テレビ番組 時事ネタなど書いていきます。はい。


日本赤十字社による義援金はこちらからどうぞ

#令和2年7月豪雨 #令和元年台風第19号災害
#平成30年7月豪雨 #九州北部豪雨
#熊本地震 #東日本大震災




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「オミクロン」に関する情報はまだデータが少ないことに留意が必要

これまでほとんど「オミクロン」という言葉を発したり、
文字で書いたりしたことなかったと思うのですが、
もう既にその何百倍もの回数で「オミクロン」と書いています。

変異ウイルス・オミクロンは南アフリカ共和国で確認されましたけれど、
たまたま、見つかったのがこの国だったと考えるほうが自然かもしれません。
アフリカ諸国では、ワクチン接種率が10%程度の国が多く、
感染者数は多いままです。
検査も我々の国ほどではありません。
ましてや、変異ウイルスをしっかり検出ができる国や地域がどれほどあるでしょうか。
南アフリカではそれができたので、
発見できた可能性のほうが高いように思います。

これまでもお書きしたように、
ウイルスは自分自身でコピーを作ることができませんので、
宿主の力を利用することになりますが、
宿主の体内でコピーを作る時に、コピーミスが起き、
これが変異ウイルスという形になって現れます。

変異は宿主の中でしか起きないため、
感染者が多ければ多いほど、変異の機会が多くなり、
つまり、今後の変異を抑制したければ、
アフリカ諸国のような国に対し、ワクチンの普及を図ることが重要となります。
一般的にコロナウイルスは変異しやすいため、
変異するのは当たり前。変異の機会を減らさねばなりません。

ただ、我が身可愛さ、自国第一となり、
それが難しくなっています。
実際に行うにしても、
数十億人分のワクチンを簡単に用意できるものでもありません。

 

吉田博「瀬戸内海集 帆舩 朝」

 

オミクロンについては、まだまだわかっていないことだらけで、
その状態で報道が先行する形で、
不確かなことが確実であるかのように受け止めている人もいるようです。

たとえば、感染力が強いという点。
たしかに、強い伝播性を持っている可能性が高いという印象を受けますが、
まだ確実ではありません。

次に「感染力が強いということは、毒性が小さいということだ」というもの。
ネット上でじわじわと支持されつつある意見です。
これも前にお書きしたのですが、進化論的には正しい考え方です。

寄生者にとって宿主は欠かせない存在で、
宿主なしに子孫を残せません。
宿主を死に至らしめるような寄生者は、
やがて寄生する宿主を失い、子孫を残せなくなります。
そんな寄生者の集団の中に、弱毒性の個体がいた場合、
宿主を殺さない彼らだけが子孫を残せることになり、
寄生者自身が作りだした淘汰圧により、
やがて、弱毒性の寄生者のみとなります。

ウイルスは生物として扱われていませんが、
同じ理窟が当てはまります。
ただ、なぜ弱毒性のウイルスだけになるかといえば、
感染者が死んでしまうからなのです。
私たちはワクチン接種のほか、さまざまな感染予防を行ってきました。
デルタまでの新型コロナウイルスは、
感染した者が皆死ぬというほどの淘汰圧は生まれていません。
つまり、現状のこのウイルスにおいては進化論的な
「感染力が強いということは、毒性が小さいということだ」
が成立しないことになります。
もしも、世界中がかつてのインドのような状態で放置され、
死屍累累となれば、状況も違っていたかもしれません。
しかし、それは期待してはいけないことです。

ちょうど今、オミクロンの感染者に死亡の報告がないという報道がありました。
WHOの報道官から出た話のようで、
喜ばしいニュースかと思います。
ただ、何しろ情報が少なく、
さらにアルファの頃にはなかったワクチン接種済みの人が増えています。
今のところ、報告にある感染者の多くに小児が含まれ、
元々、小児が死に至るケースが少ないため、
現在の死亡例なしということになっているのかもしれません。

まだまだ、オミクロンの病原性を評価するには不充分です。

願わくば、強い伝播性を持つものの、
重症化しないような性質を持つ変異ウイルスが出現しないものかと思います。
そうなれば、この連鎖から抜け出すことができるのですが。
そのあたりは運次第としか言いようがないのがつらいところです。
とりあえず、私たちにできることは、
手指の消毒、換気、密の回避、人と接する時のマスク着用。
今までと変わらない対策ですね。


なお、オミクロンに対するファイザーのワクチンについて、
接種完了6か月以内、または3回目接種者における感染予防効果は、
90%という数字が確認され、
重症化予防については93%。
これも、まだサンプル数が少ないという留意が必要ではあるものの、
いいニュースかと思います。

 

 

 

 

 

新型コロナワクチンの誤報と愚報 / 笠原桃奈さんと「赤リップ」

まずはこの話題から。
AFP通信が
「コロナワクチン、感染予防効果は40% WHOが警告」
という記事を掲載しました。
しかし、どうやら現在は削除されているようで、
時事通信を通じ、Yahoo!ニュースにも掲載されていましたが、
こちらも現在、確認できません。
Yahoo!ニュースのコメント欄が地獄絵図で、
鬼の首を取ったようなコメントが並んでいました。

削除されたのは、これが誤報だったからでしょうか。
誤訳が原因のようで、
原文で「40%」としているのは、「transmission」。
「感染」と言いたいのであれば「infection」を使うはず。
つまり、「transmission」を防ぐ効果が「40%」だという意味で、
ここでの「transmission」は「二次感染」のことですので、
接種者且つ感染者がほかの人を感染させてしまう可能性が
「40%」ということです。

接種者は未接種者よりも感染するリスクが低く、
感染した場合でも、ほかの人を感染させる可能性も低くなるという話でした。
これは誤報、誤訳ですが、
このNHK広島の報道はどう捉えればいいのでしょうか?

新型コロナワクチン2回接種後3か月超で抗体価低下も
https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20211126/4000015213.html

10代から80代までの医療従事者、2744人を対象に血液中の抗体の値を調べました。その結果、すべての人から抗体が確認されたものの半数の1371人は、全体の中央値を下回っていて、比較的、抗体価が低い人が一定程度いることがわかりました。

この後半部分で、相当頭のおかしいことを
わざわざ言っていることに気付いてください。

半数の1371人は、全体の中央値を下回って

ここです。統計の「中央値」が何なのかがわかっていれば、
わざわざこんなことは書きません。
元々は広島市医師会から出た話のようですが、
記者個人の責任で書かれたものであることを期待します。
あまりにも馬鹿馬鹿しすぎるのでこの件は以上です。

 

※追記

上記記事が削除され、その理由の説明もなく、

こちらが掲載されました。

 

新型コロナワクチン2回接種後3か月超で抗体価低下も

 

 

わからないなら書かない。広島市医師会から口頭での発表が元らしく、記者がそれを理解できていないから、こういう日本語としてもおかしな内容になるのでしょう。広島市医師会がおかしな発表をした可能性も捨てきれませんが。

 


あとはオミクロン株ですね。
南アフリカ共和国の研究者が特定した変異株ですが、
現在、10か国程度で確認されていますね。
これまでの変異株では、変異したアミノ酸は最大12残基だったのが、
オミクロンでは32残基らしいです。
ワクチンの効果が低減する変異も確認されているとされますが、
ファイザーとビオンテック、
モデルナは既にオミクロンへの対応を始めており、
まずは試験管レベルで自社のワクチンの効果を確認します。
今は続報待ちですね。
なお、南アフリカの保健相は、
オミクロンに感染し入院した患者の多くがワクチン未接種だったとしています。

 

 

 

 

 

 


フリッツ・カペラリ「雨中女学生の帰路の図」

  

さて、少し前になりますが、
笠原桃奈さんが15日にアンジュルムとハロー!プロジェクトを卒業しました。
笠原さんで思い出すのは「リップ」。
ファンの間では有名ですが、
アンジュルムはハローの中でもメイクやファッションがおねえさん色が強く、
加入間もない頃、中学生の彼女は
先輩たちに憧れて強めの赤いリップをつけることもありました。

ただ、ファンから赤が強すぎるという意見が多数寄せられ、
批判といえるものも多かったとか。
いろいろと言われて、彼女は苦しみました。
当時のリーダー・和田彩花さんはライブで


桃奈にはまた、好きなリップの色を塗ってほしい


と発言。私はこれこそがアンジュルムだと思いました。

後に和田さんはこの件について、このように話しておられます。

私は、「自然な色」ではないということや、「アイドルだから」という理由でリップの色を変えたくても変えられないことがあったから、同じように苦しい思いや悲しい思いをメンバーにさせたくないと思ったんです。自分で考えて「いい」と思ったことを選び取る。その行為が素敵なことだと思うから、似合っている、似合っていないはつけてから自分で判断するとして、行為を制限してしまうのは違うなって思ったので、あのときは言いました。

先輩たちが見せてきたのは、ファッションやメイクだけでなく、
パフォーマンスに加えて、生き様なんだと思います。

自分がしたいことをすればいい。
自分が何をするかは自分で決める。

先輩たちは自分が生きていく道を自ら選びました。
和田さんは表現者であり続けていますし、芸術の分野で活躍。
フェミニズムに関する発信も多いです。
勝田里奈さんは自らのファッションブランドを立ち上げ、
田村芽実さんは舞台で大活躍されています。
彼女たちは、自らの手で選んだ道を進んでいます。
それが成功かどうかも自分自身で決めればいのです。
決めないとすれば、決めないことを決めればいい、
決めたことを変えるのであれば、自分でそう決めればいいのです。

自分はこうなるんだ、だから今は必要なことをする。
笠原さんがリーダーになる未来を期待していましたので、
残念ではありますが、嘆く出来事ではありません。
アンジュルムは群像劇なのでしょうから。

群像劇だと考えるようになってからは、

卒業していくメンバーはアンジュルムという舞台から降りるだけ。
舞台を変えるだけと思うようになりました。
アンジュルムが彼女の人生に大きなプラスになることを信じます。

 

 

 

 

次々と発覚する研究不正 ~なぜかイベルメクチンにしがみつく人たち~

11月15日、アメリカ・テキサスにあるヒューストンメソジスト病院で、
耳鼻咽喉科医として診療に当たっていたメアリー・ボーデンという医師が
治療権限を停止されました。
これにより、同病院において彼女は治療行為や入院の判断を行えなくなります。

新型コロナウイルス感染症の治療にイベルメクチンをと、
Twitterで宣伝していたことがその理由で、
そのほか、病院スタッフに対するワクチン接種義務化について批判。
新型コロナウイルス感染症とワクチンについて、
個人的意見と政治的意見をtweetしており、
公衆衛生当局が警告したものの、改める様子がなかったことから、
病院側がそれに対応したという形です。

もちろん、アメリカのFDA(食品医薬品局)は、
この感染症の治療や予防にイベルメクチンを使用することを認めておらず、
動物用の薬を服用しないよう警告しています。
同病院は彼女の発信内容について、
「地域社会に有害」だと断じています。

 

土屋光逸「浅草金竜山」



 

日本ではインドで、
イベルメクチンが大勢の患者を救ったというデマが流れました。
特に最大人口のウッタル・プラデーシュ州のデータが流布されていました。
その後、日本で感染者数、重症者数、死亡者数が少ないという事実から、
欧米などで

 

日本ではイベルメクチンが処方されているから


というデマが拡散されるようになります。
日本の成功は


イベルメクチンによる成果だ


としていました。

拡散されるにつれ、デマもどんどん話が変わっていくものです。
たしかに、ウッタル・プラデーシュ州でイベルメクチンが処方されたようですが、
デマでは5月から処方となっていたものが、
現実には8月からだったり、
重症化予防についてのデータがなかったり、
さらに死亡者減という主張については、
そもそも、この州の当該数か月間で
自動車事故、がん、殺人、自殺などを含め、
あらゆる死亡が報告されていませんでした。
その数か月間、州住民の誰も亡くなっていないなら、
自動車事故、がん、殺人などでもイベルメクチンに効果があることになります。

この州で状況が改善されたとすれば、
過去の感染、ワクチン接種、ロックダウンなどによる影響だと考えられています。

私はこの問題について、
研究するならすればいいという立場を繰り返し表明してきましたが、
もはや諦めるべきかと思います。
今月の初めにも、治療効果があるとする論文のデータに捏造が見つかり、
例の如く、同じ患者のデータを複製して貼り付けていました。
なぜ、こんなにもイベルメクチンで研究不正が起きているのでしょうか。

日本では北里大学あたりが研究しているのですが、
北里には4億円が投入されているものの、
出てくるデータは実に酷いもの。
治験参加者はわずか240人、
投与結果の有効性を判定しているのが1回のPCR検査のみ。
患者の状態がどう改善したのか、改善しなかったのか、
そういう判断材料がないんです。


これは北里の研究チーム自身が、効果がないことを知りつつ、
「効果がある」と言い出した手前、
だらだらと研究を続けているようにも見えます。
これが臨床研究とはいえないことぐらい、
私のようなド素人でもわかります。

PCR検査のみに頼るあたり、
実に薄汚い根性が透けて見えます。
たまたま、その時に陰性になってくれる患者を
期待しているようにしか見えません。

イベルメクチンの目的外の乱用は、
本来、必要な疥癬患者のためのイベルメクチン不足を生み、
ヒゼンダニなどに耐性をつけてしまう可能性が生まれ、
今後、ヒゼンダニなどに対し、この薬が使えなくなるかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>