身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

我孫子道院 道院長のブログ

新型コロナウイルスの影響で、延び延びになっていた今年度初めての昇格考試が、10月11日に行われました。

 

我孫子道院からは、

一般二段の受験者が3名、

少年部初段の受験者が2名(ひとりは、新中学生)。

 

コロナ禍で修練にもいろいろ制約がある中でも、精一杯準備して臨み、

5名揃って無事に合格することが出来ました~。

 

少拳士二段を允可された3名。
学科試験では、全員優秀者として名前が呼ばれました。
パチパチパチ

 

古いデータですが、1997年に発行された

「少林寺拳法五十年史」別冊有段者芳名録を見ると、

少拳士二段の名前が載っているページ数は46ページ。

准拳士初段の名前が載っているページ数は120ページ……。

 

せっかく少林寺拳法を学んでも、初段でやめてしまう人はけっこう多いように思いますが、やはり修行の心得で一番重要なのは、「永続して行うこと」。

 

斯界には、

修行を続け、ある段階、ある境地に達し、

昇級・昇段したときにはじめて手が届く『窓』がある。

その窓に手をかけ、開いた者だけが見える眺望を眺めることこそ修行者の特権ではないだろうか。

 

逆に言えば、自分の足で階段を上り続け、たどり着いたウィンドウを一つひとつ開けていく。この修行のプロセスこそ、道を歩み続ける魅力だと思うので、この三人には、少拳士二段のウィンドウを開いて、その眺望を堪能し、次の窓に向かって歩み続けてもらいたいと思います。

 

こちらはもともと4月に受験予定だった新中学生(准拳士初段)。

真新しい黒帯は、成長期に合わせ、長めのモノを用意!

 

「小学生のうちに黒帯になりたい」という目標を達成した、6年生のK君。

人一倍熱心で、優秀な成績で准拳士初段に合格。

めでたく“お墨付き”の証=黒帯を締めることが出来ました。

 

5人とも、本当におめでとう!

 

それぞれ、ひとつの壁を越えたわけですが、

ここで大事になるのが、残心と残身。

心を途切れさせないで、歩みを止めないこと。

 

これからも後進のよき手本になるよう、一層精進を重ねてください。

 

というわけで、我孫子道院の指導者層も厚みを増してきたので、

『GoTo道院』

新しい仲間も大歓迎。

 

新型コロナに振り回された今年だからこそ、運動不足を解消し、心の健康を保つために、少林寺拳法をはじめてみませんか?

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『109』

本日は今年の前期に入門した8人の拳士の入門式を執り行いました。

 

(入門者代表、S・Kさんによる誓願文 奉読)

 

入門式は、入門した本人が修行の決意や心構えを確認し、自分自身に誓うための儀式です。

また、入門式は、入門者を仲間として迎え、絆を結ぶ手始めの儀式でもあります。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が発令された際は、2ヶ月間も稽古を休止していたにもかかわらず、これだけの新しい仲間を迎え入れることが出来て、本当にうれしく思います。

 

逆にいえば、コロナ禍のおかげで、自分自身を見直し、身体を鍛え、心の健康を保つために、少林寺拳法の門を叩いてくれた人が増えたのかもしれません。

 

斯界には「はじめに極意あり」という言葉があります。

少林寺拳法の要諦は、初心者のうちに一通り教わります。
しかし、その真意を知るには、多くの修行を重ねなければなりません。

「そうか! こういうことだったのか」と気がつくその日まで、

怠らず、弛まず、精進し続けてくれることを願っております。

 

いずれにせよ、彼らは今日から指導者としての第一歩を踏み出したわけです。

マイペースでいいので、止まらず歩み続けていきましょう!

 

そして、この入門式に合わせ、鎮魂行に使う教典(巻物)を作る、

『My教典づくり』も行いました。

 

My教典、完成!!

各自、オリジナルの素敵な教典が出来上がりました。

 

 

同じ道院の拳士は、家族も同然!

これからは同志 互いに親しみ合い助け合い、協力して道のためにつくしていきましょう。

 

 

一気にたくさん仲間が増えたので、
一般部の名札のスペースが一杯になってしまいました!
新しい名札かけが必要ですが、うれしい悲鳴というやつです。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『111』

9月も半ばになり、ようやく朝夕が過ごしやすくなってきたところで、

我孫子道院では、今月も新しい仲間を迎え入れることが出来ました~。

 

 

E・Kさんと、C・Kちゃんの母娘コンビです。
C・Kちゃんは、まだ4歳ですが、体験入門のときからやる気は十分!
強い意志を持って「やりたい」とのことですので、正式な入門となりました。
(我孫子道院では、原則として小学生以上というのが入門条件ですが、親御さんが一緒に入門し、なおかつ本人にやる気がある場合は、未就学児でも受け入れております)

 

これで現役の親子拳士は、7組目!

父子が3組、母子が4組

家族で一緒に修練できるのも、少林寺拳法の魅力ですので、8組目、9組目、10組目の親子拳士を募集中です。

 

もちろん単独での入門も大歓迎。

 

とくに秋は少林寺拳法をはじめるのにベストシーズンですので、おすすめです。

 

「スポーツの秋に少林寺拳法」

少林寺拳法は、各人の年齢・性別・体力・体格に合わせた修練が可能で、子供たちは育てる拳法、青少年は鍛える拳法、中高年は養う拳法に取り組んでいます。

仲間とともに護身の技術を学びながら、上達する楽しみがあるのが特徴です。

伝統ある精妙な技術を学び、合理的な筋骨の運用法と攻防の技術を、力より技術として学び、身体のポテンシャルを開発していく少林寺拳法は、スポーツの秋にピッタリ。

 

「学問の秋の秋に少林寺拳法」

拳禅一如・力愛不二の法門である少林寺拳法では、理知も力と考えています。

技法の修練だけでなく、理性的に人間性の深さを究明し、物心両面で生活を豊かに楽しくするために、
豊富な教材を活用し、さまざまな哲理も学びます。

 

「芸術の秋に少林寺拳法」

少林寺拳法の技法は、剛柔一体の合理的な技の運用によるスタイルの美しさとスピード感があります。

「真・善・美」は同一のもの。

力や体格に頼らず、術理と理合い、理法を重視する少林寺拳法は、機能的な美しさも課題の一つとしています。

 

「食欲の秋に少林寺拳法」

修練をしたあとは、食事が一段と美味しくなります。

稽古でいい汗をかいて、秋の味覚を一層美味しくいただきましょう。

もちろん、稽古後のビールやワインなどの一杯も格別です。

 

というわけで、我孫子道院では、

9月、10月、11月も、「見学者・体験者・入門者」をお待ちしております。

メール、お電話でお気軽にお問い合わせください。

 

(早速、作務に励む C・Kちゃん)

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『104』

間違いであってほしい……。

 

昨日、本山から一通の訃報があり、

そこには「綾南道院 道院長 加藤 義秋 様がご逝去されました」と。

 

加藤義秋先生 本部期生71期 大範士九段

 

加藤先生は、少林寺拳法の三法(剛法、柔法、整法)のひとつ、整法=全身のツボ・経絡を活用する経絡法の第一人者であり、本山・本部の「整法・圧法専門委員会」に指名され、活殺自在の当身技、羅漢圧法、羅漢締法、そして活法の整理、統一化と資料作りにご尽力された先生。

 

私とは10年前からご縁があり、目をかけてくださるようになりました。

 

 

2012年には、『月刊秘伝』(2月号)で、合計8ページの特集記事も組まれました。

 

 

加藤先生の道場、綾南道院とご自宅は、高松空港のそばあり、

「飛行機で高松に来ることがあったら、いつでも寄ってください」とおっしゃられて……。

 

ずうずうしいワタシは、お言葉に甘えて、帰山するたびにご挨拶に伺い、筆舌に尽くせぬ高段者科目の羅漢圧法などの妙機を、一手二手とご指南いただいておりました。

 

 

東洋医学の神髄、経脈医法に基づいて、筋肉、骨格、神経などに対し、合理的な攻撃を加えて、気絶させたり、激痛を与えて転倒させたり、動けなくさせたりするのが、少林寺拳法の当身、そして羅漢圧法。

 

 

「少林寺拳法は三法揃っているから素晴らしいんだ」

「剛法、柔法だけでなく、道院長なら整法・圧法もしっかり身につけておくように」とよくおっしゃっていた加藤先生……。

 

また羅漢圧法などの技術だけでなく、人間的な魅力、度量もあふれている先生で、開祖のことや板東先生のお話を聞くのも楽しみでした。

 

我々にも開祖の教えとして、

「人を粗末にするな。人を粗末にすると、自分も粗末にされるぞ」

「世話になった人を裏切るな。一生付き合え」とよく語っておられ、いつも笑顔で迎えて、よくしてくださり、本当に感謝の気持ちで一杯です。

 

加藤先生に最後にお目にかかったのは、今年の新春法会・師家承継式での帰山のとき。

「また、5月の道院長講習会で帰山します」とご挨拶したのですが、
コロナ禍で道院長講習会が中止になって、それが最後のお別れになるなんて……。

 

「第三世師家をしっかり支えてやってくれ」というのが、加藤先生のラストメッセージでした。

 

あまりにもショックでさみしく、言葉になりませんが、

加藤先生、本当にありがとうございました。

心から、ご冥福をお祈りいたします

 

再合掌

 

少林寺拳法の稽古の進め方を記した「科目表」(カリキュラム)や、学科の学習に欠かせない「読本」(テキスト)の英語版も用意しております。

 

 

道院長本人は、英語は“からっきし”ですが、
語学に堪能な門下生が複数おりますので、
母国語が日本語以外の方も受け入れております。

 

 

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『102』