馬キチです!

 

今週から秋のG1が連続して競馬が盛り上がってきますね!

 

まずは一発目G1秋華賞を予想していきましょう。

 

秋華賞を予想する

本命

(11)アーモンドアイ

桜花賞で本命にして見事当たり、オークスで来ないと予想して外して、今回はど本命。正直この世代では負ける要素が見当たらない。今回は単勝1.2倍とかのとんでもない人気になるとは思うが(現在1.1倍)流石にこの馬から買わない訳にはいかないと思っている。50メートルぐらい後ろから発走しても勝ちそうな気がするぐらい完勝しそう。

 

対抗

(7)ラッキーライラック

アーモンドアイがいなければ桜花賞は完勝だったわけで、オークスではアーモンドアイとリリーノーブルにやられたが今回リリーノーブルは出走しないということで2着はこの馬となるだろう。ジュペナイルフィリーズやチューリップ賞を見ても世代トップクラスの実力だということは確実である。今回はジョッキーが怪我で乗り替わりとなったが調教で北村友一騎手がまたがって感触を確かめているので問題はないだろう。

 

三番手

(5)サラキア

前回はローズステークスで2着となったが直線で中々いい脚を使っており、2番手と先行して押し切ったカンタービレよりも私はこの馬の方がよく見えた。池添ジョッキーは先週の京都大賞典でもレッドジェノヴァで2着と侮れない結果を残している。この馬を3着候補筆頭としたい。

 

(13)ミッキーチャーム

今一番乗りに乗っている馬がこのミッキーチャームだろう。最近は3連勝であり、差も0.6秒以上つけて勝っている。しかも先行して終いは上がり最速、2位、2位と勝ち方が異常だと感じる。戦ってきた馬が違うものの軽視できない一頭がこの馬だと言えるだろう。

 

買い方は三連単軸2頭

7,11ー2,4,5,13
 
マルチで買うと24点となるが現在一通りだけ18倍の組み合わせがある他はトリガミにならないのでこの組み合わせだけ200円買って2500円で勝負する。

馬キチです。

 

凱旋門賞見ましたか?中継の千鳥ノブが財布スられた話面白かったですね!

 

結果としてはクリンチャー17着という日本馬には残念な結果でした。陣営がこの馬のピークをここに持ってきたというあまりにも自信満々なコメントが怖かったんですがやっぱり陣営が良すぎるコメントしてる時はこういう結果になりがちですよね…。

 

私の馬券はエネイブルが化物すぎるということで単勝1.7倍と全然美味しくない感じでしたけどエネイブルから買わざるを得ないかなとエネイブル軸にしました。

ワイドで2点、馬単1点の3点勝負。

ワイドはクリンチャーを一応入れて、昨年2着のクロスオブスターズ の2点。

馬単は人気丸かぶりの1番人気の2着固定という理論から唯一勝つ可能性のある軽ハンデ馬シーオブクラスを頭に。

 

レース最後の直線、抜け出して押し切ろうとするエネイブルをシンガリからものすごい脚で差し切るか!差しちゃうのか!シーオブクラス!と思った時にゴール。

 

エネイブル2連覇でした〜エネイブルやっぱり強かった。どう分析しても負ける要素がハンデ以外無いもん。ジョッキーがこのレース6回目の優勝ということでこのレースの勝ち方を知ってたよね。何処でどう抜け出したら差されずに押し切れるかとか。今度日本馬が出る時はデットーリ騎手に騎乗依頼しましょう!

 

で、3着だが俺のワイドに入れていたクロスオブスターズ!去年もこのくらいの人気薄で2着に入ってきたから今年もやってくれるんじゃなかろうかと思ってたけどマジでやってくれたな!エネイブルとのワイドですら980円ついたよ(^o^)

 

結果的に俺が買っていた4頭のうち3頭が馬券になるというほぼ完全的中とも言える凱旋門賞だった。3連複ボックスにしとけばよかったような気もするけどまぁ海外競馬なんてあんまり買わないのが正解だと思うので今後も1000円以内ぐらいで楽しんでいこうと思う。

 

京都大賞典を予想しよう!

月曜日のJRAの重賞は京都大賞典。京都の2400メートル芝で行われるこのレースを秋初戦にするG1馬は多く、いつもメンバーが揃うレースである。今回もG1馬がサトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2頭出ている。

 

本命

(8)シュヴァルグラン

開幕週の京都競馬場、長距離戦となるとまず前残りになる。G1馬2頭ではこの馬がこのレース向きの脚質ということで勝ち切ると見る。

 

対抗

(11)ウインテンダネス

目黒記念で優勝した今、乗りに乗っていると感じる一頭。前々走は2400m戦で積極的にハナを切ってそのまま押切勝ち。この舞台に合うレース運びが出来るのも魅力。

 

三番手

(2)サトノダイヤモンド

正直ピークが3歳から4歳の初めに来てしまっているように感じていて最近は一応その才能から上位には食い込むものの勝つまでは行かないレースが多い。秋のG1に向けてのたたき台のこのレースは3着と予想。

 

(9)スマートレイヤー

この馬は8歳とピークは過ぎていると感じる。ただ、昨年のこのレースの優勝馬であり、軽視はできないと思う。この連休夏のような暑さになっているので夏は牝馬!という格言が使えるのではないか?凱旋門賞も1,2着牝馬だったしここも牝馬が??

 

京都大賞典の買い方は

シュヴァルグランを軸に3連複流しで購入。挙げた馬以外にも和田ジョッキー、池添ジョッキーも買っておきたい。

 

マイルチャンピオンシップ南部杯の予想

ダート界のトップホースが揃ったマイルチャンピオンシップ南部杯のほうが今日は注目度が高そうな気がするのでそっちも予想しとこう。発送は17時30分ということでJRAが終わってから買えるのもミソ?(笑)

 

本命

(7)ゴールドドリーム

最近は馬が大人になってきてどんな舞台でも堅実に走るようになっている。地方で2連勝中でありここも勝ち切ると見た。

 

対抗

(12)ルヴァンスレーヴ

正直強い。前走ジャパンダートダービーの2着馬であるオメガパフュームは最近シリウスステークスG3で古馬相手に快勝。ということはこの馬も古馬に通用する実力があるということだろう。

 

三番手

(1)ノンコノユメ

去勢されてからしばらく経って以前の強さを取り戻した馬。後ろからの競馬では届かない競馬場に思われるがそこは内田博幸(ウチパク)騎手がなんとかしてくれると思う。

 

(9)ノボバカラ

昨年2着に入っているのがこの馬、近走の成績を見ると芝の短距離戦でハイペースな展開を経験させており、正直このレースを狙っての訓練に思える。ジョッキーも去年2着のジョッキーに戻り、万全と見る。穴ならこの馬が買いだろう。

 

南部杯の買い方は

上位人気馬は人気すぎて買ってもボロ儲けできなそうなので、ノボバカラからワイドで上に挙げた馬にオールブラッシュを含めた4頭へ流す。

 

馬キチです!

 

今週から京都競馬場と東京競馬場での開催が始まり、来週は秋華賞、その次は菊花賞、そして月末にはハロウィーン…じゃなくて天皇賞秋ですね!

 

競馬の秋って感じなんですが今週はG1レースは一旦おやすみ…とは言ってもG2でG1クラスの馬が何頭も出走して天皇賞秋へのステップになっている毎日王冠がありますし、夜には凱旋門賞がありますし、3日間開催最終日には京都大賞典もありますので今週の競馬もフルパワーで頑張りたいところです。

 

先週は日曜日台風接近で阪神競馬場が中止となり、しょうがなく近所のウインズ難波へ行ったものの関西地区のウインズは全部昼間でで終了と言われ、どうすればいいのか!となったんですが快活クラブという漫画喫茶でグリーンチャンネル見れるしスマホで馬券買えばいいかってことで快活クラブへ。

グリーンチャンネルのおすすめ馬と自分の予想を組み合わせてボロ儲けでした!ただメインレースにぶっ込んで外して終了\(^o^)/

2着が予想できん!もうこういう時に和田さんが穴開けてくるから怖いんよ…3着の武さんは乗れとったから買っとっただけに手堅くワイド取っとくべきやったなぁとしか言えん…。

 

毎日王冠を予想しよう!

タイトルにもあるようにこのレース、今回マジで予想し辛い。トップクラスの3歳馬が出走してるし、実績馬もたくさん出とる。3ヶ月以上の休み明けの馬も多くてどう来るのかかなり難しいとしか言えない。でも予想はしとこうってことで行ってみよう。

 

本命

(4)サトノアーサー

前走エプソムカップ勝ちのこの馬は最強4歳世代であり、ジョッキーは2年前ルージュバックでこのレース優勝している戸崎ジョッキー。1800m戦では5回走って全て馬券圏内という1800メートル巧者と言える馬なので軸はこの馬から買いたい。

 

対抗

(9)アエロリット

前走はG1安田記念で2着と実力はG1クラスである。今回も恐らく1番人気となるだろう。この馬は安定感が素晴らしく11戦走って掲示板を逃したのは2000メートルの秋華賞のみ。今回もしぶとく3着以内は確保してくれると予想する。

 

三番手

(7)ダイワキャグニー

前走はエプソムカップで大きく負けているがこの馬は東京巧者で実に5勝全てが東京競馬場となっている。強い4歳世代であり、2000メートル戦のプリンシパルステークスも勝っていてこの舞台もハマるとあっさり勝ち切る気がする。

 

(3)ステファノス

もうピークは過ぎたように思える馬だが戦ってきた相手が違うのでこのメンバーなら上位に食い込んできてもおかしくはない。今年乗れている福永ジョッキーなのでなんかやってくれそうな気がする。

 

まとめ

毎日王冠は正直予想難しい…。今回は3歳馬も実力のあるステルヴィオやケイアイノーテックが参戦しているし、これと言って前に行く馬も見当たらず押し出される形でアエロリットが前に行く感じになりペースは落ち着くように思えるがこればっかりはやってみないとどうなるかわからない…。

ということでこのレースは馬券を買わずに静観する構えである。買うのは京都大賞典にしよう。

こんばんは、馬キチです。

 

今週は秋のG1開幕ですね!

 

土曜日の競馬は雨で馬場が悪くて難しいレースが多かったと思います。

その中でもモレイラ騎手の勝ちっぷりルメールジョッキーの馬券に絡み方がすごかった。モレイラ騎手は断然の一番人気に乗っていたりしましたけど番狂わせなしの恐ろしさでしたね…普通1番人気でも全馬の標的になるので勝ち続けるのは難しいもんなんですが…。

 

今日あった競馬のニュースと言えば武豊ジョッキーのJRA4000勝達成ですね!

参考http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=143567

 

JRAサイト、武豊ジョッキーの4000勝特集ページもかっこよくて最高ですねぇ。

 

まぁ地方とか海外でもたくさん勝ってるので4000勝はすでに達成してたと言えますが。

 

あと、今日の事件としてはオトナノジジョウデビュー勝ちですかwww名前が面白すぎるので注目されてましたが先行して突き放す見事な勝ちっぷりに今後の活躍が期待できます。珍名馬ですがなんとお母さんも珍名馬でリャクダツコンという名前です!これはマスコミも注目せざるを得ませんね😁

【メイクデビュー】(中山5R)~オトナノジジョウが逃げ切りデビュー勝ち [News]

 

スプリンターズステークスの予想

本命

(12)ナックビーナス

モレイラ騎手が神ってるってことで軸はこの馬!正直馬の実力もしっかりしていて前走は同じコンビでキーンランドカップ逃げ切り勝ち。中山競馬場での実績も2,4,1,0と一度も馬券に絡まなかったことが無い!最悪でも3着は死守してくれることでしょう。スプリンターズステークスは牝馬の実績が高いというデータも有るのも好材料。

 

対抗

(8)ファインニードル

春の王者ファインニードル。前走、阪神のセントウルステークスでしたが休み明けにもかかわらず強い勝ち方。正直今の短距離界ではトップクラスと言ってもいい実力の持ち主でしょう。春夏連覇も感じる強さです。

 

三番手

(15)ムーンクエイク

前走は大きく負けているもののその前は重賞勝ちしている。実績から見ると短距離馬という感じではないかもしれないがあのロードカナロアは安田記念を勝っているし、2015スプリンターズステークス勝利馬ストレイトガールもヴィクトリアマイル連覇しているようにマイルでも勝てる馬がこのレースで勝ちがち。ってことでこの馬が勝ってもおかしくはないと思っている。

 

(16)レッドファルクス

このレースを2連覇しているのがこの馬。正直同一G13連覇した馬がいないということは3年も同じパフォーマンスを発揮できる馬がいないということなので正直難しいと思う。ただ、やはりこの馬とこのコースの相性はむちゃくちゃいいと思うので馬券に絡むところまでは来そうと感じる。鞍上が乗り替わりというのもマイナスで軸にはし辛い。

 

去年はほぼ完全的中で買い方次第では三連単取れてたスプリンターズステークスだが今年は雨で馬場が渋りそうなので予想がむちゃくちゃ難しい…ただそういう時ほど普通に荒れずに強い馬が勝ったりするので今年は取るぞ!

去年の馬券…2着と3着が逆じゃ!

 

今週も競馬頑張ってる馬キチです。

 

土曜日は前日までの雨で馬場が渋り、荒れ気味のレースが多く全部外しました!まぁ狙いすぎて外してるレースが多かったので日曜日に全部取り返せると思います。

 

傾向としては馬場の影響か前に行った馬が残りがちというのと内枠の馬強いってことでしょう。今週からBコースの中山は特にその傾向が強くて芝のレースは内枠の馬に注目すると良いでしょう。

 

神戸新聞杯の予想

本命

(8)エポカドーロ

皐月賞馬のこの馬はダービーでも2着。どう考えても世代トップクラスの馬であり、乗り替わりで少し不安材料の残るワグネリアンよりもここは上位と考えていいと感じる。神戸新聞杯はほぼ毎年上位人気馬が馬券になっている荒れないレースなので素直に一番人気を本命とする。

 

対抗

(2)エタリオウ

前走はダービー13番人気で4着とその秘めた実力を見せつけた。その前も2着3連続と2着コレクターなのでここも2着辺りに食い込んできそうという予想。

 

三番手

(3)ワグネリアン

ダービー馬なので流石に恥ずかしい負け方は出来ないだろう。皐月賞は7着ではあるが人気は1番人気と実力は確か。ここも展開次第では勝ちきってもおかしくはない。

 

(4)ステイフーリッシュ

鞍上が穴を持ってくる和田ジョッキーということで抑えておきたい一頭。ステイフーリッシュは京都新聞杯一着、ホープフルステークス3着と1回休んで馬券に絡む傾向があり、今回は馬券に絡む回だと思われる。注目しておこう。

 

オールカマーを予想しよう

中山のメインレース、オールカマー(G2)を予想していこう。

 

本命

(7)レイデオロ

ジャパンカップではキタサンブラックに先着している昨年のダービー馬。この馬の実力は確かで日本の競馬界の中ではトップクラスだと感じる一頭。ここはメンバー的にもあっさり勝ち切ると考えるのが妥当だろう。

 

対抗

(2)ダンビュライト

この馬も最強4歳世代のトップクラスにいる馬。AJCCに勝っていることから中山の芝は得意舞台と見て良いだろう。鞍上は4000勝を目前に控えた土曜日のメインも勝った武豊ジョッキーということで非常に怖い一頭。

 

三番手

(10)ブラックバゴ

この馬はしばらく不調が続いていたが病気治療の後、京都でいきなり勝ち、金杯でも4着に食い込む。夏は函館だったので馬場が違うということで無視できる。ここは上位に入ってくる一頭としたい。

 

(4)マイネルミラノ

逃げ馬は時として信じがたい結果を生み出してきた。今回明らかに逃げそうなこの馬はAJCCの時のように逃げ粘って3着辺りに来そうだと感じる。3連複に入れておきたい一頭。