昨日、ジャパンカップの予想ブログを書いたがそのブログを書く前日、金曜日の会社帰りにウインズに寄って馬券を購入済みだった。

 

アーモンドアイが優勝するのはもはや完全に私の中では確定しておりどんな勝ち方をするか?どんなレースになるのか?それが楽しみでしょうがなかった。

 

予想ブログでも購入馬券は単勝と書いていたし、全頭コメントブログの方にも3連単頭固定で馬券を買うならという書き方で買い方を考えている。アーモンドアイが負けるというのは考えていなかったからそういう書き方になっている。

 

なぜアーモンドアイが優勝することに確信が持てたのか?であるが完全にアーモンドアイが勝ったほうがドラマチックだからである。

 

競馬というエンターテイメントは時としてなんでこんなにきれいな形になるのか?と不思議に思うほどドラマチックな展開になる。

 

例えばキタサンブラックの引退レースであるが、あのレースはキタサンブラックが優勝しなければその後の北島三郎氏のお祭りがどうなっていたのか?北島三郎氏はキタサンブラックが負けるということを微塵も考えていなかったような感じでハッピを用意してキタサンブラックの歌まで披露して祝勝会をしている。

 

その前もオルフェーヴルの引退レースであった有馬記念もオルフェーヴルが圧勝して、二着は同期で2度オルフェーヴルの2着になったウインバリアシオンだった。ライバルの引退に華を添える2着。ドラマチックである。

 

あとは誰もが知るオグリキャップの引退レースである。これに関しては語ることは何もない。

ただただ競馬というものがなんと素晴らしいドラマなのかを物語っているレースだった。

 

今回だが、無敗の三冠馬、無敗の三冠牝馬との直接対決であり、まさに競馬ファンが語り継ぐことになるだろうドリームレース。2頭の三冠馬が同じ年に生まれたこともドラマだし、その新三冠馬と現役の三冠牝馬であるアーモンドアイが直接対決するというのは本当に新型コロナが無かったらありえなかったかもしれない。

 

そんな究極のドリームレースでアーモンドアイが引退することが発表されていたわけだ。

更にこのレースを優勝すれば賞金額でもキタサンブラックを抜いて歴代最高賞金獲得となる。

 

もはや負けるはずがない。

 

デアリングタクトが優勝してもドラマだし、コントレイルが優勝してもドラマチックだがアーモンドアイが無敗の三冠馬2頭をまとめて倒し、初めての敗北を味わせて有終の美を飾る方が最高にドラマチックだと言えるだろう。

 

そして結果、涙が出るほど感動の優勝となった。テレビの前で手が痛くなるほど拍手してしまった。

本当に最高のレースを見させてくれて競馬ファンで良かったと思った。

 

確かに馬券が当たったことも嬉しかったが2着3着に無敗の三冠馬と無敗の三冠牝馬がいたことも本当に嬉しかった。アーモンドアイは引退するけど新しい世代がちゃんと強かったのが嬉しかった。

 

また、ここからドラマが始まる。

 

そう思わせてくれるジャパンカップだったことが嬉しかった。

 

本当にありがとう、アーモンドアイ。

 

歴史に残るジャパンカップが11月29日に行われる。

 

無敗の三冠牝馬であるデアリングタクトと無敗の三冠馬コントレイルの直接対決が見れるだけではなく、更にアーモンドアイがこのレースに参戦することになった。

 

おそらく50年に一度レベルの歴史的戦いになるだろう。本当にこんな対決をリアルタイムで観戦できる幸せを噛み締めずにはいられない。

 

早速予想していこう。

 

ジャパンカップ2020の予想

本命

(2)アーモンドアイ

このレースで引退となることが決まっている。有終の美を飾れるかどうかではあるが飾れると思っている。アーモンドアイの成績を見ても東京競馬場では8回走って6回優勝、2着1回、3着1回という成績。3着の時はとんでもない不利を受けて3着まで突っ込んできており実質負けたのは安田記念のグランアレグリアにだけ。グランアレグリアはその後G1を2連勝で勝っているぐらい強い馬なのでしょうがないかもしれない。

2400メートルの長距離戦は騎手が重要だと言われているが鞍上はリーディングジョッキーであるルメールジョッキー。先週のグランアレグリアも完全に勝負所でインディチャンプにブロックされて行き場がなかったのに勝ちきって見せている。それが最強ジョッキーの力である。

正直負ける理由が見当たらない。

 

対抗

(5)デアリングタクト

毎年のように3歳の牝馬が馬券に絡んでくるレースがジャパンカップ。ローテーション的に秋華賞との間隔にゆとりがあり、更に斤量が3歳馬はマイナス2キロということで非常に有利。昨年のカレンブーケドールも2着に入ってきているし、オルフェーヴルとジェンティルドンナの三冠馬対決の時も3歳牝馬であるジェンティルドンナの勝利。とにかく3歳牝馬はむちゃくちゃ強いと思っておいたほうが良いだろう。もしもアーモンドアイが負けるとしたらこの馬だと思っている。

 

三番手

(1)カレンブーケドール

ジャパンカップの特徴としてはとにかくおかわりの多いレースであるということ。去年のスワーヴリチャードも一昨年3着と馬券に絡んでいた。

その前もシュヴァルグランやジェンティルドンナなど2年連続馬券圏内がある。それを考えると今年の出走馬の中で去年馬券になっていたこの馬のおかわりは十分考えられるだろう。

 

(7)キセキ

キセキに関してもアーモンドアイが優勝した2018年に世界記録を上回るタイムで2着となっているこのコースの巧者だろう。調教VTRを見たが非常に良い動きで仕上がっていた。現在43倍で7番人気と全然売れていないが2,3着に食い込むことは十分ありえる一頭と感じる。

 

購入馬券

2単勝

 

今年は大殺界だからぶっ込まないと決めていたのだがアーモンドアイにぶっ込めるのはこのレースが最後なのでぶっこむことにした。

これまで10戦連続で単勝1倍台だったのに無敗の三冠馬が2頭参戦してくれるおかげで2倍を超えるオッズが付きそうであり、まれに見る大チャンス到来と言ったところだろう。

 

3連単を買うならこのフォーメーションってのを別のブログで紹介してますので御覧ください。

 

馬キチです。

 

今週は3日間開催ということで土曜日は様子見!と思ったものの何故か気づくと3000円以上の金が消費されてしまっていました…。両メインで10番人気以下の馬が絡むなどかなり荒れ気味でしたね…。

軸はあってたんですけど…単勝で良かった…。

 

ってことで流れ的にこの3日間開催は荒れまくる気がします…。

 

マイルチャンピオンシップ2020の予想

本命

(4)グランアレグリア

安田記念ではアーモンドアイに完勝。短中距離では現在日本最強と言ってもいい馬だろう。阪神コースでも阪神カップも桜花賞も優勝。死角は見当たらない。

 

対抗

(8)インディチャンプ

昨年のマイル王。今年の安田記念でもグランアレグリア、アーモンドアイに次ぐ3着としっかりと結果を出している。メンバー的にみてもマイルなら優勝争いに入る馬だろう。

 

3番手

(14)サウンドキアラ

ヴィクトリアマイルではアーモンドアイには負けたものの2着を確保。前回は1400メートルで内馬場が荒れている不利な状況で死に枠に入ってしまい結果10着となってしまったが阪神コースでは阪神牝馬ステークスで優勝しており人気を落とした今回が買いのチャンス。

 

(13)タイセイビジョン

朝日杯FSではサリオスに次ぐ2着を確保、アーリントンカップでは1着と阪神芝1600メートルは得意中の得意。東京では結果が出ていないが阪神なら一発あってもおかしくはない馬と言えるだろう。

 

購入馬券

4,8二頭軸1,5,10以外全部

3連複にて

 

荒れる気がしてならないので手広く流したい。オッズが低いところはトリガミにならないように気をつけて買う。

今回はかなり実力が拮抗している感じがしていてケイアイノーテックカツジも2,3着に飛び込んできてもおかしくはないと思っている。大荒れの可能性はあるだろう。

 

 

馬キチです…。

 

オジュウチョウサンが負けてしまいましたね…悲しいです。

敗因は距離ですね。もっと長くないとオジュウチョウサンの良さが発揮できないと思います。次のG1はオッズが美味しくなりそうなので今回の分も稼ごうと思います。

 

エリザベス女王杯ですが今年は阪神ということで過去のデータは無視したほうがいいと思います。阪神の2200メートルと言えば、そう、宝塚記念です。

 

宝塚記念の特徴としては内回りで先行有利ということとピンク帽の異常な強さ。それを踏まえて予想すると良いでしょう。

 

エリザベス女王杯の予想

本命

(18)ラッキーライラック

ピンク帽に強い馬が入ったらむちゃくちゃ強いのが宝塚記念の特徴。そんな中この枠にラッキーライラックが入ったことで確証が持てました。一着はラッキーライラックで大丈夫でしょう。

 

対抗

(12)ウインマリリン

前目で競馬をできる馬と考えるとこの馬が上がります。3歳なので斤量も軽くスムーズに出られれば問題なく前に行ける馬です。ジョッキーもダービーでリオンリオンにまたがり積極的な逃げを打った横山武史騎手なので問題はなさそうです。

 

3番手

(6)ノームコア

阪神での実績はありませんが近親に宝塚記念優勝のクロノジェネシスがおり、この馬も問題なく走れそうです。安田記念では牡馬相手でもあわや3着というものすごい脚を見せており距離延長した札幌記念で優勝。2200に距離は伸びますがこのメンバーなら明らかに上位に入ると予想できます。

 

(2)サムシングジャスト

勝負服が鬼滅の刃の炭治郎の服に似てるからというオカルトで選びました。松山くんとのコンビでは最近5戦連続馬券圏内と相性がよく相手は強くなりますがハマれば2,3着に来てもおかしくはない一頭でしょう。

 

購入馬券

18→2,6,12

馬単で購入

 

正直3倍以上つくのなら単勝を買いたい気がする。2着3着は変な馬が突っ込んでくる可能性も捨てきれないし今年は阪神開催で過去のデータも使いづらい…ってことでもしかすると買わないという選択肢もあるかもしれない…。なぜならすでに今週7000円も土曜日にすっているのだから…。2000円は先週残った分だから今週5000円負けと言えなくもないが来週3日間開催で予算的に今週はこれ以上使う気にならん…。買うとしても500円までと考えると単勝も取り返せないので買う意味があまり感じられず馬単を100円ずつ買うことになるでしょう…。

 

馬キチです。

 

先週もブログの予想がバチコンとハマって本命・対抗・三番手・穴で4連単的中って感じでしたね。購入馬券も普通に当たってそんなに高くないですがプラスとなりました。

 

多めに買っとけって書いてあった買い目で当たってるのに多めに買ってなかったため、私はほぼプラマイゼロというか80円ほどマイナスでしたが…3連複960円とは…。

 

土曜日の競馬

今日はオジュウチョウサンの弟のコウキチョウサンが勝ちましたね。オジュウチョウサンファンとしては嬉しい限りです。

 

土曜日は荒れるレースが多くて中々馬券を取れず阪神のメインレースでやっと馬連ゲット…配当が33倍ついたのでなんとかプラスで終われましたがこれ外してたら日曜日一切馬券買えなくなるところでした…。

 

 

とまぁなんとか首の皮一枚つながって復活したので日曜日も元気に馬券を買っていきますよ!

 

アルゼンチン共和国杯の予想

本命

(8)サンレイポケット

前走の毎日王冠は見事な3着。8回連続で馬券に絡んでいる馬で調教でも自己ベストを出しているぐらい好調。左回りでの安定感もあり今回も3着以内に来る可能性が高いと見る。軸に選ぶならこの馬ということで本命とする。

 

対抗

(5)ユーキャンスマイル

G1レースでも度々掲示板に載るほどの実力馬であり、G2レースなら主役となる馬ではある。ただサンレイポケットと3キロのハンデさがあり、勝ち切るかどうかはわからない。

 

三番手

(12)メイショウテンゲン

この馬もG1レースで度々上位に来ている馬でG2レースなら十分馬券圏内に入ってきてもおかしくはない実力馬。立ち回り次第では優勝争いに参加してもおかしくはないだろう。

 

(10)サンアップルトン

中山でも勝っているが左回りの方が向いている馬だと感じる。2500メートルという距離も勝っている得意距離でハマれば優勝争いに参加できそうな穴馬だろう。

 

購入馬券

8ー5,6,710,12

馬連にて

5-8は安いので3倍プッシュで。

 

18のオーソリティは人気になっているが青葉賞差のない2着がヴァルコスで、ヴァルコスの成績を見ると青葉賞後3戦連続馬券に絡んでおらず、青葉賞で勝っているからと言って評価しづらい。今年の3歳は古馬戦であまりいい成績を残しておらず、ここは買わずに様子見。