先月お会いしたHSC子育てラボの斎藤さんご家族

→HSC子育てラボの斎藤さんご家族とお会いしました!

 

 

HSCやその親御さんへ向けての書籍を作られるとのことで

本日よりクラウドファンディングのプロジェクトを開始されました。

 

 

「HSC」が認知され、サポーターが増えることで、

敏感な子が、安全・安心と感じられる学校(社会)にしたい!

 

どうしても学校や教育に合わないHSCの親子にとって、

学校に行かなくても幸せと感じられる安心材料をつくりたい!

 

〜プロジェクトページより一部抜粋〜

 

 

子育てラボのkokokakuさんは

このような思いで今回のプロジェクトをはじめられたとのことです。

 

クラウドファンディングの詳細はこちらよりご覧ください

 

 

わたしは学校が苦手と感じたことはありません。

→HSCにもさまざまな子がいる ー週刊誌のHSCの記事を読んで思うことー

 

わたし自身、集団を苦手とは感じない

外向的なHSPであることも大きな要因かもしれませんが

 

育った環境や、通っていた学校の環境、

学校に上がるまでの経験なども

大きく関係しているのかもしれません。

 

わたしにとって学校は友達に会える、楽しい場所でした。

 

とはいえ、

学校は刺激の多い場所です。

 

苦手とは感じなくても

人一倍敏感であることは

学校を苦手と感じる子と同じ。

 

帰ってきてからの口グセは「疲れた」でした。

 

ですが、

それでも苦手と感じたことはありませんでした。

 

なので

学校が苦手と感じる子の気持ちは

わたしにはわかりません。

 

でも

わたしもHSPの方々とお会いする中で

 

学校には行っていたけど、苦手だった

という方も少なからずいらして

 

わたし自身が苦手ではないので

敏感な子が全員そうだとは思いませんが

HSCの中には学校が苦手と感じる子は多くいて

 

認知が広がることで

その子自身や育てる親御さんの助けや参考に、

周囲の理解につながってほしい、と思い

微力ながら協力させていただきたいと思いました。

 

そして

 

学校が苦手と感じる子の

気持ちがわからないとは言いましたが

学校に絶対に行かなければならないという考えでもなく

 

他に選択肢があるのなら

あたりまえにその選択をできるようにもなってほしいと思っています。

 

 

クラウドファンディングの詳細はこちらよりご覧ください

 

 

特別扱いではなく

自分や世間のものさしで決めつけない目を!

 

わたしが不安に思うのは

 

HSC=学校が苦手、不登校

 

というイメージがついてしまうことと

 

敏感さを知った大人たちが

敏感な子を敏感に扱いすぎて特別扱いになってしまうこと。

 

 

人一倍敏感な子ではなくても

他の気質や他の理由によって学校を苦手と感じる子もいます。


人一倍敏感な子でも

苦手と感じる子は多くても

苦手と感じない子もいます。

 

学校が苦手というだけで

HSCだという決めつけになってしまうことは

レッテル貼りになっているだけだとわたしは思います。

 

ただ、

 

その子を知る

その子が自分を知る

 

そのひとつの選択肢として

「HSCという敏感な気質を持つ子がいる」

という認知の広がりは必要だと考えます。

 

 

そして

 

敏感な子を敏感に扱いすぎてしまうことは

HSCにとっては余計刺激になるとわたしは思うので

「敏感さ」を大げさに、特別に扱わないことも

とても大切なことだと思っています。

 

必要以上に傷つかないようにすることも

大切だと思うのですが、

 

傷ついた後に

傷ついても大丈夫なんだと思える、

そういったことを丁寧に教える、一緒に考えることが、

いちばん大切なんじゃないかな、とわたしは思うのです。

 

 

「敏感さ」というのは

つらいことを受け止められない「弱さ」なのではなく

受け止めるのに他の子より「多少時間がかかる」というだけのこと。

 

お子さまがHSCかもしれないとわかったとき

「この子は大丈夫なんだろうか」と

不安に思われた声もわたしのところに届くのですが

 

大丈夫です、

子どもはどんな子も平等に

たくさんの可能性を持っています。

 

 

敏感だからつらい思いをすると決めつけるのではなく

その子自身が何を感じ何を思うのか、に目を向けてほしいな、と思います。

 

 

kokokakuさんのブログには

そのヒントがたくさんあると思いますのでぜひ。

→HSC子育てラボ

 

 

そしてプロジェクトの応援

わたしも微力ながら参加させていただきます。

 

みなさんもご一緒にいかがですか?

 

クラウドファンディングの詳細はこちらよりご覧ください

 

 

丸お問い合わせ・メッセージ

 

丸Facebookページ HSPnavi

 

丸HSPnavi amebaownd

丸ますとも Twitter

 

HSCに関する書籍やネットの情報を見ていて思うこと

 

育てにくい

扱いづらい

 

よく見かける言葉ですが

 

これって

親目線の言葉だと思うので

HSC側からすると複雑な気持ちになります。

 

わたしは親になっていない子どもの目線のままなので

どうしても子どもの視点から感じてしまいます。

→HSC子育てラボの斎藤さんご家族とお会いしました!

 

 

自分に置き換えて想像してみてほしいんです。

 

もし自分が親に

育てにくい、扱いづらいと

言われたり思われていたと知ったら…

 

どんな気持ちになりますか?

 

わたしは想像しただけで

腹立たしさと悲しい気持ちが込み上げてきます。

 

そんなふうに思われていたんだ、

わたしは親にとって迷惑な存在だったんだ、と。

 

 

こう書きましたが、

わたしの母はわたしを育てにくいと思ったことはないそうです。

 

もちろん

しっかりとわかりやすい反抗期があって

 

いわゆる「いい子」ではありませんでしたので

大変な思いをしたとは思うのですが

育てにくいのとは違う、と言っていました。

※母はHSPではありません。

 

 

わたしの子どものころの詳細については

まだ書き途中でまとめきれていないのですが

 

赤ちゃんのころも必要以上に泣くこともなく

多少大きくなってからも外で泣き叫んだりすることもなかったそうです。

 

多くのHSCの情報にそう記されているので

HSC=よく泣く、と思われている方もいるかもしれませんが

 

HSCでもあまり泣かない子もいる

博士の書籍には記されていますので

 

よく泣くかどうかは

HSCであるかどうかの判断にはならないということです。

 

 

ですが

 

良いとか悪いとかではなく

HSCにももちろんよく泣く子もいて

 

HSCの場合は

かまってほしい!ではなくて

かまいすぎだよーべび⑤ということもある

 

刺激が強すぎたり

たくさんの情報で混乱していたりすることもある

 

それを知ってほしくて

わかりやすくするために

明橋先生の書籍には「よく泣く」と表記されているのだと

わたしは理解しました。

→よく泣く子=HSCではありません、でもHSCならではの理由があります

 

 

 

この明橋先生の書籍の中にも

「育てにくい子」は出てきます。

 

完全に当てはまるわけではありませんが、

わたしはどちらかというと

この「育てにくい」とされている子だったと思います。

 

書籍をご覧いただくとわかると思うのですが

「クソババア!!」と言っている子ですねははは

 

少しわたしのことを書きますね。

 

わたしはHSC(HSP)の中でも少数の

外向的なタイプで

→HSCにもさまざまな子がいる ー週刊誌のHSCの記事を読んで思うことー

 

ひといちばい敏感な子の中にも記されているのですが

感じたことを表に出すような子どもでした。

 

※外向的だから「クソババア」という子になるわけではありません。

※書籍には外向的な子は感じたことを表に出しやすいとあります。

 

つまり圧倒されはするのですが

圧倒され黙ってしまのではなく

 

圧倒されている状態を

はっきりと言葉や態度にして伝える

 

その様子が周囲にしてみたら

ワガママだったり、融通が利かない子だったり

問題行動に見てとれてしまうということです。

 

それで

 

普段からあれこれ考えていたり

細かなことに気づいたりしているものだから

親がグサッとくることを簡単に口にしたりするんですね。

 

「なんであんたはいつもそんなに偉そうなの!!」

 

と、母に本気でキレられていました。

 

 

でも、

 

相手が言われて嫌なことを言っていることは

本人も十分にわかっているんです。

 

自分の中で

つじつまが合わなくなってきていることも

十分にわかっているんです。

 

少なくともわたしはわかっていました。

 

人知れず、わたしってなんて嫌なヤツなんだろう…と

自分を責め後悔たっぷりで消えてなくなってしまいたくなります。

 

傷つくことをあえて言うなんてどれだけ性格悪いの⁈

後悔するなら言わなければいいのに、

と思うかもしれませんが

 

神経が高ぶりすぎているときは

「わかっているけど止められない状態」になります。

 

 

口達者なので

親も言い負かされないように対抗してくるのですが

 

言い合いながらいつも思っています

こうなるときは、

 

「もう無理しんどい、わかって」のサイン

 

しっかりとした口調で

しっかりとした内容を伝えるので

まさか圧倒されているなんて誰も思わないので

 

意地悪で言っている

この子は性格に問題があって言っている

 

そう思われるようなのですが、

 

大人が考える「圧倒されている状態」に当てはまらないだけで

誰よりも圧倒され疲弊しているんです。

 

 

おそらく誰もが

圧倒されている状態と聞くと

想像するのはおとなしく黙ってしまう様子だと思います。

 

HSCにはそういう子もいるし

わたしのような子もいるんです。

 

もっと言うなら

 

HSCであるかないか関係なく

どんな子もそうだと思うんです。

 

なぜなら

 

ひといちばい敏感な子は

圧倒されやすかったり

神経が高ぶりやすかったりしますが

 

それはなにも特別な反応ではなく

 

HSC(HSP)でなくても

人は誰しも自分の神経の最適な範囲を超えると

同じように圧倒され神経が高ぶるものだからです。

 

HSC(HSP)は

ひといちばい刺激を受け取っているので

その最適な範囲が狭い、というだけのことなのです。

 

 

HSPの発信をしていて

わたしが思いを強くしていることがあります。

 

それは

 

理解よりも

自分のものさしで決めつけないことが大事

 

ということ。

 

 

HSCとは関係ありませんが、

以前「みんなの学校」という映画を見て

そこで学んだことなのですが、

 

先入観で決めつけない

 

困った子や問題児なんていない

大人が問題にするから問題児になる

 

本当にそうだな、って思いました。

→「みんなの学校」失敗したらやり直す、安心安全な場所!

→"敏感であること"は"つらい"という決めつけは何を生む?

 

全国で自主上映されていますし

書籍もあるので見ていただきたい。

 

 

 

ここで学ぶのは

子どもというよりも大人の方だと思います。

 

なぜなら

 

子どもはそもそも正解を持っていない。

正解を求めているのも教えるのも大人なんです。

 

 

ここに「敏感さ」を

当てはめてみるとわかりやすいと思うのですが

 

みんなと同じであることが正解で

そうでないと心配、なんとかしないと、と判断している

大人や社会が問題なのです。

 

これは「敏感さ」だけでなく

どんなことにも当てはまると思うのですが

 

あえて正解で表現するのなら

"みんなちがってみんないい"世界では

そもそもどんな子であっても"正解"のはずなんです。

 

 

なので

 

「敏感さ」の理解というよりも

 

自分が基準を持ってしまっていないか?

自分のものさしで子どもを判断してしまっていないか?

自分が誰かと比べてしまってはいないか?

 

そこに視点を持ってみることも

とても大切なことなのでは?と思うのです。

 

 

HSCとひとことで言ってもいろいろな子がいます。

 

「敏感さ」がどう表に出るのかもそれぞれ。

 

 

「敏感さ」の認知が広がることは

とても嬉しいことだけど

 

それが返って

敏感な子は〇〇だからこうしないと、という

先入観になってしまっていないか

最近の情報を見ているととても不安になります。

 

 

「敏感さ」に敏感になってしまって

育てにくい、扱いづらいというイメージが当然になってしまったとき

 

それは新たなレッテルとしてHSCを苦しめることになります。

 

わたしはそれがとても怖いです。

 

 

先にあげた

わたしの神経が高ぶった末の行動も

 

何かの基準に当てはめたら

「なんでこの子はこうなの⁈」と腹が立ったり

 

"普通"はこんなこと言わないのに

何か問題があるんじゃないか、と不安になってしまう。

 

でも

 

親にとって問題に映る行動も

問題だと決めつけないで

その奥にあるわたしを見てほしいって思うんです。

 

 

子育てをしたことがないので

とても勝手なことを言っているのは承知しています。

 

でも

 

親目線からの情報だけでなく

子ども目線の情報も必要なのでは、と思いました。

 

「敏感さ」は

どうにかしないといけないものでも

不安になるものでもありません。

 

「敏感さ」ではなく

「その子本人」を見てほしいな、とわたしは思います。

 

 


 

 

来年5月12日(日)にはなりますが

わたしが活動に参加させていただいているチームで

「みんなの学校」の元校長先生を招いて

講演会と道徳の授業の開催を予定しています。

 

まだ会場などの詳細は決まっていませんが

ご興味のある方はご予定を空けておいてくださいね!

 

 

それに先駆けて

みんなの学校流の道徳の授業ができないかと

チームで動き出しました!

 

11月18日(日)13:30〜16:00@麹町区民館

みんなの学校流 子どもに見てもらう「大人の道徳(どう解く?)」の授業参観

 

親子参加も、大人だけでの参加ももちろんOK!

 

もしご興味がありましたら

詳細を覗いてみてくださいね!

 

 

丸お問い合わせ・メッセージ

 

丸Facebookページ HSPnavi

 

丸HSPnavi amebaownd

丸ますとも Twitter

 

先日の4回目の参加のようこさんのパワスポめぐり!

 

1回目の参加→浄化のパワースポット巡り

2回目の参加→自分だけではできないパワーチャージ ー都内パワスポめぐりー

 

今回は、根津・上野・浅草エリアを巡りました!

 

立ち寄ったパワースポットは…

根津神社

不忍池辨天堂

牛嶋神社

三囲神社

今戸神社

 

今回もたくさんめぐった!歩きました〜驚き

 

 

スタートは根津神社!

好きな神社さんのひとつです!

 

 

根津神社といえば

乙女稲荷へ続く千本鳥居ですよね〜鳥居

 

人がいないタイミングもあって

なかなかいい写真が撮れたのではないかとキラキラ4

 

 

みんなで記念撮影FM3A

 

写真撮影を

快く引き受けてくださったご夫婦がとてもステキではーと

 

ようこさんのパワスポめぐりツアーでは

こういった一瞬の出会いも心地いいから不思議です。

 

 

ランチは根津神社近くのお蕎麦屋さんのよし房 凛

 

 

どれも美味しそうだったんだけど

迷いに迷ってシンプルにせいろザルそば

 

しっかりしたお蕎麦ですっごく美味しかった!

 

次はさらにしっかり麺の田舎にしよう!って決めてます。

 

 

次は上野に移動して不忍池辨天堂

 

この日(10月4日)は己巳の日(つちのとみのひ)で

お金にご縁の良い日だったそうなんです。

 

なのでようこさんが辨天堂へ連れてきてくださったんですね〜

さすが!

 

 

しかも不忍池辨天堂では

初巳祭の法要をやっていて

 

さらに!

タイミングもよくて護摩法要の様子も

チラッと見ることができました。

 

これまた

ようこさんのパワスポめぐりでは

あえて狙って行っていないのに

タイミングがいい、ということがあるから不思議です。

 

 

次は、浅草に移動して牛嶋神社

 

 

神社庁のページ(→牛嶋神社)を

開いてくださるとわかると思うのですが

 

本殿前の鳥居が

先日(9月末)の台風で折れてしまったんです。

 

なので

近くの神社さんに立ち寄る前に

ご挨拶に立ち寄らせていただきました。

 

こちらのおみくじが可愛くて引かせていただいたのですが

大吉〜顔

 

 

干支の置物の中におみくじが入っていて(わたし酉年です)

可愛らしいですよねーハート

 

それよりも!

注目していただきたいのが…!

 

"待人 きます"

 

良いおみくじだったとしても

待人に関してはずっと

"遅くなるでしょう"だったので

 

いよいよくるらしい!!と

みんなに報告して盛り上がりました好き

 

 

次に向かったのは、三囲神社

 

 

この日は雨が降ったり止んだりのお天気だったのですが

ここは雨の似合う神社さんでしたかさ。キラキラ4

 

image

 

次は今戸神社に向かったのですが、

途中隅田川を横断!

 

わたしは生まれが隅田川沿いなので

今回のパワスポめぐりでは

今まで以上にパワーチャージができました!

 

image

 

お世辞にも綺麗な川とは言えないけど

やっぱり落ち着くcandy☆

 

 

で、今戸神社に到着!

 

image

 

縁結びの神社さんなので

さっき"待人きます"のおみくじを引いたわたしには

まさにぴったりの神社さん驚き

 

しかもここの招き猫はペアハート

 

image

 

かわいー好き

 

image

 

にゃんこがズラリ…cat*

このじょうろ欲しい…えへへ♪

 

ご縁よりにゃんこに気を取られたわたしですが、

きっと自分のタイミングで出会うものだと

なぜか思えた神社さんでした。

 

 

最後はビールで〆ビール

 

image

 

ケーキセットだったり

カレーだったり

みんな注文がバラバラ…笑

 

でもそれもOKなようこさんのパワスポめぐりは

本当に心地の良い時間です顔

 

今回もありがとうございました!

 

 

次回は12月13日(木)

いつもはクローズドで募集はされていないのですが

ようこさんのブログに参加ご希望の方は〜とあったので

よろしければ嬉しい

→都内パワスポ巡りお散歩会でした♡

 

 

丸HSPお茶会・イベントなど開催しています

 お茶会・イベント一覧

 

丸お問い合わせ・メッセージ

 

丸Facebookページ HSPnavi

 

丸HSPnavi amebaownd

丸ますとも Twitter