テレビ番組 時事ネタなど書いていきます。はい。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

新型コロナウイルス 子どもの節分誤嚥事故死 浴室死亡事故など

型コロナウイルス感染による肺炎(COVID-19)の報道が
また酷くなっているように思います。
福一事故後の「ホウシャノウガー」「ホウシャノウガー」と同じで、
ネットが過剰に騒いでいるのもデマが飛び交うのも同じです。

医療機関や医師などが最も心配しているのは、
「自分は新型に感染しているのではないか」と
患者が押し寄せてくるのではないかということです。
そうなると、本当に診療が必要な患者への対応ができなくなります。

実際のところ、軽症者に医療機関が何かできるかといえば、
ほとんど何もできないでしょう。
する必要もないでしょう。

家に帰って脱水に注意しつつ、
しっかり食べてしっかり睡眠を取り、
もしも、悪くなるようであれば相談してください、
そんなことぐらいしか言えないのではないでしょうか。
せいぜい、軽い解熱剤などの症状緩和の薬が処方されるぐらいかも。
国や自治体の方針により
検査が行われるかもしれませんが、
それが患者の利益になるかは疑問です。

風邪にせよ、新型コロナウイルス感染にせよ、
治療薬はないので
重症者以外は食べて休むことが第一なのでしょう。
感染拡大防止のためにも
症状がある人は自宅などで休養されるべきかと思います。
風邪薬のCMで有吉弘行さんが
「風邪でも、絶対に休めないあなたへ」などと言っていますが、
こういう考えこそがウイルスに利益をもたらします。

予防についても単純です。
まずは手洗い、手指の消毒です。
流水で手を洗うだけでも違ってくるはずです。
水道が使えなければアルコールで、
それもできないのであれば、手を洗えるまで
最低限、自分の首から上は触らないように意識していてください。
そういう意味でもマスクは有効かと思います。
また、しっかり食べてしっかり睡眠を取るのは
予防においても大切です。

私の印象では、スーパーマーケットの入口などに置いてある
手指消毒用のアルコールがあまり使われていないように思います。
大騒ぎになっているわりに、
ありがたいアルコールの前に行列ができないのはなぜでしょうか。

 

加えて、今後、この問題を政局に利用する動きが出てくるかと思います。

報道や政治家のそれぞれの姿勢が、

問題解決のためか、政権攻撃のためかを判別してみてください。

福一事故の時と同じです。

福一事故の時には事実を曲げて話していた専門家もいました。

専門家でもないのに専門家として話していた人も。

目の前の問題に対し、

党派性やイデオロギーは関係ありません。



さて、以前、インフルエンザ関連で毎年1万人が亡くなっているとお書きしましたが、
身近な事故による死亡についても、
最近の事例からお書きしておきます。

先日、野村克也さんが亡くなられました。
死因は虚血性心不全とのことですが、
ご遺体が発見されたのは浴室だったとのこと。

野村さんの状況はわかりませんが、
浴室で亡くなる方はかなり多いです。
2015年の厚生労働省発表の研究では、
1万9千人以上が浴室で亡くなっているのではないかとしています。
浴室での死亡は諸外国に比べて圧倒的に日本が多く
それは、湯船に浸かる習慣があるからで
ひとつは溺死の原因に、
また、室温が大きく異なる部屋へ移動した時の
「ヒートショック」も大きな要因となります。

特に冬場は入浴前に浴室と脱衣所を暖かくしておく必要があり、
あまり温度の高い湯には浸からない、
浸かっている状態から急に立ち上がらない、
飲酒後の入浴は避けるなどの対策が有効です。

交通事故での死者はここ数年は毎年5000人前後。
それと比べれば1万9千人以上という数字がいかに多いかがわかります。



松江市の認定こども園で、節分の豆を喉に詰まらせて
4歳の男の子が亡くなる事故がありました。
節分の子どもの誤嚥事故は度々起きていて、
消費者庁などは3歳頃まで豆やナッツ類を食べさせないようにとアナウンス、
もう少し年上の場合でもゆっくりと噛み砕くよう指導しつつ
食べることだけに集中させて、
ほかのことをさせないように注意する必要があります。
話しかけたり、肩を叩いてみたりするのも危険です。
クルマの中で食べさせるのもやめましょう。
ブレーキなどで息を吸い込んだ際に誤嚥が起きることがあります。
節分においては、豆まきの豆を全て拾って片付けて
小さな子どもが口に入れないようにしてください。

子どもは成長するにつれ、
臼歯で食べ物をすりつぶして飲み込むことができるようになります。
小さい子どもの場合、臼歯がないか機能が充分でない場合が多く、
また、小さい子どもの気管支は細いため詰まりやすいです。

人間の体はよくできているように見えて、
設計者がいるとすれば、
なぜこんな風になっているのだろうかと疑問に思うこともあります。

 


こちらは嚥下障害についての解説ビデオです。
食べ物も空気も途中までは同じ経路ですが、
喉頭蓋の部分で分かれます。
食べ物が入ってきた時には喉頭蓋が気管を塞ぎ、
食べ物を食道のほうへと進ませます。
気道に食べ物が入ってしまうのは
喉頭蓋が気道を塞いでいないのに食べ物がやってきた時、
食べ物がやってきたのに
喉頭蓋が気道を開けている時です。

子どもは口腔を含めた嚥下機能が未熟で、
異物が気道に入ったときに起きる「むせ」の咳反射力も弱いため、
異物を外に吐き出すことができない場合があります。
防げる事故死は極力防いでいく必要があります。
特に身近に小さなお子さんがいらっしゃる方は
注意してください。
 

新型コロナウイルス 必要なのは景気対策・内需刺激策

新型コロナウイルス 必要なのは景気対策・内需刺激策

相変わらず、「新たに○○で感染者を○○人確認」などという
ニュース速報が流れていますが、
どこかでやめないといけません。
感染経路についても、
以前からお書きしているように、
国内どこで感染してもおかしくない状況だと考えるべきです。

医療者の方々の感染についてはともかく、

そのほかの感染経路なんて

調べるのは無意味に近いように思います。

来冬以降も、この新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者は

出る可能性があります。
武漢、湖北省、浙江省に渡航歴、
あるいは中国からの帰国者で
呼吸器症状や発熱がある人について、

当面の入国制限は仕方ないとしても
検査についてはどこかでやめる必要があるでしょう。
インフルエンザの発症が疑われる人に対して、
同じことをするのなら話は違うのかもしれませんが。

現在、横浜港に停泊中の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号からは、
乗客などが下船できない状態となっていますが、
無症状者については下船させるべきかと思います。
この船に限らず、既に発症し、医療機関に入院している患者に対しても、
軽症者については退院させて自宅療養に切り替えるべきかと思います。


医療機関が軽症者の対応に追われる事態は避けねばなりません。
武漢と同じ状況にしてはいけません。


船内については、船内にいることが原因で

感染者が増え続ける可能性があり、
それに加え、福一事故後に見られた生活習慣病患者が増える可能性もあります。

だいたい、乗客から薬が足りないなどと
日の丸でメッセージが掲示されるようでは。
下船させないと決めたのであれば、
その時点から全乗客に対し、その程度の要望はヒアリングしておかないと。
国民のため、国家のために不自由を強いているわけですから。

昨日だったか、Twitterで医師のどなかがtweetされていましたが、
どうなったら、この騒動が沈静化するのかについて、
「治療薬の開発」「ワクチンの開発」「ウイルスの弱毒化」ではなく、
「皆が忘れてしまうこと」だとしていました。
なるほどと思った次第です。
SARSの時はどうでしたか? 新型インフルエンザはどうでしたか?
インフルエンザで毎年、10,000人が亡くなっています。
毎年、10,000人がかかり

3,000人が亡くなっている子宮頸がんは脅威ではありませんか?

どれもウイルス感染による疾患です。
それと比べて、今の騒動はどうでしょう?


一方、この感染症そのものよりも、
深刻な問題になる可能性があるのが経済です。
日本各地では海外からの観光客の足が遠のき、
ダメージをもたらしています。
韓国は日本を含む6地域への渡航自粛の勧告を出しました。
インバウンドなんてどんなに頑張っても、GDPの数%未満で、
内需の個人消費は60%以上。

内需拡大に努めず、
海外に依存しようとする政策の誤りが原因ではあるのですが、
この事態は観光関連以外でも、製造業をはじめ、
さまざまな分野で悪影響を及ぼしています。

かつてインフルエンザは、「スペイン風邪」として、
第一次世界大戦を終わらせる原因の一つとなりました。
感染症は世界に対し大きな影響力を持つことがありますが、
今回の騒動が長引けば、経営が悪化し成り立たなくなる企業が出るでしょう。

経済悪化と命の関係はなぜか軽視されがちではあるものの、
常に経済状況、経済状態を原因として自殺者は出続けており、
新型コロナウイルス感染症が実態以上に
世界経済へ悪影響を与えつつある現状では、
それがさらに増える可能性があります。

経済へのダメージを最小限にするためには
まずはこのウイルスが低毒性であることと、
誰でもできる感染予防の重要性の周知が必要です。

加えて強力な景気対策、内需刺激策が必要となります。

消費税増税で個人消費に「罰金」を課して押し下げているだけで
今、日本政府が経済面で何かの対策をしているようには見えません。

 

 

野生動物を食べる習慣のある中国は変わる? ~新型コロナウイルス・動物由来感染症~

野生動物を食べる習慣のある中国は変わる? ~動物由来感染症~

米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/

米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)では、
今冬の流行が過去10年で最悪規模になると予測しているようです。
記事にある過去の深刻なケースは17~18年で、
感染者数約4500万人、死者数は約6万1000人だったそうです。
以前にもお書きしましたが、

海外で病院にかかることの恐怖 特にアメリカの危険度は別格 出産で1億円請求?
https://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-12564777637.html

アメリカの医療費事情は酷いもので、
インフルエンザにかかり、診療を受けると
5~10万円なんて当たり前で、
保険が使えない場合、命に関わることも多いようです。
なお、日本では約1万人が毎年インフルエンザで亡くなっています。
インフルエンザはワクチンにより感染予防、
重篤化を予防することができます。

ついでといっては何ですが、こんな記事もご紹介しておきます。

神戸大教授「毎年3千人亡くなる子宮頸がん対策をほったらかして国内死者ゼロのウイルス感染にパニクるのは合理的ではない」
https://snjpn.net/archives/178848

神戸大学教授で米中でも勤務医として活動されていた先生のお話ですね。
比較するのはどうかという批判もありますが、
新型コロナウイルスで騒ぐなら、
子宮頸がんで騒がないのはなぜ、という話です。


さて、新型コロナウイルス(2019-nCoV)は、
現時点で武漢においての死亡率は5~6%程度、
それ以外では0.5~1%程度といったところでしょうか。
亡くなるのは、心臓病や糖尿病といった
基礎疾患がある人が多いようです。
今後、死亡率はさらに下がっていくと予想していますが、
患者数は増えるかもしれません。
宿主を殺さない、感染力が強いというのがこのウイルスの特性であるようです。

新型コロナウイルスの本来の宿主は
コウモリの可能性が高いとされているようです。
中国では今も野生動物を捕らえて食べる習慣が根強くあり、
昔ながらの市場だと生体のまま売られていることも多いです。
多くの人が野生動物と接しているということが
ヒトに対する様々なウイルスなどの感染症を生み出しているという指摘があります。

生物の歴史において、菌やウイルスなどの寄生者が
ある種の体内で長く寄生し続けている場合、
その関係は平衡が保たれていることが多いです。
ウイルス自体は移動できませんので、
宿主に移動してもらったほうが都合がよく、
宿主を殺すような寄生者は、新たなコピーを増やすことはできません。
寿命を縮めることはあっても、
コピーを増やすために不都合になってしまうようでは、
その寄生者は増えていかないことでしょう。
よって、この種のウイルスなどは、
変異を繰り返すことで弱毒化する傾向があります。

しかし、宿主と寄生者の関係において平衡が保たれているとしても、
何かがきっかけで寄生者が別の宿主に出会った時には話が違ってきます。
何が起きるかわかりません。平衡な関係が築かれていないからです。

動物からの感染症を「動物由来感染症」といいます。
動物由来感染症が怖いのは、
この何が起きるかわからないという点で、
自然宿主が複数種のオオコウモリと考えられているエボラウイルスもそうで、
SARSもキクガシラコウモリの可能性が高いとされています。
SARSは当初、ハクビシンなどが疑われましたが、
その後、キクガシラコウモリとハクビシンなどが
市場や流通過程で近い環境に置かれ、
キクガシラコウモリからハクビシンなどが感染、
その後、ヒトが感染するようになったという話です。

文化ですので、本来ならああだこうだというべきではないのですが、
今後は雑多に野生動物を売る、生け捕りにしておくというようなことは
やめるべきかと思います。

中国では昔から
「四本足のものは机以外、空を飛ぶものは飛行機以外」
なんでも食べるといいます。
さらに
「二本足のものは家族以外、泳ぐものは潜水艦以外」
と続けられる場合も。

想像ですが、全体主義で強権的、
体面やメンツを重視する中国共産党なら、
一気に改革しそうな気もします。
ただ、中国共産党が最も恐れているのは
中国人民ですから、今回の慌てぶりからも
今後に注目です。


以下、動物由来感染症の一般論のお話もお書きしておきます。
動物由来感染症は中国だけの話ではなく、
犬を含むあらゆる哺乳類から感染する狂犬病、
キツネや犬の糞からの寄生虫のエキノコック症、
動物の尿、尿に汚染された水、
土などから皮膚の傷や口を介して感染するレプトスピラ症、
妊婦にとって要注意のネコ科動物の糞便から感染するトキソプラズマ症、
鳥類の糞に含まれる菌を吸い込んだり、
口移しでエサを与えることによって感染するオウム病などが有名です。

ウイルス性肝炎でも動物が感染源となることがあります。
昨年、TBSドラマ「グランメゾン東京」で、
ジビエの鹿肉は生で提供するシーンがあったそうで、
Twitterでも医師らから多数されていました。
鹿肉の生食は法律上、問題はありませんが、
E型肝炎になり急性肝炎を発症するおそれがあります。
ジビエはしっかり火を通して食べるのがよさそうです。
飼育下の動物でも、牛の生レバーにより
腸管出血性大腸菌による食中毒の可能性があるため、
禁止になりましたよね。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>