健康管理・体のメンテナンスNAVI
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-09-16 15:48:13

テーピング

テーマ:腱鞘炎
2012-09-16 15:42:58

腱鞘炎 バネ指のテーピングの仕方

テーマ:腱鞘炎

腱鞘炎の痛みを解消するには、


その部分を固定することが言われるのですが、


その場合、テーピングをします。


そのテーピングの仕方について動画がありますので、参照してください。




これは、親指(ばね指)の場合の対処法です。>

2012-09-07 21:45:50

腱鞘炎

テーマ:腱鞘炎
腱鞘炎・ばね指の親指の痛みを和らげる 肘の痛み 手首の痛み 手指の痛み バネ指は腱鞘炎のなかの一つですが、 腱鞘炎とは、指を曲げる時に使われる腱を囲んでいる、腱鞘という組織が炎症を起こすことです。 ばね指の原因として考えられるのが、第一に指の使いすぎによる炎症の発症ですが、 必ずしもそれだけではなく、女性の場合には産後や更年期などで ホルモンバランスが乱れることにより引き起こされるケースもありますし、 関節リウマチや糖尿病が原因となっている場合もあります。 http://www.kikuchi89.com/kensyoen/
2012-08-30 16:32:01

発毛マッサージ

テーマ:ハゲ・抜け毛・薄毛

発毛マッサージは、頭皮にあるツボに指圧によって刺激を与え、

血行や新陳代謝を促進することによって発毛効果を促すものです。
また、発毛・育毛剤等を用いることで相乗効果も期待できます。


時間帯は入浴前後、入浴中が適しています。
シャンプーする前にマッサージオイルを使ってマッサージする方法があります。
マッサージ用のオイルは市販されているのでそれを使いましょう。


シャンプーの前にオイルを使ってマッサージすることで、
皮脂が頭皮から浮き上がり、洗い流しやすくなります。


マッサージする際は、爪を立てず指先の頭部をつかってやさしく、
頭部全体を指圧するようにします。

圧迫し、緩めるという指圧を全体に行います。


余分な皮脂等を取り除くことがポイントですが、
強くやりすぎて頭皮を痛めないように注意しましょう。


だいたい5分くらいが目安でしょうか。
その後、シャンプーで洗い流すことを忘れずに行いましょう。


また、シャンプーのしすぎは必要な皮脂まで落としたり
頭皮を傷つけたりする原因ですので気をつけましょう。
入浴後に行う場合は、発毛剤などと合わせて行うと効果的といえます。


シャンプーによって余分な皮脂を取り除いた後なので、
発毛剤、育毛剤が浸透しやすい状態なのです。


効果的といっても、発毛の場合は効果が出るのは半年から1年、
また、個人差がありますので長い道のりになりそうです。


ですが、義務的にやるよりも楽しんで続けてみましょう。
マッサージすることで血行がよくなりスッキリと爽快な気分になれます。


▼続きはこちら





▼購入者さまへの特典プレゼントはこちら

2012-08-24 23:35:06

発毛サロンに通う

テーマ:ハゲ・抜け毛・薄毛
----------------------------------------------------------------------------------
発毛サロンに通う
----------------------------------------------------------------------------------

抜け毛・薄毛はその原因が日常生活(食事・飲酒・喫煙など)にあることも多く、

個人の努力で改善できる点もあります。

しかし、仕事の都合上十分な睡眠がとれないなど、

生活を変えることは難しいことですし、

また、原因が遺伝による場合は個人の努力では限りがあるといえます。


自分の力ではどうにもならないときは、

発毛専門のサロンに相談してみるのも一つの方法です。


ヘアカウンセラーが、髪の毛の悩みや疑問等に的確にアドバイスをしてくれるので、

抜け毛・薄毛の原因が分かり、よりその人にあった発毛方法が見つけられるといえます。


サロンは髪の毛の専門機関なので、より最先端の施術が受けられます。

頭皮の汚れをしっかり落とすシャンプー法、

各者に合った発毛剤、育毛剤などをすすめてくれ、

発毛に関する色々情報が集まっているところです。

また、自分ひとりでやるよりもサロンに通って適切にサポートしてもらうことで

「続ける」ことができるというメリットもあります。


発毛は始めてからすぐに効果が出るものではありません。

むしろ効果は見えにくいものです。毎日コツコツと続けることは大変な努力が必要です。

だからこそ、悩み解決のために一緒に考えてくれ、

また、適切なアドバイスをくれる人がいることで、継続しやすくなるのです。


しかし、サロンに通うことはお金がかかることです。

また、通えば100パーセント髪の毛が増えるというものでもないので、

まずサロンを選ぶことに難しさがあるといえます。

実際に通ったことのある人に話を聞いたり、

複数のサロンの比較をしたりと、

たくさん情報を集めることが大切です。


なかには悩みにつけこんで高額なお金を請求したりするところもないとはいえません。

インターネットに書かれていることをすべて鵜呑みにすることもあまりよくありません。


▼続きはこちら





▼購入者さまへの特典プレゼントはこちら


2012-08-24 23:32:41

血行促進と発毛

テーマ:ハゲ・抜け毛・薄毛


----------------------------------------------------------------------------------
血行促進と発毛
----------------------------------------------------------------------------------

発毛の重要なキーワードとなるのが「血行促進」です。

血行をよくするためにはどのような方法があるのでしょうか。


日頃の生活を見直し、

身体を内側から、より健康な状態にすることが血行の改善にもつながります。

肉類・脂ものを多く摂ると、血管にコレステロールがつまり、血流が悪くなります。

血液のはたらきは酸素・栄養素を細胞に補給することと、

いらなくなった老廃物を運ぶことにあります。

健康で血液の循環が良い身体は、栄養素と老廃物の交換がスムーズで、

新しい細胞の生成が活発です。

髪の毛もそのサイクルの中で作られる細胞なのです。
血流をよくするためには、マッサージで物理的に血行を促進する方法があります。

シャンプー時にマッサージをすることは頭皮の血流をよくするために有効だといえます。
また、頭皮だけではなく、身体全体の血行をよくすることも必要です。

特に肩・首のこりは発毛に関わってきます。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていると、

筋肉が硬直し疲労物質がたまりやすくなり、酸素を供給しにくくなり、肩こりになるのです。


肩・首の血流が悪くなると、頭部の血流も当然悪くなります。

その結果、毛根に栄養素を運ぶ血管の流れが悪くなり、

髪の毛が栄養不足の状態になってしまうのです。


デスクワークでは、肩・首に負担がかからないように姿勢を改善したり、

同じ姿勢を取り続けないようにたまにストレッチなどをして息抜きしたりすることが大切です。

また、パソコンをずっと見つめたりしていると、

眼精疲労などからも肩こりを生じることがあるので、

目も適度に休ませるように心がけましょう。


血流をよくする方法として、「水を飲む」ことも有効な方法です。

水を飲むことで血液の水分量を高め、

血液をサラサラにすることで血液の流れが良くなります。

寝ている間が最も血がドロドロになりやすいといわれているので、

夜寝る前、朝起きた時にコップ1杯ずつ飲むと効果的です。



▼続きはこちら





▼購入者さまへの特典プレゼントはこちら

2012-08-24 23:28:56

発毛しやすい体質をつくる

テーマ:ハゲ・抜け毛・薄毛
----------------------------------------------------------------------------------
発毛しやすい体質をつくる
----------------------------------------------------------------------------------

発毛とは、頭皮の状態を改善し、新しい髪の毛を生やすことをいいます。
具体的な方法としては、

発毛しやすい体質・頭皮をつくる、

発毛剤を使う、

発毛サロンに通う、

サプリメントを使うなどが挙げられます。


発毛しやすい体質とは、

血液の循環がよく栄養が髪の毛の先まで行きわたる状態です。

日々の食事でバランスよく栄養素を摂取すること、

睡眠をきちんととることなど、普段の基本的な生活を見直すことが体質改善につながり、

発毛だけでなく健康のためにも大切な要素です。


特に体質改善において食生活は重要です。

自分が食べた物が自分の身体を構成するもとになるからです。

現代人の食生活は、肉類・脂ものに偏る傾向があり、

メタボリックシンドロームなどが問題となっていますが、

そのために血液の流れが悪くなり、

栄養素が身体のすみずみまで届きにくい身体になってしまいます。

その状況は発毛にとっても好ましくありません。

まずは、髪の毛の構成成分であるタンパク質(卵の白身や鶏ささみ、納豆、豆腐等がよい)、

また新陳代謝をよくするために欠かせないビタミン(野菜類)、

ミネラル(海藻類)を意識して摂取するようにしましょう。


発毛しやすい頭皮・毛根の状態とは、

余分な皮脂がなく清潔で、酸素補給できる状態が良いといえます。

頭皮の皮脂腺からは分泌物が出され、

それが毛根にたまってふさいでしまいます。

頭皮の皮脂量、水分量を適度に保つためにシャンプー等を工夫することが大切です。


よく「シャンプーをすると髪が抜ける」などの理由でシャンプーを避ける人がいるようですが、

それは発毛にとっては逆効果といえます。

髪の毛はあるサイクルで自然に抜け落ちるようになっています。

その抜けた髪の毛がシャンプー時に洗い流され、

シャンプーのせいで抜けたように錯覚してしまうのです。

頭皮の余分な皮脂を落とし、

マッサージ効果によって新陳代謝をよくするためにもシャンプーは必要です。



▼続きはこちら





▼購入者さまへの特典プレゼントはこちら





2012-08-24 23:21:10

抜け毛・薄毛の原因

テーマ:ハゲ・抜け毛・薄毛

抜け毛・薄毛の原因は1つだけではありません。
発毛を始めるために、自分の抜け毛・薄毛の原因を知っておくことは大切なことです。
そこから自分に合った発毛方法を見つけ出しましょう。


1、遺伝(男性ホルモン)

男性ホルモンの分泌量が多いほど、抜け毛・薄毛になりやすいということです。
これは、男性ホルモンのテストテロトンが髪の成長を抑制するためです。
また、男性ホルモンの分泌量による抜け毛・薄毛は遺伝するといわれています。


2、過度のストレス
精神的なストレスによって、自律神経のバランスが崩れ、
血行が悪くなり頭皮の状況が悪化すると考えられます。


3、紫外線

紫外線を長時間日光を浴びると、紫外線により、

髪の毛のキューティクルがダメージを受け、
抜け毛・薄毛につながります。


4、冷え性

女性の抜け毛・薄毛の原因として多いのが冷え性です。
血行障害により、髪へ栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が細くなったり抜けたりします。


5、喫煙

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、脱毛を促進させると考えられます。


6、過度の飲酒
アルコールの大量摂取は、肝臓に負担をかけることになり、
髪への栄養補給が行き届かなくなります。


7、睡眠不足

髪の毛に限らず、昼間にダメージを受けた細胞は、
眠っている間に分泌されるホルモンや免疫細胞によって修復されます。
そのため、睡眠が不十分だと髪の毛の成長を抑制することになります。


8、偏った食生活
脂肪の過剰摂取や偏った食生活も、抜け毛・薄毛の原因の一つです。

髪の毛の構成成分である良質なタンパク質をはじめ、

ビタミン・ミネラルなどの栄養素を摂取することが大切です。


遺伝による抜け毛・薄毛の他は、日々の生活の中に問題点があるといえそうです。

また、原因は1つだけではなく、複数の原因が重なって、

抜け毛・薄毛を引き起こしていることも考えられます。



▼続きはこちら





▼購入者さまへの特典プレゼントはこちら

2011-04-17 20:29:00

気管支喘息の症状

テーマ:気管支喘息

気管支喘息では、激しい咳と炎症に伴って発生した痰が

症状として見られます。

喘息で出る痰は粘着性が高く、

痰だけで気道を閉塞させてしまうことも

しばしばあるほど量が多いのが特徴です。

喘息では咳だけがクローズアップされがちですが、

痰もまた厄介なものであるといえます。

気管支喘息では、

気管支が狭窄を起こしている為の咳が

しばしば見られるわけです。

この咳は風邪やインフルエンザで出るものよりも、

強い苦しさを伴います。

肺に繋がる気管支が狭窄を起こしているので

呼吸しても取り込める空気の量が少ない上に、

咳で取り込んだ空気を吐き出さなければならないので、

呼吸困難を引き起こす場合があります。


喘息による咳は、大気中のアレルゲンや

有害物質に接触することで発生しやすくなります。

気管支喘息での咳は、症状が悪化すると

身体に与える影響が大きくなっていきます。

重度の症状が出ると立っていられない所か

動くことさえままならないほど強い咳が出て、

命に関わる事態に発展することさえあります。

続きをみる

2011-04-17 19:52:58

気管支喘息の原因とは?

テーマ:気管支喘息

気管支喘息は、子供だけが発病するのではなく

大人でも発病する場合があります。

喘息は、アトピー型喘息という形で、

子供が発病するケースが多いようですが、

最近では、大人が非アトピー型喘息を

発病するケースが増えてきています。

大人の喘息は、子供の頃に喘息を発病していない人でも、

発症しており、気管支喘息の患者が見られるため、

ストレスや過労が原因の一端になっていると言われています。

わたしの場合、過去に、もう十数年も前ですが、

アトピーに罹ったことがあります。

皮膚科では、ステロイド系の薬剤を貰いました。

ステロイドの薬剤が切れると、

再発状態でした。

わたしの場合は、インターネットや図書館や本屋で、

関連情報を収集しました。

結局、医薬ではなく、体質の問題、

環境の改善が必要であると自覚するに至りました。

気管支喘息の場合も、

体質改善、環境改善が必要です。

続きを見る

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ