"クリスタルヴォイス"七色座裕美 (倍音朗読家) 聞くだけで、理想の未来を創造する声
  • 17Jul
    • ことばは肉体の周りにある、「目に見えないからだ」から発せられるんです

      こんにちは実現させる声・倍音クリスタルヴォイス七色ゆみです先週、言語造形朗読講座ムッティクラスが終了しました。受講生の皆さんが再受講となり、本当に感謝です。講座のご感想をいただきましたので一部ご紹介させてください受講中に、コトダマの源泉に触れたことに感動しているのが感じられてわたしはとっても嬉しいです「全く新しい世界のとびら」が開きましたー!まだまだ奥は深いですよー 声優・ナレーター業 女性*この講座をどんな方へ勧めたいですか? 声の仕事をしている人。  全然違うアプローチが学べて、良いと思います。 *受講して自分に起きた良い変化やできごと気付きなどありますか? 自分の楽な声が見つかりました。*印象に残っているレッスンはありますか? 「あー、さなんだあ」ノドが一気に楽になりました。学童保育員 朗読ボランティア 女性*この講座をどんな方へ勧めたいですか?  小さなお子さんと接する機会が多い方ーお父さんやお母さん、 幼稚園や保育園の教諭、小学校の先生方は、ぜひこの「世界」に触れて欲しいと思います。  それから、所属している朗読ボランティアの会員の方々には勧めたいなあ、と思いました。 新たな朗読の世界があるということを知っていただきたいと・・・。  *受講して自分に起きた良い変化やできごと気付きなどありますか?  目に見えない「ことばのからだ」を動かすことを 日頃から意識するようになったせいか、  自分の「言葉の力」を実感するようにもなりました。 その分、発する言葉に少し慎重になったような気もします。 聴覚が以前より敏感になったと思います。  この訓練をきちんと続けていけば、先生がおっしゃったように、 新たな聴く器官が開発されるという実感がありました。  また、「あー、さあなんだあ」は、自分とは価値観が違う人間でも 受け入れなくてはいけない状況のときにこうつぶやいてみると、 不思議と受け入れられるような気がしました。 *印象に残っているレッスンはありますか?  どれもこれもとても新鮮な「インプット」の仕方で、 ひとつのレッスンが特に記憶に残るというよりは、 とにかく「意識をとぎれさせない」ということの大切さを痛感しました。  あえていうならば、「あー、さあなんだあ」と「歩いてインプット」の中でも 自分の声を聴くというレッスンです。  すべてのレッスンに言えることだとは思いますが、 朗読だけでなく、 日常のあらゆる場面で活用できると思いました。進級は希望します!!ありがとうごさいます、

  • 11Jul
    • 声で自分メンテナスしよう

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみです全く新しい朗読メソッドをお伝えしています。私のレッスンには、ずっと朗読をしてきた方やお仕事で声を使われる方。声優さん。ナレーターさん。講師業の方。などいらしていただいてます。皆さん声との長いお付き合いのなかで一度も体験したことのない、声の出し方や、ありえないほど丁寧な物語とのかかわり方に最初は戸惑われます。でも一回レッスンを受けただけでも一皮むけたような声のメンテナンスを感じて、お仕事の疲れをとっていただいているようです。ヨガの先生もヨガよりもここのレッスン方の力が肩の力が抜けるんです声優さんも仕事で喉が張っていたのがレッスンでのどが楽になりました。などなど嬉しいお声をいただいています。声を出しながら緩むってすごく大切です。体操でゆるんでも声を出した途端固くなることが多くあってだから、声をだしながら全身がゆるむ。すると日常でもいつでも緩むことができるんですね人にも自分にも優しくなれます。このほかにもいろんなレッスンを有機的に構成して朗読レッスンをしています。だから私のメインのレッスンは6回コースになっています。6回の中で緻密なチューニングをして声やことばが変わる本当の自分に戻る過程を楽しんでいただきたいです。そして、それが定着するよう繰り返し受講されている方が多いです。私がシュタイナー言語芸術講師をしている伝わることば塾「ヴォルテ」では無料メール講座「シュタイナーが教えてくれた 本当の自分で楽しく生きる 7つのコツ」http://keiya.com/2153を発行しています。良かったら読んでみませんか?http://keiya.com/2153

  • 09Jul
    • 声が届くようになる秘訣

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみです声って、生まれつきで変わらないって思っていませんか?確かに指紋みたいに、声紋があるし、顔と同じくらい声はひとりひとり違うのですが、、誰でも声の位置さえ調えれば聞きごごちの良い声になれるんです。かすれていても小さくても大丈夫!がんばって、大きな声を出そうとするとかえって聞こえづらくなるんですね大きいけど耳にはいらない声もありますからね聞きかえされてやだなって、感じている人は私もそうなんだけど、、話し始めるまえにほんの1秒、相手の目を見て「あのね、」と始めるそれから話し始めると意識が先に相手に届くので聞き返されなくなりますよ。声を大きくするよりたった1秒の貯めの時間これで届く経験が自信につながると声も変わってきちゃうんです。意識があって、声はその上にのって外界にでていくのでいつもよりちょっとだけ相手に届けようって気持ちが声を届けてくるんです。私がシュタイナー言語芸術講師をしている伝わることば塾「ヴォルテ」では無料メール講座「シュタイナーが教えてくれた 本当の自分で楽しく生きる 7つのコツ」http://keiya.com/2153を発行しています。良かったら読んでみませんか?http://keiya.com/2153

  • 01Jul
    • 本当の自分の望みを取り戻そう

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみです私の離婚劇場が始まる時、最初に公的機関じゃなくて、有料の相談会社を訪れたんです。どうして、そこに行ったか忘れちゃったんですけど、とにかく始まりがそこからだったので紹介された弁護士さんがすご腕で、グイグイ私を泥沼から引き上げてくれましたこの頃、公的相談所の人が私を見て「やっぱり、高くても、ちゃんと弁護士さんにお願いするのがいいわね」って言ってくれました。「法テラス(弁護士さんの無料相談)に行ってる人は、辛い目にあったって泣くんだけど、なかなか、抜けられないのよね」って。あの時わたしが、高額なお金を払ったのは、「ここから抜けるぞ」っていう覚悟の現れだったと思います。あの時、行動していなければ、私は安心できない家で毎日を過ごして子供たちもそんな家で育ちそのまま、10年がただ流れていったのか、って思うとぶるぶるって身震いしちゃいますあの時の裁判費用は今となっては安いものかけがえのない時間をかけがえのない人生の一部を無駄にせずに済んだのですもの。私が弁護士さんからして頂いたように人生を少しでも楽に、楽しく生きるサポートを、したいと強く思います、もしもあなたが思うように人生を生きられないそう悩んでいたら、是非レッスンにいらしてください。声と意識のポジションニングであなたの本当の声を取り戻し本当の望みを思い出しましょう私がシュタイナー言語芸術講師をしている伝わることば「ヴォルテ」では無料メール講座「シュタイナーが教えてくれた 本当の自分で楽しく生きる 7つのコツ 」を発行しています。良かったら、読んでみませんか?http://keiya.com/2153

  • 18Jun
    • 輝きだせるのに、自分で邪魔してませんか?

      こんにちは朗読セラピー 七色ゆみです私は、目の前にいるお客様にはどんどん輝いてほしい、そう思ってレッスンしています。私の知覚を全部ひらいてここ!というポイント声と意識のポジションを修正するのですけど、、ここで変わることにやっぱりやだ!とご本人に抵抗があるとできません!!ってふてくされ始めちゃう人がめったにいないんですけど、いますわたしは、学ぶ環境をすごく大事にしているので正直いうと、そんな風に周りの方がどきどきするほど感情を無造作に放出してしまう方とは相性が 悪いかもしれません。なぜなら、自分を見つめることを拒否するだけでなくそれを周りのせいにしている方とはなかなか一緒に前へすすむことが難しいからですだから私は本気で自分に向き合いたい!本当の自分の輝きをとりもどしたい!そう思っている方とレッスンしたいなあと思っています。

  • 17Jun
    • 自分の声が好きになるプロセス

      こんにちは朗読セラピー 七色ゆみです受講前のお客様から「自分の声が好きじゃないんです」というご相談が時々あります。声が好きじゃないってずーっと気になりますよね。声は自分を相手に伝える道具ですからコミュニケーションも億劫になるしだんだん自分を否定したくなります。実は私も昔は自分の声が好きじゃなかったんですでもそれって本当のじぶんの声で話していないだけなんです。声を出すときの意識の位置を本来の場所にもどしていくと0ポジションここを知ると本当の自分の声を取り戻してそして自分の声が好きじゃなかったことも忘れてしまいます。自分の声が気にならないそんな場所に立つと楽にたのしく人と関われるので仕事もプライベートもどんどん楽しくなってきますそして、楽にたのしくご自分と関われるので内側から輝いてくるのです。

  • 12Jun
    • 二人三脚な仕事

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみですもともと、朗読や声を出すお仕事をしている方は、レッスンを受けると、「あー、なるほどー」と意識と声の関係を、わかってもらうのが、はやいのですが、たまに、できてはいるのに「わからないです」とおっしゃる方がいます。「わからない」ってショックなことですが実はこのセリフって2回目以降のレッスンで出てくるんです。無意識と顕在意識をつなげるレッスンをしていくと無意識の変化を身体は感じてるけど顕在意識はまだ予感してるだけそんな状態です。頭だけがついていけてない!のですねもしも予感もなく、身体もわかってなかったら、わからないことさえわからないのですから。言われた通りやってます、はい、できました。が1回目のレッスン。それが意識の軌跡が線でつながってくるとんっっ、、、なんか、、、でも、わからないっってジレンマがおこります。そんな受講生さんが、しばらくするとあー。「わかります!」って、セリフが増えてくるのですこういうのって二人三脚みたいで嬉しいんですよね

  • 10Jun
    • ことば の とびら

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみですはじめに ことば ありきこれ、確か聖書のことばです。ことばの音、とか、声には世界を創り出すほどのエネルギーが満ちていますそれはそれは壮大なエネルギーわたしは、時々その水先案内人になります受講生さんとレッスンしていて、その方がことばの世界の扉をご自分で開いたとき、私はとーっても嬉しいのです。お互いにわかりますあって!ね声も変わるしご本人もキラキラ輝きだします。秘密の扉はいくつもありますが、ひとつずつひとつずつ開けていくその瞬間その道のりにご一緒できることが楽しくて仕方ありません^_^私がシュタイナー言語芸術講師をしている伝わることば塾「ヴォルテ」では、無料のメール講座を発行しています「シュタイナーが教えてくれた 本当の自分で楽しく生きる 7つのコツ」読んでみませんか?http://keiya.com/2153

  • 09Jun
    • 国内バイリンガルって?

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみです。私は小学校を3つ通いました。同時にじゃなく、あたりまえか、、転校を2回しました。宮崎県から埼玉県へ移った時のこと給食当番をしていて、残ったおかずをまん中に寄せながら「これ、○○する?」て隣にいた子にきいたら?「えっ?なんていったの?」「○○する?」もう一度言うと「それ、どういう意味?」って聞かれました。自分は東京弁でしゃべってるつもりだったのですごーーーく驚いて、今でもその光景が目に焼き付いています。話した言葉はすっかり忘れてしまっているのですが隣の子が驚いて、でも優しく聞いてくれたその雰囲気がまだ残っているんです。当時の私は、母に言わせると東京行きの飛行機に乗ると、関東弁宮崎行の飛行機に乗ると、宮崎弁に瞬時にかわっていたそうです。国内バイリンガルですかね。転校って実はすごーく!きつくって大変なんですけど優しさにも触れられて良いこともあったなって思います。なにより、朗読って自分の声をどれだけ正確に聞けるかがすごく大事なので倍音朗読にとてもとても役立っているんだと思います

  • 05Jun
    • 声と心

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみです女性と男性、どちらが声が高いでしょう?友人の三線奏者いわく男性の方が声が高いんだそうです。沖縄の三線(じゃみせん)は、民謡の伴奏をするとき、唄い手の声の音域に合わせて調弦するそうですつまり、同じ歌でも歌い手によってド、レ、ミの音の高さが変わるのです。友人は「男の人は、声が高いから、キーあげるのよね。それでどうして、こうして、、、」って、なんか普通のこととして、話してました。三線の世界では、男性のほうが声が高いって常識みたいです。確かに、わたしのワークでも、女性の受講生さんが、ご自分本来の声に戻るとワントーン低くなる方が多いです。日本の女性は、周囲から可愛らしさを求められることが多く、女性は声が高いんでしょって外から求められていてご本人も思い込みとは知らず、無理して声が高くしてることが多いです。、声ってその人の魂の一部なので日々、声を無理して出していると日常の中でもいろんなことで必要以上にがんばるクセが付いちゃうんですそのうち、無理して頑張ることが本当の自分だなんて思い込んでしまう。。。。 そんなループから抜け出すために自分の本当の声を取り戻しましょう!!自分の声が知りたいという方そしてもっとすいすい楽に生きたいなという方いろんな レッスンご用意してます近々、お茶会も開催予定ですよかったら、遊びにいらしてください

  • 03Jun
    • こども部屋のドアって、開いてる?

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみです我が家は末の息子が4月で大学生になり家族が揃って家にいることも少なくなりました。みんな揃えばリビングに集っておしゃべりしています。そして、ひと時のにぎやかにタイムが終わると子ども達は各自の部屋に散って自分タイムとなりますそんな時子ども達の部屋のドアが開きっぱなしなんですよねそういえばママ友と、この話をしたことがないのでよそのお家もそうなのかしら??とか思いつつ母はむふふ❤と嬉しいです何かね。自立してるけど、つながってるみたいなちょうどいい距離感あと半年も経てば次女が一人暮らしを始めるのでこういう空気感もあとすこしだなあって少し寂しく思いながら今の我が家を楽しまなくちゃって過ごすこの頃です

    • 伝承とマニュアル

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみです私のしている言語芸術って実はシュタイナーから次々と伝承されてきたもので、教科書がないんです。私も20年学んできて、今はお伝えする立場となると何を教えているの?と聞かれて、えっとーと答えにつまることがあります。目の前に生徒さんがいるとほんの小さなアドバイスで本来の声を取り戻していくのを目の当りにするのですが、それってなにしてるの??ていうと、ことばにするのは以前はとても難しかったです。でも、レッスンをしていると私の口からポロポロと出てきます。私の中で感覚として堆積しているものがことばに結晶化することができるのは目の前にいる生徒さんのおかげです。自分の講座の録音をきいてそっかあって勉強していたりします。変ですね感覚がレッスンで実践されて、言葉という概念になり、その言葉を聞くことで、感覚が洗練されていく。この好循環で、レッスンが日々パワーアップしています!言葉と意識と身体のポジショニングがピタリと合うと、いろんなことが楽になりますよ(*^。^*)近々、お茶会を開催する予定です。よかったらご参加くださいね

  • 01Jun
    • ライブしよう

      こんにちは倍音朗読家 七色ゆみですここのところ言語芸術朗読をお教えする活動が続いて気がつけば自分のライブしてないです😓今年中には一度はしたい!ですライブ!そう思っていると、構成がぼちぼち湧いてきましたワクワクよかったら、遊びに来てくださいね。

    • ことばの輝き

      こんにちは倍音朗読家の 七色ゆみです。私が言語芸術朗読お仕事を始めたのはとある朗読コンテストで本選入賞、優秀賞をいただいたのがきっかけです。長いことある師匠について学び周りの人には語りが上手だねって言われてきてでも井の中かわず、にすぎないんだって自分のこと思っていました。ある日突然外に出たらどんなもんかしら、私?いつまで、うじうじ考えてないで自分を試してみようよって思えたんですね。と出てみたらあらら、門外の私でも本選でれちゃった!これ、いけるんじゃないっ?て自信がつきました。それからちょうどこの頃師匠の会で言語芸術のクラスを持つことになりました。生徒さんが本当の声を取り戻し美しくなっていくのが本当に嬉しくって、あらっ私の技術、眠らせてちゃもったいない!!って思ったりしたのですわたしには尊敬する師匠がいます。そのもとで、もう20年シュタイナ―の言語造形=言語芸術っていう修行をつんでおります。いつしか師匠の受講生の中でもアドバイスを求められる立場になりやがてアシスタントから、今ではクラスをもたせてもらってます。私ならではの、みなさんにお伝えできることそれは、、、私はシングルマザーで子育てをして仕事をしてそんな中でも芸術を作り上げることができる練習の仕方忙しくっても気に掛けることがいぱいあっても集中してひとつのことを成し遂げる裏ワザそんな秘訣もお伝えしていますこのお仕事をしていると、みなさんがぐんぐん朗読が上手になっていくことばがつなぐ人間関係も良くなっていく笑顔がますます輝いていくそんな姿をみられてとてもうれしいのです

  • 31May
    • もっと楽に自由に生きるためには

      こんにちは 朗読セラピスト 七色ゆみです。かれこれ10年ほど前のことになります。元夫との離婚調停に入る直前でした。たくさんのごたごたがありその頃の私はガラケーの着信音が鳴るたびに怖くてフルエテいました。弁護士さんからは「このままその家にいたら危険なので、引っ越しましょう」とアドバイスをいただきました。私も、ここを出るしかない!と思いました。この突然の引っ越しは子ども達を守るための決意でしたが、それでも「この家にずっと住めるとおもってた」と泣かれると辛かったです。このお家はそれまでの10年間、子ども達の成長を見守ってくれた家でした近所の子たちが毎日いっぱい来て遊んでいくような、ステキなお家でした。私たちはその家から逃げるように出て思い出も家具もたくさん置いてきてしましました。そして新しい住まいは古い、古いマンションで広さも前の半分です物も家族もひしめき合って暮らしました。ごちゃごちゃって感じです。それからは子どもも私も、友達を家に呼べなくなりました。すごく、しんどかったです。そんな折私の事情を知るお友達が「引っ越しおめでとう!」と、リボンのついた包みをくれました。「えっ1 おめでとうなのかな?」「うん。おめでとうだよ!」私は「そっか、、、」と、何度も小さくつぶやきました。(そうだ、私、抜け出せたんだ。がんばったんだ。望んでた通りになったんだ)ほっとして、ずっとこわばっていた顔がほぐれたのを感じました。包みをあけると木のスプーンでした。いろんなものを置いてきた私にはプレゼントも「おめでとう」のことばも。とても とても嬉しかったです。たったひと言にこめられた優しさ、思いやりがじんわりと心に染み入りました。言葉ってすごい!!言語芸術をしてると確かにそう思えます言語芸術をしていたから家族の声なき声を聴くことができた。飛び出す勇気が持てた。そう思います。あのままあそこにいたら、、きっと私もこどもたちも暗い、辛い 人生を歩み続けていたでしょう抜け出せた喜びそして、今の幸せを感じる言語芸術朗読でことばの源ことばが出る前の器そこを整えることで人との関わりがかわり人生が明るく輝きだしたのです、人と一緒にいることが楽しくなってきます、私も以前は職場で傷つくことがよくあったけど、今はそんなこともなくなりました。いっしょにいて気分が落ち着く楽しい気持ちになるといってもらえます。仕事も楽しいことだけ好きなことだけしていますが5年前に引っ越して、一軒家のとききより広いマンションに住むこともできました。今、自分が元気になって思います。いつのまにか傷ついてしまった人たち優しさで自分がつぶれてしまいそうな人たちがもっと楽に楽しく自由に生きるお手伝いをしたいとそう思います朗読セラピーや言語芸術朗読コースではあなたが本来の声を取り戻すレッスンをしています。そしてたくさん方にもっと楽しく、もっと楽に生きていけるそう実感してもらっています。

  • 29May
    • 不安を抱えた子におすすめの絵本

      こんにちは朗読セラピスト 七色ゆみです悲しい事件が続き皆さまも、心を痛めてらっしゃると思います。もしも。お子様が、不安になっているときには、音の響きのきれいな絵本を読んであげてください。そして、ハッピーエンドが絶対条件です!!「わたしのワンピース」「はしれ かもつたちの ぎょうれつ」「なにを たべてきたの」「とらた と まるた」なんかがおすすめです。ストーリーは、ないかあるいはさらっと日常に変化がおこるくらそんなはお話しです。感情が揺さぶられるようなおはなしは、少しの間避けた方が良いです。音の繰り返しの美しさがお子様を優しく包んでくれます。そして、毎日、同じお話を4週間読むこともおすすめします。そうすると、エーテル体(いのちの体)東洋では「気」のことですが守られるからです。エーテル体は28日周期で生まれ変わるので28日間、同じお話を聞くことでしっかりといのちにお話しが根づいてくれます。そうして、お子様の気持ちが落ち着いたら、「少し困難にあったあと、乗り越えて幸せになる」絵本やお話しを4週間読んであげてくださいね。「三びきの やぎの がらがらどん」「サムはぜったい わすれません」昔話もいいですね。きっと、ことだまがお子様を守ってくれます。なないろ

  • 27May
    • ほんとは、叱りたくないんです!--1

      こんにちは朗読セラピスト 七色ゆみです今日は「ことばと子育て」相談コーナー から紹介させていただきます。Q:2歳の男の子と3ヶ月の女の子のお母さんからのご質問    最近上の子が私をつねるんです。すごく痛くて。。    だめなことは、ダメって教えなくちゃって思って  そのたびに 叱るんですけど  一日に何回も叱ることになって    それもかわいそうだなって思うんです  どうしたら、良いかわからなくなっちゃって、、、A:今は妹さんが生まれたばかり、  気持ちがまだまだ落ち着かないことは  お母さんもわかっていて、  「かわいそうだな。ごめんね」    の気持ちと、  「きちんと育ててあげたい」    の気持ちの間で、お辛いご様子です。2つお伝えしました。1つは小さな子どもは、大人とはちがって、「行動してから、したことに気づく」ということです。大人ならば痛いことしよう と思ってから つねるけど小さい子はモヤモヤっとした気持ちからつねちゃってその後はっとする。という順番なのですね。まだ感情と意志の分離がきちんとできていないので自分でもどうにもならない。叱られても、怒られてもつねっちゃうんです。「その後はっとした顔してませんか?」とお聞きすると。「あ~。そうです。してます!」だから、もう少し気持ちが落ち着いて来れば大丈夫!!というお話しをしました。では、つねって、そのままでもいいの?いえいえ、さすがにシュタイナ―教育といえどそうはいきませんねただし、叱り方のこつがあります子どもの人格を否定せずにじょうずに叱るコツそれはまた明日お伝えしますねなないろ

  • 26May
    • 聞くと聴くと超感覚

      こんにちは朗読セラピスト 七色ゆみです聴覚って、色んなバリエーションがあるのご存知ですか?私は聴感覚って呼んでます。ダジャレかって??すみません。、そういえば人には眠っている天使の感覚器官が2万を超えて存在するというと話しを聞きました。そう。誰にでも五感の「聞く」を超えた「聴く」器官があると思うのです。私のレッスンでは皆さんが新たな聴く器官を作っていくというか使えるようにしていくお手伝いをしています。するとみんな 美しい声本当の声を取り戻していくのです。そして、私の方も皆さんの声や身体の動きを聴きとって、見てとってレッスンをアレンジして本当の声を導き出しているのです。。朗読セラピストというと、声を褒めていただくこともおおいのですが、大切なのは。声だけでなく、耳であり、目であり、これらを研ぎ澄ますのが私のお仕事で一番大切なことなのです^_^なないろ

  • 25May
    • 緑がみたい!

      こんにちは朗読セラピスト 七色ゆみです今日は土曜日!皆さん、いかがお過ごしですか?とてもホットな(気温がね)週末でしたね^_^😊私はまる一日、講座のお手伝いをしていました。そんな中、「休みの日ってなにしてるの?」そう、聞かれて、あらら、大変!!最近休日ってなかったなあと、気がつきました、いけませんねー笑笑前は、1日やすみがあれば、ひとりで高尾山登りに行ったりしてたのに常になんだかんだと家の中でお仕事してました。あかん、あかん。次の月曜日は休日に決めて緑のあるところに行ってみます^_^

  • 24May
    • ことばのとびら

      こんにちは朗読セラピスト 七色ゆみです私が講座をしていて、受講生さんが「言葉のとびら」を1つ開けた!と感じたられる時があります。抽象的でごめんなさい。。ひとつ例をあげるとある大きな講座のなかて群読のレッスンコーナーを持たせていただきました。私が講師で入るなんて知らなかった受講生さんの中でちょぴっと、やりづらさ(ごめんなさい)を感じつつ。3か月で6日間のお付き合いでした。最終日の講座の感想で「講座の中の群読、最初はやる意味あるのかなあって正直思ってたんですけど、今日、みんなで発表したときになんかこれすごいって!思ったんです!!」と感動しながら伝えてくださいました。言葉にはいろんな側面があって、そのひとつのとびらがここにもありました。群読をみんなで取り組んでお互いの間に生じるものがあります。それは、語っている時ではなく、実は言葉と言葉の間言葉の無いところに生まれるのです。芸術を通して言葉に触れて新しいとびらが開いたなあってそれはふるえるような体験です^_^私も感動しました「なんかわからないけど、すごい!!」という声は言の葉の魅力に触れて思わず出たことば。だと思うとそこに立ち会えたことがとっても嬉しいのです😃なないろ