こんばんは、馬キチです。

 

今日は馬券が当たったので今日の競馬を振り返ることにしましょう。

 

朝からずっと軸が4着じゃ

もう本当に嫌になるぐらい軸が4着。

 

軸が2着に来がちなら馬連で買ったりすればいいし、3着に来がちならワイドとか3連複で買えばええ。

 

なのにずっと4着!4着じゃハズレしかならん!どう頑張っても払い戻してもらえんのじゃ…。

 

ってことで本当に嫌になるぐらい軸が掲示板にしか来ない。

 

唯一ガチガチのレースを取れたものの1番人気の馬が出走取消になったおかげで3連複が12倍から4倍にダウン…300円買って400円の払い戻しじゃやってられん…。

 

昼飯は豪華に行くぜ

今回、久しぶりに阪神競馬場のパークウィンズで競馬をしたので阪神競馬場名物のカレーでも食おうかなとおもったけど、急にホルモン焼きが食いたくなって店へ行くとどて焼きという新たなメニューを見つけたので買っちゃう。普通にうまかった。

 

ただ、量が少ないので昼飯って感じでもないってことで春から出来た銀だこへ行っててりたまたこ焼きを買って食う。銀だこ好きやわ〜

 

てりたま600円とどて焼き400円で1000円も使ってしもうた…午前中全然稼げてないのに…。

 

午後からも一切当たらん

東京と京都を買い続けてたけど東京は馬連万馬券レベルの荒れ方で買いづらいし、京都は京都で取って損になりそうなガチガチのレースばっかりなのでめっちゃ買いづらい。

 

新潟に逃げても当たらんしついに持っていった5000円が8レースで尽きてしもうた。

 

馬キチ氏、菊花賞回避か?

楽天銀行へ入金指示を出し、5000円追加…。

 

本当は一週間に5000円というルールがあるからこれは月末の天皇賞の分なんやけどまぁ無くなったら現実逃避して天皇賞の日の日曜日中、海岸線をドライブしたろと腹をくくった。

 

それが良かったのか京都の10レースで馬連が的中して5000円が帰ってきた上にプラス190円まで回復!

これは菊花賞頑張って買えよっていう神のお告げかな?と思って馬券を買おうとしたらアプリが全然動かんようになった。多分みんながアプリを使いまくってサーバーがダウン寸前なのだろう。

 

しょうがないので券売機で馬券を買いに行く。

 

ブログには馬単って書いたけどなんかビビってしまった結局フィエールマンの単勝とフィエールマンからの馬連を5点200円ずつというチキンな買い方にしてしまった。

菊花賞発走!

レースは順調に進んで最後の直線、早めにデムーロが仕掛けて先頭に躍り出てこのまま行くかと思ったらフィエールマンが内から伸びる!

 

思わずルメール!ルメール!!ルメエエエエエエエルーーーー!と絶叫してしまったが周りの人だれもフィエールマン買ってる人いないようでみんな静かだった…。まぁそんなに人気無かったもんな。ブラストワンピース全然優勝争いに参加してなかったし…。

 

ってことで、最後の直線の攻防はマジで単勝1000円買ってる俺としては絶叫に値する興奮度だった。

 

まぁルメール負けても馬連は取れてたけどね。

 

そんな感じで2000円が19000円ちょいの配当になって久しぶりに気持ちよく家に帰れることになった。夏以降ほとんどすっからかんになることが無い(先週はすっからかんだったが)感じできてるけど、いつもプラス3000円とかすごく微妙な勝ち方で終わるので久しぶりに2万近く勝ってほんと嬉しい。

 

しかもブログで予想した本命→対抗→穴という組み合わせで決まってるわけやん。完璧でしょ。

 

これが1番人気、2番人気、3番人気で3連単が5000円とかの組み合わせでドヤってたらあれやけど7番人気、2番人気、10番人気で3連単10万馬券やからね。俺がチキってなかったら普通に三連単買えてたからね。10万取れてたら今年の収支ここでプラスになってたし。

 

俺は買ってなかったけどおすすめ馬券のところに12→9の馬単って書いといたのを信じて買ってる人いたら6,010円付いてるからね。配当が。とりあえず1,000円買っとくだけで60,000円…なんで俺はチキって単勝にしてしまったのか…。

 

 

ってことで久しぶりにどでかい三連単をほぼ完璧に予想してしまうという騎手理論でした。

 

やっぱり競馬は騎手理論が一番やで。

先週は見事アーモンドアイが牝馬三冠となり私の予想は大体合ってましたね。タイトルに2着3着探しのレースって書いてましたしね。

 

2018秋華賞を予想!2着、3着探しのレースではあるが…

ほらね。

 

何故か私は2着まで固定してしまって見事外すという結果だったんですけどね。ラッキーライラック…乗り替わりがダメだったのかな。石橋さんに戻ったらまた買いたいですね。

 

今週の競馬に関しては土曜日はマイナス1000円で終了。富士ステークスはレッドアンシェルから馬連で買って最後ワントゥワンに差されて3着かい!って感じでしたわ。ワントゥワンが11番に入った時点でなにかあるなとは思ってヒモにはしてたんですけどね…モレイラさんさすがっす。

 

菊花賞を予想しよう!

本命

(12)フィエールマン

ルメール鞍上ってだけで買えるよね。先週から3日連続で重賞勝利中ってマジで信頼度すごすぎるでしょ。マジで逆らえない。この人だったらどんな馬でも勝たせてしまいそうな気がする。3000メートルという長距離戦は騎手の手腕がかなり重要になってくるレースということで乗りに乗っている男ルメールさんにすべてを託したい。馬に関しても調教のビデオで一番いい感じに見えたのがこの馬で完全に軸にしたいと感じた。

 

対抗

(9)エタリオウ

前走、ミルコデムーロで神戸新聞杯2着。この馬は実力があるものの2着ハンターな運命をたどっている気がする。いずれ何処かで重賞を勝つような気はするけど今回は2着と感じる。デムーロ自体、今年の成績がそれほど無茶苦茶重賞に強いという感じがなく、一応2,3着辺りには来るけど勝ちきってくれないことが多いと思う。

 

三番手

(5)エポカドーロ

前走は4着とイマイチ奮わなかったもののこの馬は皐月賞一着、ダービー2着の実績を持つ実力馬である。そう考えると流石に抑え無くてはならないと感じる馬である。戸崎ジョッキーは土曜日3勝とかなり好調と感じるので買える。

 

(7)ユーキャンスマイル

武豊が乗るということで買うことにした。武ジョッキーはなんだかんだで人気のない馬でもG1レースの馬券圏内にぶっこんでくる。この秋もスプリンターズステークスで3着、秋華賞でも3着と馬券圏内を連続で確保。今回も波乱を引き起こしそうな予感。

 

買いたい馬券

12→9の馬単

15の単勝

10−17のワイド

 

オウケンムーンのお父さんはオウケンブルースリという菊花賞馬であり、鞍上はキタサンブラックで菊花賞を勝った北村宏司ジョッキーなので15の単勝は100円買いたい。

10−17のワイドは馬名にゴールドが入ってるつながり。オカルト的に100円買いたい。

 

他、モレイラジョッキーも怖いので一応グロンディオーズもヒモにしておきたいと思っている。

 

正直、前のブログにも書いたけど今回の菊花賞は超高額配当になる可能性が高いレースである。なので予想もつかない組み合わせを広めに買っておこうと思う。

今週末は京都競馬場で菊花賞ですね!

 

タイトルの件なのですが菊花賞が荒れそうなんです…。

 

先週の秋華賞、結果は1番人気、5番人気、3番人気の3連単が5,600円でしたね。ガチガチと言っていい低配当でした。

 

今年の牝馬三冠レースの3連単の配当を振り返ってみると、

桜花賞→3,780円

オークス→3,360円

と穴党には絶望的なまでの低配当なガチガチのレース。

 

これがその翌週の皐月賞とダービーの配当を見てみるとどうなっているのか?

皐月賞→372,080円

ダービー→2,856,300円

牝馬の三冠レースとは対称的な高額配当になっている。

 

そう考えるとこの菊花賞、荒れる気がしませんか?

特に、今回の菊花賞はダービー馬のワグネリアンが天皇賞秋へ向かい不在。

皐月賞優勝のエポカドーロは前走4着と秋初戦の出鼻をくじかれた形。

 

圧倒的な一番人気が不在という混戦ムードになる予感があり、3,000メートルという3歳馬にとって初めての長距離戦。

昨年は大雨だったものの2桁人気の馬が2着3着に入り、3連単は559,700円の高額配当となったことを考えると今年も昨年に引き続き荒れておかしくはないと感じます。

 

どの穴馬が激走するのか?予想が楽しみな菊花賞ですね\(^o^)/

馬キチです!

 

今週から秋のG1が連続して競馬が盛り上がってきますね!

 

まずは一発目G1秋華賞を予想していきましょう。

 

秋華賞を予想する

本命

(11)アーモンドアイ

桜花賞で本命にして見事当たり、オークスで来ないと予想して外して、今回はど本命。正直この世代では負ける要素が見当たらない。今回は単勝1.2倍とかのとんでもない人気になるとは思うが(現在1.1倍)流石にこの馬から買わない訳にはいかないと思っている。50メートルぐらい後ろから発走しても勝ちそうな気がするぐらい完勝しそう。

 

対抗

(7)ラッキーライラック

アーモンドアイがいなければ桜花賞は完勝だったわけで、オークスではアーモンドアイとリリーノーブルにやられたが今回リリーノーブルは出走しないということで2着はこの馬となるだろう。ジュペナイルフィリーズやチューリップ賞を見ても世代トップクラスの実力だということは確実である。今回はジョッキーが怪我で乗り替わりとなったが調教で北村友一騎手がまたがって感触を確かめているので問題はないだろう。

 

三番手

(5)サラキア

前回はローズステークスで2着となったが直線で中々いい脚を使っており、2番手と先行して押し切ったカンタービレよりも私はこの馬の方がよく見えた。池添ジョッキーは先週の京都大賞典でもレッドジェノヴァで2着と侮れない結果を残している。この馬を3着候補筆頭としたい。

 

(13)ミッキーチャーム

今一番乗りに乗っている馬がこのミッキーチャームだろう。最近は3連勝であり、差も0.6秒以上つけて勝っている。しかも先行して終いは上がり最速、2位、2位と勝ち方が異常だと感じる。戦ってきた馬が違うものの軽視できない一頭がこの馬だと言えるだろう。

 

買い方は三連単軸2頭

7,11ー2,4,5,13
 
マルチで買うと24点となるが現在一通りだけ18倍の組み合わせがある他はトリガミにならないのでこの組み合わせだけ200円買って2500円で勝負する。

馬キチです。

 

凱旋門賞見ましたか?中継の千鳥ノブが財布スられた話面白かったですね!

 

結果としてはクリンチャー17着という日本馬には残念な結果でした。陣営がこの馬のピークをここに持ってきたというあまりにも自信満々なコメントが怖かったんですがやっぱり陣営が良すぎるコメントしてる時はこういう結果になりがちですよね…。

 

私の馬券はエネイブルが化物すぎるということで単勝1.7倍と全然美味しくない感じでしたけどエネイブルから買わざるを得ないかなとエネイブル軸にしました。

ワイドで2点、馬単1点の3点勝負。

ワイドはクリンチャーを一応入れて、昨年2着のクロスオブスターズ の2点。

馬単は人気丸かぶりの1番人気の2着固定という理論から唯一勝つ可能性のある軽ハンデ馬シーオブクラスを頭に。

 

レース最後の直線、抜け出して押し切ろうとするエネイブルをシンガリからものすごい脚で差し切るか!差しちゃうのか!シーオブクラス!と思った時にゴール。

 

エネイブル2連覇でした〜エネイブルやっぱり強かった。どう分析しても負ける要素がハンデ以外無いもん。ジョッキーがこのレース6回目の優勝ということでこのレースの勝ち方を知ってたよね。何処でどう抜け出したら差されずに押し切れるかとか。今度日本馬が出る時はデットーリ騎手に騎乗依頼しましょう!

 

で、3着だが俺のワイドに入れていたクロスオブスターズ!去年もこのくらいの人気薄で2着に入ってきたから今年もやってくれるんじゃなかろうかと思ってたけどマジでやってくれたな!エネイブルとのワイドですら980円ついたよ(^o^)

 

結果的に俺が買っていた4頭のうち3頭が馬券になるというほぼ完全的中とも言える凱旋門賞だった。3連複ボックスにしとけばよかったような気もするけどまぁ海外競馬なんてあんまり買わないのが正解だと思うので今後も1000円以内ぐらいで楽しんでいこうと思う。

 

京都大賞典を予想しよう!

月曜日のJRAの重賞は京都大賞典。京都の2400メートル芝で行われるこのレースを秋初戦にするG1馬は多く、いつもメンバーが揃うレースである。今回もG1馬がサトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2頭出ている。

 

本命

(8)シュヴァルグラン

開幕週の京都競馬場、長距離戦となるとまず前残りになる。G1馬2頭ではこの馬がこのレース向きの脚質ということで勝ち切ると見る。

 

対抗

(11)ウインテンダネス

目黒記念で優勝した今、乗りに乗っていると感じる一頭。前々走は2400m戦で積極的にハナを切ってそのまま押切勝ち。この舞台に合うレース運びが出来るのも魅力。

 

三番手

(2)サトノダイヤモンド

正直ピークが3歳から4歳の初めに来てしまっているように感じていて最近は一応その才能から上位には食い込むものの勝つまでは行かないレースが多い。秋のG1に向けてのたたき台のこのレースは3着と予想。

 

(9)スマートレイヤー

この馬は8歳とピークは過ぎていると感じる。ただ、昨年のこのレースの優勝馬であり、軽視はできないと思う。この連休夏のような暑さになっているので夏は牝馬!という格言が使えるのではないか?凱旋門賞も1,2着牝馬だったしここも牝馬が??

 

京都大賞典の買い方は

シュヴァルグランを軸に3連複流しで購入。挙げた馬以外にも和田ジョッキー、池添ジョッキーも買っておきたい。

 

マイルチャンピオンシップ南部杯の予想

ダート界のトップホースが揃ったマイルチャンピオンシップ南部杯のほうが今日は注目度が高そうな気がするのでそっちも予想しとこう。発送は17時30分ということでJRAが終わってから買えるのもミソ?(笑)

 

本命

(7)ゴールドドリーム

最近は馬が大人になってきてどんな舞台でも堅実に走るようになっている。地方で2連勝中でありここも勝ち切ると見た。

 

対抗

(12)ルヴァンスレーヴ

正直強い。前走ジャパンダートダービーの2着馬であるオメガパフュームは最近シリウスステークスG3で古馬相手に快勝。ということはこの馬も古馬に通用する実力があるということだろう。

 

三番手

(1)ノンコノユメ

去勢されてからしばらく経って以前の強さを取り戻した馬。後ろからの競馬では届かない競馬場に思われるがそこは内田博幸(ウチパク)騎手がなんとかしてくれると思う。

 

(9)ノボバカラ

昨年2着に入っているのがこの馬、近走の成績を見ると芝の短距離戦でハイペースな展開を経験させており、正直このレースを狙っての訓練に思える。ジョッキーも去年2着のジョッキーに戻り、万全と見る。穴ならこの馬が買いだろう。

 

南部杯の買い方は

上位人気馬は人気すぎて買ってもボロ儲けできなそうなので、ノボバカラからワイドで上に挙げた馬にオールブラッシュを含めた4頭へ流す。