花七美月(旧グリーンハート)高山紅二子です🌸     

 

 

たくさんのブログの中からお読み頂き  

ありがとうございます😊    

エステティシャンとして35年、自己犠牲

を手放し、自己受容により、ゆるやかに

自分を生きることを決め、今までの人生

を書いています。🌺

 

 

幼少期の体験は、知らずにトラウマに 

なっていたと気付きました。😱   

 

そのときのお話をまとめました。 第1章幼少期 です

 

 

中学時代以降は、出来ない自分や、弱い 

自分を隠しながら、周りが求める人に 

なっていこうともがいていた時代でした。 

けれど何かが、おかしくなっていたのです。

 🤗💖     

 

 
 
 
 
🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
 
前回のお話は、彼が離婚した後も、元奥様
と暮らし、生活の面倒を見ていたという、
お話でした。
 
しばらくその状態が続いていたのですが、
元奥様の姉妹の方が埼玉に居たのかな?
何か、冠婚葬祭があったらしく、奥様の
ご両親が上京してきて、離婚した事を
伝えたら、ご両親から、離婚した相手に
お世話になってるなんて、申し訳ないから
すぐ引越ししなさい。と言われたらしく
しばらくして、埼玉に引越しされました。
奥様というかたは、自分が、彼を追って来て
彼が東京の店の管理をする事になった時に、
彼女のご両親から、彼は、
娘に東京の店の管理を手伝わ
させるなら、せめて籍を、
入れてやって欲しい。と言われ
て、籍を入れたようです。
なので、彼が別れたいと言った
時は、すぐ別れる約束をして
いたそうです。
契約結婚ですか?
今思うと、彼女自身の思いは
どうだったのかな?って思い
ます。入籍も、離婚後の事も、
ご両親に言われての事。
彼女自身の意思はどうだった
のだろう。
 
元奥様は、彼が東京の店を退いて、それまで、
入っていた、保険も解約して、渡せるお金は
元奥様に全て渡してあげたようで、私には
ごめん、無一文になった‼️
と、報告を受けました。
 
この時も、私自身は、とりあえず仕事して
いるし、贅沢しなければ、何とかやって
いけるから。くらいにしか、感じていません
でした。
 
彼のほうが、使いたいだけ
お金を使っていた人が、
お金の無い生活が出来るの
かな?って思ったくらいです。
 
彼の事が収まり、しばらくは、落ち着いて
いましたが、私が、彼と暮らす事になるの
ですが、ここでまた親との事がおきるのです。
 
 
今日もお付き合いくださりありがとうございます😊
 
 
 

次のお話はこちらです。→#54 3回、家を出た後、私は存在しない子になりました