兵庫播磨不登校発達障がいに悩む母に幸せを引き寄せる、人生再生相談室

兵庫播磨不登校発達障がいに悩む母に幸せを引き寄せる、人生再生相談室

発達障がいにより、不登校状態や学校に行くのがつらい子どもさんをお持ちのお母さんの不安を解消するためのブログです。引きこもり体質で、お笑い好きの心理カウンセラー・いなまつゆかが、不思議な方法を使って、明るく解決法をお伝えします。

◆【やさしさを求められている気がする!ときに使う、魔法の言葉】

こんにちは、加古川明石不登校専門・魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。


メニュー /  予約する  / 初めての方へ / お客様の声  / メルマガ





やさしさを求められている気がする!

どうしたらいいのでしょうか?

「嫌な感じを大切にしよう」と言ってあげましょう。


お願いされて、断りづらい。

断るとやさしくないと思われる気がする。


やさしさを求められると、しんどくなりますね。

自分の中にある、嫌な感じを大切にしましょう。


このようなツイートを見ました。



やさしくありたいと思うのはすてきなことです。

しかし、他の人から強要されるものではありません。


自発的なものなのです。


なんとなくやさしくしないといけないような、

やってあげないと冷たいような感じがするとき、

こころは、嫌な感じを味わってはいないでしょうか。


その感じを大切にしましょう。


無理矢理がんばってやってあげなくていいということです。


断る自由がある。

やさしくなくてもいい。


そう、自分に言ってあげましょう。


いやいや、無理してやっていても、いずれはうまくいかなくなるでしょう。

今か、後かの問題です。


ごめんなさい、できません。

と伝えてみましょう。


相手が怒るようなら、やさしさを利用しようとしていたのです。


こちらができないこともある。

ということを受け入れてくれる人とつき合いましょう。


直接的なお断りが難しい関係なら、

「今立て込んでいて、少し時間がかかります。

できるようになったら、こちらから連絡します。

なので、よければ他の人を当たってください」

と伝えるのもいいかもしれません。


それをする時間が今は取れない。

という意味では嘘ではありません。


お互いに時間が経てば、できるような関係になるかもしれません。

という意味でも嘘ではありません。


相手がわかってくれるかどうかはわかりませんが、

マイルドに、距離を置くことができるでしょう。


やさしさを求められている気がする!ときは、

「嫌な感じを大切にしよう」と言ってあげましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。


キモチィLINEスタンプ くわしくはこちらまで


不登校状態を改善する具体的な方法をもっと知りたい方は、無料メール講座をごらんください。


カウンセラーいなまつゆかの考えや心理に興味がある方はこちらをご覧ください。エッセイやこころと親しくなる物語を書いていきます。


心理スペース「ぽれぽれ」
◆営業時間 9:00~20:00
土日祝日も営業しています。
メニュー
お客様の声
メルマガ
H子メール予約フォーム (24時間OK)

◆【子どもがなかなか寝てくれない!ときに使う、魔法の言葉】

こんにちは、加古川明石不登校専門・魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。


メニュー /  予約する  / 初めての方へ / お客様の声  / メルマガ





子どもがなかなか寝てくれない!

どうしたらいいのでしょうか?

「リラックスさせてあげよう」と言ってあげましょう。


お昼でも、夜でも、なかなか子どもが寝てくれないと困りますね。

リラックスさせてあげましょう。

寝やすい状態にするのです。


このようなツイートを見ました。



マッサージ、いいですね。


何度もお伝えしている、タッピングもおすすめです。

指で、リズム良く、背中あたりをタップします。

肩たたきの指版です。


義兄は、子どもたちが小さい頃、「寝たふりごっこ」というのをしていました。


みんなで、寝ているふりをします。

「絶対に寝てはいけないよ。寝たふりだよ」と落ち着いた声で話しかけます。


あっという間に、みんな寝ていました。


寝た状態で、子どもさんの足首を持って、

からだをゆらゆらさせてあげるのもいいでしょう。

金魚体操です。


ゆったりした音楽をかけるのもおすすめです。


からだやこころが緩まるようなものなら、有効です。


「寝なさい」ときつく言ったり、イライラしたりすると、

緊張感が高まって、眠りにくくなります。



いかにリラックスできるか、がポイントです。


ストレス状態も軽減するので、

ややこしいことを言ったり、やったりすることも減るでしょう。



子どもがなかなか寝てくれない!ときは、

「リラックスさせてあげよう」と言ってあげましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。


キモチィLINEスタンプ くわしくはこちらまで


不登校状態を改善する具体的な方法をもっと知りたい方は、無料メール講座をごらんください。


カウンセラーいなまつゆかの考えや心理に興味がある方はこちらをご覧ください。エッセイやこころと親しくなる物語を書いていきます。


心理スペース「ぽれぽれ」
◆営業時間 9:00~20:00
土日祝日も営業しています。
メニュー
お客様の声
メルマガ
H子メール予約フォーム (24時間OK)

◆【子どものことが、よくわからない!ときに使う、魔法の言葉】

こんにちは、加古川明石不登校専門・魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。


メニュー /  予約する  / 初めての方へ / お客様の声  / メルマガ





子どものことが、よくわからない!

どうしたらいいのでしょうか?

「わからなくて、普通だ」と言ってあげましょう。


子どものことがよくわからないと思うと、不安になりますね。

しかし、わからないのは親としてだめなことではありません。

むしろ、普通のことなのです。


動物写真家の岩井昭光さんが、テレビに出演していました。

ライオンが出ているところで、

動物の中で、一番ライオンを見てきたけれど、よくわからない。

「ライオンのことを教えて」って言わないでと思ってしまう。


なぜなら、変わっていくものだから。


というようなことを話していました。


個々のライオンによっても違うし、一頭のライオンでも変わっていく。

だから、簡単に「わかる」と言えないのだ。


ということなのでしょう。


人も同じで、毎日見ているからといって、簡単にわからないのが普通です。

大人も変化しますが、子どもの変化は大きいので、なおさらです。


そんなことを思っていたのか!

と驚くこともあって普通なのです。


好きだと思っていたものが急に嫌いになることも、

普通にあります。


そういうものなのだ。

変わっていくのだ。

わからなくて普通だ。

という前提で付き合うといいでしょう。



そうすれば、毎日発見があり、楽しくなります。


「今、ここ」にいる子どもさんを、

よく見て、よく聴いて、よく感じましょう。



そうすれば、楽しくて、よりよい子育てにつながるでしょう。


子どものことが、よくわからない!ときは、

「わからなくて、普通だ」と言ってあげましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。


キモチィLINEスタンプ くわしくはこちらまで


不登校状態を改善する具体的な方法をもっと知りたい方は、無料メール講座をごらんください。


カウンセラーいなまつゆかの考えや心理に興味がある方はこちらをご覧ください。エッセイやこころと親しくなる物語を書いていきます。


心理スペース「ぽれぽれ」
◆営業時間 9:00~20:00
土日祝日も営業しています。
メニュー
お客様の声
メルマガ
H子メール予約フォーム (24時間OK)