国際ソロプチミスト山梨

国際ソロプチミスト山梨

山梨クラブの活動をご紹介しています






   山梨クラブの活動をご紹介しているブログです

 

SI山梨の推薦により(公財)ソロプチミスト日本財団「災害復興援助」(2019年)の助成金が贈られた身延山高等学校手話コミュニケーション部。 昨年10月、プログラム例会後の日本財団授賞式には小澤伸英顧問が来場され、活動の様子をお伝えくださいました。

 

学校は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休校措置がとられ、登校が再開されたのが5月末。高校生の活動にも様々な制限がかかる中、ご活躍の様子が伝わってきたのでご紹介します。

 

 

手話を用いた演劇や歌などで、表現力や正確性を競う「第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」。本来なら手話の聖地である鳥取県で開催予定でしたが、ウェブ大会となりました。厳しい予選会を見事突破され、2年連続の出場。喜ばしいことに、全国大会初入賞!「鳥取県聴覚障害者協会賞」を受賞されました。山梨県内の高校が入賞するのは初めてだそうです。

 

入賞作品の「笑いは最高の薬じゃ〜大好き一休さんと志村けんさん〜」は小澤伸英顧問が脚本を手掛けたオリジナルコメディー劇だそうです。

 

◇身延山高等学校(山梨県)

【第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園】

 

 

 

 

 資金調達事業として、恒例の会員持ち寄りの品と前回好評だったドレッシングの販売を行いました。

コロナ禍、ソーシャルディスタンスを保ちながら短時間ではありましたが、会員皆様の楽しそうな姿、そしてすべて完売となりましたことはとても嬉しく思います。

 

 

 Y新会員からは「入会して初めての持ち寄りミニバザーでしたが、衣類から日用品、食品に至るまでとても充実した内容で驚きました。皆さまの奉仕の心が表れている温かな場に沢山の笑顔が溢れていたように思います。」と感想が届きました。

 資金調達委員会では、会員皆様方のご協力により、今回も盛況で事業が行われましたことに感謝申し上げます。

(資金調達委員会)

 9月10日に行われた東リジョン研修会・三役会議について、小澤会長からコロナ禍での研修会を開催するにあたり、ご尽力された方々への感謝が述べられました。中村副会長からは上智大学 総合グローバル学部 グローバル学科 特任助教 小林綾子氏による「緒方貞子国連難民高等弁務官とソロプチミスト~共に生きること~」と題した基調講演で、国連がソロプチミストを尊重してくださったことを知ることができたとの報告がありました。

 国際ソロプチミスト山梨認証40周年記念事業「ローリエ基金」(ドメスティックバイオレンス被害女性などへの自立支援)として、先月は洗濯機を差し上げたこと、退所時にお渡しするためのスキンケア用品を追加購入したことが福祉担当より報告されました。

 

 規約決議・SOLT委員長によるSOLT教育では、例会で配布された資料の整理について学びました。また、国際ソロプチミストの組織の中の自分の立ち位置、国連との関係について確認することができました。

 

 

🌼9月 誕生祝贈呈

 9月生まれのK会員は「コロナ禍ですが、体力、免疫力を高めていくことを日々考え、努力していきたい」とおっしゃり、マザーテレサの名言を紹介してくださいました。心に残ったのでシェアしたいと思います。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。   (マザーテレサ)

 

「夢を生きる賞:女性のための教育・訓練賞」は、貧困、DV、性的暴力、離婚、配偶者の死など、人生のさまざまな試練に遭遇しながらもそれを乗り越え、新たな道を切り開こうとしている女性を支援します。

家族に対して主な経済的責任を負いながら、高校と同等期間、職業・技能訓練プログラム、もしくは専門学校、大学、短期大学(大学院を除く)、職業・技能訓練校で学ぶ女性が対象です

 

 

2019年度、SI山梨推薦のKさんが「日本東リジョン賞」を受賞しました。 Kさんは幼いお子さまを育てながら、仕事と放送大学での学業を両立させ、社会保険労務士の資格取得を目指しています。たくさんの方のご応募をお待ちしております。

 

・連盟賞 3名 $10,000(※連盟リジョン賞1位の方をアメリカ連盟に推薦し最終選考)

・連盟リジョン賞 1位 1名$5000   2位 1名$3000

・日本東リジョン賞 12名 (20万円) 日本東リジョン奨励賞 6名(10万円)

・クラブ賞 1名(5万円)

 

応募締切:2020年11月15日

 

応募に関する問い合わせ:090‐4130-3232(国際ソロプチミスト山梨・矢崎)

 

応募申請書はこちらからダウンロードできます。

 

9月10日(木)、国際ソロプチミスアメリカ日本東リジョン2020-2022年期第1回日本東リジョン研修会・三役会議がホテルニューオータ二「鶴の間」に於いて行われました。研修テーマは「心ひとつにワンチームでご奉仕を」

 

 

 

コロナウイルス感染拡大防止の観点から、開催時間の短縮、検温消毒、ソーシャルディスタンス確保のため最大収容人数の25%以下の参加、一般会場の3倍以上の空調設備での換気等ホテルと協力して対策を行い、開催されました。SI山梨のメンバーは安心して参加することができました。このような状況の中、開催のためにご尽力くださいました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

 

午後は、上智大学 総合グローバル学部 グローバル学科 特任助教 小林綾子氏による「緒方貞子国連難民高等弁務官とソロプチミスト~共に生きること~」と題した基調講演が行われました。

 

東リジョンのホームページの会員専用ページに渡辺ガバナーのあいさつ・指針をはじめ、役員による円卓会議、ユースフォーラム、クラブへのお願い、各委員長による活動指針の動画が配信されています。参加できなかった会員へのフォローがされておりますのでぜひご活用ください。

東リジョンホームページはこちら↓

 

 

 

 

 

 

8月30日(日)、新入会員2名、会長、メンバーシップ委員同席のもと、勉強会を実施しました。

 

 

7月に入会して2回の例会に出席し、少し流れを理解していただいた中、改めて業務例会日程(案)の見方、リジョンメールについて、委員会活動、SI山梨独自のプロジェクト、SIAのプログラム、継続奉仕先の説明など、資料に基づき勉強いたしました。

設立直後に入会した先輩会員から40数年のSI山梨のあゆみ、思い出、設立当時は業務例会日程(案)も完全なものではなく、手探りで例会を運営していた等々、貴重なお話を伺い新会員からの質問も数々あり、有意義な勉強会を開催することができました。

 

 

新会員からは、「先輩方からとても貴重なお話をお聞かせいただき、ソロプチミスト山梨の歩みを辿ることができました。和やかな雰囲気の中、優しく丁寧にご指導いただきとても有意義な時間を過ごすことができました」との感想が寄せられました。

 

(メンバーシップ委員会)

 

 

「フードバンクこども支援プロジェクト夏」へ今年も支援金の協力をし、感謝状をいただきました手紙

 

 

ジンジャーブレッドマン『フードバンクこども支援プロジェクト』とは…。

 

「先生、何か食べるものない?」と夏休み中に学校に来る子どもがいる、給食のない長期休暇明けに痩せて登校する子どもがいることを知ったフードバンク山梨が2015年に始めたプロジェクトです。

 

私たちのクラブではその趣旨に賛同し、活動費や運営費に役立てていただきたいと支援しています。

2019年度の活動の総まとめである国際ソロプチミスト山梨の会報44号が発行されました。

 

 

コロナ禍、会報編集作業は、可能なかぎりオンラインで編集、校正作業を進めていこうという方針のもとスタートしました。

印刷会社の担当者ともメールでやりとり、pdfでいただいたものを広報委員会のグループラインで共有し、校正を何度も繰り返しました。写真の選定、資料確認、文言のチェックなど、ラインでの作業は大変効率よく、また文字に残るので書記の役割も果たしてくれました。

編集記録としてラインをテキスト変換し、プリントアウトしたところ、A4で100枚を超える量になり、途中でストップしました。

 

 

今回の会報は、「ユニバーサルデザイン」のコンセプトに基づいたUDフォントを使用することにしました。文字のかたちがわかりやすく、文章がよみやすく、読み間違えにくいという利点があります。

 

表紙の夜景の富士山の写真、広報委員のメンバー4人が全員一致でこの写真を選びました。

明けない夜はない、コロナのこの状況もいつか…という想いをこめて。

 

会報は国際ソロプチミスト山梨のホームページのクラブ会報より見られます。ぜひご覧ください。

会報44号はコチラ→義理チョコ

資金調達事業として“お肌に癒し”をテーマにお取り寄せミニバザーを開催いたしました。

 

 

新型コロナウイルス感染症対策として、手のアルコール消毒を行うことで手荒れのお役に立てればと、ヤシ油を原料とし、天然保湿成分配合の台所用洗剤、薬用ハンドクリーム、薬用全身クリームをご用意いたしました。

 

 

ご購入いただいた会員より「泡立ち泡切れが良く使いやすい」「クリームは肌なじみが早くしっとり感がいい」等の感想が寄せられました。

皆様のご協力のおかげでご用意した分はすべて完売いたしました。

(資金調達委員会)

コロナ禍において例会場を6月は常磐ホテル、7月は甲府商工会議所大会議室に移しておりましたが、5ヶ月ぶりに例会場として四十数年お世話になっているアーヴァンヴィラ古名屋ホテルに戻ってまいりました。先月の例会で、松花堂弁当、30分以内、会話禁止の条件で食事有と多数決で決まりました。通常より大きなお部屋でスクール形式、1テーブルに一人ずつ座り、静かに食事をとりました。ホームである古名屋ホテルに戻ることができたせいか、皆様はれやかな表情でした。

 

 

例会では、会長より、報道機関3社への就任挨拶、山梨県きずな会についての報告がありました。

出席委員長によるミニ勉強会、規約決議・SOLT委員長によるSOLT教育も行われました。

 

 

🌼8月 誕生祝贈呈

 

8月生まれの会員はクラブからのプレゼントを会長より手渡され、その後、恒例のスピーチを。I会員は「コロナ禍ですが、例会で皆さまの顔を拝見でき元気になりました」と、A会員は「山梨県が募集している動物愛護指導センターに収容された離乳前の子猫猫をお世話するボランティアをしています」とお話しされました。