交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 ドラマ脚本のト書きを書いていて「人が口を閉じて黙った様子」を表現しよ
うとしたときです。「あれ? “口をつむぐ”だっけ、“口をつぐむ”だった
かな」とよぎりました。ト書きですから「口を閉ざした」とストレートに書け
ばいいのでしょうが、ちょっと気になりインターネットで調べてみると……。


 お互い漢字で書くと「口を紡ぐ(つむぐ)/口を噤む(つぐむ)」になりま
す。「噤む」の意味は『口を閉ざす。ものを言わない。黙る』とあります。し
かし「紡ぐ」の意味は『綿や繭(まゆ)を錘(つむ:糸巻きなどの心棒。糸を
つむぐ機械の付属品)にかけて繊維を引き出し、縒(よ)りをかけて糸にする』
とありました。
 私が求めるものとしては、慣用句辞典にあるように「口を噤む」でいいので
しょうが……。


 ──「口を紡ぐ」とは。


 何年か前、三和酒類「いいちこ」のCMソングで、ビリー・バンバンの菅原
進さんが歌っていた♪夢を紡ぐ季節 ~時は今、君の中~♪というのがありま
す。(ちなみにCDを持っています。いい歌ですよ)


*--------------------------------------*
♪夢を紡ぐ季節 ~時は今、君の中~♪の歌詞(一番のみ)


   ささやく風の音 流れる雲の影
   わけもなく遠い日の
   かすかな痛み なぜ
   通り過ぎる雨に 夢を紡ぐ季節
   君の名を呼んでみる
   確かな気持ち 確かに


   時は今 君の中 時は今 君の中
   昨日までの想い出は君に逢う道しるべ
   時は今 君の中
*--------------------------------------*


 歌詞で使われている「紡ぐ」には『織りなす』とか『巡らせる』といったイ
メージがあります。ちょうど夢を「糸を紡ぐように積み重ねていく」感じです。
となると「口を紡ぐ」と慣用した場合は『糸を紡ぐように丁寧に言葉を重ねる。
つまり言葉を選んで話す』という意味合いになるのでしょうか……。


 ──「口をつむぐ」と「口をつぐむ」では反対の意味に。


 確かに漢字で書くと「つぐむ(噤む)」は「口に禁」ですから、見るからに
「口を閉ざす。話さない」といった感じです。「つ」のあとの「む」と「ぐ」
が入れ替わるだけで、その意味が「話す」「話さない」になってしまうとは…
…うむ、調べてよかった。
 というわけで、ト書きにしては希有(けう)な言葉ですが、ここはちょっと
洒落た気分で「口をつぐんだ」と書きました。


「風アザミ」と「息風」 (2005年9月17日記事)
血相欠いて (2005年9月19日記事)
つっけんどう/つっけんどん (2009年11月29日記事)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。