テレビ番組 時事ネタなど書いていきます。はい。


日本赤十字社による義援金はこちらからどうぞ

#令和2年7月豪雨 #令和元年台風第19号災害
#平成30年7月豪雨 #九州北部豪雨
#熊本地震 #東日本大震災




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

mRNAワクチンとは何ぞや? ~セントラルドグマ~ 延期になったアダムとかリリスの話ではなく

 まずは本題に無関係な新版画から。

小原古邨(おはらこそん)「藤に雀」

 

さて、本題。
広島市が市民80万人のPCR検査を実施するとかで、
また、頭のおかしなことを言っているなと思っていましたら、
どういう検査方式にするのか、予算も何も決まっていない状態で、
県が出してきた話のようで、
知事だか市長だかのパフォーマンスなのでしょうか。

同様の話は昨年の東京・世田谷区・保坂展人区長の「世田谷モデル」があり、
その時にもこちらで批判しましたが、
その後、ぐだぐだな状態。
そもそも、できないんですよ。
そんなことに大量のリソースを割くわけにはいかないんです。
それで、現在、感染者数が減ったという結果も得られていないわけなんです。

広島市の場合、人口は約120万人。
今回、想定しているのはその中心部80万人が対象ということですが、
現状、国としての検査能力は12万件程度。
全員の検査を終えるのにかかる期間はどれぐらいでしょうか。
全国の検査能力の全てを使っても1週間かかります。
感染していなかった人が新たに感染してしまう可能性は無視でしょうか。
しかも、これは従来の検査を行わずに、広島の検査を最優先で行った数字です。
さらに加えて偽陰性の問題。
無症状者に対するPCR検査は偽陰性の確率が上がります。
濃厚接触者に検査しているのはそういう意味もあります。
そんなことに予算や人的リソースを割くぐらいなら、
もっとできることがあるでしょうという話です。
仮に陽性率が1%だと8千人の陽性者が出ることになります。
その人たち、どうするんですか? 決めてないんでしょ。

そういえば、我が寝屋川市でも同様の話があると聞き、
ついにそちら側に堕ちてしまったかと思い、
調べてみましたら全く違っていました。
報道の第一報ではそのような書き方になっていたんですが、
正しくは、症状があるなどで検査を希望する人に、
検体採取キットを宅配し、その検体を市職員が受け取りに行く、
そういう話でした。

デリバリー型PCR検査スタート、寝屋川市

 

市では保健所にて検体採取を行っていて、
保健所までは感染拡大防止のため、公共交通機関を使用しないように求めています。
ただ、自家用車などが利用できない市民も多く、
そういう人のためのサービスであるようです。
これは合理的ではないかと思います。
通常より時間がかかりそうなのは欠点ですが。

ただ、高齢者施設のスタッフなどに対し、

スクリーニングPCR検査を行うともしていて、
こちらは2週間ごとということで、
2週間という間隔で意味があるのかは疑問ですが、
「結果が陰性でも油断しない」という前提なら反対しません。

次はワクチン。
現在、世界では米ファイザーと独ビオンテック、
英オックスフォード大学とアストラゼネカ、
米モデルナの3種類が接種されています。
(ロシア製も中国製もありますが)

そのワクチンを比較した英BBCの動画があります。

 

 

こちらは英語ですが、日本版のサイトには日本語字幕付きのものもあります。

新型コロナウイルスのワクチンを比較 効果が高いのは? 安いのは? - BBCニュース

 


3つのワクチンの効果、費用、輸送、保管などについて比較していて、
とてもわかりやすくなっています。
おそらく、これらのワクチンを私たち自身が選べるようにはならないでしょう。
なったとしても、数年は無理なのは間違いありませんけれど。

ところで、今回急ピッチで進められた各社のワクチンですが、
それにしても、早すぎることから、
不安に感じている人も多いかと思います。

かねてよりファイザーなどは元々SARSやMARSなどのワクチン開発を進めていて、
新型コロナウイルスの正式名称が「SARS-CoV2」であることからもわかるように、
SARSの近縁種です。

ファイザーなどはずっとmRNAワクチンの研究を続けてきていて、
対SARSの研究に限っても10年近くになります。
いずれの企業や研究機関も、
昨年からあわてて研究を始めたというわけではありません。


ファイザーの場合、SARS用に開発していたものの一部を改変し、
新型コロナウイルスに対応させたということになります。
日本が国産ワクチンを調達できないのは、
普段からの研究が足りない、つまりは予算が足りないからなのでした。

では、mRNAワクチンとは何ぞやという話なんですが、
ご存知のように私たちを含む全ての生物の遺伝情報は
DNAという遺伝物質に収納されています。
そして、DNAの情報からタンパク質が作られていくことになります。

その際、必要となるのがmRNAです。
DNAはタンパク質を合成するための設計図ですが、
DNAの情報はまずmRNAにコピーされ、
ここからタンパク質が合成されます。
「DNAを転写したmRNAを翻訳してタンパク質が作られる」
という流れは「セントラルドグマ」とよばれ、
分子生物学の基礎的概念です。
なお、mRNAのmは伝令を意味するメッセンジャーの頭文字です。

mRNAを利用した医薬品は、体外から特定のmRNAを薬物として導入し、
特定のタンパク質を体内で人工的に作らせる作用をもたらすものです。
mRNA医薬品では、遺伝性疾患治療、再生医療などでも研究が進み、
中でも急速に研究開発が進んでいたのががんワクチンと、
感染症ワクチンでした。

従来の感染症ワクチンでは、病原体を弱毒化するか、
不活化して作られてきましたが、
元々は病原体だという不安があり、開発にも製造にも時間がかかります。
遺伝子ワクチンと呼ばれる遺伝情報に基づくワクチンであれば、
そのような数々の問題を解消できるのではないかと期待されていて、
遺伝子ワクチンの中でも、特に安全面で期待されてきたのがmRNAでした。
たまたま、昨年、世界がコロナ禍に見舞われたことで、
mRNAワクチンは一般からも広く期待されることとなったという訳なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

真似すべきこと・できないこと -新型コロナウイルス-



まずは無関係な新版画を1枚。
吉田博「瀬田之唐橋」です。

さて、先日、本能寺の変において、
明智光秀が本能寺の現場にはいなかったという傍証の報道があり、
考えてみれば、なぜ、私は光秀が現場に行っているものだと思い込んでいたのかと
気になった次第です。頭の中を疑わねば。

特に新型コロナウイルスについては、
リアルタイムで状況が変化し、
新しい知見も生まれていますので、
頭の中をアップデートせねばと思います。

私の中で最も変わったのはマスクの扱いでしょうか。
以前は私なりに厳格に取り扱っていましたが、
今は以前よりも緩い考え方になり、
自分のマスクを他者が触れないようにしていればいいかと思うようになりました。
自分が感染していてもしていなくても、
テーブルに直置きでもしない限り、
自分に関することなのであまり関係ないと考え直しました。

さて、ロンドンで感染拡大、制御不能になる可能性があるとして、
「重大インシデント」が宣言されたようです。
昨年末から、ロンドンのグラフを見ていますと、
指数関数的な曲線が続き、
早く真っ直ぐに近づかないものかと思っていましたら、
縦の真っ直ぐに近づくというあってはならない状況に。
ブロックによっては、住民の感染率5%を上回っているとか、
1日9000件もの救急車の出動要請があるとか、
かなり酷い状況です。

一方のアメリカでは、感染拡大が続く中、
ワクチンを拒否する人が出てきていて、
その源は複数の看護師発信の情報だとか。
日本でもこの現象は起きるでしょう。
医師にもエビデンス無視の反ワクチンはいますし、
自然派看護師、トンデモ助産師とかも。

今のところ、ファイザーとビオンテックのワクチンは、
従来のワクチンよりもよくないという情報はありません。
むしろ、想像以上に良好です。
英国で流行しているとされる新規変異株
「VOC-202012/01」「501Y.V2」でも

有効性が維持されているという結果が発表されました。
日本の場合、もう少し接種までに期間がありますので、
さらに情報を得ることができるでしょう。

さて、日本では特措法改正で入院措置に従わない人に対し、
罰則を設けるという方向に動いているようです。
私は元々罰則化は反対の立場でしたが、
これも考えが変わりつつあります。

このインタビュー。

台湾が新型コロナウイルスを防げた理由とは?指揮にあたった陳大臣に直撃インタビュー
https://hanako.tokyo/news/lifestyle/204300/

台湾の衛生福利部長・陳時中氏のものですが、
日本の厚労省のような部署で、彼は大臣相当というような方。
台湾は世界一といえるほど新型コロナウイルス対策では結果を出しているところ。
ここで台湾で行われてきた対策が語られています。
(ただ「免疫力を高めるために、大臣が個人的に心がけている方法は?」
 というあたりインタビュアーがよくありません)

2019年12月にウイルスの存在を知り、リーダーとして嘘をつかないこと、積極的に国民とコミュニケーションを取り、耳を傾けて安心してもらうことを大切にしました

と話します。さらにPCR検査などについては、

検査は安くないので、経済的な問題もあります。私はPCRは全員にする必要はないと思っています。台湾では症状のある人のみ実施しています。最も重要なのは、症状のある人は病院へ、感染の疑いがある人は隔離することです。その期間は14日は必要です。台湾ではこの対策を徹底して行っています。的確なタイミングで検査を行って、感染者を見つけて対応する。そして、社会も感染者に対して優しい気持ちを持ってほしいです。

台湾では、隔離中だった20歳代のフィリピン人男性が
部屋から廊下に8秒間出たとして、
10万台湾元(約37万円)の罰金を科したと報じられています。

これは入国関連の話ですが、罰則もやむなしなのかもしれません。
それと、日本でも次々と
「PCR検査で陰性だったのに感染していた」というケースが続いていて、
その人が感染源になってしまっています。
濃厚接触者とされた人にはPCRの結果がどうであれ、
他者と接触しないことを徹底すべきかと思うようになりました。

和歌山県は関西の中でも感染者数の報告が少なく、
それは検査数と人口の分母が少ないということもあるんですが、
仁坂知事の手法が上手くいっているからなのではないかとも思います。
和歌山では「濃厚接触者は陰性でもさらに注意」と呼びかけ続けていて、
陰性でも2週間は経過観察期間とするルールが設けられているようです。
これは全国でも真似できるかと思います。

中国の場合、集合住宅で感染者が確認されますと、
一棟全体を完全封鎖する強引な対策をしてきましたが、
今、河北省で感染者が増えているようで
感染拡大防止に政府が躍起になっています。
こちらでは、村全域を封鎖。
出入口の検問(?)では「出村打断腿 嘴犟打掉牙」の文字の横断幕があり、
意訳すれば、
村を出ようとするなら足をへし折る
文句があるなら歯を叩き折る

と脅しています。
第二の武漢にしないということなのでしょうが、
これは真似できませんし、すべきでもありません。

国や地域によって状況が異なり、風土、政治、国民性なども異なります。
できること、できないことも異なるのですが、
すべきこと、すべきではないことのうち、共通のものも多いかと思います。
日本は6~10月まで無駄にしてきたというべきで、
今からでも、国や自治体は学ぶべき点を学んで欲しいと思います。

あとは、お馴染みの感染症専門医・忽那賢志先生の記事をご紹介しておきます。

子どもと新型コロナ 知っておきたい大事なポイント
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210106-00215943/

子どもは大人と比べて感染しにくいこと、
感染しても重症化率が低いことなどが書かれています。
以前も同様の話をお書きしましたが、
お子さんのいらっしゃる方などはアップデートしておいてください。

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

決め手は今も人との接触を減らす「3密」回避・誤ったメッセージを止めよ

「雪の宮島」

川瀬巴水の新版画です。
特に意味はありませんが、Twitterでは日付が変わる前に
美術の中でも特に好きな新版画を多数tweetしていて、
こちらでも1枚ご紹介しておきます。
まずは新版画の中でも特に人気の高い川瀬巴水から。

なお、Twitter上で「#art #新版画 #shin_hanga」と検索していただければ

私のtweetした新版画などが見られるかと思います。

 

さて、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で、
7日から緊急事態宣言が発出されます。

今回の主な対策は飲食店の営業時間短縮などですが、
飲食店で感染拡大が起きやすくなっているのは事実だとしても、
それだけで感染者数を減らすことができるかは疑問のあるところです。

しかも、4都県だけが対象ですし、
もしかしたら、国が用意する飲食店に対する給付金、協力金は4都県のみかもしれず、
現在は各自治体が、自らの予算で給付を行っているものの、
本来は国の仕事です。
そのほか、飲食店以外についても強く言及しておくべきでしょう。

昨夜、京都大学大学院医学研究科教授の西浦博先生をテレビなどのメディアで
立て続けにお見かけしました。
先生は厚生労働省新型コロナウイルスクラスター対策班として、
感染症の数理モデルを用いた予測を含む情報を提供されていました。
今、先生が仰りたいことは以下から知ることができます。

緊急事態宣言が効果を上げるか鍵を握る2つの変化 8割おじさんを悩ませる変数
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/emergency-declaration-nishiura-1

緊急事態宣言が効果を上げるか鍵を握る2つの変化 8割おじさんを悩ませる変数
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/emergency-declaration-nishiura-2

東京の感染者数シミュレーション 十分に減少させるには 新型コロナウイルス  NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210105/k10012798521000.html

西浦先生は第1波の時に、第2波、第3波の到来を予測していて、
現時点でその予測は概ね正しかったと評価すべきでしょう。
ただ、国としての対策は政治マターであり、

西浦先生の予測は充分に活かされませんでした。
当時も今も
「(財務省の顔色をうかがいながらの)経産省主導」の対策が続きます。
だから、先日の予算についても、
規模は大きいものの、その対策の多くは「コロナ後」のものが目立つ次第です。
今、必要なのは「コロナ後」にたどり着くための予算なのに。

何が駄目で何が問題ないのか、その切り分けを明確にする必要があります。
たとえば、緊急事態宣言前からパチンコ店の営業が批判されました。
私も「パチンコなんて」という主観の持ち主ですので、擁護しませんでした。
しかし、現実にパチンコ店で大きな感染拡大が起きたという報告はありません。

飲食店では感染拡大が起きやすいのに、
なぜ、パチンコ店では起きないのか、
また、満員電車で感染拡大が起きているなら、
今の英国のような感染爆発が起きているはずです。

飲食店ではマスクを外します。正面や隣の人と話します。
パチンコはマスクを着けたまま行えます。
ほぼ正面の台の方を向き続けて、長時間無言か独り言が多いでしょう。
満員電車でも、話し声が聞かれることはあまりありません。

パチンコ店や満員電車が安心と言い切ることはできませんが、
リスクの大小は考えておくべきかと思います。

現時点でも、各自治体は飲食店に対し、時短営業を要請しています。
夜の街での感染が目立つからで、
それは事実なのですが、感染が起きるのは「夜だから」ではありません。
そこで会話が交わされることがリスクになっていて、
飲食店でなくても、職場内での昼食でもクラスターは発生しているのです。
時短営業、時短営業と言い続けることで、
飲食店ばかりが悪者扱いされ、
夜でなければ問題ないという誤ったメッセージになりはしないでしょうか。

続いて、話の中身はどうでもいいので再生しなくても結構ですが、

 

 

ずっと言い続けているこのマウスシールド。
改善されるどころか、右側から抜け放題の
より意味のないものに変化しています。
これに何の意味があるのでしょうか。
テレビ番組出演者のそれと同じく、
明らかに誤ったメッセージになっています。

政治家発信の誤ったメッセージでは、
管総理が反省の言葉を口にした会食の件。
二階幹事長は「遊びじゃないんだ」などと反論。
およそ、問題発生から10か月を経験した政治家の発言とは思えません。
その会食が遊びかどうかなんて関係ありません。
会合を持つ必要があるなら、リモートで行うべきで、
遊びでないなら、尚更リモートで可能なはずです。

自民の中枢がこんなのもアレなんですが、
立憲民主党の枝野代表もこんなことを言う始末。


日本共産党の志位委員長も
「国民全員にPCR検査して、残った国民で経済を回す」などと
誤ったメッセージを連発。

街角の野良検査で得た陰性の結果に安心した先に起きること、

それが想像できないなんて。

メディアも酷いもので、
現新型コロナウイルス感染症対策分科会長の尾身茂先生は、
ゴールデンウィークの時点で
「静かに落ち着いた食事・旅行」を訴えておられました。
それをろくに伝えず、よくわからない自称専門家を連れてきて、
GoTo批判を繰り返し、GoTo中止になったら

「経済がー」「経済がー」

緊急事態宣言が出るとなったら
「経済がー」「経済がー」とか。

尾身先生のお話なんて、何をさておいても
ある意味で管総理の会見よりも優先して時間を割くべきものでしょう。


テレビ局は「対策をしているフリ」を止める。
それができないのであれば、昔のドラマでもアニメでも
そういうものだけ放送しておいてください。
 

メッセージを出すなら、

「同居家族以外との食事は避けて」

「同居家族以外との食事で会話するならマスクを」

あたりにしてください。

飲食店そのものは、その多くで対策されています。

飲食店を悪者にしているのはメディアなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>