荒牧太郎オフィシャルブログ「全ては勝利のために」Powered by Ameba
フットサル選手
ミズノ(mizuno)契約選手
jugador de futbol sala
Futsal Cartagena No.6→Bardral Urayasu No.6→Voscuore Sendai No.6
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

第22節 ヴォスクオーレ仙台vs湘南ベルマーレ

ホームで行われた湘南ベルマーレ戦。

 

先制することができましたが、その後前半のうちに逆転を許し、

 

まだ勝敗はどっちに転ぶか分からない状況でしたが、

 

耐え切れず失点を重ね1-5で負けてしまいました。

 

 

誰もが試行錯誤をし勝利を目指していますが、それは対戦相手も同じこと。

 

しかもこの点差を考えると自分達が抱えている課題をまだ修正できていないと言わざるを得ません。

 

負けが続いているチームは、少し上手くいかないことがあると、例えば失点すると、

 

「また今日もダメなんじゃないか」というイメージがチームを支配する気がします。

 

フットボールにおいて得点や失点はつきもの。

 

そこを理解する必要があります。

 

ただそのイメージを払拭するには、成功体験を積むしかないと思います。

 

0-2から逆転したとか、0-3から追い付いたとか、2-0から逆転され、更にそれをひっくり返したとか…。

 

そういう成功体験が自分達の力を信じる力になると思います。

 

ヴォスクオーレ仙台はまだその成功体験が圧倒的に不足しています。

 

勝利を目指して、あらゆることにこだわってレベルアップに努め、

 

出来る最善の準備をし続けて全力で試合に挑み続けるしかありません。

 

その努め方、準備の仕方も示さなければなりませんね。

 

 

今シーズンは本当に厳しい闘いがクラブにも現場のチームにも続いています。

 

しかしこれも現実でそれを受け止め、階段を1つ1つ上がっていくしかありません。

 

あらゆることに当てはまると思いますが、常に右肩上がりの成長を続けるのは難しいと思います。

 

昨シーズンが成長のシーズンだったとしたら、今シーズンは更なる飛躍の為にしゃがむ時期なのかもしれません。

 

俯瞰してその状況を見つつ、今を全力で打開しようとする。

 

その覚悟や工夫、アイディアを問われているように感じています。

 

今まさにクラブの歴史を積み重ねている最中。

 

いい加減に取り組んだり、投げ出したり、他人事として捉えたりも出来ます。

 

どう生きていくかはその人次第。

 

でもやるからには全力で苦しむことも含めてフットボールに取り組みます。

 

やったろー!

 

 

 

おしまい

第21節 ヴォスクオーレ仙台vsペスカドーラ町田

かみすセントラル2試合目のペスカドーラ町田は前半セットプレーから立て続けに失点し、

トータルスコア2-7で敗戦。

セントラルの2連戦は連敗で終わりました。



この試合でも分かる通り失点があまりにも多いです。

もちろん警戒もしていますが、なかなか食い止めることが出来ません。

前から書いている通り野球のように攻守が分かれているスポーツではないので、

単純に守備の練習をしているだけで失点が減らせるわけではありません。

そもそも攻撃の時間を長くしたり、攻撃の工夫でボールの失い方をある程度方向付けしたり...。

とはいえセットプレーや数的不利の守備、1対1の部分などはそれに特化した練習もあると思います。

大敗が続き、なかなか勝てず、勝ち点を積み重ねられないと、全否定してしまうものです。

何かひとつこれを直せばという程簡単じゃないのがフットボール。

だからこそ目の前のプレーの精度や強度を上げるように、

日々の練習から励むしかありません。

ふとしたきっけかで勝利が転がってきたり、チームが好転することもあると思います。

しかしそれは普段から誰よりも厳しく自分自身と向き合ってるチームにのみ転がるものです。

やったろー!



おしまい

第20節 バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台

茨城県神栖市で行われている神栖セントラル。

僕らにとっての1試合目バサジィ大分戦は、

2-7での大敗となりました。

勝負なので勝ち負けがあるのはもちろん理解しています。

良いプレーをしても負けることもあれば、

良いプレーが出来なくても勝つ試合があったり、

しかし今日の試合の様に持っている力をピッチで出し切れずに負ける試合が、

今シーズン何回目か分かりませんがあるのも事実。

それが悔しくてなかなかこの現実を受け入れられずにいます。



もっともっと自分の持っている力を出し切ることにコミットして、

常に自分の100%、120%を出せる習慣を身につけなければなりません。

それでも全てを出し切るのは難しい。

けど出し切ろうとしない限り全力は出ないし、

下位にいる僕らが全力で全力以上で試合に臨まずに勝てるはずがありません。

自分自身もっともっと責任持ってプレーの選択をしていくべきだと痛感しました。

個人で責任を持って、チームとして闘いに挑み、全員で勝利を掴む。

そのスタートはまずは個人。

明日の試合に向けて責任持って準備します。

やったろー!



おしまい
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>