花七美月(旧グリーンハート)高山紅二子です🌸     

 

 

たくさんのブログの中からお読み頂き  

ありがとうございます😊    

エステティシャンとして35年、自己犠牲

を手放し、自己受容により、ゆるやかに

自分を生きることを決め、今までの人生

を書いています。🌺

 

 

幼少期の体験は、知らずにトラウマに 

なっていたと気付きました。😱   

 

そのときのお話をまとめました。 第1章幼少期 です

 

 

中学時代以降は、出来ない自分や、弱い 

自分を隠しながら、周りが求める人に 

なっていこうともがいていた時代でした。 

けれど何かが、おかしくなっていたのです。

 🤗💖     

 

 
 
 

前回のお話はこちらです。→#54   3回、家を出たのち私は存在しない子になりました  です。

 
 
🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
 
前回のお話は、私が実家から出て彼と暮らし
初めた時のお話でした。
 
私は、エステで仕事をする上で、あれだけ
母の言われ方に反発を持っていましたが、
今、思い出すと、自分がスタッフの育成で
同じような言い方をしていたのではないか?
と、これを書いていて、思い出していました。
 
当時の私は白か黒のどちらか?
これが、決められた事だから、こっちは
駄目、これが良し、でこれは駄目。など
グレーの事がなかなか受け入れられない
人でした。
でもきっちりと、決められた事をこなす。
などは、母が育ててくれたおかげだと、
しみじみ思います。
 
 
人は、自分が経験した事は、どんなに否定
していたとしても、自然と出来てしまったり
している。
 
けれど、自分がこうでありたいと、肯定する
事でも自分に経験のない事を始めるのは、
不安だらけです。
 
自分がどんなに頑張って、自分なりに、
生きてきた上での、人との関係性も、結局は
反発していた親との関係性の上で、同じよう
な事を自分も、繰り返していただけと、気づ
ました。
 
 
21歳までで、経験した、人との関係性、
感情、思考パターンなどは、その後の社会
生活の基礎になっている事は、間違いない事
なんだとこれを書いてしみじみ感じました。
 
 
どんなに否定していたとして
も、母の教えが、私自身の
基本になっている事は間違いな
いと、仕事をしていると、よく
わかりました。
 
今日もお付き合い頂きありがとうございます😊
 
 
 
 

次のお話はこちらです。→#56 20代の10年は、私が今の私として確立し始めた時です