初めまして。

テーマ:

お初にお目にかかります、衛星班1年のHです。

先日の雙峰祭では揚げパンを売ったり展示でcansatのリモコンを振り回したりしてました。もしかしたらお会いしたかもしれませんね。

今更の自己紹介となりましたが、STEPには5月の終わりから参加していました。

CADのシミュレーションに苦しんだり、能代の浸水したcansat実験場でスポンジを使って水を汲みだしたり、雙峰祭で展示するcansatの機体加工をしたりと、忙しく過ごしていたらいつの間にか2018年もあと2か月になってしまいました。やらなければならないことが積み重なってきていて冷や汗です。実は今もさぼってこの記事を書いています。脂汗です。今先輩に辛いお菓子を食べさせられました。もう何の汗かわかりませんね?

 

今年の衛星班は、人手不足で能代宇宙イベントに向けての開発を断念、大島の共同打ち上げにも参加しないことを決定したので、実際に制作したcansatをフィールドで走らせることはありませんでした。これまで衛星班をけん引してきた三年の先輩が引退されると、二年生のいない衛星班は私たち一年生が主体となって活動していくことになります。新入生が入ってくるまでに、cansat開発のノウハウを身に着けることが当座の目標です。

来年の能代宇宙イベントに皆さんを驚かせるようなミッションを引っ提げて参加できるように頑張ります。

またお会いしましょう。

お初にお目にかかります!

テーマ:

はじめまして!
STEP1年衛星班のN.Aです。
今日(2018/10/31)はハロウィンですね。

ブログが私の順だったということでかなり焦って書いております(汗

自己紹介で回っているようなので、軽く自己紹介をさせていただこうと思います!

私はSTEPの中の衛星班でソフトを書くという役割をさせていただいています。

ただですね、私はそれまでプログラミングについて学んだ事もなければ、おもちゃを解体した事もない。

つまり知識がゼロに等しかったんですね。


うーん。申し訳なさしかなかった!


STEPに入ってからもうすぐで5か月でしょうかね?

1から丁寧に教えて下さった先輩にはいくら感謝してもしきれないです。

来年は自分が1年生に教える立場になると思うので、まだまだ勉強しないとなぁと思っています。


という事で、私が話せる自己紹介はもう趣味についての話しかないですね(笑)

趣味は旅行です。正しくは、旅行が好きです。

神社巡りとか、自然の珍しいスポットとか、絶景とかが大好きです。

大抵は日帰り旅行なので日帰り温泉とか、日帰り登山とかしてるわけですが、大学在学中に白川郷(夏に)と札幌雪祭りに行ってみたいんですよね!

それから、今年は色々あって行けなかったのですが、STEPで秋田県能代市に行けるので来年こそはと、密かに楽しみにしています。

他にもどこかオススメの地域があったら教えて欲しいくらい旅行は好きですね。


ということで、私の話は以上になります。

ブログ見たよ!トリックオアトリート!!

って言っていただけたらその時持ってるお菓子をあげるかもしれません(笑)


最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

初めましての方は初めまして、お久しぶりの方はご無沙汰してます。機体班・エンジン班所属のNです。

さて、今回の記事は「第14回能代宇宙イベントでの打上ロケット」についてです。PMに代わって紹介しちゃうよ!(ちょうどいいタイミングで順番が回ってきた笑)

今年の能代のミッションは「STEP初の高度1km到達」です。今年の夏でSTEPも1km到達クラブの仲間入り!(もはやおまたせ?)

機体はこちらです。

機体は全長約1.8mとSTEPの中でも大型で、HyperTEK K240ハイブリッドロケットエンジンを用い、予想最高高度は1,477 mとこれまでの492 mという団体記録を大幅に塗り替える海打ち機体です。

飛翔中センサで取得したデータはロケット搭載のロガーに記録されますが、同時に無線で地上局にテレメトリデータ(ロケット本体で取得したデータ)を送信することで万一ロガーが破損してもデータ取得が可能です。

また、今回はパラ放出機構を新規開発しており、これまでの機構で問題の「重量」「整備性」を解決した機構となっています。この機構の実証実験も兼ねての打上となります、正常動作を祈るばかりです。(頼むからマジで動いてくれ)

高高度を目指すSTEPの打上は8/21(火)8:00予定です、ぜひ皆様応援のほどよろしくお願い致します!

天候により打上日程は変わる可能性がありますので、STEP公式ツイッターで確認頂ければ幸いです。

勝手にですが一人で厳島神社でミッション成功祈願をしてきました。多分あとは尽くすだけ。

 

…とまぁ、冒頭で誰じゃお前という方もおられるでしょう。実はこの記事は「新入生紹介」というリレー企画で書かせてもらってますので自己紹介を。

私は構造エネルギー工学専攻博士前期課程1年で、かつ他大から今年筑波大学大学院に入学した者です。電気推進と呼ばれる宇宙船のエンジンを研究分野としております。新入生には変わりないでしょ笑笑

そしてお気づきの方も居られるとは思いますが、前の大学でロケット製作していましたので、「新入生」より「中途採用」という立ち位置です笑(2,3年には扱いづらい気しかない…)

学生ロケット界隈から一度は研究のためにロケットから手を引いたつもりでいました。ですがやはり好きな事であり、今は何とか研究と両立出来る環境となったこともあり、新天地で復活してみました。

今後はSTEPのメンバーとして貢献出来ればと思っております。内外問わず皆様何卒宜しくお願いします。

はじめまして!!!

テーマ:
はじめまして〜電装班のK.Nです。1年生がブログを書き始めてから、3番目ですがこれまでの2人がしっかりと書いてくれた
おかげで、かなり緊張しながら言葉を選んでいます。(ブログが初めてという事の方が大きいと思いますが…) という事で、今までの2人に倣って、宇宙に興味を持ったきっかけを話したいと思います。

1番最初に"宇宙"の存在を知ったのが、3歳に読んだ幼児向けの教育本だったと思います。そこには、ロケットや向井千秋宇宙飛行士の写真が載っていたと思います。そんな中に、惑星の位置関係がかなりリアルなイラストがありました。しかし、ふと疑問に思った事がありました。それは、宇宙のイラストなので基本的に惑星以外は黒いのですが、何故か惑星達の下の空間が白く光って描かれているのです!ですが、流石に3歳にはこれがおかしいという事は分かりませんでしたが、何となく全く宇宙に詳しくない父に尋ねました。

俺「宇宙って何?」
父「空のずーっと先の世界だよ」
俺「はあ…じゃあ、宇宙の下(イラストの            白い部分を指差して)はどうなってる    の?」
父「あ〜、それね。それはブラックホールだよ。ブラックホール、知ってる?」  
俺(首を横に振る)
父「暗くて何でも吸い込んじゃうんだよ」
俺「何でも吸い込んじゃうんだったら、何で僕達は吸い込まれないの?あと、暗いんだったらなんでここ(イラストの問題の部分)が白いの?」
父「まぁ、そこら辺はお父さんにはよく分からないけど、なんかあるんだよ、そこには。」

という適当な事を言う父のおかげで、宇宙に興味を持ち始めたきっかけでした。(会話は15年も前の事なので、少なからず記憶がすり替わっているところがあると思いますが、実際にこんな会話をした事は覚えてます。)

それから宇宙以外に飛行機などにも興味を持ったのですが、とは言っても興味のある分野の本を読み漁ることもせず、ただ自分のやりたい事だけやって生きていました。しかし、中学校3年で地学?の授業があった時に教えてくれていた先生が分かりやすく、もう1度宇宙に興味を持たせてくれました。

それからは、自分の希望通りの進路にすすむことができました。(工シスに入ってから、やりたかった事は物理学類だったのかな?と思う時もありますが…)STEPは宇宙系合同新歓で初めて知り興味を持ったのですが、鳥人間との兼ね合いもあり入るつもりはありませんでした。しかし友達が入りたいと知り、「これはいいチャンスだ!」と思ってSTEPに入りました。(その友達は結局、入ると宣言した1週間後に辞めましたが…)なので、自分の事をよく知らない人もかなりいると思いますが、どうぞ仲良くして下さい。

と、横浜国立大学に向かっている間に打っていたら、そこそこいい感じになったのでこれで締めたいと思います。段々と、能代宇宙イベントが近づいてきていますね。絶対、無事に打ち上げ終えて楽しみましょう!分からない事もたくさんあると思いますが、ご指導宜しくお願いします!!

はじめまして!!

テーマ:
ブログ

はじめまして〜機体班1年のSです。

ブログというものを書くのが初めてで何を書けばいいのかよくわかりませんが、テーマは自由ということで、初回なので簡単な自己紹介的なものでも書こうと思います。

私は物理学類にいるのですが、物理に入ろうと思った1番の理由は宇宙理論を学びたいなと思ったからです。
宇宙に興味を持ったきっかけは、小学生の頃に見た1本の映画です。自分たちのいる宇宙が丸いガラスのようなものに閉じ込められていて、しかも同じようなものが複数存在し、それを誰かが管理している。というものでした。タイトルは忘れました。それを見た時は衝撃でしたね!宇宙ってどうなってるの!?と不思議でたまりませんでしたね!!

STEPに入ったのは、宇宙に興味があるということで、ロケットにも多少興味はありました。また、理工に入ったんだから工学にもふれてみたい、そして1番は友人に誘われたからですかね笑。

STEPに入ってみてですが、新しい経験ばかりでとても楽しいです!!地上燃焼試験だったり、次は能代もあるのでワクワクしてます!
ですが、まだまだ知識が足りず先輩方の話を聞いていると分からないことだらけで、自分がその話を理解できるようになれるかとても心配です…笑。勉強あるのみですね!

話は変わりますが、私は今テスト前でなかなか大変な状況にいます。物理学類は特に今の時期のテストが重いものばかりなので苦しいです。ですが!それを乗り越えたら夏休みが待っているのでがんばりますよー。大学生初の夏休み!期間が今までの学生時代より長いので大いに楽しみたい!!

書くことがなくなってきましたので、この辺で失礼しようと思います。
そういえば今週末は関東圏に台風が近づくそうなので、みなさん週末の外出は気をつけてくださいね〜

はじめまして!

テーマ:

はじめまして 機体班所属の応理1年のKです。

7月になり入学してから3ヶ月経ち、だいぶ大学生活にも慣れてきましたがこの大学は(無駄に笑)広いのでまだ大学内で迷ってしまうことが多いです。

 

さて、僕自身、ブログを書くのが初めてな上に今年の新入生の中でブログを書く順番が一番はじめで何をどう書けばいいのかわからないのでSTEPに入った理由を中心に書いていこうと思います。

宇宙に興味を持ち始めたのは小学生の時で父と一緒にNHKのBSプレミアムで放送している”コズミック フロント”(宇宙好きなら知っている人がいるのでは?)を見たときでした。まだ小学生なので知識はゼロに等しいくらいでしたが、「宇宙って面白そうだな」と感じたのを覚えています。中学生になり素粒子に興味を持ち始め、難しいことが書いてあるような宇宙雑誌(普通の中学生には到底理解できそうもない笑)を読んでながめていました。その後、高校1年の時に出会ったある宇宙漫画によって宇宙工学に興味を持ち、ロケットを作ってみたいなと思い始めました(じゃあなんで応理にいるの?・・・笑)。

僕の出身高校には宇宙エレベーターロケットなどを作っているロボット同好会という部活があり興味はあったのですが、結局小学生のころから続けていたサッカーを高校まで続けました。なので、大学生になったらロケットを作ってみたいなと思い、STEPに入りました。

 

僕の今までの生い立ち(?)はこの程度にしておいて・・・もうすぐ能代です!初めてなのでおもいっきり楽しみたいと思います!

 

これからも新入生が続きますが、たぶん僕よりもおもしろく素晴らしい話を書いてくれると思うのでそれに期待しつつ終わりにしたいと思います!

では、また!

最近の機体班の活動報告

テーマ:

こんにちは。工シス2年エネルギー主専攻、機体班シミュレーション担当のIです。

工シスの山場である2年の春ABが終わってとりあえず一息付いています。

最近の活動としては審査書を書いたり、機体製作などをおこなっているのですが、大先生ことシミュレーション担当のK君や先輩に頼りっぱなしなところがまだまだ多いので、これからは後輩に頼られるように頑張って行きたい今日このごろです。

 

そこで、今日は最近の機体班の現状について少し話したいと思います。

機体班は本新歓後から結局新入生が3人入り去年に引き続き賑やかな雰囲気で活動して居ます。そのお陰で、肝心の機体製作のほうも順調に進んでいて人員が余る時もあるぐらいです。2年生の我々は8月の能代を区切りに世代交代で、今度は我々が後輩の指導教育をしていく番なので、2年生で一丸となって回していけるようにがんばっていきたいです。

 

 

そしてなんとついに、、、、

 

 

今年度の機体のデザインが決まりました!!!

 

今年の機体もかっこよくデザインされているのででひ能代での打上げにご期待ください。

それでは最後に告知の方をさせて頂きます。

今週の7月8日に虹の広場で地上燃焼試験を行います。点火予定は午後2時を予定しております。当日は雨の予報が出ていますが現段階では実施予定です。当日中止する場合はtwitterのほうで告知致しますので、随時ご確認頂けると幸いです。

さて、次週からははまだ入学して間もない、初々しい1年生がブログを順番に更新していくのでぜひご期待下さい。それではこの辺で失礼させていただきます。

GUIツールキットQt

テーマ:

ご無沙汰しております、STEP電装班幽霊担当の加藤です。

8ヶ月ほど前の記事で、自己紹介のついでに去年の地上局アプリのスクリーンショットを載せていましたが、これの中身についてちょっとご紹介しようと思います。

 

地上局アプリの仕事は、無線モジュールからシリアルで送られてくる受信データをパースし、画面に見やすく表示しつつストレージにバックアップを保存することです。

これらの仕事のために、文字列処理、GUIの操作、OS機能へのアクセスが必要になります。

ここでQt(キュート)というフレームワークが登場します。

QtはC++でアプリケーションを書くためのフレームワークで、主にGUIを書くためのものなのですが、C++の標準ライブラリにない機能をいろいろ提供してくれるので、とても重宝します。シリアルポートの読み書きも、ファイルの操作も、全部Qt頼みで作ることができます。

雰囲気だけわかるように、コードの例をおいてみます。

 

シリアルポートを読むコードはこんな感じです(雰囲気だけなので、単体では動作しませんが。)

serial = new QSerialPort(this);
serial->setBaudRate(115200);
if (QSerialPortInfo::availablePorts.empty()) {
    ui->statusbar->showMessage("シリアルポートがありません");
} else {
    QString port = QSerialPortInfo::availablePorts().at(0).portName();
    serial->setPort(port);
    serial->open(QIODevice::ReadOnly);
}
while (serial->canReadLine()) {
    auto line = QString::fromUtf8(serial->readLine());
    qDebug() << line;
}

ログを吐き出すコードはこんな感じ。

QString path = QStandardPaths::writableLocation(QStandardPaths::HomeLocation) + "/step13";
if (!QDir(path).exists()) {
    QDir().mkpath(path);
}
QString fn = path + "/out.txt";
file = new QFile(fn, this);
if (!file->open(QIODevice::WriteOnly | QIODevice::Text)) {
    qDebug() << "failed to open backup file";
}

fileStream = new QTextStream(file);
// パケットが届いたとき
*fileStream << packet.raw_string << "\r\n";

まあ、そこそこ読み書きしやすいと思います。

もっとも、この例を見てもイベント駆動のプログラムの書き方はわからないんですが、まあQtはドキュメントが充実してるので、実際にプログラムを作りたい人はそっちを読んでください。

さらに、Qtはマルチプラットフォームなので、Qtで作ったアプリケーションはWindowsでもmacOSでもLinuxでもAndroidでも動作させることができます。

このようにとってもイケてるQtなんですが、唯一の欠点があります。それは、C++で書かれていることです。

電装班に入る人は必ずしもプログラマーではないので、至るところに罠が設置されたC++のコードは引き継ぎが不可能になってしまうのです。もっと早く気づくべきだった。

QtはPythonなどからも利用できるので、次回もアプリを作るとしたらPythonで作ると思います。

以上。

 

暑かったり寒かったり

テーマ:

こんにちは!機体班シミュレーション担当で、2年唯一の女子Uです。

今年は気温の寒暖差が大きかったですね。皆さん体調管理は大丈夫でしょうか。私はとても元気です。

最近は審査書を書いたりしているんですが、計算が合わなかったり何をしているのかわからなかったり(←おい)と大変です。新歓が終わって新入生が入りましたが、まだまだ先輩から教わることは多そうです汗

 

さて、新歓といえば、今年はなんと女の子が4人も入ってくれました!快挙!!

すごいことですよ!だって毎年1人とかですよ?去年とか能代で部屋1人で使ってたのが今年は1人じゃないってだけで本当に嬉しいです(*´▽`*)

 

ところでこのブログ、毎週メンバーで回して書いているのですがテーマは自由なんですよ。

実は私は工学系の学科ではなく地学系の学科に所属しています。そこで毎回思うことは

地学の認知度低すぎ

ということです。でもやっぱり日本という国に住んでいる以上、地学は必要不可欠だと思うんですよ。

というわけで、突然ですがジオパークについて少し語りたいと思います。

 

ジオパークとは簡単に言うと、地学(大地・地球)を気軽に、手軽に楽しめる場所のことです。

ジオパークでは地学的に面白い場所を「ジオサイト」として指定し、そこにある固有の生態系や人間活動などを保護し、観光や教育につなげる活動をしています。

現在日本には43か所の日本ジオパークがあり(意外と多い!)、そのうちの9箇所が世界ジオパークに登録されています。世界ジオパークというのは、ユネスコの定める基準によって認定された高品質のジオパークのことで、世界ジオパークになるのはめちゃくちゃ大変です。

ちなみに、関東では秩父ジオパークや箱根ジオパークなど7か所があり、我らが筑波山も筑波山地域ジオパークとして登録されています。また、近場では伊豆半島ジオパークが世界ジオパークに認定されています。

皆さんもぜひジオパークに行って、地学の魅力に触れてみてください!

 

次週は4年、電装班のKさんです。きっと私なんかよりためになる話を書いてくれると思います笑

お楽しみに

どうもどうも~

電装班ただ一人の2年、Y.H です。
プログラミングに関しては初心者の中の初心者で、何とか一端に書けるよう日々頑張っています(-_-;)

新入生も入って新体制が整いつつあるSTEP、ついに新入生の班分けが終わりました~
気になる電装班員は・・・・・・
二人!!!
いや~、0人じゃなくて本当に良かったです。
ただそれでも他の班に比べてやっぱり少ない。。。
なんでなんでしょうね~
ここから兼班してくれる1,2年生が出てくれることに期待大ですww
(特に2年は機体班とエンジン班にみんな入ってしまいボッチなんです。。。)

電装班に入ってくれた1年生には、これから長い間かけていろいろ電装班として使う知識を学んでいってもらいたいです。
とは言っても自分もまだまだ全然先輩のレベルに達していないのが現実(-_-;)
1年生に追い越されないように気を引き締めなおさなければ!!

来週の担当は機体班2年、Uさんです!
きっと私には思いつかないような面白い話をしてくれると思うので皆さん期待して待っていてください!!!