障害犬デイジーのhoppyライフ

障害犬デイジーのhoppyライフ

先天性脱臼で前足が不自由なデイジー。ロサンゼルスで車椅子・義足の生活を綴っています。


テーマ:

犬のクチュールドレスを主にデザインするファッションデザイナーのアンソニー・ルビオさんのファッションショーにデイジーがモデルとして招かれたので行ってきました!

 

初ランウェイとなるデイジー。日時と場所だけ聞いていて、内容はあまり把握していなかったので到着してみてびっくり。本・格・的。

 

モデルさん、ヘアメイクさん、デザイナー、メディアの方が大勢いて、衣装合わせを行っていたり、ウォーキングの練習をしていたり。只ならぬ雰囲気に一緒に付いて来てくれた父親と私はタジタジ。会場について初めて知ったのですが、LA Fashion Weekというデザイナーが集結するロサンジェルスの大きなファッションショーだったのです。それを知ってしまってから急に緊張し始める私。 

 

犬たちも衣装合わせがあり、デイジーはブルーで花柄のスパンコールが敷き詰められているドレスに決定しました。車椅子とぴったりで思わず「プリンセスみたい!」と大声で言ってしまい、超親バカぶりを発揮。

(image: @jamgamma)

 

デイジーと一緒に歩いてくれるモデルさんと少しお話をして、車椅子に乗ったままの状態のデイジーの抱き方などを教えました。待ち時間がとにかく長く、その間車椅子で歩く練習などもさせたので、ショーが開幕した頃にはデイジーは既に疲れ気味でした。

 

基本的に私と一緒でないと車椅子で歩かないので、モデルさんとだけで果たしてちゃんと歩いてくれるのかドキドキしながら客席で待っていると、デイジー担当のモデルさんが出てきました。

 

なのに、デイジーが出てこない!!!!

 

初めての経験で緊張と疲れ、それとショーの音楽が大音量という理由から歩いてくれずΣ(+Oдo;艸;)

結局モデルさんの瞬時の抜群の対応でデイジーを抱き抱えてウォーキング。さすがプロだな〜と尊敬しました。

(image: Getty Images, Arun Nevader)

 

ルビオさんのコレクションの披露が終わったので、すぐ父親と裏に回ってデイジーを取りに行き、軽く写真撮影をしてから帰ってきました。

 

貴重な経験が出来てルビオさんに感謝です!デイジーは楽しかったか分からないけど(・ω・`;)ノ

素敵な写真も撮っていただき、また一つデイジーとの思い出が増えました。

デイジー、お疲れ様。


テーマ:

ちょっとした事件が先日起こってしまいました。

今回はDちゃんが主役の記事です。

 

家の庭にはいつまで経っても熟れずに身が落ちてしまう桃の木があるのですが、犬たちはなぜかみんな大好きです。

Dちゃんもフルーツが大好物で、良かれと思って一つ桃をあげてしまったのが運の尽き。

美味しそうに桃を頬張るDちゃんに癒されているとゴックン。なんとそのまま種ごと飲み込んでしまったのです。

 

え〜!!!!もう、Dちゃんってば!と驚いたのですが、まぁそのうち下から出てくるだろうとその時は軽く考えていました。

翌朝の6時半頃に突然Dちゃんが吐いている音で目が覚め、その後立て続けに2回吐いてしまいました。急に種の事を思い出し、ゾッとしてすぐにネットで調べてみると、種を消化できずに腸閉塞になってしまう可能性があって危険と読み、緊急病院に連れていくことに。

 

レントゲンを撮ったのですが、結局何も見えず、とりあえず点滴を打ってもらい帰ることに。

不安な気持ちを募らせたまま圧迫排便をする時間を迎えます。「お願い!一緒に種も出てきて!」と祈りながら排泄をさせていると・・・スポン!となんと種も一緒に出てきたのです!

 

一部始終見守ってくれていた母親と一緒に思わず安堵の雄叫びを上げる私たち。

Dちゃんはこんなにお騒がせしていることに全く自覚がなく、私たちの歓喜に首を傾げるばかり。

お騒がせをしてもやっぱり可愛いです。

 

病院代がかなり掛かってしまい、私にとってとても高価な桃の種となってしまったので、しっかり洗ってから瓶に入れ、飾ってあります。(*´罒`*)ニヒヒ

 

皆さんもお気をつけて!(こんな事をするのは私だけか・・・(´・д・`))

もう、Dちゃんってば!


テーマ:

以前、前足が不自由なデイジーと後ろ足が不自由のDちゃんを比較する記事を書いたのですが、最近新たに発見した事があります。

 

デイジーとDちゃん、二人とも出来ないことは

「自分の体を掻くこと」です。

 

デイジーは前足が不自由なので、体を必死に丸めて出ている下の歯を活かしながら、やっとの思いで掻いている感じです。デイジーはある程度どこが痒いか教えてくれるので、私が掻いてあげたり、皮膚アレルギーが発症してしまう場合は薬をあげて対処しています。

この歯を活かしちゃうデイジー。さすが。

 

Dちゃんの場合は後ろ足が不自由なので、前足で届く部分の顔以外は全く掻けません。

つい先日、私がDちゃんの肩の辺りにコチョコチョ攻撃をして遊んでいると、急に気持ち良さそうな表情に(*∩ω∩) 

犬は皆後ろ足で体を掻くので、Dちゃんはそれが出来ない事にそこでやっと気が付きました。

 

デイジーとDちゃんが普段の生活で出来ない事を考えたときにすぐ思い浮かばないくらい小さな事で、私も毎日自然と体を触ってチェックしている為、これが「出来ない事」と意識したことはありません。でもやっぱりこうして出来ない事があるのは本人達にとっては少し苦労する点かなと思い、今回書いてみました。

 

デイジーとDちゃんが出来ないことは私がやるので、大丈夫!

 

デイジーとは7年以上一緒に生活しているので、大体のことはお互い上手くコミュニケーションを取れているような気がします。Dちゃんは我が家に来てまだ数ヶ月なのと、外で飼われていたからでしょうか?まだあまり人とコミュニケーションをとるスキルがありません。時間を一緒に過ごせば過ごすほどDちゃんの気持ちをちゃんと読み取れるようになると思います。でもDちゃん、ちょっぴり表情が乏しいんだよなぁ(´>∀<`)ゞエヘヘッ ちゃんと通じ合えるようになると、してあげられる事も増えると思うので、頑張ります!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス