低反発と高反発の違いを説明できますか? | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
寝具のマットレスや枕に使われる素材の中で「低反発」という素材があるのを知っている、聞いたことがある人は多いです。


では「高反発」という素材はどれぐらいの人が知っている、聞いたことがあるのでしょう。


販売の現場感覚では、枕とか敷ふとんなんかを探しに来た方の中で、3人に1人ぐらいの確率で知っている、聞いたことがあると答えてくれる気はします。


もちろん正確な割合は分かりませんが、5年ほど前に比べて高反発という素材を知っている人が増えている事は間違いないです。


ではでは、もう一歩踏み込んで、低反発と高反発の"違い"を説明できるか尋ねると、


多くの方が「低反発は柔らかい、高反発は硬い」とおっしゃいます。





これ、間違いですよ。


言葉は聞いたことがあっても、意味まではちゃんと理解されていないのが現状みたいです。


落ち着いて言葉の漢字を読み解けば簡単です。低反発と高反発、反発は共通、違う漢字は低と高、つまり反発する力が低いか高いかの違いを意味した言葉です。


硬い、柔らかいは物体が変形しやすいかどうかを意味しますが、低反発と高反発は変形した後、元に戻る力があるかどうかを意味しています。柔らかいと感じる素材でも高反発は存在します。


それじゃあ、「どっちの素材が寝具に適しているの?」と、聞かれたら


当店は迷いなく「高反発」と答えます。




理由は高反発の特徴から説明するより、低反発の特徴で説明した方が良いでしょう。


低反発、つまり変形してから押し戻す力の無い素材は"動きづらい"のです。スムーズな寝返りの妨げになります。寝返りを妨げる素材というだけで寝具には適さないです。昔、ある低反発の商品の宣伝で「寝返り回数がなんと2回、グッスリ眠れます」的な内容があった気がします。これだと、自らこの商品は良くないと言っちゃってますよね。


通常、成人の寝返りは20~30回程度、うち過ぎも良くないし、うたないのも良くないのです。


それから低反発素材をマットレスの素材として使った場合、素材の厚さにもよりますが寝姿勢を良い状態で保つ事が出来ません。押し戻せないので重たいお尻部分が沈んでいきます。




2~3cm程度の薄いオーバーレイタイプならそれ自体が原因で姿勢を崩すとは考えにくいですが、先に書いた様に寝返りを妨げる素材と言う時点で寝具には適しませんので。


消去法で、低反発より高反発の方が良いと考えています。


その為、高反発と呼ばれる寝具をとにかく使えば良いのかというと、それも間違っています。


そもそも高反発や低反発という言葉を使うのになんのルールもありません。メーカーの戦略上、高反発という言葉を使えば売れるとなれば、製品の説明の中に使ってしまえるのです。


その為、ただ硬いだけのマットレスを高反発と謳っている場合も増えています。


マットレスや枕などの体を支える寝具に大事な要素は

「長時間寝姿勢をキープできるか」

「体にフィットするか」

「寝返りがしやすいか」

の3点です。


ただ硬いだけのマットレスは体にフィットしない可能性が高いので要素を満たさないと考えられます。


自分が欲しいなと思う候補の商品がこの要素を満たしているか、自分の体との相性もありますし、やはり自分で現物に試し寝するのが大切ですよ。


●当店の敷ふとんやベッドマットレスについてはこちら
当店Webサイト ⇒こだわり寝具ページ
『もっとも大切な「敷寝具(敷ふとん・ベッドマットレス)」』

●当店の枕についてはこちら
当店Webサイト ⇒こだわり寝具ページ
『自分に合った「枕」』

■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年11月27日)
『寝具の良し悪しは目覚めた時の状態で決める』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年4月18日)
『マニフレックスと類似品の決定的な違い』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年3月14日)
『“さわる・すわる・ねる”は全て違う』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年8月23日)
『高反発と硬いは違う』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2014年11月25日)
『高反発素材が合わない人たち』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2014年10月28日)
『敷ふとんは硬い方がイイという誤解』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2014年6月20日)
『高齢者と低反発素材』


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス