たこやきのフィッシングログ

たこやきのフィッシングログ

釣り好きが高じて転職し、釣り業界で働いております。海水、淡水問わず色々なジャンルの釣りを楽しんでます。ブログを見てもらってたくさんの方に『釣り行きたい』と思ってもらえたら幸いです(^^)


テーマ:
こんばんは

表題の通り、シーズン開幕で磯ふかせの舞台へ


毎回悩むのは西の長崎か、東の大分か?から始まりますが、天候や人数を加味して今回は大分県米水津へ。


渡船場に着くとなかなか釣り人の数。釣り人も活発に動き出している様子ですね。

上がった瀬はカイドクと言う場所



暗い時間帯からスタートなので、電気ウキからスタート。

早い段階でウキが海中に消し込むアタリがあるも正体は20cm満たいないアジ。

チャンスタイムの朝マズメまでアジのアタリは続き、本命はなかなか姿を見せず


満潮を境に潮が変わり、正面にあたってくる当て潮を狙うとようやく反応が


丸々とした魚体。
テンポを掴めば同サイズがポロポロとあたってくれます。


最大が30cm後半くらいですが、それなりに数も釣れ、シーズン初戦にしてはまずまずではないでしょうか。




本格シーズンのこれからが楽しみ。


次は西側のエリアに向かおうかなと思います。





テーマ:
かなり久々の更新になってしまいました。


相変わらず釣場には足を運んでますが、書くとこまでに至らず。





…ようはただのサボり







さてさて最近の釣行ですが、夜の徘徊シーバス。





回るエリアはベイト+明暗の絡む場所





ベイトに関しては目視で確認できるのはサヨリ、ボラ。

しかし釣れた魚が吐き出すのはこれらより小さく、どうやらサッパ?の様子。




ルアーはサイズを選ばすヒットしてくれるが、ナイスサイズは14cm前後のミノー。








ベイトが濃い場面と潮が満ちている時は、チヌの魚影も








しかし、それでも明暗部分をウロウロするランカー級はなかなか口を使わない。

たまに合うタイミングではポツポツと良型が反応しますが、長くは続かず




そのタイミングを探しに夜な夜な徘徊するわけですが、

とりあえず飽きない程度に魚は反応してくれます。






竿を振って魚と向き合っている時は、やはり時間を忘れますね?


そろそろ磯やライトゲームも開幕。
忙しくなりそうです

テーマ:
こんばんは。

3月に入り季節も移り変わりと思いきや、まだまだ寒い日が続きます。

早く春を感じたいものです


さてさて今回はフカセ界で話題となっているPEラインでの釣法。

こちらを体感すべく長崎県福島へ向かいました。

ターゲットはチヌ。福島はチヌ釣りのポイントとしても有名で、近辺では渡船も出ています。

しかし今回は波止からのゆったりな釣り。

季節的にはノッコミの時期ですので、良型も期待出来ます。


{A08AFA88-FF78-4233-953D-3278331B3C24}


風も無く、潮もゆっくり動きいい感じ

しかし朝はまだまだ冷えますね。


今回はメインにPE0.8号を巻き、ミッドリーダーにナイロン1.7号を2m。その先にフロロ1.5号を10mとります。

ウキ止めは付けず、ウキはエキスパートUE0cを使用し沈め釣り、さらにガン玉を追加し底を重点的に探ります。


開始からラインが小刻みに動くアタリ。しかし針がかりしません。同行者にはキスがヒットしたのでこちらが犯人かと。

そうこうしていると今度はラインがスーッと走ります。

{3FF81AA6-3382-4E24-84D6-52B2597762B8}

綺麗な魚体の本命チヌ。

ラインに出るアタリは多く、沈める釣りでは仕掛けが着底する感覚もわかりやすく感じます。

{764E0C66-9BA2-4124-8775-85B5995F6EDB}

その後もポロポロと追加し、昼過ぎには納竿。

まだまだ使い込まないと分かりませんが、また一つフカセ釣りの楽しみ方が増えたような気がします。

{C56F6965-63F4-41E4-BF7C-9AE3C86DAEA0}




テーマ:
こんにちは

昼間の気温も上がり少しずつ暖かくなってきてる様ですね。

色々あって1月からなかなか釣行出来ず、メバルでは1番良いタイミングに行けないという悲しい結果に。


もしかしたらまだコンディションの良い個体が?と思いつつポイントへ

シャローなエリアなため、フロートを使用し1g以下の軽量ジグヘッドで表層を漂わせます。

ナイトゲームなのでリグの位置や状態を把握するためにケミホタルを装着

{9A9EE705-62B5-42F5-B15B-E43231701F43}


少ない反応を拾っていくと、やはりお腹ペッコリのアフターなメバルくん達。


この日は前日のウネリが残り、少し大きめの波がセットであたってくる状態。

フロートが表層で波の影響をうけリグも安定しない。
フロート内部にシンカー1gを加えシンキング仕様に変更。


すると反応が増えポロポロと良いサイズ

{C7665BAB-CDF3-465C-A9AF-DB850B095965}



回復途中ですので全てそっとリリースしましたが、20cm半ばまでが相手をしてくれます。


あとゲストがヒラセイゴ。

{C1819AA8-4FBC-4F59-9A6B-922ACE9C4D97}

こちらは元気いっぱいみたいでした!


まだまだシーズン続く?
わかりませんが釣場に足を運ばなければですね。


タックル
ヤマガブランクス ブルーカレント80
ダイワ ルビアス2004
デュエル アーマードフロロF+ PE×F 0.4号
YGK アブソーバーウルトラストロングFCリーダー3.6lb
オーシャンルーラー アクティブフロートRS
ジグヘッド0.6〜0.8g
クリアブルー ピンチ
レイン アジアダー

テーマ:
久しぶりの更新となってしまいました。

天候に恵まれなかったり、要因は色々ありますがもどかしい日が続いてます。


今回の内容は年明けに釣行した甑島。以前から行ってみたかったフィールドです。

地元の水俣市から出船する阿久根旧港へ。お世話になったのは藤丸さん、45分程で上甑島の里周辺へ到着します。

夜明けまで1時間くらいは電気ウキで夜釣り仕掛け。

瀬際を流していくとクチブトが35cmくらいポツポツとあがります、がサイズは上がらず夜明けを迎え。

{85C5CBAA-ED99-48B5-A60F-2226AD12224A}

{B71BE5FF-2DFA-413F-819C-F416473CF486}


同サイズのクチブトが続くなか瀬際で強烈なアタリ、その後一瞬で磯際を引きずられラインブレイク。

オナガだったのか何なのか正体はわからず。明るくなってからは瀬際からマキエを拾いに黒い魚体も見え隠れします。

その後も単発的にウキが消し込む強烈なアタリが訪れますが、アワセを入れる頃にはラインブレイクという…

船長がおっしゃるにはデッカい石鯛かオナガではないかとのこと。なんとも夢のあるフィールドです。

{217319CB-ED64-48BC-8512-E2FA9F703EDA}


やっと捉えたアタリはヘダイ。これはこれで楽しいですが、やっぱりオナガを釣りたい。

最終的にはオナガには出会えなかったものの、40cm半ばのクチブトの数釣りが出来ました。

{00DE3669-4461-4E50-B137-FA8EFFA10133}

甑島釣行は毎年正月帰省の恒例行事にしたいものです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス