身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

身体からの悟りを目指して ~ 少林寺拳法

我孫子道院 道院長のブログ


テーマ:

8月になり、今年も夏の一大行事、日本武道館で行われる

「全日本少年少女武道錬成大会」の季節がやってきました。

 

北海道から九州まで、全国189の道場から、約1500人が集まった、平成最後の錬成大会にチャレンジした門下生は、

小中学生合わせて27名!

 

今年は、千葉県大会が7月だったので、錬成大会に向けた準備期間が短いことがネックでしたが、

限られたタームの中で、出場拳士は一所懸命練習に取り組み、

ふたを開けてみると、

組演武で5組10名と、団体演武の2組14名が「優秀賞」を受賞!!

なんと24個のメダルを頂戴することができました~

 

 

彼らが健闘してくれた要因を分析すると、

①各リーダーが、リーダーシップを発揮してくれた

②県大会からの期間が短かったことで、逆に集中力が途切れなかった

③素直にアドバイスを聞ける子が多かった

④幹部拳士の協力や、他の道院支部の先生に演武を見てもらえる機会があった

etc.

 

 

結果は二の次、チャレンジする姿勢が大事、といい続けてきましたが、

やはり結果が出て、入賞した子の顔を見るのはうれしいものです。

 

一方で、自信を持って送り出しても入賞を逃す子もいるわけですし……

 

ただ、大会に出場するのも修行の一環。

無難な道を歩むのではなく、「アタック失くしては、チャンスはない」という精神で、

入賞した人も、そうでない人も、自分の可能性を信じて、次の目標へのチャレンジをはじめましょう!

 

宗由貴総裁、川島会長と記念写真

 

鈴木義孝先生(金剛禅総本山少林寺 元代表)ともパチリ

 

中学生の団体演武も入賞!

横須賀から応援に来てくれた、Mクンとニッコリ

4人の中学3年生は、今大会で錬成大会を卒業

有終の美を飾れてよかったね

小学生団体(4級以上チーム)は、組演武とW入賞の子も

 

緑帯だけで組んだもう一つの団体チーム。

リーダーT君の奮闘が光っていました。

明るさ自慢の女子拳士たち

今年は、大人の拳士が3名、大会スタッフとしても活躍してくれました

 

これで今年の大会行事は一段落!?

また来年まで地道な稽古に取り組んで、本質力を磨き、

新しい年号の最初の錬成大会のときに、日本武道館に戻ってきましょう!

 

出場拳士の指導補助、サポートをしてくれた幹部拳士、いつも応援してくださる保護者の皆さん、拳士の演武にアドバイスをしてくださった先生方、そしてご尽力いただいた審判の先生、大会スタッフ、関係各位に感謝します。ありがとうございました。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『108


テーマ:

夏休みに入り、恒例の夏合宿を7月27日・28日に行いました。

宿坊は、普段の修練の場である我孫子道院の専有道場。

 

夏合宿は、みんなで寝食を共にすることで、拳士同士のコミュニケ―ショーンを深め、密度の濃い稽古を行う有意義な機会として、10年以上継続している、我孫子道院の中心的な行事のひとつ。

 

今年は台風12号の接近に伴い、初日は雨、二日目は大雨・暴風の予報だったので、屋外でのプログラムに支障をきたすのでは……と心配しつつのスタートとなりました。

 

初日のプログラムは、

13時~16時まで鎮魂行と易筋行(技術修練)の稽古。

 

ゲストとしていらしていただいた取手南道院の近藤先生(浦安スポーツ少年団 支部長)にも、ご協力いただき、小中学生はは1週間後の全日本少年少女武道錬成大会に向けた練習。

一般部は、資格ごとに分かれての稽古をみっちりと!

 

そして16時からは夕食作り

少林寺拳法では、技法の修練以外の日常生活に必要な作業も修行の一環として重視しているので、合宿での食事はみんなで自炊。

「キッチン少林寺」で、低学年の子は野菜洗い、中学年の子は皮むき、高学年の子は大人と一緒に材料を切って、合宿名物「卍カレー」作りに挑戦。

ご飯は二升半炊きましたが、あっという間に完食!

甘口カレーの「緑卍カレー」と辛口の「赤卍カレー」に二種類が完成

 

食後は、近所のスーパー銭湯「手賀沼温泉 満天の湯」で汗を流してリラックス。

徒歩での移動でしたが、雨の予報が外れて、雨具なしで往復できました。

 

この日最後、夜のプログラムは、法灯連綿について。

開祖は、敗戦後の日本で、将来の希望を見失った人々を見て、先行きの見えない、お先真っ暗な世の中の中で、たった一人で、「人づくりによる祖国復興」という灯を点し、少林寺拳法を創始された。
その灯ははじめはひとつだったが、開祖から直弟子、孫弟子、曾孫弟子……と広がり、暗い世の中を徐々に明るくしていった。

いま、みんなは開祖が灯した聖火を、先賢先達から受け取ってここにいる。

その灯は自分で起こしたものではないので、自分で絶やさず、必ず他人に伝えて、この運動を広げ、世の中をもっと明るくしていこう!

という話を、実際にろうそくに火を点し、その火を一人ひとりが手に持ったろうそくに移すことで実感してもらうという試みでした。

子供たちの中には、電気を消して、ろうそくを点けたらワタシが怖い話でもするのではないか! と思っていた子も(笑)

 

あとはお楽しみのフリータイムで、夜更けまで……

 

 

翌朝は眠い目をこすって、6時に起床

洗顔、身支度を終えたら、朝食づくり

メニューは「トン汁定食」

ハート形の人参なんて、おちゃめなカットも!

 

朝食後のレクタイムは、少年部OBの中高生による絵本の読み聞かせ

これが思いのほか好評でビックリ!!

 

そして

9時半から12時までは、合宿二日目の集中稽古

この時間は、ゲストの川崎稲田道院の綾部先生に、法話と基本のご指導をお願いしました。

 

その間にも台風12号は関東地方に接近中で、iPhoneには、「大雨、暴風警報」の文字も!

「これは、お昼の『流水麺』(流しそうめん)は難しいかも……」と思いつつ、雨雲レーダーをじっくり見ると、ちょうどお昼時は雨の合間になる模様

 

「これは宇宙の意志に違いない」と確信し、幹部拳士が事前に仕込んでおいた流水麺の舞台をてきぱきとセッティング

 

写真の通り、今年も楽しく『流水麺』で合宿を締めくくることができました~

 

(合宿初日 近藤先生と一緒に)

(合宿二日目 綾部先生とご門下の馬場拳士と)

 

参加した皆さんが、

善男善女・晴れオトコ&晴れオンナだったからこそ、台風の合間にすべてのプログラムをこなせたのでしょう。

合宿のテーマ、「自己確立」と「自他共楽」も及第点はクリア。

今年も豪華なゲストをお迎えし、楽しい合宿ができました。

近藤先生、綾部先生、馬場拳士をはじめ、ご協力いただいた方と天の配剤に感謝いたします。

 

道院の仲間は家族のようなもの。

本当の家族と違って、寝食を共にするのは合宿ぐらいしか機会がないので、より有意義なものにしたいと思っております。

次回の合宿も、意義深く楽しいものにしていきましょう。

 

差し入れも多数いただきました。

 

合宿初日の夕景

スーパー銭湯に行く途中の手賀大橋からの景色

あの気圧配置、あの台風の位置にもかかわらず、雨の影響をまったく受けなかったとは、何ともアメージングな合宿でした~

 

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『112

 


テーマ:

7月8日、少林寺拳法千葉県大会が開催されました。

 

ウチの拳士は、一般部・少年部合わせて34名が参加!

(一般財団法人少林寺拳法連盟の個人会員として出場)

 

『気合を入れて、伸び伸びと』を合言葉に、本番に臨み、

 

一般女子三段以上の部と一般男女段外の部で金メダル

一般団体の部と小学生団体の部で銅メダル

少年部組演武で4組8名が入賞(敢闘賞)

親子の部でも2組4名が本選出場を果たし、

合計で16個のメダル、24枚の賞状を頂戴することができました。

 

 

毎度のことですが、実力があっても僅差で入賞を逃して涙する拳士も、

努力が実ってメダル獲得となった拳士もいましたが、

大事なのは、自分の可能性を信じてチャレンジすること。

 

また大会のための演武修練は、修行の中のほんの一環。

大会が終わっても、残身と残心で、「心を広く直にして、きつくひつぱらず、少しもたるまず」コツコツ精進していきましょう。

 

また結果以上に、取り組み方に進歩があり、今回もいいチームワーク、連帯感が見られました。

観戦態度、応援その他も、なかなか立派で、出場拳士はもちろん、バックアップや応援に回ってくれた拳士を含め、すべての門下生を誇りに思っています。

今日からまた次の目標に向かって、新しいチャレンジをスタートさせましょう。

 

事情があって、定期的な稽古には参加できなくなった仲間が、2名も現地まで応援に来てくれたのもうれしかったです。

 

 

大会スタッフの皆さん、いつも応援してくださる保護者の皆さんにも、この場をお借りして御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『106


テーマ:

6月30日に、新年度の入門式を執り行いました。

 

新しく我孫子道院の仲間になってくれたのは、

名古屋の道院から転籍してきたKクンと、新入門のI君。

(ともに小学2年生)

 

 

入門式は、入門した本人が修行の決意や心構えを確認し、自分自身に誓うための儀式であり、同時に、入門者を仲間として迎え、絆を結ぶ手始めの儀式です。

 

法話では、花情竹性(かじょうちくせい)という言葉を紹介。

『武道の道を極めるためには、花のようにやさしい心掛と、竹のように素直な、真直ぐな心掛けがなくてはならない』という意味です。

 

 

 これで二人は我孫子道院の仲間です。

入門式の感動と初心を忘れずに、修行を永続してください。

(新入門のI君と、転籍拳士のKクン。Kクンは入門式ではなく、入籍式でした)

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『102

 


テーマ:

今日は憲法記念日ということで、

先日、4月30日に実施した「少林寺拳法体験教室」の報告を……。

 

 

我孫子道院では、毎年この時期、「宗道臣デー」の一環として、

未経験者のための「少林寺拳法体験教室」を開催しています。

 

5回目となる、今年の体験教室には、7名の体験者と10名の見学者が、道院にお越しになりました。

 

少林寺拳法の本質は「人づくりの行」であるという簡単な説明と、

準備運動、鎮魂行から体験をスタート。

 

 

技法は、八方目、間合い、突き、蹴り、受けの基本など

 

 

柔法は、鍵手守法の原理と、簡単な抜き技の体験を。

 

限られた時間(2時間)ではありましたが、道院の雰囲気や、少林寺拳法の特徴や魅力をそれなりに伝えられたのではと自負しております。

実際に体験してみなければ、わからないことが多い世界であるので、

1回だけでなく、2回、3回と続けて稽古を体験してみて欲しいです。

 

5月末まで、体験稽古および見学者の受け入れに、とくに力を入れておりますので、

「体験教室」に参加された方はもちろん、「体験教室」に参加できなかった方も、ぜひ普段の稽古日の修練に参加してみてください。

(体験稽古は、何回参加されても無料です)

皆様のお越しを、拳士一同お待ちしております。

 

 

「体験教室」参加者の勧誘から、当日のサポートまで、GWにもかかわらず協力してくれた門下生にも感謝です。

一人でも多く、志のある拳士を増やしていきましょう。

 

本日の「身体の知能指数」 (PQ=physical quotient) 『105

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス