交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 井上陽水の歌で『少年時代』の歌詞に「風アザミ」というのが出てきます。
実際「オニアザミ」という植物はありますが、「風アザミ」というのは辞書に
も載っていない言葉です。「風が吹いてアザミを揺らす情景を表した造語」ら
しいのですが、そのイメージがぴったりくるのであれば、そんな語源めいたも
のは不要……これが「陽水の世界」でいいのではないでしょうか。


----------------------------------------------------------------------
「いいよね、男は……結婚しても仕事辞めるなんて考えなくていいから」
 私は完全に滅入った。
「ァーア、どっかに理解ある男いないかなァ」
「そんなに今の仕事好き?」
「うん……自分の作ったソフトで、たくさんの人が会社の現状を分析して、次
の経営方針を立ててくれてるかと思ったら、隠れた相談役って感じ?……気に
入ってんだけど、この仕事……拘りすぎなのかなァ?」
 私は、目の前にある一輪の赤いバラに、フーっと息を吹きかけた。重なり合
ったバラの花びらの間に入り込んだ息風が、それを小刻みに震わせていた。
「でも、お前の人生、それでバラ色なんだろう」
 直人が投げかけた。
「そのはずなんだけどな……」
「ま……バラ色の人生に同化した赤い糸も、いつか見つけるさ」
 と直人は煙草を揉み消した。
「赤い糸ね……」
 疑いの渦の中に沈み込んでいく自分の姿が見えていた。私は苦笑いを浮かべ
ながらも、心の奥では直人に救いを求めた。


------------------------------------< 短編小説『背中の男』の一節 >----


 手前ミソですが、私の小説『背中の男』にも造語があります。「息風」がそ
れです。造語というより、書いていてこの状況にぴったりの言葉(表現)はな
いものか……考えの果てに浮かんだのが「息風」でした。
 そのあとの一節「バラ色の人生に同化した赤い糸も、いつか見つけるさ」も
好きなところですが、「息風」のように一語で表現できたときの喜びもひとし
おですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。