しまかぜのカフェで「海の幸 味噌ラーメン」を食べる | 車内販売でございます。
新型コロナウイルスに関する情報について

車内販売でございます。

車内販売を10年間で8000回を利用してきた「車内販売大好きな乗客」が書くブログです。 各地の観光列車に乗り鉄しています。

近鉄の豪華な特急「しまかぜ」に乗ってきました。

「しまかぜ」の魅力は、ゆったりした座席もありますが、日本の定期列車でで唯一営業している食堂車とも言える「カフェ」は外せません。

今回は、「しまかぜ」のカフェで、海の幸味噌ラーメンを食べた話です。

 

【1】海の幸味噌ラーメン

「しまかぜ」のカフェを利用しました。

前回で食事メニューを一通り制覇したから、今回は人気のケーキセットでも・・・と思っていました。

ところが、メニューを見たら、何と新メニューが!

「海の幸味噌ラーメン」です。

そこで、急きょ予定を変えて、「海の幸味噌ラーメン」1400円を頼むことにしました。

数分たって、ラーメンが届きました。

器が大きいので、ラーメンが少量に見えてしまいます。

ミネラルウォーターが1本ついています。

この3年間で、ラーメンは5杯しか食べていません。

2年ほど前に京都で1杯、サフィール踊り子で計3杯、そして今回です。

底の方に、貝が3つ入っていました。

海老は、食べる部分が少しだけですが、見た目は素敵です。

三重県産の「あおさ」(青のりに似たもの)が載っていて、いい香りです。

スープが美味くて、完食しました。

麺もつるつるして美味しかったです。

 

【2】生ビールも注文

ラーメンができるまで生ビールを楽しみました。

生ビール、美味いです。

 

【3】1階席・2階席とも、すぐ満席に

下り「しまかぜ」ですが、私はカフェに最も近い2号車1番の席を確保しました。

準備が整ったころ、一番乗りをして、1階席の奥に座りました。

1階席は、景色は見えにくいのですが、落ち着く席です。

《1階席》の様子↓

 

《2階席》の様子↓・・・今回は利用しませんでしたが景色が素敵です。

 

今回は、新型コロナ対策が取られています。

使える席数が限られるため、私はラーメンが届いて約10分で退出しましたが、その際は6人並んでいました。

本当は、ビールに合うおつまみも頼みたかったのですが、すぐ退散しました。

区間によって、混雑具合が大きく異なります。

 

【4】食事の新メニュー

今回、「海の幸味噌ラーメン」が登場して、「食事」は4種類です。

以前は、「あおさとカキのにゅう麺」でした。

これで再び、全食事メニュー制覇に戻りました。

 

以前の食事メニューを、制覇した話はこちら↓

 

【5】車内販売の利用

カフェ席の会計の際に、カウンターに置かれていたグッズを買いました。

クリアファイルです。

 

そして、私が降りる際に、車内販売のワゴンを押しているアテンダントさんに見送られました。

その際に、バームクーヘンを速攻で購入しました。

すると、「記念乗車証、お渡ししていなかったですか?」と尋ねられました。

本来配布する時間に、私はカフェにいたため、渡せなかったようです。

私は「気づいていただき、ありがとうございます」とお礼を言って、記念乗車証を受け取りました。

若手の新人さん風のアテンダントでしたが、このくらいの対応ができるのは、「さすが!しまかぜ」です。

 

そういえば、「しまかぜ」の車両の写真が無かったですね。

別の日に写した「しまかぜ」の写真を1枚。

 

【参考】メニュー

安いわけではありませんが、手間がかかる列車内にしては、良心的な価格に抑えていると思います。

食事よりも人気なのが、こちらのケーキセット↓。

短時間で品切れになる日もあります。