羽毛ふとんにもお客様にも正直に向き合います【羽毛ふとんの丁寧診断】 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』
新型コロナウイルスに関する情報について

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。

現在、日本に住む多くの方が羽毛ふとんをお使いだと思います。


そして、その羽毛ふとんが作り直せる事も徐々に知られる様になって来たと感じています。私は見ていませんが、SDGs関連の特集でNHKが紹介したとか…。


ちなみに、この作り直しのシステムを『羽毛ふとんのリフォーム』と業界では呼んでいます。私としてはリフォームと呼んでもお客様がピン!っとこない事が多いので、『羽毛ふとんの作り直し』って呼ぶ様にしていますけどね。


さて、この作り直しですが、予算を聞かれた際に私は

「一人用サイズを同じ様に作り直す場合は税込35,000円ぐらいから」

と、お答えします。




この答えに対して

「意外と高いのね」

「新品を買った方が安いね」

こんな返答を頂く事は多いです。今、このBLOGを読んでいる人もそう思ったかもしれません。


作り直しを行う業者によっては1万円台から出来ますと謳う所もありますからね。むしろ、そっちの業者の方が多いかも…。


ただ、これにはカラクリがあります。


羽毛ふとんを作り直す場合の料金は

「取り出した羽毛の洗浄方法」

「減った分の羽毛を補充する足し羽毛の種類」

「新しい側生地の種類」

「新しい側生地のキルティング方法」

で計算されますので、それらの最安を選べば1万円台でも可能になるんです。


ただ、その最安の場合、


洗浄方法は個別洗浄ではなく他人の羽毛と一緒に洗ってコストダウンを図ったり、洗浄の仕方も複数ありますし、除塵という洗わずにチリや埃だけを落とすだけという場合もあります。


足し羽毛も絶対に入れる必要はありませんので、入れないで計算も出来ます。入れなければ料金は発生しませんので最安ですね。羽毛の種類も今使っている羽毛ふとんに合わせる事が基本ですので、使っている羽毛ふとんによって異なり、当然価格も変わります。


側生地も当店は一番安い生地でも綿100%ですが、更に安いポリエステルの生地を使う業者もあります。ポリエステルの生地は吸湿性が非常に悪いので蒸れる羽毛ふとんになってしまって、快適に使う事が困難になってしまいます。しかも、今作り直しに出される様な10年以上前の羽毛布団は綿100%の生地をちゃんと使っていましたからね。


側生地のキルティングも今使っている羽毛ふとんのキルティングと合わせる事が基本なので、もし二層式や完全立体といった特殊なキルティングの場合は、そのキルティングを行った場合で計算します。


つまり、羽毛ふとんに対して正直に向き合う業者でしたら最安の作り直しを行う事はほとんど無いのです。それで作り直すと羽毛ふとんを劣化させてしまう事もありますので。


そこで色々と説明を行って、作り直しの料金を1万円台ではなく3~5万円台にするのです。


ただ、その流れだと羽毛ふとんを作り直したいと思ったお客様の気持ちはどうでしょう?

間違った事は言っていませんが、ちょっと嫌な気分になりませんか?

なんだか騙された気分になりませんか?




当店は羽毛ふとんに対してもお客様に対しても正直に向き合いたいと思っていますので、最低料金ではなく『実際に行われる作り直しの予算』をお伝えします。チラシやパンフレットにもそれを載せています。


BLOGの冒頭に書きましたけど「一人用サイズを同じ様に作り直す場合は税込35,000円ぐらいから」とお伝えするのはそういう理由からです。


それから持ち込まれた羽毛ふとんが作り直した場合より『新品を購入した方が安くなる場合』も正直にお伝えします




例えば昨日お持ち込み頂いた下の写真のニトリさんの羽毛ふとん、品質表示を見るとダウン50%、フェザー50%ですので、日本の法律上「羽毛ふとん」と呼べるギリギリのレベルの羽毛を使っています。この場合は作り直しよりも新品を買った方が安く済みます。




※新品と比較する場合はダウン率だけじゃなく、側生地の組成や充填量も確認しましょう。この羽毛ふとんの場合は側生地がポリエステル100%で充填量が1.0kgです。


余談ですが、今ジャパネットさんが夏用の羽毛肌掛ふとん(ダウンケット)の宣伝を行っていますけど、それに使われている羽毛の品質もダウン50%、フェザー50%ですね。


また品質表示が消えてしまってダウンの質が分からい場合は「中身を直接確認」します。こちらの写真の羽毛ふとんは中身を確認し新品の方が安く済む中身だと判断し、お客様に説明を致しました。




※右のダウンが持ち込まれたモノ、左がダウン90%の見本です。軸のあるフェザーが目立ちます。色はあまり重要ではありません。


今のところ、ダウン90%が作り直して安く済むギリギリのラインです。セール品の場合なんかは新品の方が安く済む事もありますね。


もちろん、誰かの形見ですとか、特別な思い入れがあるとか、市場価格に反映されない価値がありますので、この様な羽毛ふとんでも作り直す場合はありますよ。


そうそう、お客様の中には使っている年数だけで「作り直しをしなくちゃ」と思って相談にいらっしゃるケースもあります。


このケース、羽毛ふとんの状態を診てみて、お客様の使用上の不満を確認してみると、作り直しではなく「丸洗い」のお手入れで充分な事もあり、その場合も正直にお伝えします。


羽毛ふとんに関するお悩み相談、丁寧診断、お手入れのお見積りは無料でいつでも行っています。お気軽にどうぞ!

■羽毛ふとんのお手入れサービスに関して詳しくはこちら
当店Webサイト(お手入れ)
『羽毛ふとんのお手入れ方法紹介』




最後に当店では不要になった羽毛ふとん、ダウンジャケットやダウンコートの様な羽毛製品全般の「無料回収」も行っています。診断によって作り直しは行わず、使う事も無い場合はそのまま回収します。

★使わない羽毛製品の無料回収を行っています!
【Green Down Project】


●詳しくはこちら
当Webサイト ⇒ お手入れ『不要な羽毛ふとん(羽毛製品)は無料回収します!』


羽毛ふとんに関する相談はもちろん、睡眠や寝具に関する相談は電話やメールでも受け付けています。お気軽にどうぞ!

【電話番号】055-977-2200(営業時間内にお願いします。)

【E-Mail】info@umena.biz(48時間以内の返信を心掛けています。)

■当店Webサイト(私たちの想い)
『ウメナ寝具本店が届けたいのは寝具ではなく「良い眠り」』

■当店Webサイト(眠りにまつわるお悩み)
『あなたの眠りにまつわるお悩みはどれですか?』

■当店Webサイト(こだわり寝具)
『もっとも大切な「敷寝具(敷ふとん・ベッドマットレス)」』


当店のスマホアプリには『トーク』という機能があり、この機能を使うとチャット形式でコミュニケーションが取れます。是非、睡眠相談にご活用下さい。

★ウメナ寝具本店の『アプリ』がスタートしました!
【初回ダウンロード特典「500円クーポン」】


●アプリに関して詳しくはこちら
当BLOG ⇒ お知らせ(2019年9月22日)
『ウメナ寝具本店の『アプリ』がスタートしました!』


■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ お店の日常(2021年5月3日)
羽毛ふとんに関する「お悩み相談」は随時承りますよ

当BLOG ⇒ SDGs(2021年1月23日)
九州のご夫婦から「今まで使っていた羽毛布団が重たくなったので」

当BLOG ⇒ お店の日常(2020年9月5日)
羽毛ふとんのスカスカになってる襟元への部分補充「クイックリフォーム」の注意点

当BLOG ⇒ SDGs(2020年8月18日)
丸洗い?徹底乾燥?作り直し?羽毛布団のお手入れ相談はお気軽に!

当BLOG ⇒ 店内の様子(2020年7月14日)
羽毛布団の生地ってカバーするし何でも同じでしょ?ひとまず「見本を比べてみて下さい!」

当BLOG ⇒ お店の日常(2020年5月11日)
ここまで酷い羽毛布団の中身の偽装(当店は羽毛布団の作り直しを行っています)

当BLOG ⇒ 寝具のなるほど活用術(2016年5月14日)
『羽毛ふとんは仕立て直せる!』(羽毛ふとんのリフォーム)

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年6月18日)
『羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)の価格差について』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年1月24日)
『安すぎる羽毛ふとんには必ず意味がある!』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年1月12日)
『羽毛ふとんをラベルだけで判断してはいけない』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2020年12月31日)
『免疫力維持と快眠のために体内時計を上手に動かそう』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2020年4月30日)
『今こそ快眠(十分な睡眠)が必要な理由』

当BLOG ⇒ お店の日常(2020年5月6日)
『寝具の適切な『お手入れ』は「新型コロナウィルス対策」の1つと言ってもイイ理由』


@sleepdesigner 杉本圭(ウメナ寝具本店店長・ふとん屋の眠りオタク・睡眠健康指導士)


★当店では下記の様な「新型コロナウィルス対策」を行っています




★店内が広い事と大型商業施設の様な来客数は無いので、ソーシャルディスタンスを取りやすいです




★出入口の手すり、お客様が試し寝をされたベッドや枕等については随時、アルコール除菌を行っています




★静岡県東部伊豆地域にお住いのお客様には
ご自宅まで伺う「宅配&出張サービス」もあります



●当BLOG ⇒ 新型コロナウイルスへの感染リスクを減らしたい方へ(2020年3月2日)
「宅配&出張サービス」の活用を!


★マニフレックスからこんな面白い商品も発売されました。感染症対策として出来る限りの事はしたいなら是非!私もBOXシーツを使っています。



◆当BLOG ⇒ お店の日常(2020年11月9日)
抗ウィルス寝具『マニフレックス「ハイキュ ヴィロブロック」シリーズ』の取り扱いスタート!

◆当BLOG ⇒ ピックアップ商品(2020年12月17日)
私が愛用している「寝具の新型コロナ対策(感染症対策)アイテム」


いつも通りの日常が一日でも早く取り戻せる様に
当店も皆さんと一緒に頑張っていきます



◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設

◆当店Instagram ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)


■ウメナ寝具本店のもう一つの顔『三島のタオル屋さん』
タオルがいっぱいコレクション


◆三島のタオル屋さんInstagram ⇒ mishima.towelshop



≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。


■ウメナ寝具本店に寄せられた『お客様の声』
お客様から頂いたお便りやアンケートを掲載してあります


★ウメナ寝具通信~2021春号~発行しました。
メインテーマ【ベッドに「綿わた敷ふとん」を乗せてみよう!】


●ウメナ寝具通信~2021春号~を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2021年3月5日)
『「ウメナ寝具通信~2021春号~」発行しました』

コロナ禍で増えるおうち時間を快適に過ごそう!
不要な綿ふとんを打ち直して作る事も出来る!
★当店オリジナル新商品
ふんわりコットンラグ「わたわた」


●ふんわりコットンラグ「わたわた」を詳しく知りたい方はこちら
当BLOG ⇒ 新商品(2020年7月3日)
『オールシーズン快適「ふんわりコットンラグ ~わたわた~」』