スタジオハーミットサテライトBLOG

スタジオハーミットサテライトBLOG

The daily news from STUDIO HERMIT.

※いきなり結論!

解决策はOffice2016が発売された当時のVer15.〜にダウングレードせよ!

 

さて、ことの発端から。

先日Mac OSX Sierra(10.12)をアップデート。

High Sierra(10.13)にした。

そのタイミングでMicrosoft Officeが自動アップデートプログラムを起動。

そしてアップデートを促すポップアップを頻繁に出すようになった。

Office2016は2020年10月でサポート終了するから

今のうちにアップデートしないと〜という内容。

サポート終了後もOffice2016は当面使用できるとのこと。

サポート最後の最終アップデートはしておこうと決断。

そこでOSアップデートに合わせてOffice2016もアップデートしてみた。

 

 

※その結果、以下のような不具合が多発するようになった。

 

まずOfficeの起動がとても遅い。

エクセルなど、起動に約1分かかる。

旧作成ファイルを開くたびにグルグルまわってファイルがなかなか開かない。

ファイルを開いても、セルをクリックしてもマスがずれたりする。

セルに文字や計算式を入力する作業も以前に比べて反応がとても遅い。

以前作成したエクセルファイルを開くと「ファイル破損を修復」の警告が多発する。

ファイルを開く度に修復作業をするので作業開始まで時間がかかる。

一度開くと、その後は通常作業になる。

翌日、またはOS再起動後には再び同じ症状に戻る。

以前に比べて通常使用に支障をきたす状態となってしまった。

調査結果後、以下の作業を決行。

 

※Office2016の再インストールを実行。

 

再インストールするためには完全に削除(アンインストール)が必要。

備忘録として記載しておく。

 

MSアカウントの画面で迷う。

アカウントはすでに使用されているのでインストールはできない、との警告メッセージ。

2台までインストール可能のライセンスを購入している。

1台しかインストール使用していないので通常であれば追加インストールは可能のはず。

探したが再インストールの受付場所がない。

苦労してようやく再インストール方法がみつかる。

再インストール実行、完了。

 

※結論:まったく効果なし。

 

Office2016を再インストールした場合、Officeのバージョンは16.〜となる。

再インストールしても同じ状況。

改善された様子はない。

引き続き、別の解決策を探す。

 

※解决策はOffice2016が発売された当時のVer15.〜にダウングレードすることだった。

 

ココ!

https://support.microsoft.com/ja-jp/office/office-2016-for-mac-16-xx-を-15-xx-に戻す方法-e88ed6c8-6fb4-40a1-9540-529000d3d20f

 

短縮URL:

http://ur0.work/URKy

 

2020/09現在の情報です。

Microsoftがコンテンツを閉鎖したり、移動させた場合はあしからず。

 

現状(2020/08)で再インストールすると最新Verがインストールされる。

購入時のバージョンにはならない。

購入時のバージョンに戻すためにダウングレード版のインストールが必要。

 

とくに再認証も必要なく、Word、Excel、Powerpointなどのインストール完了。

 

起動テストをすると、プロダクトIDを入れずに、利用準備完了画面となった。

恐る恐る起動してみると、以前のようにスム〜スに快適に起動した。

ちなみにVer確認すると、15.〜に戻っていた。

 

 

過去のファイル類を開いてみたら、以前と変わらずによみがえった感覚。

快適、快適! 軽い、軽い!

 

ようやく元通りの状態に戻った。

長く、辛く、最悪な1週間だった。

 

過去にさんざん、いやな思いをしてきているので今更、MicrosoftのMac版に文句は言わない。

AppleとMicrosoftの相性は今後も良くならないと諦めている。

トラブルがあるたびに苦労するが、結果多くの経験を得…られないっ!

多くの知識が増え…ないっ!

まったくもって時間の無駄っ!

 

しかしMacOSXにBootcampで使用するWindows10はそこそこ快適に動作している。

今後はWin版のOffice使用にしていくべきだろう。

と、言いつつ今日もMac版のOfficeを使い続けている。

 

ちなみにOffice2019をMacbookProに入れて使用中。

こちらは今のところ問題ない。

今回の教訓から、Office2019のアップデートは安易にしないと思う。

ロータスワン、ツー、スリーッ! ってどこいったんだろか…。

 

I’ll be in touch.

2020年、今年でマツダは100周年!

 

ロータリーエンジンが大好きだ。

ロータリーエンジン搭載車の中で大好きなのがマツダサバンナRX-7。

サバンナRX-3からサバンナの名称を引き継ぎ、まったく新しいロータリーエンジン専用のスポーツカーとなったのがRX-7。

1978年(昭和53年)デビュー当時、ライトグリーンメタリック車が広告塔用写真であった。

リトラクタブルライトを開けた表情からケロヨンメタなどの愛称も付けられた。

コンパクトなロータリーエンジン搭載はフロントミッドシップというかつてない前後重量比率を生み出した。

その結果、並み居る強豪を引き離すハイレベルのコーナリング性能を持つスポーツカーとなった。

当時のカーマガジンのインプレッションでは、比較車両にスーパーカーまで登場してバトルされた記録が多い!

数々のモーターカースポーツ賞を根こそぎさらい、ロータリーロケットの愛称で世界に轟いた名車。

それがサバンナRX-7であった。

RX-7は3回のフルモデルチェンジを経て、最終的にはRX-8にバトンタッチされた。

それ以降、一般乗用車でロータリーエンジン搭載スポーツカーは世に出ていない。

初期型RX-7は通称「SA22C」。

二代目のRX-7はFC、三代目はFDと呼ばれている。

マツダは今でもロータリーエンジン開発を続けている。

いつの日か、再びロータリーエンジン搭載車が出る日を夢見ています!

 

写真は1985年、箱根峠にて。

白いRX-7(1978年式)は当時の私の愛車でした。

(赤は友人の同年式のSA22C)

 

 

Celebration!  100th anniversary of Mazda!

In 1985, at Hakone Pass.

The white RX-7 was my beloved car.

1978th type.

 

I’ll be in touch.

ZWILLING MIYABI 雅ナイフ

 

日本刀とドイツ技術の融合!

雅(MIYABI)

雅

 

このナイフは日本の岐阜県・関市で作られています。

この街は古より「日本の刀都」と呼ばれるほど日本の刃物産業の聖地です。

 

日本人には刀に対するDNAが刷り込まれているのでしょうか。

美しいダマスカス紋様のブレードは日本人の魂を揺さぶります!

ダマスカス紋様のブレード

 

家の料理でもっともよく使う包丁。

我が家ではペティナイフをよく使います。

何十年も使うことを考えて衝動買いした「雅」ブランド。

MIYABI KNIFE by ZWILLING

 

シャープナーも購入しました。

こうなると天然木材のまな板も欲しくなります。

 

I’ll be in touch.

皆さんは昆虫は好きですか?

好きな方、カブト虫とクワガタ虫、どちらが好きですか?

私は、クワガタ虫大好き派です!

中でもミヤマクワガタが大好きです。

このブログは2016年から2019年、三年かけてミヤマクワガタを育てた記録を綴ります。

2016年の夏休みに採集したミヤマクワガタ。

そのオスとメスのペアが卵を産み、成虫に育つまでの記録です。

2019年の夏休み自由研究としてまとめました。

ミヤマクワガタが大好きな皆さん、どうぞご覧ください。

この記録で、長野県・白馬村の「ヤマニーカワニー」さんに

大変お世話になり、ここでお礼を言わせていただきます。

人工的にトラップを仕掛けたりして捕獲するスタイルではなく、

自然の状態で生物を観察させてくれる貴重な自然体験サービスをしています。

白馬村、安曇野へ行く際は、是非、要チェックです!

 

ヤマニーカワニー

https://yama-kawa.jp

 

2018年7月14日 SAT 静岡県 伊豆海洋公園。

当日の伊豆は快晴。波、うねり、ほとんど無し。

この日は3ビーチダイブ。

久しぶりのウェットスーツダイブ。

 

長年潜水用に使用していたOLIMPUSコンデジが

ついに起動しなくなった。

 

そこでハウジング無しで水深30mまで撮影できるカメラ、

Nikon COOLPIX W300を購入!

カラーはフラッグシップカラーのオレンジ、イエロー、そして迷彩色。

なつかしのニコノスVのカラーと同じオレンジを選んだ!

 

専用のシリコンプロテクターがあるのがうれしい!

 

早速テストしてみた。

当日の海は水温はまあまあ快適な22〜23度。

透明度はイマイチの10〜15前後。

さっそくモニタリング。

画像は一部トリミングはしたが色調整はせずにアップした。

 

このカメラは水に浸かると自動的に水中撮影モードになる。

そして水深系が表示される。

(メーカー画像より)

ダイブコンピューターと合わせて見たが、なかなか正確だ。

深度計の代わりにもなるっ!

ただし30mまで。

深深度潜水が好きな自分にとっては微妙だ…。

 

魚影撮影。

キホシスズメダイか?

 

まずお出迎えはアカエイ。

遠目からズームするとフラッシュが働き、周囲の浮遊物を拾ってしまう。

 

近寄ると逃げてしまう…。

フラッシュ撮影禁止設定、宿題だ。

 

1の根の先端付近、水深25mからの水面。

透明度がよければ全体的に明るくなりもう少しよく撮れるだろう。

 

自撮りは…

水中での自撮り、なかなかうまく行かなかった。

気軽に再生もできるのでもっとインスタばえ狙わないと、反省…。

 

この日はホンソメワケベラのクリーニングデーなのか、あちこちで

クリーニング中のお魚が多かった。

 

定番のハナクマノミ。

あいかわらずよく動き警備中。

そんな動きもハウジング無しの操作性の良さで意外と撮れる。

操作と機能に慣れれば使えるカメラかも。

 

さて伊豆といえばマクロ人気。

ショップのマップに書いてあったウミテング。

小っちゃ!

どれくらい小さいかというと、

こんなモン…。

(触れていはいません)

 

そしてヒラヒラと舞っていたテンスの幼魚。

初心者ダイバーのフィンワークで吹き飛ばされていた。

人間が巨大なマッコウクジラの一振りで吹き飛ぶ感じだろうか。

伊豆ではピークパフォーマンスヴォイヤンシー、必須だ!

 

とてもカラフルなウミウシ。

ニシキウミウシだと思うが、よくわからん…。

カラフルな海のナメクジ…だ。

コイツもダイバーに人気。

派手な色しているけど攻撃用の毒などは無い。

種類によっては毒を内蔵していることもあり、食用には適さないらしい。

 

カラフルだったので動画も試してみた。

どれだけの視界かがよく分かる。

まあまあ撮れる。

 

ポストの番人をしていたウツボ。

 

とにかく操作性が良く、コンパクト性に優れている。

IOPはエントリーとエキジットが初心者には大変。

(昔よりはるかに快適になったが)

そんなときでもBCDのポケットにカメラを入れておけるのがありがたい。

 

3本目にもなるとやっと慣れてきた。

 

あまり撮影欲がないので、どうしてもシャッター押すだけダイバーだ。

せっかく良いカメラをGETしたので次回はもう少し真剣に撮ってみようと反省。

 

翌日、神奈川県は鵠沼海岸でボディボードをした。

水辺のレジャー、アウトドアで大活躍したのは言うまでもない。

 

I’ll be in touch.