後藤茂之オフィシャルブログ「PEOPLE FIRST!」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

松山三四六「事務所開き」。

1.7月の参議院選挙に向けて松山三四六事務所の「事務所開き」 「神事」が、14日8時30分から長野市で開かれました。【注】 第1区から第5区までの各事務所は各衆議院議員の事務所を使用しますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。また、日頃、松山三四六の活動に格別の御支援、御理解を賜り、本当にありがとうございます。昨晩は、岸田総理主催の堀内前大臣の御苦労さん会があったため、東京を朝5時前に出発しました。

    【注】松山三四六後援会事務所

        長野市大字中御所岡田町166-1森ビル新館2階A号室

        (TEL)026-267-5512

        (参考)以前は小坂憲次先生の事務所があった場所です。

   

2.松山三四六は、毎日、「次世代に誇れる信州」の実現を目指して真っ黒に日焼して長野県中を飛び回っています松山三四六は明治大学法学部を卒業後、ラジオパーソナリティとして長野県で活動をはじめて21年となります。テレビ、ラジオへの出演、執筆活動を通じて、「信州のすばらしさ、魅力」を発信するとともに、500回にも及ぶ講演会、PTA等学校関係行事、地域づくりのイベントにも参加し、地域の課題を地域の皆さんから伺い、話し合ってきました

                  

3.当日は、松山三四六さんの奥様にもお目にかかりました。16歳からアイドルタレント網浜直子として活動された後、20年間は専業主婦として、2人の男の子を育てながら、松山三四六の活動を支えてこられました。記者会見においても、松山三四六本人から、日頃自らを支えてくれていることへの感謝の言葉があり、奥様からは『御主人』の思いを支えていきたい旨、また、大学生の息子さん達もできる限り手伝いたいと言っていることなどお話を頂き、本当に良い御夫婦、パートナーだと感じました。

 

4.松山三四六の知名度、女性への人気はありがたいことに予想以上との報告を聞いていますが、選挙まで2ヵ月を切っています松山三四郎の『ふるさと信州』に対する真剣で一途な思いを是非多くの皆さんに伝えてほしいと思います

    皆様の御協力、御支援を切にお願い申し上げます。

 

 

 

柔道整復療養費・あはき療養費決定。

1.地域の医療、健康管理で大変お世話になっている柔道整復師会、日本鍼灸師会等の先生方に感謝申し上げます。

 5月6日に『柔整療養費専門委員会』、『あはき療養専門委員会』で、4年度療養費の改定案が決定され、厚労省は近く関係通知を発出し、6月1日に施行予定となります。

 

2.柔道整復療養費については、これまで改定率は慣例として医科の改定率の半分としてきており、令和4年度療養費については、「+0.13%」とします。本年の改定については保険者サイドから強い要望のあった明細書発行の義務化と整復師会からの要望の強かった明細書発行体制加算の創設が決まりました。

   (1)明細書発行の義務化

    ①義務化の対象施術所。

     ・明細書発行機能のあるレセコンを使用している施術所であ

     って、常勤職員3人以上である施術所。

     (注)実態調査は正式にないが施術所のうち5%程度

    ②明細書の発行頻度。

     ・一部負担金の支払いごとの発行が基本。ただし患者の希望

     に応じて1ヵ月単位でまとめた発行も可。

   (2)明細書発行体制加算の創設

     ・明細書を無償で患者に交付した場合13円(新設)

     ・月1回のみ算定できること。

     ・明細書を無償で交付する施術所である旨を予め地方厚生局

     に届け出ること。

    【注】保険者による受領委任払いの終了手続きを含めた取扱い

    (保険者単位の償還払いへの変更)についても調査の検討状況

    等も踏まえ、令和6年度改定において検討し結論を得る。

 

3.あはき療養費についても改定率は、医科の半分の「+0.13%」とします。

   (1)マッサージ

    ・温罨(おんあん)法の増額110円→125円

   (2)はり・きゅう

    ・初検料(はり又はきゅうを行う場合)の増額,770円→1,780円

    ・初検料(はり及びきゅうを行う場合)の増額,850円→1,860円

    ・電療料の増額30円→34円

    【注】マッサージについて、現在は施術部位数に応じた料金(最大で

    5部位)となっているが、施術者団体の要望を踏まえ、施術料の包

    括化(施術1回当たりの料金設定)について、令和6年度改定に向

    けて引き続き検討を行うこととされました。

 

 

   

今年のゴールデンウィークは仕事です。

1.皆さんゴールデンウィーク(GW)の連休はいかがお過ごしですか。諏訪の皆さんは、7年に1度の「諏訪人」の心に火をつける御柱祭を思い切り楽しんでおられると思います。いろいろな制約があってもやっぱり『御柱』は血が騒ぎます。皆様におかれても、3年ぶりの行動制限のないGWを迎えて、マスク、手洗い、三密の回避、換気等出来るだけの基本的感染防止策に配慮しつつ、十分にお楽しみください。

   

2.私自身は、残念ながら大臣としての公務優先で基本的には東京に張り付きです。ASEAN、イタリア、イギリス等歴訪中の岸田総理、林外務大臣等各大臣の海外出張の留守居役としてほぼ東京で仕事です。連休の前後は、毎日国会のため、朝6時から質問通告の準備にかかり、1日委員会(7時間)で答弁した後、夕方から新型コロナ対策、原油価格・物価高騰対策、雇用調整助成金等の雇用対策、アドバイザリーボード、各種閣僚会議への出席、外国の大臣とのWEB会議等に対応しています。そのため、ゆっくりと議論したり、会議をじっくりする時間が取りにくいため、連休中は6月末までに取りまとめる予定の各種閣僚会議、検討会議の提言、中間報告の取りまとめの準備等をしつつ、少し充電もしています。

  

3.6月までにまとめる予定のものとして

   ①新型コロナウイルス対策の検証、対応策の検討

     これまでの新型コロナ対応を客観的に評価し、本年6月を目途

     に中長期的観点から必要な対応策を取りまとめます。

   ②全世代型社会保障構築会議の中間整理、改革事項の工程

        化

        「公平」、「中立」、「国民目線」という社会保障改革の基本的

       視点に基づき、全世代型社会保障の構築に向けて各制度の改革

     の議論を進めていきます。

   ③「国民医療情報プラットフォーム」(仮称)の構築

     「オンライン資格確認等システム」を中核として今後、これを「国

     民医療情報プラットフォーム」と位置づけ、マイナポータル等を

     通じて本人自身の保健医療情報の把握、医療機関等でも閲覧

     可能とします。

   ④『骨太方針2022』、補正予算への対応

 

4.いまだ新型コロナウイルスの再感染に対しても十分な警戒心をもって備えることも重要です。4月28日に一旦まとめた医療提供体制の見直しも再検討しています。 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>