転勤族☆たれ旅ぶろぐ2 from 東京(転勤7回目!)

転勤族☆たれ旅ぶろぐ2 from 東京(転勤7回目!)

おでかけ&旅行大好き、夫の会社のお金で長期旅行中(別名:転勤)の転妻ブログ

たれ旅ファンの皆様、こんにちは!

 

今日は、SNSで見かけて雨の日用に取っておいた、

駒沢公園近くの「おかげ庵」に行ってきました。

 

電車だと、東急田園都市線の駒沢大学駅が最寄です。

 

 

おかげ庵は、1999年2月に名古屋市に開業した、和をモチーフとしたコメダ珈琲店の姉妹店。

 

2020年2月28日に、東京都初の併設店舗「コメダ珈琲店 駒沢公園店」・「コメダ和喫茶おかげ庵 駒沢公園店」オープンしたそう。

 

 

 

お店に行ってみたら、そのまま左側の「コメダ珈琲店」に入ってしまったのですが、

「おかげ庵」は入って右側になります。

 

 

軽食と甘味のセットにしました。

 

名古屋と言えば、あんかけスパ。

 

 

そして、定番のきしめん。

どちらも美味しかったです!

 

 

食後に、ミニ電気コンロが運ばれてきました。

 

 

これから、お団子と五平餅を焼きます!

 

 

 

焼けるまで、コーヒーを飲んでゆっくり待ちます。

 

ちなみに「おかげ庵」は、抹茶やほうじ茶ベースのドリンクが豊富なので、

コーヒーが苦手な方でも大丈夫です。

 

 

両面焼けたら、醤油を塗って、さらに焼きます。

 

 

出来上がり!

 

 

焼きたては美味しいですね。

 

 

自分でたこ焼きを作る…というのはたまに見かけますが、

 

自分でお団子を焼けるお店は、

地方のお茶屋さんの囲炉裏で焼く…という本格体験以外では初めてだったので

少し足をのばして来てみたのですが、

 

とても楽しかったです!

 

 

もなかやあんみつにはまっている今、

魅力的な甘味だらけだったので、

また雨の日に来ようと思います。

 

 

 

たれ旅ファンの皆様、こんにちは!

 

 

今日は、大好きな汐留・浜離宮庭園に行ってきました。

 

いつもは菜の花&梅を見に行くのですが、今年は初めてコスモスの季節に行ってみました。

 

お時間があれば、先に菜の花の頃の写真を見ておいてくださいね↓

 

 

★★★

 

2010/3/14 浜離宮の菜の花と梅

https://ameblo.jp/tenkin-travel/entry-12473076711.html

 

2011/3/26 浜離宮恩賜庭園の菜の花 '11

https://ameblo.jp/tenkin-travel/entry-12473100191.html

 

2019/3/2 浜離宮の菜の花と梅

https://ameblo.jp/tenkin-travel/entry-12473382791.html

 

2020/3/20 浜離宮庭園の菜の花 '20

https://ameblo.jp/tenkin-travel/entry-12583542913.html

 

 

★★★

 

今日は車で行ったので、「首都高汐留駐車場」に車を停めて上がったところからスタート。

3番出口の後ろに、テレビでよく見かけたアレが。

 

 

中銀カプセルタワービル!

 

 

 

中銀カプセルワタービルから浜離宮庭園に向かうと、

昭和のレガシーをもう1つ発見。

 

 

 

さて、お久しぶりの浜離宮庭園です。

 

コロナ感染対策で事前予約制なので、Webサイトで事前予約して下さいね。

https://www.e-tix.jp/hamarikyu_gardens/

 

当日空きがあれば、その場で予約可能です。

(あまり混んでいなかったので、当日予約でも大丈夫そう)

 

 

 

 

 

 

 

代々の転勤先でコスモス畑に行くと、ピンク色のコスモスばかり見てきましたが…

浜離宮庭園のコスモス畑は、色とりどり!

 

 

 

コスモス畑と、高層ビル。

浜離宮庭園らしい景色。

 

 

 

 

久しぶりなので、園内散歩してみましょう。

――何やら、人だかりが。

 

 

芙蓉の花は、一晩でピンクになってすぐに萎んでしまうのだとか。

 

 

以前、改修工事中だった箇所は、すっかり綺麗になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

橋も渡れるようになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

代々の将軍は、船で来てここから上陸したようです。

 

 

あ!先月乗船した、水上バス!

(船種は違いますが)

 

 

浅草発、浜離宮経由、日の出桟橋行きの船。

 

 

先月浅草に行った時に、何気なく乗った水上バス。

 

東京オリンピック・パラリンピック開催のため、お台場行きは無くて、
代わりに「晴海選手村を見るコース」に乗ったのですが…

https://ameblo.jp/tenkin-travel/entry-12697575173.html

 

 

『コロナウイルスの影響により乗船客が激減しております。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴い、お台場水域は3か月間も閉鎖され運航ができません。東京2020大会を機に、観光客が戻り始めることを期待しておりましたが、ついに4度目の緊急事態宣言に突入しました。いよいよ、事業継続の危機に直面』だったそう!

 

 

【存続危機】浅草発の水上バス事業の継続をご支援ください。

https://camp-fire.jp/projects/view/473106

 

 

クラウドファンディングで寄付をするのもいいのですが、

 

もし気になったたれ旅読者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ、

 

① 浅草に行って、浅草寺お参り&参道土産買い物&お昼ご飯を食べた後…

② 水上バスで、浜離宮庭園へ

③ 浜離宮庭園のコスモスを楽しんだ後、新橋駅(JR・東京メトロ銀座線)から帰宅

 

ルートで、秋の東京を楽しんでみて下さい♪

 

 

TOKYO CRUISE(東京都観光汽船)

https://www.suijobus.co.jp/

 

たれ旅ファンの皆様、こんにちは!

 

半年ぶりに、全地域で緊急事態宣言が全解除されましたね。

お天気もいいので、どこかのんびり散歩できるところ…と、考えた結果。

 

 

王子に来ました。

最寄り駅は、東京メトロ南北線か、JR京浜東北線の王子です。

 

都電が残っている、貴重な場所でもあります。

 

 

最初に本日のルートを書いておくと、

① お寿司を買う

② 王子神社に行く

③ 飛鳥山公園へ行く

 

南北線の改札を出て直進してしまったので、JR側の出口に出ましたが、

これから行く方面へは、改札を出てすぐに左に曲がった1番出口から出ると便利です。

 

 

歩道橋を渡り、サンスクエアビルの左手を入ると、商店街が。

 

 

この辺りは、元々渋沢栄一が興した王子製紙の工場跡。

 

2021/10/3現在、先週の大河ドラマで大蔵省に入省した渋沢栄一。

後々、大蔵省印刷局の工場もここにできるのですが、ドラマで放映されるのを待ちましょう。

 

 

この、「洋紙発祥の碑」の向かいにあるのが「寿し屋のやすけ」。

 

 

普通のお寿司に加えて、手巻き寿しに押し寿し。

飛鳥山公園で食べる、手巻き寿しを買います。

 

 

都電が道路を走っている関係か、途中横断歩道がないので、

歩道橋を渡って一度JR王子駅に戻り、連絡通路を抜けて反対側へ。

 

 

音無親水公園は、石神井川沿いの公園。

風情のある景色です。

 

 

 

途中、ここの階段を上がると、王子神社です。

 

 

王子は、鎌倉時代に当時の領主だった豊島氏が、

熊野から若一王子を勧請し、

王子権現(王子神社)を祀ったことが由来だとか。

 

王子とは、和歌山・熊野の王子だったのですね。

 

 

東京十社にも入っている王子神社、まずはお参りしましょう。

 

 

 

音無親水公園に戻り、対岸へと渡ります。

 

 

上に上がると、音無橋交差点の信号が見えたので、そちらへ歩いてみるものの、

都電が道路を走っているからか、歩道は見当たりません。

 

 

しょうがないので、先へと歩き、

飛鳥山交差点の歩道橋から、飛鳥山公園へ。

 

あすかパークレールに乗り損ねましたが、

帰りに乗ったので、ブログ最後の方で登場します。

 

 

飛鳥山は、徳川吉宗が「享保の改革」の試作のひとつとして、

飛鳥山に桜を植えて行楽地として整備したそう。

 

今も、桜の名所として有名です。

 

 

 

広場の先の芝生のベンチで、お昼。

 

 

 

奥に、渋沢栄一の邸宅があります。

 

 

 

 

「青淵文庫」の入館は、事前予約制でした…。

 

庭園には椅子とテーブルがあるので、ここでお昼を食べるのも素敵です。

 

 

 

 

こちらは「晩香蘆」。

 

 

おみやげ館で、深谷のねぎを使った、ねぎみそ煎餅を買いました。

 

 

 

それではそろそろ、大河ドラマ館へ。

 

最初に書いておきますが、大河ドラマを見ていない人は、

こちらではなく、「渋沢史料館」に行かれた方がいいかもしれません。

 

 

 

 

パリ万博での、日本ブース。

 

 

 

きゃー!五代さまー!

と、心の中で叫んだのですが、

 

大河ドラマを全く見ていない

大たれがつまらなさそうにしているので、次へ行くことに。

 

 

個人的に面白かったのは、近くの「紙の資料館」。

 

大河ドラマ館は1人800円ですが、こちらは1人400円です。

 

 

私(昭和50年生まれ)が子どもの頃は

中学まで薄茶色のわら半紙が使われていた気がするのですが、

 

それは昔の話であって、

「どうやって真っ白な紙が作られるか」がよく分かります。

 

 

今、家にプリンターがあるのは当たり前ですが、

大学時代(~1997年)ですら家庭用印刷機はまだ普及していなくて、

サークルのチラシを、ガリ版印刷機で印刷していた気がします。

 

とにかく、昭和生まれの人が見たら、

「子どもの頃はこっちだった」と、懐かしさを感じることでしょう。

 

 

 

渋沢栄一は、パリで新聞を見て、

新聞を通じてニュースが翌日には国民に届く様子を目の当たりにし、

 

紙を作り、新聞を作り、国民に情報を届けることで知力の向上を図りたい

 

 

――それはまるで、大学を卒業してから働き続けてきたIT業界で、

今年になってようやく「誰一人取り残さない、デジタル化」社会を目指す

日本の歩みと、シンクロしたように思いました。

 

 

わら半紙と共に歩んだ、昭和。

パソコン → 携帯 → スマホが登場した、平成。

5G、デジタル化社会を目指す、令和。

 

【情報通信】の歴史の変遷と共に歩んでいる気がする、転勤族の妻。

 

 

 

そんな、転勤族の妻が引越しの度に愛用している段ボールを、

最初に作った機械がこちら。

 

ボール紙に、波形の段を加工したから、段ボールなのですね。

 

 

3階は、子どもも学べるコーナー。

 

サステナブル、SGDsな令和の時代。

「リサイクル」は1つのキーワード。

 

 

ストローは、プラスチックから紙製に。

Amazonの段ボールは、これから紙袋に。

 

我が家では、「昭和返り」と呼んでいます。

 

 

4階は、日本古来の和紙と、世界の紙のコーナー。

 

 

世界最古の紙と言えば、エジプトのパピルス!

(定義上は、紙とは分類されないようですが、とりあえず)

 

小学生の頃、父の転勤でエジプトに住んでいて、

カイロ日本人学校の卒業証書はパピルスだったというくらい、

エジプトの日々の暮らしに馴染んでいるパピルス。

 

まさか、飛鳥山で再会できるなんて!

 

 

企画展が、渋沢栄一が製紙業を立ち上げるまでのストーリー。

 

 

昔のパスポート。

 

 

 

渋沢栄一は、埼玉の深谷出身。

 

私も、2014年~2018年に、深谷の隣の本庄に住んでいました。

 

江戸(東京)に出てきて、さらにパリに行って見聞を広め、

東京に戻ってきて、海外で得た知識を日本の発展のために活用する。

 

まるで、本帰国後の海外駐在員!

 

 

 

飛鳥山の碑。

 

 

飛鳥山は、標高25m。

 

 

帰りは、念願のあすかパークレールに乗りました。

運賃は、なんと無料です。

 

 

 

1分くらいで、到着。

 

エスカルゴならぬ、アスカルゴ。

 

 

あっ!

最近はすっかり撤去されて見かけなくなった、東京オリパラマーク!

 

 

帰りに、「扇屋」で玉子焼きを買いました。

 

 

2005年に閉店した、1648年創業の老舗旅亭「扇屋」。

その名を引き継ぎ、名物の玉子焼きのみを販売しています。

 

 

 

 

お味は… 夕飯で食べたら、追記します!

 

たれ旅ファンの皆様、こんにちは!

 

TOKYO2020の思い出の旅は、先週の浅草~有明テニスの森で終わりの予定でしたが…

本日、表参道に行く用事のついでに、新国立競技場周辺に行ってきました。

 

 

先に本日のルートを書いておくと、
今、AとBの間にいて、ここからF辺りまでぐるっと回っていきます。

 

 

 

 

 

 

周囲には水路もできていて、自然との融合を感じます。

 

 

ここから、右側を上へと(左回りで)歩きます。

 

 

たぶん、パラリンピックのマラソンの出入り口となった場所。

 

 

外壁に、アスリートの名前が…?

 

 

TOKYO1964大会の、各競技の優勝者が並んでいました。

 

TOKYO2020大会の優勝者一覧も、これからどこかに掲載されるのでしょうね。

 

 

さて、今日のお昼はこちら。「ホープ軒」です。

 

 

お店の反対側は…

 

 

テレビでよく見た光景!

 

 

このラーメン屋さん、無観客決定してからよくテレビが取材に来ていたので、

本日、外国人観光客の代わりに食べに来ました。

 

各国語のメニュー。

日本以外ではほとんど見かけない、自販機の説明も。

 

 

 

1階は立ち食い、2階は座って食べられます。

少し待って、2階で食べましょう。

 

 

窓側が空いていれば、ラッキー!

 

 

 

久しぶりの背脂入りラーメン、美味しかったです。

 

 

FieldCast(ボランティア)仲間の投稿で、

オリンピックミュージアムの隣のショップは、TOKYO2020のショップではなく

JOCのショップだから、まだピンバッジも売っている!

 

と見たので、行ってみることに。

 

交差点を左へ曲がります。

 

 

オリンピックスタジアムは、元の「新国立競技場」に戻すために、工事中ですが…

 

 

 

テレビで見た光景!

 

 

やっぱり、有観客で開催できたら良かったですよね。

 

ここからすぐ、日本オリンピックミュージアムの建物へ。

 

 

オリパラが終わってしまったから、もう興味も薄れ、空いているかと思ったら、

多くの方が記念撮影のために並んでいました。

 

 

2020/11/22に来た時は、こちらのアングルで記念撮影してしまいましたが…

 

 

左から撮ると、バックに新国立競技場が入ります。

 

 

日本オリンピックミュージアムは、今も入館は予約制のようです。

(それほど混んではいないので、その場でスマホから予約できます)

 

中の様子は、2020/11/22の記事を参照して下さいね。

https://ameblo.jp/tenkin-travel/entry-12639560300.html

 

 

本日のお目当て、JOCのショップはどこだろう…と、

日本オリンピックミュージアムの窓ガラスに沿って奥(外苑方面)へ進むと…

 

いました、ミラソメ!(ミライトワ&ソメイティ)

 

 

「アスリートジャパンスクエア」が、正式名称のようです。

 

 

お台場のFAN PARKや、スカイツリーのショップでは見かけなかった、

TOKYO2020のお菓子や、あんなに探していたピンバッジが、まだ売っているー!!

 

FieldCastの皆さん、ぜひ来てみて下さい!

 

 

 

日本オリンピックミュージアムのある通りは、イチョウ並木の1本手前。

たぶん、こちらの通りを歩いたのは、人生2回目。

 

 

神宮球場では、東京六大学野球が開催されていました。

 

ここからプロにスカウトされる人、

プロに入って、ワールドカップに出る人、アメリカに行く人…

 

オリンピックで活躍した選手たちのような、未来の卵を

スカウトマンが探していたりするのでしょうね。

 

 

近くには、秩父宮ラグビー場が。

 

 

今まで、生でプロスポーツ観戦をしたことがなかったのですが、

有明テニスの森で、ボランティア中に試合をチラ見できたこともあって、

スポーツ観戦してみたい!と思うようになりました。

 

 

神宮球場、昼間は東京六大学野球ですが、

夜は、ヤクルト対カープのようです。

 

 

 

先週、有明テニスの森の記事を書いた時は、オリパラロスになっていたのですが…

 

昨日、ツイッターの投稿をモーメントにまとめたり、

オリパラの会場別研修でもらった資料などをファイルに整理していたりしたら、

 

次にやった方が良さそうなことが見えてきました。

 

 

パラのボランティアが、パラテコンドーの練習会場だったご縁で、

引き続きテコンドー情報はチェックしていくのと、

 

仕事柄、スポーツビジネスもチェックしていきたいと思っています。

 

「【スカイツリー】TOKYO2020 FieldCast が巡る東京ミズマチ&すみだリバーウォーク」の続き。

https://ameblo.jp/tenkin-travel/entry-12697568081.html

 

 

1日目も見かけた、吾妻橋ふもとの水上バス乗り場にやってきました。

 

 

先ほど、東京ミズマチ「むうや」で朝食を食べながら、

水上バスのWebサイトをチェックしていたところ…

 

東京オリンピック・パラリンピック開催のため、お台場行きは無くて、

代わりに「晴海選手村を見るコース」が。

 

ボランティア中は結局選手村を見る機会が無かったので、

これがラストチャンス!と、スマホから予約しました。

 

 

水上バスはいくつか種類があり、「ヒミコ」がカッコイイ船だと思っていましたが、

今回の「エメラルダス」も凄かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

座るなら、左側がオススメです。

 

 

 

両国の国技館が見えてきました。

 

 

東京転勤2回目、千葉在住時に愛用した、懐かしき総武線。

 

 

 

佃島リバーサイドが見えてきたあたりで、屋上デッキ開放のお知らせが。

 

 

 

元タイ駐在妻、この辺りで、

バンコクのチャオプラヤー川のリバークルーズを思い出しました。

 

 

 

 

遠くに、レインボーブリッジが見えてきました。

 

 

左手には、晴海の選手村!

各国の横断幕も無く、すっかり「元選手村」です。

 

 

パラリンピックのシンボル、スリーアギトスが残っていました。

 

 

選手村の向かいは、豊洲市場。

 

 

選手村から見えただろう、レインボーブリッジ。

 

 

――せっかく東京まで来たのに、

選手村からの景色と、練習会場、競技会場の行き来だけ。

 

 

パラテコンドー練習会場で交流したトルコ選手団の皆さんはじめ、

各国の選手やスタッフなど皆さん、

浅草など東京の素敵な場所を訪れ、交流できたら、もっと日本を楽しめただろうに…

 

と、ふと思いました。

 

 

 

終点の豊洲が見えてきました。

 

 

 

 

お昼は、ららぽーと豊洲の「ババ・ガンプ・シュリンプ」で。

 

 

映画「フォレスト・ガンプ」をモチーフにしたレストランです。

 

 

 

 

『人より知能指数は劣るが、純真な心と恵まれた身体、母への愛とある一人の女性への一途な思いを持ち、心ない人からは嘲りを受けつつも、それ以上に良き心を持つ周囲の人々の協力を受けて数々の成功を収め、同時に幸福を周囲にもたらしていく「うすのろフォレスト」の半生を、アメリカの1950 - 80年代の歴史を交えながら描いたヒューマンドラマ』(from Wikipedia)

 

ガンプも卓球をやるシーンがありますが、

パラリンピックの卓球を思い出しました。

 

 

 

 

せっかくなので、豊洲からゆりかもめに乗って、

東京オリンピックでボランティアをした、懐かしき有明テニスの森に行ってみることにしました。

 

 

 

 

隣に座っている方が、ボランティアが7回目のくじでもらえる青いスウォッチをしていて、

心の中で「FieldCast仲間!」と叫んでました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

唯一、駅のホームから競技会場が見える…と人気だった、

有明アーバンスポーツパーク。

 

解体真っ最中なのが、寂しいですね。

 

 

我らが有明テニスの森のコロシアム(センターコート)が見えてきました。

 

 

あれ?

もう中を通れるようになっているかと思ったら、コロシアムブリッジ利用は9/14からでした。

 

 

センターコートの前に並ぶ国旗も無くなり、全ては元通り。

 

 

東京オリンピック・パラリンピックのあの日々は、夢幻だったのか…

 

 

 

9/14になれば、この柵も取り払われて、元のコロシアムブリッジに戻ります。

 

 

東京オリンピック中、何度も乗り降りした、国際展示場駅。

 

 

 

今回のたれ旅は、これで終わり。

 

 

ボランティア開始!有明テニスの森編

http://tkt48.net/blog/?p=11121

 

ボランティア完了!パラテコンドー練習会場編

http://tkt48.net/blog/?p=11204

 

 

『タイに駐在した時、タイの方が優しくしてくれたからタイ生活が楽しく、タイが大好きになりました。
 
今度は、日本に来てくれた選手や観光客の方が日本滞在を楽しみ、全力を出せ、
あの時日本に行って良かったと思ってもらえるようにおもてなしできたら…と思います。』

 

 

昨日、浅草の「梅園」に行った時にお店の方に、

 

「はい、熱々ですよ!」

「ゆっくりしていってね!」

と言われて、

 

「些細な一言だけど、こういうところが日本のおもてなしなのかも…」

と思ったことを、今思い出しました。

 

 

 

日本でも最大の観光都市、浅草。

お店や施設の方は当然、外国人観光客のおもてなしは慣れているのです。

 

昨日今日と、「観光客」としておもてなしを受けたことで、

改めて日本はいいな、と思ったし、

コロナが収まったら、外国の選手や観光客の方に、改めて来日して「日本のおもてなし」を感じて欲しい…と思いました。