前回の投稿から、2か月余りが経ってしまいました。

放置状態になっていたにも関わらず、訪れてくださった方々、ありがとうございます。

 

書きかけの記事は幾つもあるのですが、今回は先日の大峯修行の時のことを綴ってみたいと思います。

 

尚、今回の大峯修行に当たり、道中も現地での修行中も、個々の体調や周囲への配慮に氣を配っていたことは言うまでもありません。

 

観音峯から観る青空

修行2日目、観音峯の山中、先達の声が響きました。

 

「耳を澄ませてください。

聴こうとしないと聞えてこない音があります」

 

はっと吾にかえって、、

山中の自然に意識を向けると、、

 

水の音

風に木の葉が揺れる音

鳥の声

 

大自然の声や香りが、意識に上ってくるのを観じます。

 

大峯龍王講社 秩父曼荼羅小屋 のホームページから修験の心得をご紹介致します。

~如是我聞~

「古の智慧を学ぶ」秩父曼荼羅小屋

修験道Q&A より

Q.

厳しい修行のイメージがありますが、体力のない人は修行できないのですか?

A.
確かに山岳信仰であることから山々を駆け登り、瀧に打たれ、など厳しい修行の一面もありますが、本来の目的は山や森に入り、人間の持つ六根を研ぎ澄ませ森羅万象(大自然・神仏)と感応することから生じる力で庶民救済のために祈り役立てるための修行です。

※六根:目、耳、鼻、舌、身、意

体力がない方や初心者の方は、男女の別なくご自身に可能な範囲から大自然の中に入ってみましょう。

地 水 火 風 空 識

意識を変えるだけで普段とは違った感覚に気づくことができます。

このことが修験道修行の第一歩です。峰々を見つめ、風の音を聞き、花々の匂いをかぎ、水を味わい、神聖な気に触れ、命の恵みに感謝し、大自然の息吹を感じることが修験の道に繋がります。

 

「古の智慧を学ぶ」 修験道Q&A

 

そして、己の身體もまた、一番身近な大自然のひとつの顕れです。

 

体力まかせに、筋力を頼って頑張って歩くのではなく、大いなるいのちと共にある身體と対話しながら、丁寧に身體を用いて、山中を歩みます。

玉八大権現の鳥居

 

これが正解の歩き方と云う訳ではありませんが、私なりの感覚を綴ることに致します。

 

登りでは、、

踏み出された前足の脛骨のラインを通して、大地に自分の重みを注ぐ感覚で歩きます。

 

こうすると、身體を持ち上げようとする感じが消えて、樂に歩を進めることができます。

玉八大権現

 

大きな段差を登るときは、、

腰を捻って足を出すのではなく、ぬかるみから脛を引き抜くような感覚で足を上げます。

 

こうすると、身體を縦に割って使いやすくなり、樂に上の段に足を置くことができます。

観音峯の岩々

 

逆に、大きな段差を降りるときは、、

(衝撃を緩和する為、誰しもがゆっくりと降りるようにすると思いますが)落下速度の調節は、軸足太腿の筋肉で行うのではなく、体幹を用いて軸足側の股関節のたたみ具合を加減する方が、滑らかに細やかに調節することができ、樂に降りることができます。

 

そして、降ろす足側の半身が、軸足側の半身から分離してずり落ちるような感覚で、身體を縦に割って用いると、段差の大きさを感じなくて済みます。

 

こうすると、踏み下ろす側/支える側、どちらの膝への負担も軽くできます。

 

降ろした足に体重を移していくときも、登りのところで述べたのと同様、脛骨のラインの延長線上の足裏の一点を通って、大地に自分の重みが注がれてゆく感覚を大切にします。

 

足首や趾などに力を入れてしまうと、足裏のセンサーが働きにくくなりがちです。

 

足裏を通して、地面の状態やGの方向を繊細に感じられるようにしておきます。

 

すると、足を滑らせるリスクが減りますし、たとえ滑ってしまったとしても、前のめりになったり、のけぞったりすることなく、身體が平行移動するだけで、転ばずに済みます。

観音峯展望台

 

緩やかな下り坂は、自動歩行の感覚を愉しみながら、樂に歩を進める感じです。

 

重力を上手く使えるように骨のアライメントを整えると、筋力に頼らず歩けるようになります。

 

そのことが理解できる、良い参考動画です。 

下差し

 

これらの動画は、位置エネルギーだけで歩行するロボット模型なのですが、もちろん、傾斜が無い道での歩き方の参考にもなります。

 

「骨格のアライメントを整え、重力を味方にすれば、筋力に頼らずに樂に歩ける」と云うことが、この動画を見ると納得できます。

 

但し、この動画の歩行を理想の歩き方としてイメージするのは、早計です。

詳細な理由は、次の記事で述べる予定です。

 

普段の散歩のときなどの傾斜の無い道でも、後ろ足で地面を蹴って歩くのではなく、身體を貫く垂直の軸を感じながら、重力に導かれるように歩を進めると、樂に歩けます。

(筋トレ志向の方の目指す歩き方とは、その方向性が異なるとは思いますが。。)

 

吊り橋

 

金剛杖については触れませんでしたが、金剛杖の力を借りると、更に樂に山内を進むことができます。

金剛杖

まさに、同行二人です。

金剛杖のことは、機会を見て詳しく書きたいと思います。

 

総てを通して言えるコツは、

筋肉を運動器官として用いるのではなく、

筋肉を感覚器官として使う感じと云えば、

言いたいことが伝わるでしょうか。

 

歩き始めは、自粛でなまったのか、ちょっと身體もしんどかったのですが、意識の焦点を変えると、身體との対話を愉しみながら歩く感覚が甦ってきました。

観音峯案内板

 

聴こうとしないと聞こえてこない音がある

観ようとしないと見えてこないものがある

 

これは、あらゆることに当てはまるのではないでしょうか。

 

前回の記事にも書いたように、世の中に溢れている情報は、確かに玉石混淆です。
 

「みんなが、そう言っているから」
「テレビで、そう言っていたから」

 

というだけで、無批判に受け入れてしまっていると、見えてこないものがあります。

 

自分の判断根拠は何なのか?

ということを問い直してみると、観えてくるものがあります。


虚と実の別を見極め、自律の意志を放棄することなく、恐れず、付和雷同せず、自ら粛然と生きる道を歩んで行こうと切に思います。

 

                                  

 

一見、今回の記事の内容と関係ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、、

 

COVID-19では、無症状者も感染を拡大させるリスクがあると言われます。

 

そう言われるようになった大元のエビデンスを確認したいと思っていたところ、参考になる動画がありました。

 

約1時間程と少々長い動画ですが、実験内容を検証する観点を学ぶことができます。

 

一見の価値があると思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

情報リテラシーテーマに分類した、COVID-19に関しての記事が続きました。

 

今回は少し視点を変えて、整體・體育テーマで綴ってみたいと思います。

 

  ▶     ▶     ▶     ▶     ▶     ▶     ▶  

 

Stay Home 週間に、私が興味を持って視聴していたYouTubeの動画があります。

 

MMA(総合格闘技)矢地祐介選手のヤッチくんチャンネルです。

 

チャンネル登録者数は 9.74万人ですので、 御存じの方も多いと思いますが、このところのヤッチくんチャンネルでは、ジークンドー石井東吾先生の道場への出稽古シリーズが、大人気となっているようです。

 

今回記事では、その中の1本を取り上げます。

13分程の動画ですので、是非、早送りせずに最後まで観てみてください。

 

私がそんなことを言うまでもなく、この分野に興味のある方であれば、面白くて見入ってしまうこと、請け合いです。

 

1:50 ~の、フェイントとフェイクの違いの話

7:40 ~の、虚と実の話

8:20 ~の、反応力の良さを逆手にとる話

9:30 ~の、心を一か所に止めておかない話

 

・・・などなど、身體技法や身體操術の枠を超えて、今の世の中と如何に向き合い、どう生きるかという視点から觀ても、参考になるヒントがたくさん詰まっています。

ジークンドーマスター石井東吾先生のお話を聞いて、あの宮本武蔵が著し、後に五輪書と呼ばれるようになった、兵法指南書の一節を思い出しました。

如是我聞

宮本武蔵 著

五輪書 より

水之巻

兵法の目付と云事

 

目の付け様即ち目配りの仕方

大きく広く付けるものである

 

観 見 二つの事

観の目は強く、

見の目は弱く、

遠い所を近く見、

近い所を遠く見ること、

兵法の専一である

 

敵の太刀を知り

いささかも敵の太刀を見ず、

ということが兵法の大事である

工夫あるべし
 

この目付、

一分即ち単独の兵法でも

大分即ち軍隊の兵法でも

同じことである

 

目の玉は動かさずに

両脇を見ることが肝要である

 

このようなことは

忙しいとき俄には弁え難い

 

この書付を覚え、

常日頃この目付になって、

何事にも

目付が変わらぬようにするところを

よくよく吟味あるべきものである

空之巻

武士は兵法の道を確実に覚え、

その他武芸をよく勤め、

武士の行う道少しも暗からず、

心の迷うところなく、

朝々時々に怠らず、

心・意、二つの心を磨き、

観・見、二つの眼を研ぎ、

少しも曇りなく

迷いの雲の晴れたところこそ

実の空と知るべきである

 

実の道を知らぬ間は、

仏法に依らず、

世法に依らず、

各々己は

確かな道 と思い

よい事 と思っているが、

心の直道からすれば、

世の大矩即ち基準に合わせて見る時は、

その身その身の心の贔屓、

その目その目の歪みによって、

実の道には背くものである

 

その心を知って、

真っ直ぐなところを本とし、

実の心を道として、

兵法を広く行い、

正しく明らかに

大きなところを心に留めて、

空を道とし、道を空と見るべきである


空には善有りて悪無し

知は有なり 利は有なり 

道は有なり 心は空なり

 

参考:引用元

日本古典文学摘集 五輪書

https://www.koten.net/gorin/

 上差し

※画像クリックで、Wikipedia 五輪書 ページへ飛びます

 

宮本武蔵は、空之巻に、こう記しています。

 

心・意、二つの心を磨き、

観・見、二つの眼を研ぎ、

少しも曇りなく迷いの雲の晴れたところこそ

実の空であると。

 

世の中に溢れている情報は、確かに玉石混淆です。

 

玉と石とを見極める為には、油断なく手間を掛ける覚悟がいるかもしれません。

 

しかし、取捨選択の権利を放棄して、判断を他に委ねた結果を受けとめるのは、、

他でもない己自身です。

 

虚と実との別を見極め、恐れからでもなく、付和雷同でもなく、本当の意味での自粛、、

自ら粛然と、生きて行きましょう。

Stay Home 週間、如何お過ごしでしょうか。

 

今回も、情報リテラシーのテーマで綴ろうと思います。

 

前回は、データ可視化の観点から書きましたが、そもそも、新型コロナウイルス感染症の感染者数や死亡者数とは、どのような人数なのでしょうか。

 

以下リンク先のページを読むと、WHOが医療機関に通達している内容が解ります。

 下差し

COVID-19 アウトブレイクの為の緊急使用ICDコード

 

ここには、医療機関でカルテや死亡診断書に記載する為のCOVID-19関連の診断コードに、複数の種類があるということが記載されています。

緊急 ICD-10 コード
U07.1 COVID-19

PCR検査等のウイルス検査で、陽性が確認された症例に付けるコード
U07.2 COVID-19

→肺炎等のCOVID-19が疑われる症例に、検査なしで付けるコード

 

ICD-11 コード

RA01.0

→確定診断のコード

RA01.1

→(疑われるまたは可能性がある)臨床診断のコード

 

死因をCOVID-19と分類/認証する為の国際的な指針

 上差し クリックするとPDFファイルが開きます

 

今回の政府からの自粛の要請が、実際にある程度の強制力を持つ様に、WHOが示す指針には、医療機関に対して拘束力がある様です。

 

上記リンク先ページには、その内容が詳細に記載されています。

 

私は、WHOが提示した指針の内容や、指針が強制力を持つこと、それ自体の是非を論じたいのではありません。

 

指針の内容については、感染力が強いという前提に立つならば、感染の拡大を防止する為の論理的な帰結と、頷けるものも多いです。

 

只、言えることは、報道される死亡者数は、検査で陽性と判定されたケースと、検査することなく可能性としてU07.2のコードを付けられたケースの合算であるということです。

 

また、志村けんさんの報道でも判るように、COVID-19が死因の場合は、遺族は最後の別れの場面に立ち会うことすらできません。

 

それは、検査なしのU07.2コードのケースであっても、同様です。

 

検査で陰性と判定されれば・・・という一縷の望みから、死後のPCR検査を申し出ても、遺族の思いの前に立ちはだかる壁は厚いようです。

 

注意 PCR検査の感度と特異度から、PCR検査が絶対的な判定基準となり得ないことは承知しています。

しかし、以前の記事でも取り上げたことですし、論が複雑になるので、今回はそこには触れずにおきます。

 

 下矢印【2020/5/6 追記しました】

補足すると、U07.1 と U07.2 とにコードが分けられてはいますが、コード U07.1 なら、検査で陽性と判定されたと認識して良いのかというと、実はそうとも言い切れないのです。

 

WHOの出した指針に、以下の様に記載されています。

4. GUIDELINES FOR CODING COVID-19 FOR MORTALITY

 A- ICD-10 Cause of Death coding of COVID-19

Although both categories, U07.1 (COVID-19, virus identified) and U07.2 (COVID-19, virus not identified) are suitable for cause of death coding, it is recognized that in many countries detail as to the laboratory confirmation of COVID-19 will NOT be reported on the death certificate. 
In the absence of this detail, it is recommended, for mortality purposes only, to code COVID-19 provisionally to U07.1 unless it is stated as “probable” or “suspected”.

(一部抜粋)

私の抜粋が恣意的であると思う方も、そうでない方も、指針の原文を是非ご覧ください。

 上矢印【2020/5/6 追記ここまで】

 

死亡者数や感染者数は、検査で陽性と判定された人と、検査をされていない人が、一括りにその人数として発表されている。

 

私自身は、WHOが出した指針の詳細を知ることによって、感じていた認知的不協和感が腑に落ちたものとなり、この指針の内容を、状況を把握する為のエビデンスに加えました。

そして、それを縁ある人々と共有したいと思い、こうして綴っています。

 

この事実を知ることによって、どう判断するかは、各々の裁量にお任せ致します。

 

病院 病院 病院 病院 病院 病院 病院 病院 病院 病院 病院 病院

 

但し、さらに記すとするならば、すぐに単純な是非のレッテルを貼ることで、見逃すものが多くなる可能性については、注意を払っていただきたいと思います。

 

レッテルを貼ってしまうと、その時点で認知的不協和が解消してしまい、その後の氣付きを見逃しやすくなってしまいます。

 

不協和をそのままにすることは、何だか落ち着かないものです。

でも、「判断保留」に留めておくと、潜在意識が不協和を解消しようとして、いろいろと氣付きのヒントを集めて来てくれます。

 

判断保留の意識の箱を上手に使うことは、自分自身を自由にしていくことに繋がります。

 

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

 

話は若干逸れますが、一部で話題となっている、BCGワクチンのCOVID-19に対する有効性について、WHOのページに公式な見解が掲載されています。

 

画像をクリックすると、BCGワクチン接種とCOVID-19についての、WHOのページに飛びます。

 下差し

WHO Logo

注意 上の画像はWikipediaよりお借りしました。

 

この中で、WHOは、

In the absence of evidence(証拠がない)

と述べています。 

 

これを読んで、BCG接種を義務化していない国でCOVID-19の死亡率が高い、というデータがあるのだから、未だに証拠がないと言い続けているWHOの方針には疑念がある、という方もいらっしゃるかもしれません

 

注意 ここでは、BCG株の種類の考察や、相関関係があっても因果関係があるとは云えない、ということ等については、論旨が逸れるので置いておきます。

 

或いはWHOも、BCGワクチンのCOVID-19に対する有効性について、情報を持っているのかもしれません。

 

只、必要なところに物資が行き渡るかどうかの広い視点に立たず、パニックに陥っているかのように物資を買い占める、そうした人々がいる現状を見るに、、

もし、BCGワクチンが有効だとWHOが認めた時に何が起きるか、、

 

必要な子供達にBCGワクチンが行き渡らなくなる悲しむべき状況を招くことは、想像に難くありません。

 

私もWHOの在り方に諸手を挙げて賛成しているわけではありませんが、COVID-19に対するBCG接種についての表明は、ベストとは云わないまでもベターな対応だと思っています。

 

🔆🔅🔆🔅🔆🔅🔆🔅🔆🔅🔆

 

ここで、私が敬愛してやまないお大師様が、とても大切にされたと云う大日経の一節を、綴りたいと思います。

如是我聞

大日経 住心品

(漢訳) より

菩提心為因

大悲為根
方便為究竟

 

菩提心を因となし
大悲を根となし
方便を究竟となす

【Ta.O.☯さん 訳】

正覚を啓く心を因とし

 

生きとし生ける者への慈悲を根とし

それを顕現させる

具体的かつ実践的な行為こそ

靈止(ヒト)として現世(ウツシヨ)で為すべき

佛と一体の境地です

大日経とは、若き日のお大師様が出会い、その教えを学び深めることが、唐に渡る動機ともなったとされる経典です。

 

この古い経典にも説かれている様に、、

外からの印象操作に惑わされず、

近視眼的な善悪の追求にも囚われず、

靈止(ヒト)としての本来の在り方を、見据えていたいものです。

 

投稿日時:2020-05-04 15:15

追記日時:2020-05-06 14:24

 

お読みいただきありがとうございました。

Stay Home 週間、如何お過ごしでしょうか。

 

今が辛抱の時と思って過ごされている方も、多いことでしょう。

私が辛抱という言葉をチョイスしたのは、この記事にインスパイアされたからです。

 下差し

で、辛抱の時はいつまで続くのか、、

 

報道等を見ていても、日々の新たな感染者数や累積の感染者数を報じるばかりで、陽性から陰性に転じた人を除いた、現在の感染者数については、あまり報じられていないのではないでしょうか。

 

只、その為には更に多くのPCR検査を行わねばならず、私の本意はそこにはありません。

 下差し

注意 私は、現在のPCR検査の体制を良しとしているわけではありません。

肺炎等の症状が出ている方には、必要に応じ、速やかに検査が行われた方が望ましいと思います。

現在は潜在的な感染者数や検査態勢も、上記のリブログ記事公開時とは情勢が変化してきています。

しかしながら、表で報道されている保健所や医療の現場の状況が真実であると云う前提に立つならば、全数検査を行うことには賛成しかねる、というのが現状の認識です。

 

今回、私が提言したいのは、今あるデータの活用・表現の方法についてです。

 

「情報リテラシー」のテーマで記事を書くのに、ちょっと間が空きました。

 

今回、データビジュアライゼーションの観点から書こうと思い、その前に上記ブログの時と同じく、既に解りやすく書いてある記事があるかなぁ~とWeb情報を探してみたら、、

ありました!

 

大変解りやすく、丁寧に書かれています。

 下差し

新型コロナウイルスの感染者数の増減を

片対数グラフで表す理由

 

是非、Stay Home されている皆さまにも、、

自粛を要請をしている行政側の方々にも、、

そして、 報道関係者 の方々にも、読んでいただきたい。

 

この様に表現すれば、感染症の拡大・収束の傾向が一目瞭然です。

 

報道局がやらないなら、時間があれば、自分でやりたいところです。

 

ところが、WHOのサイトでは、各国の日々の感染動向の確認はできるのですが、、

ダウンロードできるデータとしては、何故かPDFでのデータ提供のみ。

 

何故にCSVでも提供しないの?

如是我聞

世界保健機関(WHO)憲章前文 より

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

 

Informed opinion and active co-operation on the part of the public are of the utmost importance in the improvement of the health of the people.

 

(日本WHO協会仮訳)

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。

 

一般の市民が確かな見解をもって積極的に協力することは、人々の健康を向上させていくうえで最も重要なことです。

 

世界保健機関(WHO)憲章前文 より

一部抜粋

PCPCがこれだけ普及した今、 表計算ソフトを使ってCSVデータから片対数グラフを作成することなど、以前よりずっと容易です。

 

Microsoftやその他の会社からも、無料で使えるデータ分析ツールが提供されてもいます。

 

これからの時代、バイアスの掛かった二次情報を鵜呑みにせず、自分で分析し、行動方針を選択していく力が、どんどん大切になって行くと思います。

 

その為のツール等は、意図して探せば、目の前に現れる時代です。

 

注意 WHOの示すデータ自体に、バイアスが掛かっているか否かは、論旨から逸れるので置いておきます。。

 

WHOさん!

「一般の市民は、確かな見解をもって積極的に協力する」のだということを信じて、、

(一般市民の健全な見識が育ちゆくことを、WHOさんが本当に望んでいるのであれば、)

是非CSVでデータ提供してください お願い

 

もしかしたら私が見逃しているだけで、ひっそりとあるのか。。
機会をみて、また探してみます。。
目

 

クリックすると、WHOのThe Solidarity Series of Eventsの特設ページに飛びます。

 下差し

Flag of WHO

注意 上の画像はWikipediaよりお借りしました。

 

リンク先ページ、見た瞬間に、私はちょっとびっくりしました。

びっくり ・・・がが~んビックリマーク

 

WHOの広報活動に、ちょっと協力してみました。

 

To be continued

Stay Home 週間、如何お過ごしでしょうか。

 

夫婦で過ごす時間が増えた、というご家庭も多いのではないでしょうか。

あらためて、お互いの関係を見つめ直すと、觀えてくるものがあると思います。

 

今回は、快氣法と拍手の打ち方の話 にも登場した、私の快氣法の師 河野先生とのご縁で、幾度か御一緒させていただいたことのある、牧えりかさんのブログをご紹介致します。

吾が家では、牧さんのこの記事を読んで、2人で微笑み合いました。

 

私は、愛妻の何氣ないひと言に含まれたその叡智に、何度救われたか数知れません。

また、その温もった柔らかな手に、日々癒して貰っています。

 

一方、理論的なこと言語化することなどは、どちらかと云うと私の得意分野でしょうか。

 

言い換えれば、妻は巫女、私は審神者の役割と言えるのかもしれません。

 

をとこ」と「をんな」がそれぞれの素質に委ね合い・支え合い、そして各々の家庭から世界へと、の輪を擴げてゆけたらいいですね。

如是我聞

お大師様の詩文集

遍照発揮性霊集 より

もし復た一陽一陰なんぞよく物を化せん

羽を比べ鰭を比ぶるは人の常なり


故の内侍舟真人の氏

合衾して後、婦徳缺くることなし

共に金仙を仰ぎ、同じく識誓を発す
 

甘泉竭きやすく雙鳧一人飛ぶ

【Ta.O.☯さん 訳】

一陽一陰が和合して初めて、そこに物事が生じるのです。

比翼鳥や比目魚のように委ね合い・支え合うのが人の世の夫婦の在り方です。

 

真人さん夫妻は、夫婦になって後、その徳を欠いたことがありません。

共に佛さまを仰いで、正覚を啓く心を発しています。

 

(夫婦共々の発心無くば)

甘露の泉は尽きやすく、

二羽の鳧はそれぞれ独りで飛ばなければなりません。。

 

下差し画像をクリックすると、Wikipedia 比翼の鳥 のページに飛びます。

 

遍照発揮性霊集 巻第七 より

 

一陽一陰が和合しなかったとしたら、萬物は生まれるものではありません。

お互いの凸と凹とが和合して、歯車が回り、あらたな世界観の擴がりが生ずるのです。

 

夫婦に限った話ではなく、、

靈止(ヒト)と靈止(ヒト)との関係は、

依存ではなく、委ね合い・支え合いの関係性で在りたいものです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。