年末東京競馬遠征

テーマ:

馬キチです。

 

今年はホープフルステークス東京大賞典を現地観戦しに行ってきたのでそのレポートを書き残します。

 

28日はホープフルステークス

去年からG1になったホープフルステークス

 

朝日杯が阪神競馬場になったことで中山競馬場のG1が減り、東京の馬主協会が無理やりホープフルステークスをG1にしたらしいですがこのG1ができたおかげで、全てのG1レースを現地観戦しているという私のちょっとした自慢が崩れてしまったため、今年は現地観戦することにしたのです。

 

朝、5時45分に起きて6時に家を出発し、在来線と新幹線を乗り継ぐこと4時間30分。中山競馬場には10時30分頃到着。

ちなみに新幹線は超余裕で座れました。年末でも東京へ向かう便は逆だからそれほど混まないのかも。

G1デーなので人は多めでしたが平日なのでまだそこまで満員でもなく、椅子は割と空いている感じ。スタンド側は午前中は日当たりが良くてポカポカでした。日が当たらなくなる午後から死ぬほど寒かったけど…。

 

この日来てよかったと思ったのがルメールジョッキーの212勝目を生で見ることができたこと。JRA歴代最多勝の瞬間を見れたのは本当に感動的だった。

 

ホープフルステークスは昨年の優勝ジョッキークリスチャン・デムーロのヴァンドギャルドから流して木っ端微塵。

 

4コーナーで外から被せられて前が詰まって万事休す…。あれ普通に前が詰まってなかったら馬券絡んでたんじゃないのか?って感じの勢いだったからホント残念。

ヴァンドギャルドの次走はちょっと期待して買いたいと思う。

 

ということで、この日のG1の優勝ジョッキーも朝日杯と同じミルコ・デムーロ…12月まとめてG1取っとるよね…。さすが重賞の鬼。

 

この日は本当にボロクソで完全なる全滅…。まぁ寒波で新幹線が止まらなかっただけ運はあったのかもしれない。

29日は大井競馬場で東京大賞典

地方のG1はまだどこも行ったことが無くて初めての地方G1がこの東京大賞典。

 

朝は10時過ぎまで浜松町でウロウロして東京タワーを撮っていた。天気が良くて東京タワーがとてもきれいだった。

大井競馬場へ着くとすでに人がたくさんいて大井競馬場とは思えない人出!何度か来たことがあるが平日ばかりだったので土曜日の東京大賞典は全く違った雰囲気になっていた。

1レース目からファンファーレが生演奏だったりお祭り気分が高まる。

 

ただ、馬券は普通に一切当たらず…。不調は地方でも続くのか…。という感じでボッコボコになりながらメインレース。

 

どう考えてもこの3頭で決着するやろっていう3頭で決着してしまい、外す。3連単を2点まで絞ったのが失敗だったかな。4点で取れてた馬券ではあった。

まぁ取れてもそれほど嬉しくはない3連単1440円という激安馬券だったのだが…。

 

で、11レースも普通に外し、最終12レース。私の今年最後のレースなのだが結果から言うと当てた。馬複3200円が当たりました〜。

一着の2番は1番人気だったのだけど、2着の8番は9番人気。なぜこの9番人気の馬を買っていたのか?

それは8の馬がこの日やたらと馬券に絡みがちだから!もうそんな予想しか出来ない!いろいろ頑張って外し続けて最後なんとなくで買ったら当たった感じや!

 

そんなこともあるよね…。

来年は狙いすまして馬券を買って、年間トータルプラスで終わるを目標にがんばります。

 

良いお年を。