人生100年時代、自由と情熱と目的を手に入れる働き方を!

人生100年時代、自由と情熱と目的を手に入れる働き方を!

働きウーマンのためのビジネスお役立ち情報を提供。
タイムマネジメントはライフマネジメント!
もっと自由に、柔軟に、豊かな人生を手に入れませんか?
Women, be confident!

【オンライン講座 時間管理マスターコース】 
「時間がない!」が口癖のあなたに朗報です。
いつでもどこでも学べる、時間管理のオンライン講座がご登場。

今なら95%オフ(1,200円)で受講できますよ!

⇒公式ページ・詳細はこちらから

NEW !
テーマ:

● 応援したくなる人!

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

昨日、ちょっと寂しいメールをいただきました。

 

それはお世話になっていた美容師さんからものです。

 

 

実は、前回お邪魔した時に、8月末でお店を閉めて田舎に戻るとおっしゃっていたのですが、そのお知らせでした。

 

とっても残念です!

 

というのも、この美容院、実は今年の2月にオープンしたばかりの新しいものなんです。

 

私も今年1月にこの地域に引っ越してきたばかりで、ちょうど美容院を探していました。

 

でも、なかなか良さそうなところが見つからず、もう少し大きな駅に行かないとダメかな~、なんてちょうど諦めかけていたところだったのです。

 

そうしたら、ちょうどタイミングよくこの美容室がオープンして、さっそく行ってみたら、大当たり!

 

何が良かったかって、美容師さんの人柄や技術はもちろんですが、お店の設備も素晴らしかったのです。

 

この美容師さん、以前勤めていた美容院ではNo.1だったそうですが、意を決して独立したとのこと。

 

それで、どうせお店を持つなら、お客さんに居心地の良い空間も提供しようと、こだわってお店を作りこまれたそうです。

 

とくに、シャンプー台はほんとうにリラックスできて、至福の時でした。

 

ですが、それだけのこだわりのお店、オープンに当たってはもちろんかなり借金もされたようです。

 

それで、借金はまだかなり残っているのに、今回はご家族の事情で、やむを得ないご実家の東北に帰ることになり、東京のお店を閉めることになったと、とても悔しそうにお話されていました。

 

ですが、ここが彼の凄いところ!

 

その後の言葉は、「でも死ぬわけではないから、きっと何とかなると思います! 頑張っていれば良いこともあるでしょうから」と。

 

「そう自分に言い聞かせないとやっていけない」と感じたところもあると思いますが、なんとか頑張ろうという意思が伝わってきました。

 

サービス精神が旺盛で、いつもお客さんに元気をくれる美容師さん、そんな彼を心から応援したいと思います。

 

技術は一品ですあから、きっと東北に戻られても職に困ることはないと思います。

 

ご家族の事情ということで、きっといろいろ辛いことにも遭遇されるかもしれるませんが、なんとか乗り切ってほしいです。

 

彼の笑顔から、私はいつもパワーをもらっていましたから、きっと東北の皆さんや、ご家族の皆さんにも笑顔を伝染させてくれるのではと思います。

 

美容師さん、

どうかくれぐれも身体に気を付けて頑張ってくださいね!

 

応援しています!

 


テーマ:

● 求めてばかりいませんか?

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

週末はいかがお過ごしでしたか?

 

私は久しぶりに、マッサージに行き身体のメンテをしてきました。

 

最近、首と肩が凝り固まっていたので、ちょっとリフレッシュです!

 

 

さて先日知人の紹介で、あるランチ会に参加させていただきました。

 

主宰者の方は、紙の本の出版のご経験があり、東京ビッグサイトなどでのイベントも大成功を収めている方なので、お話を伺いに行ってきました。

 

その中で、成功の秘訣として「貢献マインド」ということをおっしゃっていたのですよね。

 

これは、起業家の方は聞いたことがあるかもしれませんが、ともかく 「ギブ、ギブ、ギブ(与える)」の精神を持ちなさいということです。

 

私たちはともすると、自分からは何もせずに「もらう」ことばかりを考えがちです。

 

それで、与えてもらえないと文句や不満を口にしたりします。

 

そうではなく、まずは自分から「相手のためになる事」や「相手がして欲しいと思っていること」をやっていると、それがいつかは自分に返ってきますよ、というものです。

 

「返報性の法則」とも言われていますよね。

人は何かをもらったら、返したくなるという心理です。

 

これは起業家の方だけのものではなく、会社員の方でも同じです。

 

例えば、会社では良くこんな人を見かけませんか?

 

・ 給与を上げてほしいと求めてばかりいるが、それに見合った仕事や貢献をしていない。

 

・ 昇進したいとか、○○の仕事がやりたいと求めていばかりいるが、努力や貢献をしていない。

 

・ あれをやってくれ、これをやってくれといつも頼んでくるが、頼みっぱなして、なんのフォローアップもない、などなど

 

これでは、貢献マインドを持っているとは言えませんよね。

 

「それ欲しい!」と求めるのが先ではなく、その前に「貢献」が先に来ないといけないのですから。

 

実際、私も会社員時代を思い出してみると、この貢献マインドをそうとは思わずに使っていたことが、プロジェクトの成功につながっていたのではないかと思います。

 

お客様に対して、チームメンバーに対して、ステークホルダーに対して、相手が何をほしがっているか(ニーズ)をいつも考えていました。

 

相手が欲しい情報や製品やスケジュールなどを、先手必勝で渡すように心がけていました。

 

「相手がしてほしいと思うことを先回りして行う」、これによって信頼関係が増していったような気がします。

 

それによって「Win-Winの関係」が築けるからかもしれませんね。

 

そう考えるとちょっと強引ではありますが、

「返報性の法則=Win-Win」という方程式が成り立つかも?と思ってしまいました(笑)

 

いずれにしても一つ言えることは、良いことをしたり、誰かに貢献したりすると、何が良いって「自分の気分が良い」ということです。

 

そして不平不満をいっている「への字」の口が、にっこり笑顔の「スマイリー」の口に変わると、きっとその日一日が楽しいものになりますよ!

 

あなたの「行い・貢献」は、きっと見ていてくれる人がいます。(人って、意外と見ていないようで、見ているものですよ。)

 

どうせやっても報われない・・・と思わずに、小さなことから試してみてはいかがでしょうか?

 

応援しています!

 


テーマ:

● 完成のご報告です!

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

お盆ウィークも終盤ですね。

 

今日は、先日から取り組んでいたDVD制作完成のご報告です!

 

ジャーン!(ちょっと恥ずかしいですが・・)

 

 

実は、6月下旬に時間管理のオンラインコースをリリースしたのですが、パソコンや機械が苦手な方からは、オンラインは操作が難しいので手軽に見れるDVDが欲しい、というご要望がありました。

 

で、このオンラインコース、Udemyという世界最大の教育プラットフォームで出させていただいたのですが、操作に関するお問い合わせが思いのほか多かったのですよね。

 

私にとっては、インターネットはなくてはならない存在で、とても便利というイメージです。

 

例えば、ネットショッピング、銀行の振り込み、オンラインコースを受講、スカイプなどで会議、料理のレシピを検索する、などなど用途は様々です。

 

なので、インターネットを使う=(イコール)「便利、簡単、早い」と、勝手に思い込んでいました。

 

ですが、普段パソコンやインターネットをあまり使わない方々にとっては、ここで買い物をしたり、ましてやコースを受講するなどは、「面倒、難しい、時間がかかる」と、まさに真逆となります。

 

人の置かれている状況や、日ごろの生活パターンは様々です。

 

自分の思い込みだけで進めていては、やはり抜けが出てきたり、うまくいかないもの・・、彼らのフィードバックはとても大切だと改めて感じました。

 

そこで、今週はDVD作成にチャレンジしていたのですが、ついに完成しました。

 

元のデータはすべてそろっているので、サクサクできると思いきや、実はDVD作成のソフト選びが思いのほか難航しました。

 

これに関しては、別の記事で書いているので、よければそちらをご覧くださいね。

 

それで、最終的に決めたソフトで作成したところ、あっという間にできました。

 

とはいっても、途中DVDドライブとの互換性の問題で、サポート対応の方と何度かメールでやりとりをさせて頂くということが発生しましたが・・・

 

でも、このサポート対応がなかなか良かったのですよね~

 

当初は、メールだけのサポート体制ということで時間がかかるのではないかとかなり心配したのですが、メールを送った1時間後には回答が来て、その後のフォローアップもとても迅速でした。

 

DVD作成ソフトの値段は他より2割ぐらい高めでしたが、トータルで考えると、使い勝手、サポート体制がしっかりしている方が、作業時間の効率化につながると感じました。

 

作業の効率化ができるということは、自分の時給で換算すると、2割高い分はすぐに元が取れるということです(笑)

 

ということで、買い物をするときは、安いから飛びつくのではなく間接的な時間も考えた「トータルコスト」で見ることをおすすめしますよ¡

 

それで、その完成したDVDがこれ(上記写真)です。

 

どうしてもDVDに落とし込むとビデオの画質が荒くなってしまうので、それを最低限にするべく画質を高品質で作ったため、1枚のDVDに1時間ほどの内容となります。

 

全部で5.5時間の内容ですので、DVDが6枚です。1セットに3枚入っていますので、2セット/組でお届けしますね。

 

もちろん、テキストもプリントアウトしたものを同封しますよ!

 

内容に関しては、オンラインの講座と同じですので、こちらをご覧くださいね。

⇒ 時間管理、オンラインコースの内容を見る

 

もしDVDでの受講に興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。(6枚セット(5.5時間)+教材 24,000円)

 

 DVDのお申し込みはこちらから

 

では、今日は金曜日!

良い週末をお過ごしくださいませ。


テーマ:

● 会社の夕活で身体が持ちません・・・という方のお話です

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

最近、働き方や時間管理に関してお話を伺っていると、こんなことをおっしゃる方が増えました。

 

 

ある会社では、終業時間後の時間を有効に活用するようにと、夕活ウィーク(2週間)が設定されたそうです。

 

この期間は早く帰る代わりに「朝1時間早く来る」というしくみです。

 

ところが、ご想像の通り、朝ってただでさえ戦争のように慌ただしいですよね。

 

それを1時間繰り上げて早く出社するのは、かなり大変なことです。

 

ですが、彼女は会社のルールということで、この2週間は1時間早い出社を頑張ったそうです。

 

何が起きたかというと・・・

 

早く帰って「自分の時間を楽しむ」ということがこの夕活の目的のはずでした。

 

ですが、1時間早く出社してもなかなか早く帰ることができずに、早く行った分だけ仕事が増えてしまい、余計に疲れてしまったとのこと。

 

夜ベッドに行く時間はいつもと変わらないので、睡眠時間も1時間削ることになり、夕活ウィーク最後の日には「もうだめ~」と結局有給を取ってしまったそうです。

 

これでは本末転倒ですよね~

 

本来であれば、早く帰ることで家族との時間を増やしたり、自分の趣味の時間を持つことで、人生や仕事へのモチベーションをさらにあげることにつなげるはずが、これでは逆効果です。

 

何がいけなかったのでしょうか?

 

いろいろあるとは思いますが、その一つは状況を考えずに、このしくみを全員に強制的に当てはめたことではないかと思います。

 

もう一つは、早く来て早く帰るために、「どんな準備が必要で、どんなしくみがあればそれができそうか」ということを事前に考えておくべきではなかったのか、ということです。

 

これは個人で考えることはもちろん大切ですが、それを上司や組織がサポートする体制ができていないと、絵に描いた餅でおわりかねません。

 

多くの場合、会社は「残業せずに帰りなさい」と、やることだけを伝えますが、そのために必要な話し合いを設けたり、準備をしたり、サポートしてくれたりはしません。

 

これでは、案内人も準備もなく「エベレストに登れ」というのと、たいして変わりませんよね。

 

働き方改革がいろいろな会社で推進中ですが、ぜひ「本来の目的」と、それをやるためにできる小さな一歩、でも「確実な一歩」を踏み出せるように、進めて頂きたいものです。

 

それをやるには、まずリーダーの方々から始めて頂くのが一番ですよ!

 

そうすると他の方も続きやすいですから。

 

もしも社内に相談する方がいない・・・、という場合はお気軽にご相談くださいね。

 

⇒お問い合わせはこちらから

 

では今日も素敵な一日をお過ごしください!

 


テーマ:

● 決断すると未来が変わる!

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

今日は終戦記念日ですね!

 

 

73年前の今日、日本は大きな決断をしました。

それが、戦争を終結させるということです。

 

今では、戦争中の話を直接語ることのできる方々は少なくなりましたが、風化させてはいけないことの一つですよね。

 

私の父はバナナが大好きですが、それは彼が子供の頃(日本が貧しかった頃)、病気になった時に食べれる高価なものであったからのようです。

 

今では食の心配をする必要はなくなり、逆に食べきれずに食材を余らせてしまうという贅沢なことが起きています。(反省)

 

そこで活躍するのは大きな冷凍庫のついた冷蔵庫!

忙しい現代人にとっては冷凍庫は本当にありがたい、と思う今日この頃です。

 

さて、それで冒頭にちょっと書きましたが、73年前に日本は終戦という大きな決断をしました。

 

これによって、復興がはじまり日本は先進国の仲間入りを果たしました。

 

ものすごい変化ですよね!

 

このような「変化」が起きる時というのは、往々にして何かを「決断」した結果です。

 

今までの人生を振り返った時、「あれが自分にとっても転機だった」ということがあるかと思います。

 

例えばそれは、会社をリストラされた、ボーイフレンドと別れたなどどちらかというと不本意な出来事だったかもしれません。

 

または、転職した、留学した、家を買ったなど、自分の意志で決めたことかもしれません。

 

いずれにしても、それを境に何かが変わったのではないでしょうか?

 

不本意なとがトリガー(原因)となって、変化を余儀なくされたのだとしても、そのあとの行動によっては、「以前よりも良い結果が得られた、結果的に良かった」ということはありませんでしたか?

 

逆に、自分が良かれと思って行動しても、良い結果に結びつくとは限りません。

 

ですが、それらは行動してみないと分からないですよね!

 

私たちが行動できない理由は、「失敗が怖いから」

 

そうしてもう一つは、自分で決断して失敗した場合、「他人を責めることができない」ということです。

 

誰かに言われてそれをやった時には、うまくいかなくても人のせいにできます。

 

だから、ひとに言われたことをやる、他人の敷いたレールに乗っかる方がラクなのですよね。

 

でもそれでは自分の人生を人にコントロールされているということです。

 

もちろん私たちは助け合って生きていますから、いつもいつも自分の意見を通すことは難しいかもしれません。

 

でも、いつも自分の意思を押し殺して、自分を犠牲にして尽くしていると、そのうちストレスがどんどん溜まってきて、他人にイライラをぶつけるようになってきます。

 

実は以前の私がそうでした。

 

良い人でありたいと思うばかりに、他人のことをいつも優先して自分のことは後回し・・、そのうちちょっと疲れてきたのですよね。

 

それで、そこから「自分で選択して決断する」ということを少しずつ始めたのです。

 

全てのことは、言われたからではなく(例え、言われたことであったとしても)、それをやると決めたのは「自分」というように考えるようにしました。

 

そうしたら、初めは恐る恐るの選択・決断でしたが、慣れていくにつれてどんどん心が軽くなっていきました。

 

だから、もしあなたが同じような悩みを抱えているなら、まずは小さな決断をすることから練習してみてはいかがですか?

 

そうすると、自分に自信もついてきますよ!

 

今日は日本が生まれ変わった日です。

 

私たちが新たな選択と決断をすることで、きっとあなたの未来も、もっと素敵なものに変わるのではないでしょうか?

 

応援しています!

 


テーマ:

● 自分の仕事のやり方を振り返る時間を持っていますか?

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

お盆の時期、お仕事がお休みの方も多いことと思いますが、いかがお過ごしですか?

 

スウェーデンだと、夏休みを4~5週間取るのは当たり前なのですが、日本では取れても2週間ぐらいでしょうか?

 

日本の会社だと、1週間というのが多いかもしれませんね。

 

1週間と言えども、継続して休める貴重な期間です、どうぞ心身共に一回ゆるめて、エネルギーを補充してくださいね。

 

それで・・・

この「休み」について友人と話していると、こんな言葉を聞きます。

 

「長期休みって一体何をやってるの? 
有給はあるのだけど、2週間とか取っても、やることがないんだよね。外出すればお金はかかるから、会社に来るのが一番だと思うんだけど・・・」

 

きっと、このような理由で有給休暇をため込んでいる方は、意外と多いかもしれません。

 

それで、もしもあなたが休みに何をすればよいか分からない、という場合は、普段できないことをする時間にしてみてはいかがですか?

 

例えば、「自分の仕事のやり方を振り返る」とか!

 

これって、普段はなかなかやる時間が無いですよね。

 

でもちょっと漠然としているのでもう少し細かく言うと・・

「今あなたを悩ませている問題について、客観的に考えてみる」、というものです。

 

仕事と書きましたが、会社の仕事だけではなく、プライベートや家庭での仕事(役割)も含めてOKです。

 

私たちは、「○○が問題」と聞くと、その問題に対して直球で向かっていきます。

 

でも、本当に「○○が問題なのか」、「求めているゴールは何なのか?」を忘れて、突っ走ってしまうことがあります。

 

例えば、「旦那様が家事を手伝ってくれない」という問題があったとします。

 

これだけ聞くと、ではどうやって旦那様を説得するにはどうしたら良いだろう?とストレートに考えがちです。

 

でもこのような「問題解決モード」に陥っても、思考が堂々巡りをしてよい案がでてこないのですよね。

 

そこでおススメなのは、

「旦那様に家事を手伝ってもらうことであなたが得たいと思っているのは何か」を考えてみることです。

 

もしかしたら、

・ その間に本を読みたい、お風呂に入りたい

・ 自分も働いているのに不公平、それに気づいてほしい

・ 旦那様に自分のことを気遣ってほしいと思っている

などなど

 

あなたが本当に望んでいるのは、「家事をやってもらう」ということの先に何かあるのではないでしょうか?

 

このように、自分が本当に求めているもの、また会社の仕事であれば上司・組織やお客様が本当に求めているものは何か、これを考えてみると先に進みやすいですよ!

 

もし休み期間中に、何もすることがなければ、ぜひ考えてみてはいかがでしょうか?

 

では、今日も素敵な一日をお過ごしください。

 


テーマ:

● 新しい挑戦では目的にあったツールが必要ですよね!

 

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

週末はいかがお過ごしでしたか?

 

私は、あることに没頭していました。

「あること」とは・・・、DVD作成です。

 

1ヶ月半前に時間管理のオンラインコースをリリースしましたが、「オンラインだと使い方や登録の仕方がわからない」という声を頂いたので、基本に戻ってDVDも作ってみようと挑戦することにしたのです。

 

それでDVD作成にあたって必要なことを書き出して、疑問点を調べて・・・と一つずつつぶしていきました。

 

そしてまず初めに決めたのは、無謀にも「自分で作ってみよう!」でした。

 

人に頼むこともできるのですが、枚数や値段を考えると、必要に応じて、必要な枚数を自分で作成できた方が初めは良いのではないかと思ったからです。

 

万が一、たくさん必要になった時には、その時に考えることにして、まずは1セット作ってみようと始めました。

 

それで、さっそく始めたのは良いのですが、実はすでに大失敗(言い換えれば、よい経験)をしました~!

 

まず何から始めたかというと、インターネットで評判の良さそうなDVD作成ソフトを探して、無料版を試してみました。

 

ところが、ここで私の予想がガラガラドシャンと崩れたのです。

 

正直、今のご時世、DVDが作れる作成ソフトは山ほどあって、簡単に作れるだろうと思っていました。

 

実際、試してみた無料版の操作はとても簡単で、テンプレートに沿って進めていくと、あっという間にメニューボタンを備え付けたDVDが出来上がります。

 

ですが、やっぱり落とし穴はありました・・・

 

操作は簡単なのですが、私が満足できる機能を備えたソフトは、1つもなかったのです。

 

全部で7~8つのソフトを試してみたでしょうか・・・

 

あ~、なんて時間の無駄をしてしまったのだろう(笑)、と思いますが、そのおかげでDVD作成ソフトについては一通り理解できましたよ。

 

それでこれらのソフトたち、どれも一長一短で、このソフトは○○はできるけど、△△はできない。こっちは、△△はできるけど、○○はできない、という感じです。

 

あるソフトなどは、「あ~、この機能さえ使えれば完璧なのに!」というものもありましたが、その1つ足りない機能がネックとなり諦めました・・・

 

その機能とは、他のソフトでは備え付けられており、決して技術的に難しいものではないはずなのですが、なぜかないのですよね~(すごく不思議です)

 

という感じで、片っ端から試した結果、”簡単にできる”とうたっているものは、往々にして「帯に短し・・・」で、ビジネス向けには使えないということが分かったのです。

 

確かに、これらは簡単で、機能が制限されているので、値段的にも安くほとんどのものが5,000円以下で買えます。

 

でも私の今回の目的には合わないソフトだった・・・、ということです。

 

それでどうしたかというと、今度はプロ向けのものを探し始めました。

 

そうしたら、ようやく見つけましたよ!

 

ビデオのチュートリアル説明をみると、私がやりたいことはすべて含まれているし、操作もそれほど難しくなさそうでした。

 

もちろん、先のソフトに比べると、ワン・ツー・スリーでできるわけではなく、少々手間がかかりますが、その分フレキシビリティ―がありそうです。

 

また値段も少しだけ上がりますが、それでも使いずらいソフトを買うよりははるかに良い投資となるはず、とそれに決めました。

 

今週は、このソフトを使ってDVDを作成の予定です。

 

かなり遠回りをしてしまいましたが、無料版を試したおかげでベースとなる部分の準備はそろっているので、そんなに時間をかけずにできるのではないか、とちょっと甘めの予想をしています。

 

どうなるかはこうご期待!

 

今回のことで学んだのは、

 

・ 新しいことに挑戦をするときには、やはり初めの準備とリサーチが大切

・ 自分がやりたいレベル・目的により、使う道具も変わってくる

・ 安い×簡単=柔軟性がない場合が多い

・ 無料版があるものは、必ずためしてみること

 

今回は、私のDVD作成の目的がビジネス向けのモノだったので、上記のような結果となりました。

 

が、これが趣味でDVDを作成したり、家族の記録としてのDVD作成であれば、私がはじめに試した「簡単で安いソフ」トで十分だと思います。

 

何事も、目的にあったものを選ぶ、ということですよね!

 

あなたが新しことに挑戦するときの参考になれば幸いです!

 

では今週も張り切っていきましょう♪

 


テーマ:

● 日本人は時間に正確って本当?

 

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

先日、在日外国人の方々と話をしていたら、こんな話題が出てきました。

 

-----

 

Aさん 「日本は時間に正確だよね。電車は予定通りにくるし、新幹線だって、あんなにスピードが速いのに、遅れることはあんまりない。私の国では、電車は全然あてにならないのよ!」

 

Bさん 「そうだね、確かに乗り物の時間は正確だよね。それに集合時間に遅れてくる人も少ないよね。会議も時間通り始まるし!」

 

Aさん 「会議っていえば、実はちょっと不思議に思う事があるんだけど・・・」

 

私 「何?」

 

Aさん 「会議の開始時間は、みんな頭にあって、遅刻しないように気を付けているみたいなんだけど、終わりの時間はあんまり気にしてないみたいなんだよね。」

 

Bさん 「そうそう、私もそれ、気になってたの! 

 

遅刻すると注意されたり、罰金!と言われたりするのに、会議が始まるとダラダラ進んで、終わらないということがよくあるわ。 

 

他のことでは、時間に正確なのに会議や打合せなどだとどうしてそうなるのかしら?」

 

私 「そうなのよ~、会議になると、とたんに時間のことを忘れて、自分たちの議論をすすめちゃうのよね・・・」

 

-----

 

いかがですか?

あなたもこんな風に感じたことはありませんか?

 

打合せや会議で「開始時間」にはうるさいのに、なぜか「終了時間」はとってもゆるく、延長戦に入ることが多い・・・

 

これは会社員時代の私の悩みの種でした。

 

アウトルックの予定表はだいたい1時間刻みで会議がびっしりと入っているので、予定通りに終わったとしても次の会議に遅れてしまうのです。

 

ですから、多くの場合は会議の初めに次の会議があることを伝え、5分前に退出させてもらっていました。

 

ですが、後ろに会議が入っていないとき、最後までその会議にいると、多くの場合会議が延長していることが多かったのですよね~

 

私の子供の頃は、「遅刻をしない」という標語が、クラスの壁に貼られていました。

 

それをみて育ったせいか、開始時刻には敏感になったのかもしれません。(笑)

 

でも、なぜ遅刻をしてはいけないのか、それをするとどんな影響があるのかを考えれば、「終了時刻を守る」というのも、同じぐらいに大切なことですよね。

 

私が考える「時間に正確」であるということは、「時間を尊重する」ということです。

 

一度失った時間を取り戻すことはできませんから、私たちは、なるべく無駄なく使いたいと思っています。

 

だから世の中には効率を良くするためにはどうしたら良いか、生産性を上げるには何をするべきか、といった本がたくさん出版されています。

 

そのためのいろいろなテクニックはありますが、まず一つ身近に簡単にできる事から始めてみてはいかがでしょうか?

 

「会議の終了時間を守る」

 

会議の参加者全員がこの意識をもつだけでも、ダラダラ会議が減り、会議が効率的に進められることと思いますよ!

 

ぜひお試しくださいね!

 

P.S. 時間管理に興味がある方は、9月に講座を開催しますので、よろしければどうぞ!

⇒ お客様の声はこちらから

 

・ 時間管理セミナー 基礎編

   お申し込み、お問い合わせはこちらから

 

・ 時間管理セミナー グループコンサル
   *基礎編受講後が理想ですが、受けていなくてもOKです。

   お申し込み、お問い合わせはこちらから

 

・ 【オンライン講座】時間管理マスターコース!
・ 「時間管理の基礎づくり」10日間無料メール講座

 


テーマ:

● 思ったより反響があってびっくりしています!

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

 

昨日はとっても嬉しいご報告を頂きました!

 

今年の2月に開催した「アマゾン電子書籍出版セミナー」に参加してくださった方から、「ついに出版できました~!」と連絡があったのです。

 

その時には、

 

「参加することで、イメージが細かくできました。

具体的にやることが見えてきたように思います」

 

と、ご感想をいただいていたのですが、そのイメージをアクションに落として、着実に進めていらしゃったのですね。

 

講座の最後に、いつ出版するかという「目標」をたてて頂くのですが、そこでは「あまり無理をせずに8月を目標にします」とおっしゃっていました。

 

そしてその目標通りの8月出版、本当に素晴らしいですよね。

 

出版して、FBやインスタグラムなどに投稿したら、思いのほか反響があってびっくりしているとおっしゃっていました。

 

私もさっそく読ませて頂いたのですが、まず、元気が出るようなビタミンカラーの表紙に、思わず中を開きたくなりました。

 

そして電車の中や隙間時間をつかって、さらっと読むのにちょうど良い長さです。

 

アラフィフの女性が「笑顔で、そして元気でいるためのコツ」がとってもわかりやすく書かれていましたよ!

 

そんな彼女が出した本はこちらです。

 

「50歳からの良い習慣」

山田みらい著

 

アマゾン内容紹介文:

女性の45歳~55歳の更年期時期はゆらぎ世代といって多くの方が不調を感じるている時です。私は美容の仕事を始めて30年になります。多くの方のお悩みを聞き、また美容セミナーなども行ってきました。自分自身がその年齢になり今実践してほしいことをほんの一部ですがまとめてみることにしました。少しの工夫で毎日が健やかで楽しくなる。そんな習慣を身に付けられたら100年時代も楽しく過ごせると思います。

 

諦めなければ必ずできる!、と改めて彼女から教わった気がします。 感謝!

 

自分が達成したいことがイメージできると、それは叶いやすいと言います。

 

もし自分も出版してみたいけど、どう進めたら良いか分からない、と思っているのであれば、チャンスです。

 

というのも、半年ぶりに「アマゾン電子書籍出版」の講座を開催することにしました。

 

 

思い立ったが吉日、限定6名の少人数制です。

 

「アマゾン電子書籍出版講座」
◆日時: 2018年 9月 22日 (土) 9時30分から11時30分
◆場所: 浜松町
◆参加費: 4,000円 

お申し込み、お問い合わせはこちらから

 

この講座に出てくださった方の出版率、とっても高いんですよ!

(3人に1人が半年以内の出版です)

 

宜しければ、あなたも電子書籍出版にチャレンジしてみませんか?

 

そうそう、9月は時間管理の講座も開催します。

 

“基礎編”と各自の悩みに対応する“グループコンサル編”の2つの講座を予定していますので、興味がある方はどうぞ!

 

「時間管理セミナー 基礎編」

お申し込み、お問い合わせはこちらから

 

「時間管理セミナー グループコンサル」
*基礎編受講後が理想ですが、受けていなくてもOKです。

お申し込み、お問い合わせはこちらから

 

お客様の声はこちらから

 

では、今日も素敵な一日をお過ごしください。

あなたの挑戦を、いつも応援しています!


テーマ:

● 温かい言葉は、人を温かい気持ちにします!

 

こんにちは。正木美奈子です。

 

昨日は、オフィスに行くと「小さなパッケージ」が届いていました。

 

 

何かと思ったら、いつも私のセミナーや交流会に来てくださっている方からの贈り物。

 

手紙が添えられていました。

 

「残暑お見舞い申し上げます・・」ではじまり、そこには彼女の近況が書かれていました。

 

内容はここでは記載いたしませんが、その手紙を読んだ時にとても「温かい」気持ちになったのですよね。

 

それと同時にこの手紙を私に書いてくれたことがとても嬉しく、とってもハッピーな気分になりました。

 

だから、私も今日は彼女に手紙を書く予定です。

 

メールでお礼を伝えることもできるのですが、あえて手紙を書くことにしました。(私だけかもしれませんが、なんだか手書きの方が、想いが伝わるような気がします。)

 

それと同時に、先日行ってきたスウェーデン旅行のちょっとしたお土産も添えて送りますよ~

 

彼女がそれを受け取ってくれた時の顔を思い浮かべると、それだけでも気持ちがハッピーになれます。

 

私たちは「人のために何かをやっている」と思いがちですが、実はそれって、自分のためでもあるのですよね~。

 

何か良いことをしたら、良い気持ちがする

悪いことをしたら、罪悪感を感じる

 

人として、とても普通の感情です。

 

忙しさに追われていると、こんな基本的なことでさえ忘れがちになります。

 

面倒だからとお礼をはしょったり、相手の気持ちを考えない言動をとるなど・・・

 

でもそれって、自分の心に気づかないほどの「小さな罪悪感」をため込んでいっているのかもしれません。

 

まずは基本に返って、相手の気持ちを「思いやる」ことを実行していこう、とあらためて思った次第です。

 

それに気づかせてくれた彼女に感謝!

幸せな気持ちをくれたことにも感謝!

そして、忙しい中私のことを思い出してくれたことにも感謝!

 

では、今日は台風が接近しているようですが、心は「スッキリとした快晴」でいきましょう!

 

素敵な一日となりますように♪

 

※ いつも人に寄り添えるサポーター・コーチでありたいと思っています。一人で悩まずに、ご相談くださいね。