荒牧太郎オフィシャルブログ「全ては勝利のために」Powered by Ameba
プロフットサル選手
ミズノ契約選手
Jugador Profesional de Fútbol Sala
Futsal Cartagena No.6 → Bardral Urayasu No.6 → Voscuore Sendai No.6 → BoaluzNagano No.66
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

リーグ開幕戦 YSCC横浜vsバサジィ大分

2022-23年シーズンがようやく開幕しました。

 

開幕戦はアウェイのYSCC横浜戦でしたが、4-0で落とす結果となりました。

 

当然勝利を目指していたので、結果を受けて悔しい気持ちもありますが、

 

物凄く難しいシーズンになると覚悟していますし、

 

全ての試合で勝てる程甘い世界ではないと思っているので、

 

やるべきことを日々積み重ねていくしかないと思います。

 

 

今シーズンは選手もかなり入れ替わりましたし、若く経験の浅い選手が大半になりました。

 

更に監督が代わって、全員で新しいことにチャレンジしていかなければならないシーズンです。

 

Fリーグではあまり移籍や入れ替えが活発ではないですが、

 

今シーズンのバサジィ大分はそこに挑まなければなりません。

 

移籍をすればまずはチームメイトや監督に、自分のプレーを知ってもらわなければなりません。

 

それと同時にチームメイトがどんなプレーをするのかも知る必要があります。

 

更に監督が攻守に渡りどんなプレーを要求しているのかも、早く理解しなければなりません。

 

更に試合になれば目の前の選手がどんな選手なのか、相手チームの戦術的な狙いは何なのか、

 

いち早く察知していかなければなりません。

 

それを短期間で行うのは難しく、更に移籍が活発ではない日本では、

 

チームメイトや監督に順応することが得意な選手は多くないと思います。

 

更にリーグでの経験も浅ければなおさら試合で自身の力を発揮するのは難しくなるでしょう。

 

 

しかしそれをするのがトップカテゴリーの選手であって、

 

バサジィ大分は他のFリーグのクラブよりは恵まれた環境にあり、

 

プロフェッショナルな選手としての責任があると思います。

 

既に書いた様に難しいことは重々承知しているし、言い訳もたくさん出来ますが、

 

ピッチに入れば選手がプレーし、自分自身で責任を取るしかありません。

 

試合で良いパフォーマンスを発揮したければ良い準備をして試合に臨むしかありません。

 

何度も書いていますが、良いコンディションで練習に取り組み、

 

そこで毎日毎日全力を出し続ける訓練をし続けるしかありません。

 

たかが1試合。されど1試合。

 

下を向く必要は全くないと思いますが、今のままでは自分達の望む結果を得るのは相当難しいと思います。

 

まずは個人としてもう一度日々の取り組みを見直す必要があると感じました。

 

もっと出来ることがあったはずだと振り返っても後の祭り。

 

でもしっかりと反省をして、次の試合に向かっていくしかありません。

 

悔しい想いが強いですが、一方で試合って良いな。楽しいな。

 

リーグや他クラブにも切磋琢磨して来た仲間がいて、

 

その人達との対戦はやっぱり最高です。

 

だからこそもっともっと自分も良いパフォーマンスを発揮したい。

 

次はホーム開幕戦です。

 

まだまだ自分自身にも伸びしろしかない。

 

やったろー!

 

 

 

おしまい
 

FOC 2回戦 バサジィ大分vs湘南ベルマーレ

シーズン到来を告げるオーシャンカップ。

 

コロナの影響で久しぶりの開催となりましたが、

 

やはり選手としては試合が最もワクワクするので、

 

シーズン中試合は多ければ多い程良いと思っています。

 

その為にはとにかく勝ち続けるしかないんですけどね…。

 

更にこの様なセントラル開催の大会だと、

 

一度に多くの選手や関係者と顔を合わせる機会があるので、

 

ピッチ外でも楽しみが多いです。

 

そしてシーズン最初の大会として、自分達がどれだけやれるのか、

 

その大会でタイトルを獲得して勢いを持ってリーグ戦に臨めるのか、

 

非常に重要なカップ戦になります。

 

 

バサジィ大分は2回戦からの登場になり、湘南ベルマーレが相手でした。

 

結果は2‐6の敗戦。先制されましたが、すぐ同点に追いつき、

 

逆転するチャンスはありましたが決めきれず、逆に追加点を許し、

 

パワープレーで更に点差を広げられてしまいました。

 

何とか、何とか勝利を掴める様に準備し、プレーし、全力を尽くしたので、

 

疲労感はもちろんですが、悔しさもかなり強いです。

 

あそこでこれをやればと今振り返ってもいろいろプレーが思い出されますし、

 

悔しさや苛立ちがあります…当然ですね。

 

 

チームとしては監督が代わり、選手も入れ替わり、そしてかなり若返り、

 

まだまだ積み重ねていくべき余白が多く残されているチームではありますが、

 

プロである以上結果を残さなければなりませんし、

 

Fリーグの舞台に立っている以上年齢や経験に関係なく、同じ選手として相手と戦い勝利しなければなりません。

 

その辺りの覚悟や決意、それを行動に移す意志や継続力などが選手個人にはもちろん、

 

チームやクラブにも求められていると思います。

 

 

 

ここには何度も何度も書いていますが、僕ら選手が出来ることは練習と試合のみ。

 

恐ろしく単調で、何か特別なことをしたくなったり、話し合ってみたくなったりしますが、

 

細部にこだわって日々の練習を1日ずつ、1セッションずつ、1プレーずつ積み重ねていくしかありません。

 

負けた後にあれこれ言うのは論外ですし、人のせいにするのも論外。

 

もちろんチームプレーなので、仲間との協力のもと成り立つものだからこそ、

 

試合前の準備、練習の段階でとことんコミュニケーションを取って、

 

最高の準備をした状態で試合に臨む。

 

それでも勝ったり負けたりするのが勝負だし、スポーツです。

 

だからこそもっともっと日々の練習や生活にこだわらなきゃなりませんね。

 

そういう志しというか姿勢というか、そういうのもチームメイトに伝えつつ、

 

自分自身も高め、周りも高め、周りに高めてもらいながら、

 

チームとしてどんな結果を出せるかが勝負です。

 

悔しいですが、明日の練習に良いコンディションで臨める様に今日は休みます。

 

 

 

次、明日と簡単に言いますが、今シーズンの3つのコンペティションのうち1つが既に終わってしまいました。

 

次や来年があって当たり前と思わず、今目の前のことに全力で取り組みます。

 

やったろー!

 

 

 

おしまい

筑波大学大学院入学に関して

このAbemaのブログ以外のSNSで簡単にお伝えしましたが、

 

筑波大学大学院
人間総合科学学術院
人間総合科学研究群
スポーツウエルネス学学位プログラム
博士前期課程

 

に入学しました。

 

*入学式の為東京に帰っているタイミングで偶然にも街で出くわす武岡優斗…運命だよねwww

 

その中でスポーツプロモーション領域で研究を進め、

論文を仕上げていこうと今のところ思っています。

 

具体的な内容に関しては、今度書きます。

現在書ききれない状況でもあるので。

 

僕が受験したのは社会人向けの大学院で、

筑波大学の茗荷谷キャンパスに夜間通うもので、

通常2年で単位を取得し論文を仕上げて博士課程修了となります。

 

ご存知の通り僕は4月から大分でプレーしています。

なので東京で大学院に通うことは出来ません。

しかし筑波大学の大学院には「長期履修制度」というものがあり、

社会人で言えば転勤があったり、僕の様に移籍があったり、

そういう人に学ぶ機会を提供する為の制度があります。

僕はそれを利用することが出来たので、最大4年かけて卒業が出来ます。

入学を辞退したり、休学する必要もありませんでした。

 

もちろん長期履修制度を利用するのにも、

申請する必要があり、そこで教授とお話しする機会がありました。

その時「国がアスリートにデュアルキャリアを求めていて、荒牧さんはそれを地で行っているんだから」と

お話しして頂きました。

選手を続けながら学びたいという自分自身の欲望があり、

そういう機会が用意されていること、長期履修制度などでその扉を広く開こうとしていること、

移籍などの事態をも理解してもらえることをこの短期間で知り、

非常に感動しましたし、だからこそ学ぶ意欲も更に増し、同時に責任感も生まれて来ました。

 

実際にこの長期履修制度の中でどこまで単位を取得できるか、

学びを深められるか、論文を仕上げて博士課程を修了できるのかなど不安は大きいですが、

同時に新しいことへのチャレンジ、学びへのわくわくの方が圧倒的に大きいです。

 

先程も書きましたが、このチャレンジはシンプルに知的好奇心から来るものです。

フットサルをずっとプレーして来て、ピッチ内はもちろん、ピッチ外のこともたくさんの学びや気づきがありました。

その見識をもっと深めたいと思っていますし、スポーツ界に対しても、

もっと学術的知見を得たい、他の競技やスポーツ界からも学びを得たい。

その想いだけです。

 

特に今の時代は数年後、数か月後すらどうなっているか分からない時代だと思います。

なのでこれからの人生を想像し悩み続けるよりも、今出来るあらゆることに全力を注ぎたい。

それだけです。

何一つ手を抜く気はありません。

 

全てのことが楽しみで仕方ないです。

試合以外にも今後たくさん報告出来ると思います。

また読んで下さいねー!

 

やったろー!

 

おしまい

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>