Thousand Days

Thousand Days

さうざん-でいず【千日手】
1. 同一局面の繰り返し4回。先後入れ換えてやり直し。
2. 今時珍しく将棋に凝っている大学生の将棋系ブログ。
主に居飛車党過激派向けの序盤作戦を網羅している他、
雑学医学数学物理自転車チェス等とりとめのない話題も…

※大昔の前回
『78金』『69金』『68金型』…早繰り銀
『後手後手対裏繰り銀』…手損角換わり
『後手後手六手目94歩』…94歩早突き型
『青野式強制早繰り銀』…25歩早突き型
【角換わりの夢】…相腰掛け銀52金系統



今まで纏められずにいた、早繰り銀の基本定跡について書いてみる。

先手が①36歩を早くに突き、②後手95歩型腰掛け銀を警戒してくれば、
後手早繰り銀が有力になる…というのが現時点での私の仮説である。
(先手早繰り銀は対腰掛け銀よりむしろ相早繰り銀が課題となっている)

身も蓋もないが、はじめに後手早繰り銀の限界から本題に入っていく。



26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 78金 33銀 46歩 74歩
47銀 94歩 96歩 73銀 66歩…(甲)


64銀 56銀 75歩 65歩 76歩 64歩
77歩成 63歩成 78と 62歩…(甲1)
64銀 56銀 44銀 45歩 55銀 65歩
56銀 64歩 57銀不成 63歩成…(甲2)
64銀 56銀 54歩 68玉 62金 58金
73桂 36歩 81飛 37桂…(甲3)
75歩 同歩 64銀 74歩 72金 56銀
52王 65歩 75銀 55角…(甲4)
41王 56銀 84銀 36歩 75歩 48金
52金 37桂 31王 45桂…(甲5)



後手早繰り銀を確実に防ぐには、36歩まで省いて右銀を出ることになる。
65歩に55銀と出る足場が欲しいが、44銀は成立せず、54歩も突き難い。
後手番でさらに一手損して42金~32玉と囲う手が間に合うとも思えない。

青野先生っぽく小鬢が開いたまま84銀と後手棒銀にシフトしてみても、
基本的には75歩で攻めるフリだけしてじっと待つ地味な戦いになるし…
先手からの48金型単騎桂が早くてかつ厳しい。端攻めもスルーされる。

後手番でどうしても早繰り銀がしたければ、33金型などの工夫を要する。
(にっしー先生のブログが詳しい)



・後手棒銀対左玉 昔の模範演武
開始日時:1997/05/07 棋戦:名人戦
先手:谷川浩司 後手:羽生善治
▲7六歩 △8四歩 ▲7八金 △3二金 ▲6八銀 △3四歩 ▲7七角 △8五歩 ▲3八銀 △7二銀 ▲2六歩 △7七角成 ▲同 銀 △4二銀 ▲1六歩 △1四歩 ▲9六歩 △3三銀 ▲4六歩 △8三銀 ▲4七銀 △8四銀 ▲6六歩 △9四歩 ▲5八金 △4二王 ▲3六歩 △5二金 ▲3七桂 △7四歩 ▲2五歩 △7五歩 ▲6八玉 △6四歩 ▲5六銀 △3一玉 ▲4五桂 △4四銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2九飛 △3八角 ▲2五飛 △7六歩 ▲同 銀 △4九角成 ▲4七銀 △3九馬 ▲1五歩 △同 歩 ▲3五歩 △8六歩 ▲3四歩 △3六歩 ▲同 銀 △7五銀 ▲3三歩成 △同 桂 ▲同桂成 △7六銀 ▲3二成桂 △同 王 ▲3三歩 △同 銀 ▲2三飛成 △同 王 ▲4一角
まで69手で先手の勝ち


~~~~~~~~~~~~

現実には先手が36歩をすぐ突くことが多く、早繰り銀は案外実現可能。
(それでも、66歩~56銀を間に合わせないよう事前工作は要求される)
あと、長岡本『神速!』の主軸をなす69金型単騎桂…実は回避できる。



26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩…(乙)


24歩 同歩 同飛 86歩 同歩 75歩
同歩 33角 34飛 77角成…(乙1)
37桂 73銀 24歩 同歩 同飛 86歩
同歩 88歩 15角 41玉…(乙2)
37桂 73銀 78金 33銀 45桂 64角
46角 22銀 66歩 42玉…(乙3)
46歩 94歩 37桂 73銀 78金 64銀
24歩 同歩 同飛 35歩 47銀 36歩
同銀 35歩 47銀 25歩…(乙4)

78金 33銀 46歩 94歩…(丙)


具体的には「78金を見るまでは22銀型で踏ん張る」…の一点に尽きる。
飛車先を換えてきた瞬間に86歩~88歩か、86歩~75歩~33角を当て、
73銀が間に合えば(35歩を入れて来ようが来まいが)22銀引きで受かる。

ただ、本稿では46歩に94歩と突く世界観を採用したせいでややこしい。
46歩と37桂の後に78金を持ってこられた場合は例外的対応が必要で、
せっかく64銀と好所に据えたことだし(乙4)のように強く戦ってみたい。


~~~~~~~~~~~~

26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩…(乙)
78金 33銀 46歩 94歩…(丙)


47銀 95歩 37桂 64歩 48金 52金…(丙1)
96歩 73銀 47銀 64銀 56銀 75歩
同歩 同銀 24歩 同歩 25歩 76歩
88銀 64銀 24歩 同銀…(丙2)
37桂 73銀 45桂 44銀 24歩 同歩
同飛 23歩 29飛 64角 37角 35歩
38金 36歩 26角 33桂 同桂成 同銀…(丙3)

37桂 73銀 47銀 64銀…(丁)


73銀の前に94歩を突くのは、このタイミングが一番柔軟に指せるから。
62銀型で位を取れば腰掛け銀や右玉で位を生かす構想をとりやすく、
逆にすぐ96歩と受けてくれれば突き違いも継ぎ歩も無効化できる。

94歩に(47銀や66歩ならともかく)37桂だと95歩は突きづらいので…
さすがに73銀と形を決めて、この場合だけ45桂に44銀と繰り出す。
以下は64角が46歩取りと45銀~37角成の両狙いで、相当受けにくい。

(丙3)から47銀なら86歩がある。86同銀は 34桂 48角 46桂 28金 84銀、
86同歩は 85歩 同歩 同飛 86歩 25飛 27歩 45桂で、いずれも技あり。
従って先手はこの端歩をスルーしつつ、普通に組むよりなさそうだ。


~~~~~~~~~~~~

26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 78金 33銀
46歩 94歩…(丙)
37桂 73銀 47銀 64銀…(丁)


96歩 75歩 同歩 同銀 24歩 同歩
25歩 86歩 同歩 同銀 同銀 同飛
87歩 82飛 24歩 22歩…(丁1)
48金 95歩 56銀 62金 66歩 73桂
29飛 81飛 38角 54歩 65歩 55銀
同銀 同歩…(丁2)
48金 95歩 56銀 62金 66歩 73桂
45桂 44銀 24歩 同歩 同飛 23歩
34飛 42玉 51角 41玉 15角成 52金…(丁3)



94歩は、65歩の突き違いが成立する時期を待って73銀を出ようという手。
銀の進出と無関係な手が二手入れば(36歩+37桂or96歩)条件を満たす。
それと、後手番なので端の位を取ってだらだら待つための準備でもある。

(65歩対策の62金~73桂を間に合わせるため)47銀に64銀も仕方なく、
この瞬間96歩なら後手は仕掛ける。ただどう攻めても継ぎ歩が強敵。
本稿では44歩なし、54角なしの(丁1)を本線としたが…優劣はわからない。

48金型地下鉄飛車は一度組み上がると手強く、飛車先突破も難しい。
矢倉系統に囲っても一局ながら、結局は玉頭から攻められる羽目になる。
(甲3)と一見区別がつかないが、今度は中住居で防御に徹するのも有力。

単騎桂には常に44銀、34飛廻りには33桂(15角があれば41玉)のつもり。
38角~65歩に54歩~55銀で応じるため29飛までに81飛型の完成を急ぐ。


~~~~~~~~~~~~

先手早繰り銀なら78金を省略して『青野式強制早繰り銀』の形になるし、
(Automaticに攻撃を進めていけるので、実戦的にはものすごくおすすめ)
79玉まで囲っておけば少なくとも(甲1)みたいに即死することはそうない。

45歩に 34歩 同銀 37銀 33角と据える形は頻出で「標準形」と表記する。
正調先手早繰り銀だと熊先生の検討手順みたいに忙しく反撃もきつく、
今のところ先手がはっきり良くなる手順は見当たらない。(ない気もする)



・正調先手早繰り銀 標準形 平矢倉
開始日時:2018/11/26 棋戦:王将戦
先手:渡辺明 後手:豊島将之
▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7六歩 △3二金 ▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △3三銀 ▲3六歩 △6二銀 ▲3七銀 △6四歩 ▲6八玉 △6三銀 ▲7九玉 △5四銀 ▲4六銀 △4四歩 ▲3五歩 △4五歩 ▲3四歩 △同 銀 ▲3七銀 △3三角 ▲7八金 △7四歩 ▲5八金 △6二金 ▲6八金右 △7三桂 ▲3八飛 △7五歩 ▲同 歩 △6五桂 ▲2六銀 △4三銀左 ▲6六銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8一飛 ▲3四歩 △2二角 ▲3五銀 △7七歩 ▲8八金 △1四歩 ▲7四歩 △5五銀 ▲7七桂 △6六銀 ▲同 歩 △7六歩 ▲6五桂 △同 歩 ▲7三歩成 △同 金 ▲7四歩 △6七桂 ▲同 金 △6六歩 ▲6八金 △6七歩成 ▲同 金 △8八角成 ▲同 玉 △7七銀 ▲同 金 △同歩成 ▲同 玉 △7六歩 ▲同 玉 △7五歩 ▲7七玉 △6六金 ▲同 玉 △8七飛成 ▲6五角 △8六龍 ▲6七玉 △6六金 ▲5八玉 △6五金 ▲7三歩成 △8五角 ▲4八玉 △8九龍 ▲3九飛 △5八角成 ▲同 玉 △3九龍 ▲5二銀
まで99手で先手の勝ち


・手得先手早繰り銀 標準形 Bonanza囲い
開始日時:2019/01/19 棋戦:竜王戦
先手:長谷部浩平 後手:小山怜央
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △6二銀 ▲7七銀 △7四歩 ▲3六歩 △3二金 ▲2五歩 △3三銀 ▲6八玉 △6四歩 ▲7八玉 △6三銀 ▲3七銀 △4四歩 ▲4六銀 △5四銀 ▲3五歩 △4五歩 ▲3四歩 △同 銀 ▲3七銀 △3三角 ▲6八金 △6二金 ▲3八飛 △8四歩 ▲2六銀 △4三銀左 ▲5六歩 △7五歩 ▲同 歩 △7六歩 ▲8八銀 △8五歩 ▲3四歩 △2二角 ▲3五銀 △5二王 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △2三歩 ▲3三歩成 △同 桂 ▲5五歩 △6三銀 ▲3五銀 △8六歩 ▲同 歩 △7三桂 ▲1六角 △1四歩 ▲3四歩 △1五歩 ▲3三歩成 △同 金 ▲4四銀 △3四歩 ▲3三銀不成 △同 角 ▲3四角 △同 銀 ▲同 飛 △4二銀 ▲3二金 △5五角 ▲4二金 △同 王 ▲4四銀 △8八角成 ▲同 玉 △3二歩 ▲4三角 △8七歩 ▲7八玉 △3一銀 ▲3二飛成 △同 銀 ▲3四桂
まで85手で先手の勝ち


・手得先手早繰り銀 対右玉 52金66歩型
開始日時:2018/06/13 棋戦:順位戦
先手:千田翔太 後手:丸山忠久
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲2五歩 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲3八銀 △3三銀 ▲3六歩 △7四歩 ▲3七銀 △7二銀 ▲4六銀 △6四歩 ▲6八玉 △7三桂 ▲7八金 △6三銀 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀 △5二金 ▲3四歩 △2二銀 ▲7七銀 △8一飛 ▲9六歩 △9四歩 ▲5八金 △6二王 ▲6六歩 △8四歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △8五桂 ▲8八銀 △5五角 ▲4六角 △同 角 ▲同 歩 △3七歩 ▲2三歩 △3八歩成 ▲同 飛 △2三銀 ▲同銀成 △同 金 ▲2八飛 △2四歩 ▲8六歩 △3七歩 ▲8五歩 △3九角 ▲1八飛 △2七銀 ▲8四歩 △1八銀不成 ▲8五桂 △4二金 ▲8二銀 △3一飛 ▲7三桂成 △5二王 ▲6三成桂 △同 王 ▲1八香 △3八歩成 ▲3三銀 △5二王 ▲7三銀成 △3三金右 ▲同歩成 △同 飛 ▲6三成銀
まで77手で先手の勝ち


・手得先手早繰り銀 対右玉 52金66歩型
開始日時:2018/12/25 棋戦:順位戦
先手:広瀬章人 後手:糸谷哲郎
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △3二金 ▲2五歩 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △3三銀 ▲3六歩 △6二銀 ▲3七銀 △6四歩 ▲6八玉 △6三銀 ▲4六銀 △7四歩 ▲5八金右 △7三桂 ▲7七銀 △5二金 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀 △8一飛 ▲3四歩 △2二銀 ▲7八金 △6二王 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △2三歩 ▲3五銀 △8四歩 ▲6六歩 △9四歩 ▲9六歩 △8五歩 ▲7九玉 △3三歩 ▲4六歩 △3四歩 ▲同 銀 △4四歩 ▲5六角 △3三歩 ▲2五銀 △8四飛 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △5四銀 ▲6八金右 △4五歩 ▲3五銀 △5五角 ▲3八角 △4六歩 ▲3七歩 △6五歩 ▲5六歩 △6四角 ▲4四銀 △2七歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲同 歩 △6六歩 ▲6三歩 △同 王 ▲5五銀 △同 銀 ▲同 歩 △4七銀 ▲4九角 △4八銀成 ▲6五歩 △同 桂 ▲6六銀 △8六角 ▲6五銀 △8八歩 ▲8五歩 △8九歩成 ▲同 玉 △6八角成 ▲8四歩 △8八歩 ▲同 玉 △8七歩 ▲同 金 △7八金 ▲9八玉 △6四歩 ▲8三飛 △7三桂 ▲2四飛
まで99手で先手の勝ち


~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

後半は相早繰り銀。みんな生理的に大嫌いだからか体系化し難い。



26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 37銀 33銀
78金 94歩 46銀 73銀…(戊)


(己)…16歩速攻型
(庚)…79王反攻型
(辛)…58王中住居
(壬)…66歩筋違角



本稿では居玉で94歩と突く最も素直な後手早繰り銀に絞って調べる。
37銀に33銀以外の手を指して限界早繰り銀を目指す構想もあるが、
飛車先交換を許しても手数を稼げないしその歩が受けに利く。(83歩)

先手は78金をさぼって66歩や58金右に変えることもでき、後述する。
(62銀型で75歩~65角なら 78金 47角成 74角 57馬 66銀で馬が死ぬ)


~~~~~~~~~~~~

26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 37銀 33銀
78金 94歩 46銀 73銀…(戊)
16歩 64銀 35歩 同歩 同銀 86歩
同歩 85歩 24歩 同歩 同銀 55角
46角 同角 同歩 24銀 同飛 23歩
28飛 86歩…(己)


88歩 37歩…(己1)
84歩 47角 83銀 42飛 45角 62金…(己2)
83歩 同飛 84歩 同飛 66角 82飛
11角成 37銀…(己3)



相早繰り銀の根幹を成すのが、この相居玉の仕掛けと継ぎ歩の反撃。
(お互い玉を囲うと銀取り金取りが王手になるか寄せが速くなって死ぬ)
途中、55角を通して46角を打たせるやりとりが地味ながら重要である。

2019/06/18 阿部健-佐々勇(順位戦C1)の37銀捨てが発見されたため、
35歩に 同歩 同銀 55銀と優しく応じる旧定跡は不要になってしまった。
34歩には常に22銀と引いておいて、どこかで33歩の解消を狙えば良い。

16歩を69王に代えるのは、55角に46角と合わせられなくて純粋に損。
16歩を68王なら55角を利かさずに同様に進めて、88歩に今度は54角。
84歩も同飛と取り 66角 85飛 96銀 55角 同角 同飛 66銀 35飛で良い。


~~~~~~~~~~~~

26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 37銀 33銀
78金 94歩 46銀 73銀…(戊)
68王 64銀 79王 75歩 同歩 同銀
76歩 86歩 同歩 同銀 同銀 同飛
75角 76飛 53角成 88歩…(庚)


77桂 89歩成 同王 69角…(庚1)
同王 87歩 同金 79角 98王 86歩
同馬 同飛 同金 65角 87金 47角成
86飛 73桂 82飛成 41玉…(庚2)
同王 87歩 同金 79角 98王 86歩
同金 97角成 同王 79飛成 88飛 95歩
63馬 62歩 64馬 77銀…(庚3)



元々私は早繰り銀の支配する世界なんてまっぴらごめんなのだが、
2018年のWCSCではそれがほぼ実現していた。その原因がこの(庚)。
75角に82飛なら83歩~74銀以下上部を制圧されてこれは自信なし。

本手は馬を消す44角だが、八筋の三連続叩きが本型特有の攻め。
(序盤で95歩まで突けていれば本譜同様に進めて確実に後手が良い)
薄々何かが足りないような気はするものの…どの変化も際どい。

先手の立場からすると先攻させるので怖いが、有力な順ではある。


26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 37銀 33銀
78金 94歩 46銀 73銀…(戊)
68王 64銀 79王 95歩 35歩 同歩
同銀 75歩 同歩 96歩 同歩 86歩
同歩 98歩 同香 65角 88王 47角成…(庚')
34歩 22銀 58金 36馬 38飛 54馬…(庚'1)



75歩を95歩に代えるとさすがに先攻される(これ以上待てない)が、
そこで端歩が活きて75歩~96歩~86歩~98歩~65角の反撃が生じる。
34歩には44銀でも22銀でも難しい戦い。馬が手厚く、後手もやれる。


~~~~~~~~~~~~

26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 37銀 33銀
78金 94歩 46銀 73銀…(戊)
58王 64銀 38金 95歩 37桂 44歩
26飛 52金…(辛)


35歩 54角 34歩 同銀 36歩 45歩
35銀 同銀 同歩 44銀 36銀 43金右…(辛1)
35歩 54角 34歩 同銀 56角 33金
36歩 73桂…(辛2)
35歩 54角 56歩 35歩 55歩 43角
35銀 55銀 96歩 36歩 同飛 34歩
46銀 同銀 同飛 96歩…(辛3)
56歩 73桂 66歩 84飛 35歩 62玉…(辛4)



58王はこの戦型では数少ない「マイナスになりにくい手」なのだが、
あまりにもゆったりとし過ぎて95歩~筋違い角が間に合いかねない。
手の順列組み合わせも多く、唯一の正解には辿り着けそうもない。

2019/01/16 糸谷-阿久津(順位戦A級)の52金を、本線に据えておく。
35歩に54角、56歩には73桂が相手の動きを逆用して良い感じだが…
(辛3)の96歩が地獄から突き上げる好手で、形勢は全くわからない。

2019/03/05 糸谷-澤田(王座戦)では、52金の前に14歩と一手待った。
16歩なら 43角 35歩 54角と角でパスして飛車の横利きを残せば、
96歩に36歩を省いて即34歩と逐える。(24歩には 35歩 23歩成 25歩)


~~~~~~~~~~~~

26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 37銀 33銀
78金 94歩 46銀 73銀…(戊)
66歩 64銀…(壬)


16歩 75歩 同歩 同銀 24歩 同歩
25歩 76歩 68銀 86歩 同歩 同飛
87歩 84飛 25飛 35歩…(壬1)
56角 54歩 74角 52金 56角 55銀
同銀 同歩 67角 44歩 16歩 14歩
46銀 43金右 55銀 45銀…(壬2)



先手が66歩と突く形はelmo-AlphaZeroの百番指しに模範演武が多い。
(#51, #56, #59, #60, #63, #69, #75, #85, #89, #92)
こういう将棋では金矢倉に組むのが今なおゴールドスタンダードだ。

先手は先攻されると76歩~66銀の隙があって普通に損なだけなので、
56角~74角と歩を刈って後手の攻めを遅らせるが…さらに手損する。
後手は先手の手に乗って自然に盛り上がるだけで互角以上に戦える。

(壬2)の問題は、55銀に67角と引くと 46銀 同歩 47角と打たれること。
そこで序盤を頑張って78金を58金右にするのがelmo式の工夫である。


~~~~~~~~~~~~

26歩 84歩 25歩 32金 76歩 85歩
77角 34歩 68銀 77角成 同銀 22銀
48銀 62銀 36歩 74歩 37銀 33銀
66歩 94歩 46銀 73銀 58金右 64銀
56角 54歩 74角 52金 56角 55銀
67角 44歩…(癸)


35歩 同歩 34歩 22銀 68王 42玉
24歩 同歩 35銀 86歩 同歩 88歩
24銀 43金右 33歩成 同桂 37桂 34歩
23歩 31銀 35歩 45桂 同桂 同歩
34歩 89歩成 22歩成 同銀 33歩成 同銀
同銀成 同金寄 21飛成 88と 同銀 66銀
45角 65桂 34歩 43金寄…(癸1)

35桂 37角 48銀 64角成 43桂成 同玉
59王 37歩 67歩 86馬 68金打 55銀…(癸1a)
33銀 同金 同歩成 53玉 51龍 64玉
56桂 73玉 44桂 86飛 87歩 同飛成…(癸1b)




elmo-AlphaZero(#59, #60)で定跡化?された本譜は先手が忙しい。
35歩~34歩の楔は(44歩の直後の)このタイミングでしか入らないし、
42玉にもう一手緩むと36歩や43金右から厚みが完成して圧殺される。

(癸1)から35桂や33銀で素人目にはどう見ても寄っていそうなのだが、
よくよく考えてみると確かにあと一押し足りない気もしなくもない。
AlphaZeroが強すぎる。


…こうして見ていくと、相早繰り銀で96歩はほとんど得にならない。
(94歩と96歩の交換が入れば、手損角換わりへの誘導は有力かも)
手得の利を失いやすい戦型ながら、先手も工夫のし甲斐はあるか。



・(己3)
開始日時:2019/06/18 棋戦:順位戦
先手:阿部健治郎 後手:佐々木勇気
▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7六歩 △3二金 ▲7七角 △3四歩 ▲7八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △6二銀 ▲3六歩 △3三銀 ▲3七銀 △7四歩 ▲7八金 △7三銀 ▲4六銀 △9四歩 ▲1六歩 △6四銀 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀 △8六歩 ▲同 歩 △8五歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △5五角 ▲4六角 △同 角 ▲同 歩 △2四銀 ▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △8六歩 ▲8三歩 △同 飛 ▲8四歩 △同 飛 ▲6六角 △8二飛 ▲1一角成 △3七銀 ▲2五飛 △8七歩成 ▲8五香 △7八と ▲8二香成 △4七角 ▲3七桂 △2五角成 ▲同 桂 △4七金
まで60手で後手の勝ち


・(庚')
開始日時:1983/01/24 棋戦:連盟杯戦
先手:島朗 後手:青野照市
▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △8五歩 ▲2五歩 △3二金 ▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲7八金 △3三銀 ▲3八銀 △6二銀 ▲6八玉 △7四歩 ▲3六歩 △7三銀 ▲3七銀 △9四歩 ▲4六銀 △9五歩 ▲7九玉 △6四銀 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀 △7五歩 ▲同 歩 △9六歩 ▲7四角 △5四角 ▲2六飛 △7三歩 ▲5六角 △6五銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △5六銀 ▲3三銀不成 △同 桂 ▲2一飛成 △3一歩 ▲5六歩 △9七歩成 ▲同 香 △同香成 ▲同 桂 △8六歩 ▲同 歩 △8七銀 ▲5五香 △7八銀成 ▲同 玉 △9六角 ▲6八玉 △8七角左成 ▲5三香成 △4五桂
まで62手で後手の勝ち


・(辛1)
開始日時:2019/01/16 棋戦:順位戦
先手:糸谷哲郎 後手:阿久津主税
▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △3二金 ▲2五歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △3三銀 ▲3六歩 △6二銀 ▲3七銀 △7四歩 ▲7八金 △7三銀 ▲4六銀 △6四銀 ▲5八玉 △9四歩 ▲3八金 △9五歩 ▲3七桂 △4四歩 ▲2六飛 △5二金 ▲3五歩 △5四角 ▲3四歩 △同 銀 ▲3六歩 △4五歩 ▲3五銀 △同 銀 ▲同 歩 △4三金右 ▲2四歩 △1五銀 ▲5六飛 △2四銀 ▲6六銀 △3六歩 ▲同 飛 △4六歩 ▲4五銀 △同 角 ▲同 桂 △4四金 ▲4六飛 △3五銀 ▲7一角 △5二飛 ▲6五銀 △6二銀 ▲6四銀 △同 歩 ▲6二角成 △同 王 ▲4一銀 △4六銀 ▲5二銀成 △同 王 ▲8二飛 △6二銀 ▲8一飛成 △5七銀成 ▲同 玉 △7一銀打 ▲6八玉 △4九飛 ▲5九歩 △3七歩 ▲6三銀 △同 銀 ▲7一龍 △3八歩成 ▲4一角 △4三王 ▲3二角成 △同 王 ▲2一龍 △同 王 ▲2二銀
まで87手で先手の勝ち



・(辛')
開始日時:2019/03/05 棋戦:王座戦
先手:糸谷哲郎 後手:澤田真吾
▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △3二金 ▲2五歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △3三銀 ▲3六歩 △6二銀 ▲3七銀 △7四歩 ▲7八金 △7三銀 ▲4六銀 △6四銀 ▲5八玉 △9四歩 ▲3八金 △9五歩 ▲3七桂 △4四歩 ▲2六飛 △1四歩 ▲5六歩 △5二金 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀 △4三金右 ▲3六歩 △5四歩 ▲6六銀 △5五歩 ▲同 歩 △5六歩 ▲4六銀 △4二王 ▲3五歩 △8六歩 ▲同 歩 △7三桂 ▲7七桂 △8六飛 ▲8七歩 △7六飛 ▲7二角 △6五銀 ▲6八金 △6六銀 ▲同 歩 △6五桂 ▲6七銀 △7七飛成 ▲同 金 △同桂成 ▲6三角成 △3一王 ▲2九飛 △6八金 ▲4八玉 △6七成桂 ▲3九玉 △5七歩成 ▲2四歩 △同 銀 ▲同 飛 △同 歩 ▲2三歩 △4八と ▲同 金 △7九飛 ▲4九銀 △4二金引 ▲7二飛 △5六桂 ▲5七銀 △4八桂成 ▲同銀左 △4九飛成 ▲同 玉 △5八金 ▲3九玉 △4八金
まで90手で後手の勝ち
※本来の表紙『さうざんでいず』


チェスは精神的拷問。
Г.К.Каспаров




1. Nf3 Nf6 2. g3 g6
3. Bg2 Bg7 4. 0-0 0-0

…ここから始めるチェス。(昔書いた戦型紹介には出てこないが、非常によくある)
図面は白番で統一しており、原則白黒1手ずつ進む。

白も黒も同じ側にキャスリングすると、将棋でいう「対抗形」「ヨコの将棋」になる。
次はd4~c4~Nc3で中央を獲りにいくのが白番を活かす最も普通の指し方だと思う。

もしd5~c5(~Nc6)と先着されてもd4(~c4)と反撥して Reversed Grünfeld にできる。
黒番の有力戦法を白番で使えて一手得も大きく、少なくとも白が悪くなることはない。

King's Indian (Yugoslav / Panno / Gallagher): d6と低く構えてc筋やe筋で突っ張るか、
Grünfeld: d5でd筋を突っ張るか黒はほぼ二択だが…今回は後者に絞って調べてみる。


~~~~~~~~~~~~

5. d4 d5 6. c4 dxc4
7. Na3 Na6 8. Nxc4 c5
9. b3 +/=

まずは単純にc-Pawnを取れれば話は早いが若干筋悪で、
Na3~Nxc4のコースで味よく取り返されて (Ne5と居座られても追えないしで) 困る。
kNightの利きがあってb5も指せないので防ぐ手がない。

以降はdxc5とは取らずにBb2~Rc1と中央およびc筋を制圧して、少し白が良さげ。
(7. Na3 Nc6 8. Nxc4 Be6 9. b3 Bd5 10. Bb2 a5 11. Rc1...も白が十分やれていそう)


5. d4 d5 6. c4 dxc4
7. Na3 c3 8. bxc3 c5
9. Re1 Nc6 10. Bb2 Nd5
11. e4 +/=

どうせ取られるならとc3~c5でPawnの形を乱しにいくのが手筋で、これは難しい。
いつでもe4を突けるようRe1は指したいが、次にすぐe4だとBg4が気持ち悪すぎる。

一見悪形ながら先にBb2と捌いて待てば、白枡Bishopの出先に合わせて対応できる。
(10...Bg4にはh3 / Be6はe4 / Bf4ならd5~e4のつもり)
10...Ne4もQc2~e3と受けてどうということはない。


~~~~~~~~~~~~

1. Nf3 Nf6 2. g3 g6
3. Bg2 Bg7 4. 0-0 0-0
5. d4 d5 6. c4 c5

次は完全真似将棋で対抗してみる。
これには 7. dxc5とQueenの利きを通しつつ外向きにPawnを取るのが最善だと思うが、
対称形だし黒の反応も色々あるしで順を追って考える。


7. dxc5 dxc4 8. Nc3 Nc6
9. Qa4 Qa5 10. Qxa5 Nxa5
11. Rd1 +/=

Qxd8にはRxd8の取り返しが幸便、Bishop出もkNightに狙われるし大変かと思いきや…
Queenを端に出て先に取ることで対称形を崩すQa4~Qxa5があった。

零手で黒のkNightを僻地a5に飛ばし、Nc6と一手掛けて戻ってくれば手得が増幅する。
しかもRookが先着1名様?の急所d筋に行けており、これは白がうまいことやっている。

なお黒がNc6を省いて先に8...Qa5なら、堂々とQd4~Qxc4(~Qh4~Bh6)が成立する。
(ただし限りなく互角に近い)


7. dxc5 Nc6 8. Nc3 d4
9. Nb5 e5 10. Nd2 Nd7
11. Ne4 +/=

抵抗案そのに。
素直に取り返さず、Nc6~d4と力強く突き出してみる。
(なお 8...e6で下から受けるのはBf4~Bd6と侵入される隙を生じており却って危ない)

しかし今度はNc3~Nb5と裏側から数を足す手がある。
真の狙いはNd6の潜入制圧で、Nd7でもNe8でもNd2~Ne4の増援もあって受からない。


7. dxc5 Nc6 8. Nc3 d4
9. Nb5 Nh5 10. e3 dxe3
11. Bxe3 Bxb2 12. Qxd8 Rxd8
13. Rad1 +/=

d-Pawnを守るもうひとつの手段はNh5だが、これには展開の遅れを衝く大捌きがある。
Rad1とd筋に先着すれば、Nc7でBe6を、Nfd4でBf5を封じており黒は手に窮している。


7. dxc5 Na6 8. Nc3 dxc4
9. Qa4 Nxc5 10. Qxc4 b6
11. Rd1 Qe8 12. Be3 Bb7

抵抗案そのさん。Na6~Nxc5とPawnを取り返せばすぐ手損はしない。しないのだが…
今度は白にQxc4~Be3とkNightを攻めてこられて困る。


13. Bxc5 Rc8 14. Qa4 Qxa4
15. Nxa4 bxc4 16. Rac1 Ne4
17. Nd2 +/=

…手順が長くなってしまった。
黒はRc8と受けの手筋で抵抗するものの、いかんせん白の駒の方が良く働いている。


~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

1. Nf3 Nf6 2. g3 g6
3. Bg2 Bg7 4. 0-0 0-0
5. d4 d5 6. c4 c6

結局のところ、c6と一旦下手に出るのが最有力らしい。
向こうからcxd4と取らせれば、同形鏡戦法を再開できる。(Pawn取りを保留する順は後述)

以降は 6...c6の局面を基本図に改めて、進めていく。
なお、ここまでの手順は全く違うが純正の Grünfeld defense でも全く同じ局面になる。
(1. d4 Nf6 2. c4 g6 3. g3 c6 4. Bg2 d5...)


~~~~~~~~~~~~

7. cxd5 cxd5 8. Nc3 Nc6

この戦型、黒はバランスを保つためある程度は真似将棋風に指さざるを得ないのだが…
このNc6のところではNe4と動くべきという説もある。
しかしまずはどう見ても自然なNc6から調べてみたい。


9. Ne5 Ne4 10. Nxc6 Nxc3
11. Nxe7† Qxe7 12. bxc3 Be6
13. Qb3 +/-

Ne5にNe4から一直線の取り合いは流石に後手無理で、
上記の手順…所謂「投げ捨てコンビネーション」があって純粋なPawn損になる。
(もっと派手派手しく勝つ長い手順もあるが割愛する)


9. Ne5 Ne4 10. Nxc6 bxc6
11. Nxe4 dxe4 12. Be3 Bf5
13. Rc1 +/=

結局bxc6と手を戻すよりないのだが、このPawnが弱いため以降も苦労が絶えない。


9. Ne5 Bf5 10. Be3 Qb6
11. Nxc6 +/=

Bf5はNh4と当てられなくなった好所好機に駒を活用しRc8を作っていかにも自然な手。
白はd-Pawnが弱い。黒は現状b筋とd筋が弱く、Nxc6を利かすとc筋が弱くなるので…

Be3と単に守って次にQb3を見せ、Qb6ならNxc6でどちらの弱点を残すか見て動く。
(Qxc6ならQb3やkNightを外すBg5が、bxc6ならNa4~Rc1がそれぞれ有力だと思う)

e6はh3やf3でBishopが狭くなる。Ng4 Nxg4 Bxg4にはBxd5~Bxc6が正解で受かる。


~~~~~~~~~~~~

7. cxd5 cxd5 8. Nc3 e6
9. Ne5 Nfd7 10. f4 Nxe5
11. fxe5 Nc6 12. e4 dxe4

e6は一見弱気なようだが、dPawnを固めてNe5にNfd7とぶつける準備になっている。
白もフィアンケットの形を活かしてf4で支え、e4と突き捨てるのが捌きの筋である。

大決戦を避けるなら 11. dxe5 Qb6 12. Kh1...や 10. e4 dxe4 11. Nxe4 Nxe5 12. dxe5...
などの変化が考えられ、別段それで悪い気もしない。


13. Be3 f5 14. exf6e.p. Rxf6
15. Nxe4 Rxf1† 16. Qxf1 Bxd4
17. Bxd4 Nxd4 18. Re1 e5

16...Nxd4は悪手で 17. Rd1 e5 18. Ng5が炸裂して死ぬ。
(1-0 Kasparov - Nunn, Brussels 1986)

本譜は最善の応酬のひとつで既に引き分け模様らしいが…私の力ではよくわからない。


~~~~~~~~~~~~

7. cxd5 cxd5 8. Nc3 Ne4

黒が確実に互角のワカレを得るには、Nc3~Ne5(~f4)の駒組みを妨害した方が良い。
状況にもよるが具体的にはNe5にNfd7やNg4で駒をぶつけるか、逆にNe4と出るか。



9. Nxe4 dxe4 10. Ne5 Qd5
11. Be3 Nd7 12. Qc2 Nxe5
13. Bxe4 Qc4 14. dxe5 Qxc2
15. Bxc2 Bxe5 16. Be4 Be6

(1/2-1/2 Kosyev - Yandemirov, St Petersburg 2001)

…見るからに互角の形となった。黒は何だかんだで対称性を保てそうな気がする。


9. Ne5 Nxc3 10. bxc3 Nc6
11. Nxc6 bxc6 12. Qa4.Qb6
13. Ba3 Qa6 14. Qxa6 Bxa6

Nc3~Ne5だと白のc筋も薄くできる。ここまで削れば同形にしてバランスを保てる。
…以降もRfb1やRfe1で戦いは続くが、黒は慎重に指せば引き分けに持ち込めそう。


~~~~~~~~~~~~

7. cxd5 cxd5 8. Ne5 Ne4

なおNc3を省くとd5のPawnに圧力が掛からないので…
9. Nd2や 9. f4にNd7と跳ぶ手が通る。後にNdf6やNb6と活用しやすく、大変良い形。

結局 9. Nc3より良い手がないので前述の変化に合流して、引き分け模様に落ち着く。


~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

1. Nf3 Nf6 2. g3 g6
3. Bg2 Bg7 4. 0-0 0-0
5. d4 d5 6. c4 c6
7. Nc3 dxc4 8. e4 b5

7.cxd5とc-Pawnをすぐ換えるのは、上述の手順で引き分けやすそうな雰囲気だった。
中央の形を保つなら Nc3, Na3, Nbd2, b3, Qb3などがあり、中でもNc3は最も積極的。

…しかしいくら中央に位を張っているとはいっても、
Pawn損を取り返せないのはさすがにどうなんだろう。
8. Ne5とこちらからPawnを取りに行くのもd4が薄くなるため、8...Ng4の督促が厳しい。


9. Re1 Na6 10. Ne5 Bb7
11. a4 Nc7 12. Be3 Qc8

概ね互角とはいえ、今までとは逆でむしろ全体的に黒が押し気味で戦えている気がする。
勝ちにいくなら 11. a4 b4 12. Nb1 Ne8 13. Nxc4 Bxd4 14. Bh6 Nc5! という順はあるらしい。


~~~~~~~~~~~~

7. Na3 Bf5 8. Bf4 Be4
9. Rc1 Bbd7 10. Qd2 Re8


Na3は中央を遮らずにc4を守った手だが、中央に利かないのでBf5~Be4と構えたい。
PawnでもkNightでも追われる心配がないし、白枡Bishop同士の交換は黒歓迎である。


~~~~~~~~~~~~

7. Nbd2 a5 8. b3 a4
9. Bb2 Ne4 10. bxa4 Nc5

Nbd2はc4を手堅く守った手で、放っておくと次のb3突きが強力になってしまう。
これには普通の展開の手も有力そうだが、個人的にはa5~a4で一間飛車を指したい。

bxa4と取っても白に支える力はないのでQa5からすぐ回収できるし、捨てても良い。
そしてBb2にNe4と出るのが急所。次のa3が厳しく、Nxe4 fxe4 Ne5もf6で即死ぬ。

Bishopの透過性が亢進しているため、Ne4の後はc5やNc5みたいな技もよく掛かる。


~~~~~~~~~~~~

7. b3 dxc4 8. bxc4 c5

即座にb3を突かれた際の対応は「dxc4~c5で間接的にRookの小鬢を睨み、Bb2にQb6」
…これしかない。



9. e3 Nc6 10. Bb2 Qb6
11. Qe2 cxd4 12. exd4 Bg4

中央の白Pawnは迫力があるもののこれでほぼ互角か。
以下は例えば 13. d5で押し潰されてしまいそうだが、
カウンター含みの 13...e5でバランスを保てている。(平和的に 13...Na5でも多分大丈夫)


9. Bb2 cxd4 10. Nxd4 Qb6
11. Qb3 Nfd7 12. e3 e5

単にBb2~Qb3なら、Nfd7~e5と先手先手で利かせて白は少なくとも先番の利を失う。
11. Qc1 Rd8も互角に戦えていそう。次のNe4を防がれても、Na6と味良く活用できる。


~~~~~~~~~~~~

7. Qb3 Qb6 8. Nc3 Rd8

Qb3はプロ好み(?)の応対だが、黒もQb6と応じて一触即発にするのがこの場合の形。

Qxb6 axb6 cxd5 Nxd5...はb6に特段の攻めがなく、Rookの道も開けてむしろ有難い。
c5は Qxb3 axb3 Na6...で、白からb4~b5とほぐされさえしなければ何の不安もない。

8. Nc3が恐らく最善。多分引き分けになるのだろうが白の手段も多くてわからない。
ただ(h3など)黙っていればBe6でc5を突かせてNfd7~f6~Bf7~e5を狙ったりできる。


~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

5. d4 d5 6. c4 Nc6
7. cxd5 Nxd5 8. e4 Nb6
9. d5 Na5 10. Nc3 c6
11. Bf4 ∞

本稿では 6...c6を本線としたため紹介しそびれたが、
むしろNc6~Nxd5~Nb6とkNightを並べるのがGrünfeld本来の駒運びでこれも有力。
e4~d5の中央制圧にはNa5~c6の反撥を用意している。

白には 10. Qe1などkNightに当てて動く変化もあれば、
e3の途中下車もありむしろそれが本線。(黒がe5で脇を上げた瞬間、e4と突き直す)
ただ肝心の中央が手薄なため、良くできるかは怪しい。

7. Nbd2 a5 8. b3 a4 9. Bb2 Ne4...は恐らく互角だが、
7. Na3 Bf5 8. Ne5 Be6 9. b3...は個人的に有力だと思う。
(途中dxc4と取ってくれれば本稿冒頭の順に合流できる)


~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

(p.s. '19/04/27)

1. Nf3 Nf6 2. g3 g6
3. Bg2 Bg7 4. 0-0 c5

本来の基本図は 4...0-0だったが、d4を待ち構える 4...c5の構えもまた大変手強い。
c3~d4と下手に出るのは白番としてどうかと思うし、
d3も本稿と異なる世界観を要求されるため割愛する。

この順を避けるならd4かc4を急ぐべきかもしれない。
4. d4 c5に 5. dxc5 Qa5†や 5.d5 b5を白不満と見れば、
5. c4 d5 6. Nc3 0-0. 7. dxc5 Qa5...辺りが相場だろう。


5. d4 cxd4 6. Nxd4 d5
7. c4 0-0 8. cxd5 Nxd5
9. Nc3 Nb6 10. e3 Nc6
11. Nxc6 bxc6 12. Bxc6 Rb8

d4を即取れるのが今までの変化群との大きな違いで、
白kNightの着地点となり得るNc6を省いたのも工夫。
白は結局後でc4を突くよりなく、対称性は保たれる。

cxd5を省くとdxc4やe5~d4で黒のd-Pawnが生還してしまうため、本譜はほぼ必然。
結果図は白のPawn得だが、Be6~Nc4でb筋の圧力が絶大となるため黒も悪くない。


5. c4 d5 6. d4 cxd4
7. cxd5 Nxd5 8. Nxd4 0-0

c4なら(Nc3が来る前に)すぐd5と突っ掛けてしまって、d4は例によって即取って…
前図と同じ先後同形に合流させてしまえば問題ない。

黒はQa4†さえ炸裂させなければ0-0を保留できるが、
流石にBg7まで省くとQxd4がRook当たりになって死ぬので本譜のタイミングが適当。


5. c4 d5 6. cxd5 Nxd5
7. Qa4† Nc6 8. Qc4 Ndb4
9. Qxc5 b6 10. Qc4 Be6

Qa4†は頻出の筋で、Bd7~Bc6という受け方もある。
(cxd5を省いて Qa4† Nc6 Ne5は Qd6 Nxc6 Bd7でOK)
ただこの瞬間は白のBishopが遮られているため、本譜のc筋制圧作戦が成立する。

Nbd4にa3なら、Qa5とピンしつつ捌いてBe6を見る。


5. c4 d5 6. cxd5 Nxd5
7. Nc3 0-0 8. Nxd5 Qxd5
9. d3 Nc6 10. Be3 Bd7

Nc3を黒から取るのはdxc3で見た目以上にアカンし、
(黒にc4を突かれると角行Bishopが強過ぎて吐くので)白も9手目はd3かd4が省けない。
9. d4 cxd4 10. Be3 Nc6 11. Nxd4 Qc4...は全くの互角。

そうして Symmetrical English 本線のひとつに至るが、
11. Nd4 Qd6 12. Nxc6 Bxc6 13. Bxc6 Qxc6 14. Rc1 Qe6 15. Rxc5 Qxa2 16. Rb5 Qa6...
も世界トップ級が多数どつき合い「互角」とされた。

よくわかんないけど結論は多分引き分けなのだろう。
チェスは引き分けの海を泳ぐゲーム…かもしれない。



参考書籍:
『Grandmaster Repertoire 8 - The Grünfeld Defence Volume One』2011 Boris Avrukh
『Opening for White According to Kramnik 1.Nf3 Book II』2001 Alexander Khalifman
『Shinya Kojima』(ブログ)
『Pigeon Log』(図面作成)

※大昔の前回『先手ゴキ対郷田流52金右』


54歩型の先手中飛車対策といえば郷田流や穴熊だが、いずれも決定版になり得なかった。
自分から角を換えたり角道を止めると、先手に先に形を決めて貰えないのも一因だろう。

本作戦はやや古風ながら手厚く自然な待ち方で、清水先生や中川先生が愛用されている。
(棋書でいうと伊藤真先生の『先手中飛車の最重要テーマ21』テーマ16と17が最も詳しい)

角交換型になれば雁木で中央に厚く構え、66歩には早仕掛けや加藤流袖飛車急戦を狙う。
elmo囲いの登場によって42銀上のマイナス面が薄れたこともあり、改めて調べてみたい。

※構成:
(A)

(A*)
, (B), (C)→(C+)

(D)
, (E)→(F)

(D1), (D2)



~~~~~~~~~~~~

56歩 84歩 76歩 62銀 58飛 42玉
48王 85歩 77角 54歩 38王 34歩
68銀 32玉 28王 52金右 38銀 53銀…(A)




55歩 同歩 同角 同角 同飛 44角
59飛 86歩…(B)
46歩 77角成 同銀 42銀上 55歩 同歩
同飛 54歩 59飛 64歩…(C)
46歩 42銀上 16歩 14歩…(A*)


端歩は突かれたら受けるぐらいでよい。(角交換型で中央が一手でも立ち後れるとまずい)
先手も16歩を急ぐと、44歩から穴熊を目指されたときに45歩~55歩と動く含みが消える。

最序盤の最善の手順は私にはまだ全くわからないが、最近は54歩を遅らせる人が多い。
(『先手ゴキ対角道保留64銀』で書いたように、升田流向い飛車を封じている意味がある)

34歩も、32玉の後だと79銀38王型での55歩が気になるし、前だと前田流の余地がある。


~~~~~~~~~~~~

56歩 84歩 76歩 62銀 58飛 42玉
48王 85歩 77角 54歩 38王 34歩
68銀 32玉 38王 52金右 38銀 53銀…(A)
55歩 同歩 同角 同角 同飛 44角
59飛 86歩…(B)



54歩 62銀…(B1)
同歩 同飛 79金 87飛成…(B2)
同歩 同飛 77桂 89飛成 54歩 64銀
66角 同角 同歩 99龍…(B3)
71角 72飛 53角成 同角 61銀 82飛
53飛成 同金 71角 62飛打 62角成 同飛
71飛 94角…(B4)
71角 72飛 53角成 同角 54歩 44角
53銀 99角成 52銀成 同飛 53歩成 82飛
86歩 89馬 52歩 42銀打…(B5)



47歩型での五筋交換には、71角の筋に備えて44角を置いたまま先に飛車を捌くのが急所。
この位置の角の価値は高く、46歩型だと86歩の瞬間に45歩で逐われて困るほどである。

以降も中飛車側からきつい攻めが色々見えるものの、何とかぎりぎり凌げているようだ。
なお手順中の53角成に同金は 45銀 35角 36銀 44角で千日手模様となる。

すぐの55歩は無理気味のようで、(銀冠に組む際の僅かな違和感さえ気にならなければ)
「将棋は46歩と指すもの」なのだろう。


~~~~~~~~~~~~

56歩 84歩 76歩 62銀 58飛 42玉
48王 85歩 77角 54歩 38王 34歩
28王 32玉 38銀 52金右 68銀 53銀…(A)
46歩 77角成 同銀 42銀上 55歩 同歩
同飛 54歩 59飛 64歩…(C)



66銀 88角 77角 同角成 同桂 86歩
同歩 同飛 78金 89角…(Cl)
78金 44歩 66銀 43銀 77桂 42金直
89飛 94歩 47角…(Cx)
78金 44歩 66銀 43銀 77桂 74歩
55歩 同歩 同飛 86歩 同歩 同飛
87歩 82飛 54歩 同銀左 同飛 同銀
71角 62飛 同角成 同金 82飛 52金寄…(C-)

16歩 14歩 78金 44歩 66銀 43銀
77桂 74歩 55歩 同歩 45歩 同歩
55銀 54歩 44歩 55歩 43歩成 同金
55飛…(C+)


本線の46歩に対して、まずはノーマル振り飛車を避けるため即座に角を換える(C)から。
59飛のあといきなり64歩を突くのは(Cl)で将来の65桂を防ぐためで、恐らく必然の受け。

また78金省略を通されると致命的なので、66銀にはMachine岡崎流の88角が絶対の反撥。
次は78金型からの正調攻撃55歩~45歩を封じるため、(Cx)の所謂トラック囲いに組むが…

89飛~86歩~85歩を見せられると、51歩も打てず玉頭戦にも持ち込めず、大変ださい。
部分的には94歩が87歩成~69角~93桂を用意し96角を消す受けの形だが、47角でも困る。



16歩 14歩 78金 44歩 66銀 43銀
77桂 74歩 55歩 同歩 45歩 同歩
55銀 54歩 44歩 55歩 43歩成 同金
55飛…(C+)



44銀 71角 55銀 82角成 69飛 79飛
49飛成 同銀 46歩 48歩 57角 68銀
47歩成 57銀 同と…(C++)
46歩 71角 54歩 45飛 42飛 44歩
同銀 85飛 47歩成 同銀 69角 81飛成
47角成 48歩 58銀 39金…(C#)



42金直を74歩に代えて省エネで受けると、普通に攻められても玉が近くて超きわどい。
なお一見自然な(C#)の46歩は、45飛~44歩と細工されてからの85飛廻りで後手自信なし。

…こうして具体的な指し手を考えてみると、いかにfragileな戦型であるかがよくわかる。


~~~~~~~~~~~~

56歩 84歩 76歩 62銀 58飛 42玉
48王 85歩 77角 54歩 38王 34歩
68銀 32玉 28王 52金右 38銀 53銀…(A)
46歩 42銀上 16歩 14歩…(A*)




22角成 同玉 77銀 44歩 55歩 同歩
同飛 54歩 59飛 43銀…(D)
66歩 74歩 67銀 64歩…(E)


やはり手得か無駄手を恵んでもらわないと角交換型は忙しく、単に42銀上が本線となる。
こうしてやっと基本図(A*)に至り、角交換型の(D)と伝統的振り飛車の(E)とに分岐する。

先手が36歩59飛で態度を保留してきても64歩~74歩と構えておけば損にはならないし、
(振り飛車側は玉廻りにプラスの手が少ないので)そのうちどこかで77角成とできそうだ。

46歩に74歩だと 55歩 同歩 同飛 (86歩 同歩) 64銀 59飛 55歩 66歩 75歩 同歩が気になる。
結局は薄い中央で突っ張る羽目になり金銀が立ち後れる可能性も高く、私には選べない。

※59金左~57銀のヒラメ戦法も、42銀上~飛車先突破で中央が厚いので特段問題ない。
他には42金直/寄から穴熊を目指す世界観もあるが、組みきる前に一方的に攻められる。



56歩 84歩 76歩 62銀 58飛 42玉
48王 85歩 77角 54歩 38王 34歩
68銀 32玉 28王 52金右 38銀 53銀
46歩 42銀上 16歩 14歩…(A*)
22角成 同玉 77銀 44歩 55歩 同歩
同飛 54歩 59飛 43銀…(D)




66銀 86歩 同歩 同飛 78金 87歩…(D1)
78金 32金 66銀 64歩 77桂 74歩…(D2)


先手から角を換えさせた時点で通常形と比べて二手得しており、右銀も遊びにくい。
得した手を64歩と74歩に充てることで、71角に83飛という最も自然な受けの形ができる。

飛車先交換に対する75銀の反撃筋も消えており、向い飛車への抵抗力も若干増している。
また、居飛車から仕掛ける上でほぼ唯一の起点となる73桂が相当跳びやすくなっている。

※66銀に穏やかな 32金 77桂 64歩 55歩 同歩 同飛 54歩 85飛 同飛 同桂 89飛 58金左
このシマリが絶好で普通つらいのだが、99飛成~92角~98龍で案外後手もやれそう。



66銀 86歩 同歩 同飛 78金 87歩…(D1)



55歩 88歩成 77銀 78と 86銀 68と
57飛 78角 71飛 31金打…(D1a)
45歩 同歩 55歩 88歩成 77角 82飛
88角 33角 54歩 同銀左…(D1b)
45歩 同歩 75銀 82飛 83歩 同飛
84歩 82飛 83角 44銀右 61角成 53金…(D1c)
77銀 82飛 86歩 32金 58金 55歩
87金 54銀直 88金 56歩 47銀 55銀…(D1d)



居金の構えを許したくなければ、後手は八筋交換~87歩の筋で動くことになるだろう。
(64歩と77桂の交換を入れて岡崎流89角を目指すのは、43銀型が上ずっておりやや損)

荒事は案外避け難く、78金に74歩は例えば75歩~73歩と垂らされるだけでもうるさい。
78金に 64歩 77桂 74歩も 87歩 84飛 89飛 73桂 86歩 87歩 75歩で逆用された感がある。

※46歩のところ59飛でパスされていると、たまに先手の飛車が広くて困るため要注意。



78金 32金 66銀 64歩 77桂 74歩…(D2)



55歩 同歩 同飛 86歩 71角 83飛
86歩 69角 68金 87角成 85歩 54歩
84歩 同飛 85飛 同飛 同桂 86馬
58金左 65歩 57銀 84飛 82歩 62銀…(D2a)
55歩 同歩 同飛 86歩 同歩 同飛
87歩 82飛 85飛 同飛 同桂 56歩
58歩 89飛…(D2b)
47銀 33桂 38金 86歩 同歩 同飛
87歩 82飛 89飛 73桂 75歩 83角…(D2c)
36歩 33桂 47銀 73桂 38金 86歩
同歩 同飛 87歩 76飛…(D2d)
36歩 33桂 47銀 73桂 75歩 86歩
同歩 45歩 74歩 65桂 85桂 46歩
同銀 76歩…(D2e)
89飛 33桂 68金 24歩…(D2f)



78金を先に決めてもらえれば少し安心で、あとは64歩~74歩が高価な備えの手になる。
後手は飛車交換上等で構えて飛車先を換えて一歩を持ち、隙あらば桂馬もぶつけていく。

35歩や33桂が入り、歩や桂も持てば玉頭攻めに迫力が出るので右辺を焦土化して指せる。
(D2f)のコースは相雁木からの千日手濃厚な気配だが、基本的には後手にチャンスが多い。


~~~~~~~~~~~~

56歩 84歩 76歩 62銀 58飛 42玉
48王 85歩 77角 54歩 38王 34歩
68銀 32玉 28王 52金右 38銀 53銀
46歩 42銀上 16歩 14歩…(A*)
66歩 74歩 67銀 64歩…(E)



78金 31金 36歩 72飛 26歩 75歩
同歩 同飛 65歩 77角成 同金 72飛
55歩 同歩 64歩 同銀 83角 62飛
47角成 69角 15歩 同歩 13歩 22金…(E1)
78金 31金 47銀 72飛 38金 75歩
同歩 同飛 76歩 74飛 36歩 73桂
59飛 44歩 37桂 43金 26歩 65歩
同歩 同桂 66角 86歩 同歩 64銀…(E2)
78金 31金 26歩 72飛 27銀 75歩
同歩 同飛 76歩 74飛 38金 73桂
59飛 94歩 96歩 86歩 同歩 85歩…(E3)
68金 31金 57金 65歩 68飛 73桂
78銀 66歩 同金 65歩 67金 77角成
同銀 79角 57角 68角成 同金 63金…(E4)
68金 31金 96歩 94歩 59飛 72飛
79飛 82飛 78飛 73桂 58金左 65歩…(E5)



66歩~67銀に対しては、74歩~64歩で早仕掛けと加藤流袖飛車を両天秤にかけて待つ。
早仕掛けを封じるなら78金だが、羽生の頭脳定跡(E1)も31金型ならそれほど恐くない。

(E2)から88角には87歩~45歩~46歩。63歩はうるさいが72飛で手厚くもてなすつもり。
七筋交換さえ通せれば、継ぎ歩や55歩~65歩や本譜の仕掛けで一応打開はできそうだ。

79金は82飛で千日手模様だし、68金型もうまく待たれると57金はほとんど実現不能。
(67金型にも73桂からの早仕掛け。78金~57銀なら袖飛車か、持久戦にしてもいいと思う)



68飛 94歩 58銀 73桂 78金 33銀
36歩 31角 37桂 44歩 47銀左 42銀右…(E6)
68飛 94歩 78銀 73桂 58金左 63金
47金 31金 36歩 55歩 同歩 同角…(E7)

68飛 94歩 58金左 65歩 36歩 31金…(F)




(※この場合は最終手51金寄でも好形になる)

47金 51金 37桂 75歩 同歩 66歩
76銀 86歩 同歩 15歩 同歩 67歩成
22角成 同金 67飛 86飛 45桂 44銀…(Fa)
47銀 73桂 38金 62金 37桂 66歩
同銀 86歩 同角 65歩 77銀 63金…(Fb)
26歩 51金 78銀 86歩 同歩 66歩
同飛 同角 同角 44銀 77角 73桂…(Fc)



68飛に31金はやや不急であり、65歩も 78金 66歩 同角から力戦に持ち込まれてしまう。
73桂なら78銀に即55歩と動けるが、仕掛けの幅が狭まるため本稿では94歩を本線とした。

四間/三間に振り直されたときは桂を跳ぶ他、加藤流三歩突き捨て風味の仕掛けもある。
45桂と活用されても、一筋を突き捨てて18歩~17歩~25桂を仕込んであれば問題ない。


~~~~~~~~~~~~

清水先生の将棋を十年遅れで追いかける羽目になるとは私自身予想もしていなかったが…
成否や勝敗に関係なく、先手中飛車遣いとこれら古代の急戦で遊べること自体が楽しい。

やねうら王 + illqhaでごく浅い確認しかできていないので、穴があればその都度訂正する。



開始日時:2008/11/14 棋戦:順位戦
先手:内藤國雄 後手:中川大輔
▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △8五歩 ▲7七角 △5四歩 ▲5八飛 △4二王 ▲4八玉 △6二銀 ▲3八玉 △3四歩 ▲6八銀 △3二王 ▲2八玉 △5二金右 ▲3八銀 △5三銀 ▲1六歩 △1四歩 ▲4六歩 △4二銀上 ▲2二角成 △同 王 ▲7七銀 △4四歩 ▲5五歩 △同 歩 ▲6六銀 △4三金 ▲4五歩 △5六歩 ▲4四歩 △同 銀 ▲5六飛 △8六歩 ▲5八金左 △9二角 ▲6五角 △同 角 ▲同 銀 △9二角 ▲4五歩 △3三銀引 ▲6六飛 △8七歩成 ▲8三歩 △同 角 ▲7五歩 △9二角 ▲7一角 △5二飛 ▲7四歩 △8八歩 ▲2六角成 △8九歩成 ▲3六馬 △9九と ▲4四歩 △5三金 ▲7六飛 △4四銀 ▲6六歩 △7四歩 ▲同 銀 △7五歩 ▲同 飛 △6四金 ▲6三銀成 △5八飛成 ▲6四成銀 △4九龍 ▲同 銀 △4八歩 ▲4三歩 △同 銀 ▲8二飛 △6二歩 ▲同飛成 △5二金打 ▲9二龍 △同 香 ▲4八銀 △3五銀 ▲8一馬 △4七歩 ▲同 銀 △4六歩 ▲3八銀 △4八金 ▲9二馬 △6八飛 ▲5七角 △3八金 ▲同 馬 △同飛成 ▲同 玉 △5六角 ▲2八玉 △4七歩成
まで100手で後手の勝ち



開始日時:2008/12/03 棋戦:女流名人戦
先手:里見香奈 後手:清水市代
▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △5四歩 ▲5八飛 △4二王 ▲6八銀 △6二銀 ▲4八玉 △3四歩 ▲3八玉 △3二王 ▲2八玉 △5二金右 ▲3八銀 △5三銀 ▲4六歩 △1四歩 ▲1六歩 △4二銀上 ▲6六歩 △6四歩 ▲7八金 △7四歩 ▲6七銀 △7二飛 ▲7九金 △9四歩 ▲9六歩 △8二飛 ▲6八金 △7三桂 ▲7八金 △6三金 ▲5九飛 △4四歩 ▲5八銀 △4三銀 ▲3六歩 △4二金 ▲4七銀左 △6五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲6六角 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲6七歩 △6四金 ▲3七桂 △7六飛 ▲7七桂 △5五歩 ▲8七金 △6六飛 ▲同 歩 △7七桂成 ▲同 金 △6八角 ▲6七金 △5九角成 ▲同 金 △1五歩 ▲6一飛 △1六歩 ▲1八歩 △8七飛 ▲6八金引 △5六歩 ▲同 銀 △2四桂 ▲4七銀左 △8九飛成 ▲4九金 △9九龍 ▲2五桂 △4一香 ▲5七金 △4五歩 ▲5九歩 △9七龍 ▲6七桂 △4六歩 ▲同 金 △6七龍 ▲8二角 △6三歩 ▲9一飛成 △5四桂 ▲5八金 △6六龍 ▲6七香 △4六龍 ▲同 銀 △同 桂 ▲4七金 △3八桂成 ▲同 玉 △4六歩 ▲同 金 △5七銀 ▲4七金 △4六銀打 ▲4九桂 △4七銀成 ▲同 玉 △4六金
まで110手で後手の勝ち



開始日時:2019/01/26 棋戦:王将戦
先手:久保利明 後手:渡辺明
▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △6二銀 ▲5八飛 △4二玉 ▲4八玉 △8五歩 ▲7七角 △5四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲3八玉 △3二王 ▲2八玉 △5二金右 ▲1六歩 △1四歩 ▲3八銀 △5三銀 ▲4六歩 △4二銀上 ▲6六歩 △7四歩 ▲6七銀 △6四歩 ▲6八金 △3一金 ▲9六歩 △9四歩 ▲5九飛 △7二飛 ▲7九飛 △8二飛 ▲7八飛 △7三桂 ▲5八金左 △6五歩 ▲6八飛 △5一金 ▲9八香 △5二金 ▲7八銀 △6六歩 ▲同 角 △同 角 ▲同 飛 △6二飛 ▲6七飛 △同飛成 ▲同 銀 △6九飛 ▲5九飛 △同飛成 ▲同金引 △6六歩 ▲同 銀 △9九飛 ▲8三角 △8九飛成 ▲7四角成 △6二金 ▲6三歩 △7二金 ▲5五歩 △1五歩 ▲6一飛 △1六歩 ▲1八歩 △6五歩 ▲5七銀 △9三角 ▲7五歩 △7一金 ▲3一飛成 △同 銀 ▲5二金 △6七桂 ▲4八金左 △5九桂成 ▲3九金 △7八飛 ▲5三金 △5八成桂 ▲4九銀打 △5七成桂 ▲同 金 △7五飛成 ▲8三馬 △7七龍 ▲9三馬 △同 香 ▲4五角 △9八龍 ▲3四角 △5七龍 ▲4三角成 △2二王 ▲4二金 △同 銀 ▲3四桂 △1二王 ▲4二桂成 △4七歩 ▲1四銀 △2四金 ▲3一成桂 △1四金 ▲2一馬 △1三王 ▲3二成桂 △4八銀 ▲2二馬 △2四王 ▲4八銀 △同歩成 ▲3三馬 △3五王 ▲3六歩 △4六王 ▲3七銀打 △5六王 ▲4八金 △3九銀 ▲同 玉 △4八龍寄
まで126手で後手の勝ち



開始日時:2019/04/17 棋戦:棋聖戦
先手:菅井竜也 後手:渡辺明
▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △6二銀 ▲5八飛 △4二王 ▲4八玉 △8五歩 ▲7七角 △5四歩 ▲3八玉 △3四歩 ▲6八銀 △3二王 ▲2八玉 △5二金右 ▲1六歩 △1四歩 ▲3八銀 △5三銀 ▲4六歩 △4二銀上 ▲2二角成 △同 王 ▲7七銀 △4四歩 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 飛 △5四歩 ▲5九飛 △4三銀 ▲6六銀 △3二金 ▲7七桂 △6四歩 ▲7八金 △7四歩 ▲8九飛 △3三桂 ▲6八金 △2四歩 ▲4七銀 △7三桂 ▲3八金 △6五桂 ▲同 桂 △同 歩 ▲同 銀 △6二飛 ▲5六銀引 △7五歩 ▲同 歩 △7二飛 ▲7九飛 △6四桂 ▲6五銀 △8八角 ▲8九飛 △5五角成 ▲7四角 △同 飛 ▲同 銀 △4五歩 ▲5七金 △6八角 ▲6六金 △4六歩 ▲5八銀 △4五馬 ▲1五歩 △同 歩 ▲1三歩 △同 香 ▲4一飛 △1六歩 ▲1五歩 △同 香 ▲1四歩 △3五歩 ▲9一飛成 △2三馬 ▲2六桂 △2五歩 ▲1三歩成 △同 王 ▲1一龍 △2四王 ▲6九飛 △7七角成 ▲5七銀 △4四銀右 ▲4九飛 △2六歩 ▲同 歩 △2二馬 ▲6一龍 △3四桂 ▲2七金 △2三王 ▲1六香 △1四歩 ▲1五香 △同 歩 ▲4五歩 △2五歩 ▲2四香 △同 王 ▲2五歩 △1四王 ▲2六香 △4五桂 ▲4六銀 △4八歩 ▲3九飛 △4六桂 ▲1六歩 △2三王 ▲2四歩 △3三王 ▲1五歩 △3四銀打 ▲2三歩成 △同 銀 ▲同香成 △同 金 ▲2五歩 △2四歩 ▲同 歩 △同 金 ▲2五歩 △同 金 ▲2六歩 △1五金 ▲6三銀不成 △2四香 ▲5二銀不成 △2六香 ▲4三銀成 △2四王
まで140手で後手の勝ち