきなみ50ドル超え

ファランのマネージメントの
バンガローが多く
どこも強気の価格設定である。

(´・ω・`)竹

30ドル以下は
奥まっていて
ビーチがみえない。

かつ、ぼろい。

3km近く歩いて
ビーチのはじまで到達。

(´・ω・`)決まらない

20ドルの眺望なしの
バンガローか、
8ドルの冷房つきの
ドミにするか迷う。

どちらも、宿の兄ちゃんたちが
不親切で、スルー。

こうなったら、アゴダで
いいとこに泊まるかと
検索するが、どこも
支払いが現地になってる

(´・ω・`)

40ドルぐらいのとこに
泊まってもいいが
手持ちのドルキャッシュが
ショートしてしまうので
よろしくない。

(´・ω・`)ウーン

そうこうするうちに
桟橋のあたりに
もどってきてしまう。

(´・ω・`)

眺望をあきらめ
裏手にある10ドルの
部屋をアゴダで
おさえる。

1階のじめっとした部屋

(´・ω・`)ナンダカナー

あとからやってきた
ドイツ人の女の子たちが
つれのいる1階の部屋を
リクエストしているのを
ききつけ、部屋を交換。

2階の部屋へ

ぼろいが許容範囲

通路がテラスのように
なっているし、おけ

【今日のまとめ】
壁がうえのほうになくて
隣の部屋の音や光が
つつぬけです。(´・ω・`)







2018-05-27

■ロン島でお昼ごはん。

テーマ:☆カンボジア


11時発のロン島への渡し船w

5ドル

(´・ω・`)竹


20分ほどでロン島、到着

まずはお昼ごはん。

桟橋の近くを探索するが
ローカル向けの店はないようだ。

どこも3~5ドルの
ツーリスト価格(´・ω・`)


桟橋の店で、空芯菜炒め1.5ドル

昼間から、豪華に茹でエビで
ビールを飲んでた
気のいいローカルの兄ちゃんが
オーダーしてくれたからか
本来、炒めものだけで1.5ドルに
ライスをつけてもらえたようだ。

【今日のまとめ】
量もいっぱいで、
味もぐぅ。( ´_ゝ`)
2018-05-25

■ロン・サレム島で朝ごはん。

テーマ:☆カンボジア


翌朝、7時起床

朝ごはんにでるが
まったく店やってない。

桟橋のたもとで
おばあちゃんの
ワッフル。

1個1000リエル




おなじく、お芋
1000リエル

【今日のまとめ】
さ、ロン島へ( ´_ゝ`)
2018-05-24

■ロン・サレム島で晩ごはん。

テーマ:☆カンボジア
なんもないロン・サレム島

ビーチを散歩したり、
宿のテラスで読書をしたり
近所の店の店先で
アンコールビールを
飲んでのんびりしたりで

晩ごはん。

桟橋のたもとの
ローカル相手の
ばあさんの屋台。


魚そば。

白身の魚がたっぷり
はいっている。

(´ρ`)ぐぅ。

お値段3000リエル
ローカル価格。

【今日のまとめ】
(´ρ`)ぐぅ。

2018-05-23

■ロン・サレム島上陸

テーマ:☆カンボジア


10時発の、スピードボートで
1時間ほどで、
秘島と呼ばれる
ロン・サレム島、到着

ムバイビーチへ


ネット絶賛されていた
コーロンサレムヴィラというとこに
泊まるつもりだ。

その前にごはん。

チキンチャーハン2.5ドル
アンコールビア1ドル

全体に、物価高め。


隣で食べてたしと
ゲストハウスを経営しているとのこと。

食事を終え、
コーロンサレムヴィラへ

日本人奥さんのご夫婦で
経営との情報だったが、
さにあらず、英国人のおばちゃん経営に
かわっていた。

絶賛のドミも、
ドロドロでパス。

ビーチ全体で宿をさがすが
うーん、どこもいまいち

結局、村のメインストリート沿いの
ゲストハウスで10ドルを9ドルに
値切って、落ち着く

【今日のまとめ】
結構、苦戦( ´_ゝ`)
2018-05-22

■オルティスビーチで朝ごはん。

テーマ:☆カンボジア
翌朝、7時起床

散歩がてら朝ごはん。

道のはずれに
こ汚い、ローカル向けの店発見


念願(なのか)の
もついり、雑炊、
ボーボー3500リエル



向かいの店で
カオブン5000リエル

カレーがぬるくて
いまひとつ。

宿のもどって
10時発のロン島までの
フェリー、12ドルを
予約してもらい。

荷物をまとめて、
9時のフェリーの
ピックアップまで、のんびりと

のんびりと、

あれれ、グラサンがない

ない。

フィリピンで買った
お気に入りのグラサン(´・ω・`)

【今日のまとめ】
昨晩のバイクで悪路を
走ったときに落とした。。_| ̄|○、

2018-05-20

■痛恨のシアヌークビル行 その2

テーマ:☆カンボジア
30分遅れで到着した
ワゴンに乗り込んだのは
わしを含めて二人

嫌な予感がしますが

( ´_ゝ`)気のせいですね。

出発したワゴンは、
あれれ、プノンペン市内を
ぐるぐるまわって
乗客をピックアップしてくよ。

で、別のオフィスのような
ところで停まったままになる。

もしかすると
乗客が満席になるまで
待つつもりじゃ

( ´_ゝ`)アリマセンヨネ

じりじりとしながら待つ

待つ、

待つ

30分ほどして、中国人の
夫婦が乗り込んで、
やっと、満席になり、
ようやく出発(´・ω・`)

プノンペン市街を脱出したのは
3時半をすぎている。

(´・ω・`)

完全に、うんこなバスを
選択してしまったようだ

(´・ω・`)

渋滞の道路をノロノロと進む
ワゴン。

6時すぎにはシアヌークビルについて
翌朝のフェリーのチケットを
おさえて、晩御飯を町でとる
計画だったのに、、、

(´・ω・`)

1時間ほど走って
休憩所のパン屋さんに停車。

15分休憩

で、ワゴン車は、隣のタイヤ屋さんへ

で、タイヤの交換を
はじめているよ。

(´・ω・`)

で、30分すぎるも
出発する気配はない。

あれれ、タイヤのローテートを
おっはじめているよ。

(´・ω・`)

ようやく出発するころには
日がかたむいてきているよ

(´・ω・`)

ぐぐるマップでみると
まだ、半分ぐらいのところだよ

(´・ω・`)

で、結局、シアヌークビル到着は
9時近い時間。

(´・ω・`)7時間もかかったよ

当然、食堂はどこも
店じまいを
はじめているよ。



選択肢、まったくなく

ポンティアコン1500リエルが
晩御飯。

(´・ω・`)

バスの車内で、
アゴダでとった宿へ
むかうが、

値段だけで決めた宿、
オルテェスビーチ

ここから12kmぐらいある。

ツクツクの運ちゃんにきくと
12ドルとかいっているよ。

この時間で、
他のチョイスがないと、
こちらに、圧倒的に不利だ

人のよさそうなバイタクの
運ちゃんをつかまえて
価格交渉。

8ドルから5ドルまで
さげたところで妥結。

20分ほど宿に到着

まわりになんもない。
めしぬき決定である。

宿、手作り感満載(=ぼろい)
部屋になんもない。





トイレ、シャワー
洗面まで、1階まで
いかなかければならない。

(´・ω・`)

飯をあきらめ
冷たいビール。

でてきたビール
サーバーのお手入れが悪いのか
あんま売れてないのか
変な臭みがある。

(´・ω・`)サイアク

あーあ、こんなことなら、
おとなしくGiannto ibisにのって
シアヌークビルの
ビーチまでいかれて
繁華街の適当なドミに
泊まっていればよかったと
思うが

【今日のまとめ】
あとのまつり(´・ω・`)

2018-05-18

■痛恨のシアヌークビル行 その1

テーマ:☆カンボジア
9時半、コンポントムから
プノンペン行きのバスへ乗車。

こちらもシェリムからくる
バスなので、一人ならいいが
大人数だと、けっこうあぶれてしまう
可能性がありそうだ。

1時すぎ雨のプノンペンに到着

今日はこのままシアヌークビルへ
向かう。

ネットで、評判のよい
Giant Ibisバスのオフィスへ

次の便は、3時半で
13ドルとな。

2時間待ちか

バスがやってきて
数人のファランがのりこむ

値段が高めに設定されていて
外人客専用の感がある。


きくと、KEP行きで
1時半発だそうな。

KEPは、海岸線だったはずだが、
ドライバに尋ねると、
シアヌークビルとは
だいぶ離れているようだ。

今回は、シアヌークビルの
沖にあるロン島が目的なので
スルーする。

続いて、角にある
ローカル向けの
Virak バスのオフィスへ

14時発で11ドルの
ミニバスとな。

お姉さんにきくと
所要時間4時間とな。

これにする。

出発まで、
あと30分しかないので、
近場なところでお昼ご飯。




5000リエル

可もなく不可もなく

(´・ω・`)

なんか食事を
1回損した気分

13時50分
オフィスへ戻る

14時をすぎたが、
バスがこない(´・ω・`)

待てどくらせど
バスがこない。

14時半、ようやく
ワゴン者が到着

【今日のまとめ】
前途多難( ´_ゝ`)





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス