1分で目がよくなる方法 │ 子供の視力回復トレーニング方法:福岡店

只今、1分で目がよくなる方法を動画で公開中!大人・子供の視力回復トレーニング方法専門・アイトレーニング視快研 筑紫通り店(福岡県 博多)です。10年間で 4,317名の視力を 0.2 → 0.8 へとアップさせた視力回復トレーニングを公開中!


テーマ:
■1分で目がよくなる方法を公開中!

おはようございます。ビジョントレーナーの出口 隆です。
数あるサイトの中から ご訪問下さり、誠に ありがとうございます。

さて、前回では、目がよくなる4つの基本トレーニングと、そのやり方をお伝えしましたが、今回は、その大人・子供の視力回復トレーニング方法の中から特に、目のショボショボ感や 目のかすみ、不快症状を解消してくれる、目がよくなる方法をお教えします。

この目がよくなる方法は、テレビでも紹介された方法であり、実践後、目の周囲の血流がアップするため、すぐに物の見え方の違いが分かるほど 視界がクリアになる、即効性の高い方法です。

実践後、すぐに効果を実感いただけるといっても、マッサージと同じで、あくまでも一時的であり、また 元に戻りますので、継続することが大切です。

それでは早速、その 即効性の高い、大人・子供の視力回復トレーニング方法の1つ、1分で目がよくなる方法を お教えしましょう~♪

目のストレッチのやり方


目のストレッチ 「 眼を 上下左右 に動かすトレーニング 」 60 秒

この 「 1分で目がよくなる方法を 」 は、以下の動画や画像のように、
眼を上下左右に動かす運動をします。


目のストレッチ法


上記の 「 1分で目が良くなる方法 」 を、以下の 大人・子供の視力回復トレーニング方法と一緒に行って頂くと、より一層、目の疲れ、眼精疲労、目のショボショボ感など、
目の不快感を解消することが出来ます。

さらには、物がかすんで見えたり、ぼやけて見えていた物の見え方が
クリアに見えたり、目が悪くなるのを防ぐことができるため、
上記の目がよくなる方法と一緒に、お試し頂くことを おススメします。

詳しくは、以下の記事の中で 公開していますので、ご参考下さい。

目のストレッチ法や視力回復トレーニング


以上、大人・子供の視力回復トレーニング方法の1つ、目の不快感を解消する目がよくなる方法を お教え致しました。

今日も最後までお読み下さり 誠にありがとうございました。

 視力アップ推進委員会
 アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
 九州・山口カスタマー本部   

◆運営者情報◆
・代 表 : 出口 隆
・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人やお子さんの体験者のお声 はコチラから
お電話・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(126)  |  リブログ(9)

テーマ:

子どもの視力回復に関するご質問

こんにちは。視力アップ推進委員会の出口 隆です。

さて、本日も子どもの視力回復についてお送りいたします。今回は、子どもの視力回復について親御さんからよく頂くご質問を、この場をおかりしてお伝えしたいと思います。

子どもの視力回復に感心のある親御さんでしたら、これらの質問と、私の回答がとてもお役に立てる、またはご参考になるかと思います。

ので、ぜひ集中して読み進めて欲しいと思います。
 

子どもの視力回復に関する質問1:

●子どもの視力は本当に良くなるのか?

まず、一番多く寄せられるご質問がこれです。

というのも、まず学校の視力検査で目が悪ければ必ずと言って良いほど眼科を進められるからです。

そして、眼科に受診し 視力が悪ければ、ほとんどの方が眼科の先生から「メガネを作りましょう」「近視は治らない」と言われるからです。

 

もしかしたら、あなたも眼科に受診されて同じような事を言われたかも知れませんね。しかし、


「 一度下がった子どもの視力は回復しない。」実はこれ、間違った常識なんですね。

結論から言うと、個人差はありますが 一度下がった子どもの視力は回復します(先天的な目の病気による視力低下は除く)。

そうは言っても、なかなか信じられないかと思いますので、まずは以下の子どもの視力回復キットをダウンロードして試してみて下さい。

実践前と後とでは、物の見え方が違って見えるはずです。

>> 視力回復キットのダウンロードはコチラから
 

しかし、なぜ 多くの眼科の先生は近視だと分かっても

「 メガネを作りましょう! 」「 近視は治らない 」と言われるのでしょうか?

これは、前回にも書いた通り 視力トレーニングをしても、子どもの視力回復法を教えても 0円だからです。

そう、病院には1円もお金が入ってこないのです。これは、日本の眼科診療が社会保険診療であることも1つの理由です。

社会保険診療で点数化されているものだけが、病院にお金が入ってくるため、それ以外の物は診療の対象外とされるからです。

診療の対象外、ここでは視力トレーニングや 子どもの視力回復法は点数化されません。

一方、視力測定やメガネの処方は点数化されているため、病院にお金が入ってくるんですね。

ですので、学校の検査や 職場の視力検査などで、近視、乱視、遠視、老眼など視力に問題があることが分かって眼科を受診をする。としても、目の検査や 視力を図ってメガネを作ってはもらえますが、視力トレーニングや 子どもの視力回復法などを教えてはくれないのです。

ただし、これは眼科の先生が悪いわけではありません。

 

社会保険診療制度に問題があるのです。

そう、視力トレーニングや 子どもの視力回復法などを眼科の先生が教えてはくれない。のが悪い。のではなく、社会保険診療制度に問題があるのです。

実は、社会保険診療制度は何十年も前に制定されているのですが、当時はまだ現代のように視力が低い人が多い時代ではありませんでした。

ですので、子どもの視力回復法や視力トレーニングなどが、社会保険診療項目に入らなかったんですね。

しかし、IT化が進むにつれて 小さなお子さんでも 視力が悪い人が急増していますので、改正される日もくるかも知れませんね。

とはいえ、子どもの視力回復法といってもいろんなやり方がネットでも氾濫しています。

が、プロの私から言わせて頂くと、屈折度数の改善を伴った子どもの視力回復法が本当の視力回復です。

私どものトレーニングセンターでは、何万人ものお子さん、大人の方の近視、遠視、乱視、老眼、ガチャ目などの視力を改善してきた圧倒的な実績があります。

なお、アメリカは視力眼科医(オプトメトリストと言います)という国家資格があるほどです。

そう、日本の眼科は目の病気の専門家( 日本では近視は病気とされていない )。一方、アメリカの視力眼科医は、その名の通り 視力の専門家であり、保険も適用されます。

日本の場合、眼科に受診しても子どもの視力回復法や視力トレーニングがほとんど行われないのでは、このためなんですね。

 

子どもの視力回復に関する質問2:

●どこまで子どもの視力は回復するのか?

さて、次に多く寄せられるご質問が、「 どこまで子どもの視力は回復するのか? 」です。

いかに、一度下がった視力は回復する。大人はもちろん、子どもの視力も回復する。とは言っても、「 私は、わが子の視力は一体、どれぐらい回復するのか? 」 は、誰もが抱かれる疑問でしょう。

結論から言いますと、誰もが1.0以上の子どもの視力を回復できるワケではありません。

病気の早期発見・早期治療と同じように、早く視力低下に気づき、早くトレーニングを行えば行うホド、短期間で 1.0~1.5まで回復させることは可能です。

逆に言えば、学校などの視力検査で視力低下に気付きながら、メガネをかけるだけで何の対策もしていなければ、視力はどんどん低下し悪化します。

そして、悪化すればするほど 子どもの視力が回復するのに時間もかかりますし、回復する度合いも変わります。

とはいえ、どのタイミングであったとしても、トレーニングを行えば 大人はもちろん、子どもの視力は回復します。

ご参考までに、2004年のデータになりますが以下の図にもあるとおり、視力0.2の場合、

 


はい。トレーニングに取り掛かる時間が遅くなればなるほど、大人はもちろん、子どもの視力が回復するスピードも、視力がアップする度合いも どんどん遅れてしまうワケです。

ですから、1分1秒も 無駄には出来ないのです。

今このブログをお読みのあなたは、あなたご自身の視力はもちろん、大切な子どもの視力回復のためにも、今すぐ以下より 視力トレーニングキットをダウンロードして トレーニングを初めてみて下さい。

※以下の体験版トレーニングキットは無料です

>> 体験版トレーニングキットダウンロードはコチラ(無料)

 

しかし、なぜ子どもの視力は低下するのか?

親御さんのお悩みで多い1つとして、以下が挙げられます。

「 いつのまにか、子どもの視力が低下していてびっくりしています。」

しかし、結論から申し上げますと、病気と同じように“いつの間にか視力が低下していた”ということはありません。

仮に、学校の1学期の視力検査で「 A判定 」だったとしても、2学期の視力検査では 「 C判定 」まで急激に落ちているケースも多々ございます。

これは、視力低下のスピードが大人に比べて、子どもの場合はとても早いからなのです。

たとえば、弊社のお客様でも

「 1.5の視力が1年後には 0.5までに下がっていて驚きました!その後、2年後には 0.2までに下がっていて、3後には 0.1まで下がってしまいました… 」

というショックと共に、藁にもすがる想いで弊社に来られる方が 数多くいらっしゃいます。

ですが、いつの間にか視力が悪くなっていることはなく、ただ単に 気付きにくいだけなのです。

なぜならば、お子さんは 「 黒板の文字が見えにくくなった 」と思っても、それが近視である。とは思うことなく 「 当たり前 」 だからです。

しかも、お子さんの目の見え方は普通、親御さんには分かりません。

子どもが「 パパ、ママ、最近黒板の文字が見えにくくなった 」 と訴えない限り分からないのです。

ですから、視力低下に気づけなかった。としても、それは親御さんの責任ではありません。

ちなみにですが、

「 1.5の視力が2~3年で 0.1 まで下がることは平均的なことです。」

そう、このように視力低下で悩まれているお子さんは、年々増え続けている。ということなのです。

 

早期発見・早期対策が重要

上記の図をご覧の通り、子どもの視力回復は早期発見・早期対策が非常に重要です。

今では 5歳児でも視力が低い子どもは増えてきていますが、通常 8歳~18歳までの間が最も近視が進む時期です。

そのため、もしあなたのお子さんの年齢が当てはまるならば、そして、視力低下にお悩みならば、細心の注意が必要です。

今すぐ 以下の体験版トレーニングキットをダウンロードして、近視の進行をストップさせて下さい。

>> 体験版トレーニングキットダウンロードはコチラ(無料)

次回も、子どもの視力回復に関して数多く寄せられるご質問お応えして参りたいと思います。

視力アップ推進委員会
アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
九州・山口カスタマー本部

 

◆運営者情報◆

・代 表 : 出口 隆

・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人や お子さんの体験者のお声 はコチラから

お電話・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

視力回復法をご紹介いたします。

こんにちは。視力アップ推進委員会の出口 隆です。

さて、これまで数多くの大人からお子さんに視力回復法をお教えし、視力回復を行ってきた経験から申し上げます。

視力は、目の病気以外で起こった視力低下であれば、95%以上の確率で視力回復・視力の維持を行うことは可能です(ただし、視力 0.1以下の方はトレーニングや視力回復法では困難です)

「一度下がった視力は回復しない。」というのは、眼科の先生が言われているだけです。

なぜ、多くの眼科の先生は視力は 「 近視は回復しない、一度下がった視力は回復しない 」と言われるのか?

その理由はいくつかありますが、大きく分けると以下の2つです。
 

■理由1■

医療の世界では近視は病気。とみなされていないため、原因を追究したり 回復する研究が海外に比べて行われていないのが現状です。

海外では、近視は病気。とみなされているため、眼科の先生でも近視の原因追及や 視力回復法を患者さんにお教えして、実際に視力回復に努めていらっしゃいます。

※日本の眼科の先生の中にも視力回復法やトレーニングを行っている先生もいらっしゃいます。

しかし、なぜ、日本の眼科の先生の多くは、患者さんに視力回復法や視力回復トレーニングをお教えしないのでしょうか?

 

それは、

 

■理由2■
それは、いくら視力回復法やトレーニングを行っても 診療報酬が0円だからです。

そう、どんなに患者さんに視力回復法をお教えしても、トレーニングを頑張って行ったとしても その病院に入ってくる報酬は0円なのです。

もちろん、それだけが理由ではありませんが、大きな理由の1つと言えるでしょう。

このように、一般的に「 近視は眼科では治らない」「視力回復しない」「スグにメガネを作りましょう」と言われるのはこれらが大きな理由の1つです。

しかし、アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループが行っている視力回復法やトレーニング。

また、このブログでも公開している視力回復法やトレーニングを行って頂けたならば、視力低下を抑制し 視力アップさせることも可能です。

お子さんは勿論、大人の方も同様に効果が期待できますので、ぜひ以下より視力回復法やトレーニングをお試し下さい。
>> 効果的な視力トレーニング一覧

 

物は目ではなく脳で見ている

さて、上記の視力回復法やトレーニングで なぜ、視力がアップするのか?

 

それは、ピントを調節する目の筋力を鍛えることはもちろん、脳も鍛えることが出来るからです。

そう。ついつい私たち人間は目で物を見ている。と思いガチですが、実は、目は情報を取り入れるモノであれ、脳が目から入った情報を解析して始めて 物を見ることが出来るのです。

繰り返します。目で物を見ているのではありません。脳で物を見ているのです。ですから、目を鍛えることは脳を鍛えることにも繋がりますし(トレーニングにもよる)、目から情報を取り入れ過ぎると脳は疲れます。

長時間、パソコンをしたりゲームをして疲れるのは、そのためです。

しかし、視力回復法などによって目の疲労をほぐし、脳を鍛えることで視力回復が期待できます。

とはいえ、いきなり物は目で見ていない。脳で見ている。と言われてもピントこないと思いますので、まずは、体感してみて欲しいと思います。

今からその方法をお教えいたしますので、ぜひお試し下さい。

 

■視力回復法1■
1.まず目を閉じてリンゴを想像してみて下さい。
2.リンゴがイメージできたかと思います。
3.その浮かんできたところが前頭葉(ぜんとうよう)と言います。

はい。この時、人間は前頭葉で物を見ている。のですが、このように 目で直接物を見ていなくても、想像力、イメージ力を使ってモノを見ることも出来るのです。

物は目で見ていない。脳で見ている。そのことを実感して頂くためにも、以下の方法を続けてお試し下さい。
 

 

■視力回復法2■
1.まず、コップをじっと見て覚えます。
2.次に、目を閉じてみて下さい。
3.如何でしょうか? 目を閉じても、コップの映像が見えてきたはずです。

これも、上記と同じように前頭葉で見ている証拠と言えます。この場合は、記憶力を使って脳で物を見ているんですね。

ではさらに、視力の変化を実感して頂きたいと思います。

 

■視力回復法3■
1.まず、>>コチラ から視力キットをダウンロードして頂き、視力を測って下さい。※視力の測定方法は、ダウンロードした際のファイルに同封されておりますので、そちらをご覧下さい。
2.視力を計測したあと、以下の黒い丸を1分間 集中して見続けて下さい。
3.すると、黒い丸の周りが輝いてみたり、大きく見えたり、濃く見えたり、近づいて見える。などの現象が起こるかと思います。※何の変化も見られない。という場合は、1と2を繰り返し、より集中して黒い丸をご覧下さい。
4.もし、黒い丸を見る際に変化が見られた場合は、再度、ダウンロードされた視力検査表を用いて視力を測定してみて下さい。きっと、見え方の違いを実感できるはずです。


このように、集中力を使ってモノを見ることで脳で視力が回復します(一時的な効果のため、継続が必要です)。

これらの実験からも、脳で物を見ている。仮に物を見ていないとしても、想像力を使って、前頭葉に映し出して物を見ているのです。

ええ、そうです。人は、想像力や集中力を使って脳の前頭葉で物を見ているんですね。

ですから、私たちのアイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループで行っている視力トレーニングの中でも、脳を鍛えることで視力アップできる視力回復法もお教えしているのです。

そのため、弊社の視力回復法を行ったお子さんや 大人の方たちの多くが、視力アップはもちろん、視力が回復すると同時に 集中力や想像力・記憶力のアップも実感されています。

これは、弊社の視力回復法によって脳が活性化している証拠です。

逆に、集中力や想像力・記憶力を鍛えることでも脳が活性化し、視力回復にも繋がる。ということが言えます。

ですので、ぜひとも以下の視力回復法、もしくは上記にダウンロードされた視力回復法を試してみて下さい。


>>視力回復法トレーニングキットのダウンロードはコチラ

きっと、実践前と後とでは目の見え方の違いを実感できるはずです。そして、視力回復法を継続して実践して頂けたならば、視力回復も実感いただけるはずです。
 

視力回復法は成績アップにも繋がる。

前述した通り、弊社の視力回復法の中には 集中力や想像力・記憶力を鍛えるトレーニング法もございます。

そのため、子どもや学生がこれらの視力回復法を行ったお客様からから 「 記憶力や集中力があがって成績も上がりました♪」というお声がたくさん寄せられています。

このように、視力は学校の成績にも大きな影響があるのです。

もちろん、お子さんだけでなく大人の方にも集中力や記憶力のアップが期待できます。

その証拠に、親御さんからも、大人の方からも「 仕事の成績が上がった! 」「 仕事が順調になった! 」「 気分が晴れやかな感じになった! 」などの声が届きます。

お子さんと一緒に親御さんも視力回復法を行うことで、お子さんのモチベーションも上がりますし継続する秘訣にもなります。

ので、ぜひともご家族で一緒に視力回復法を試してみて下さい。

弊社の視力回復法は、卓球やサッカー、野球といったプロのスポーツ選手も取り入れているトレーニング法です。

スポーツ科学でも立証されている、既に結果の出ている確かな視力回復法ですので安心して取り入れてみて下さい。
 

1日5分~10分、簡単なことを行うだけでOKです。

お子さんの下がった視力はもちろん、あなたの以前のようにハッキリ見えていた視力と目の輝きを取り戻し、脳を活性化させて行きましょう!!

このブログでも、様々な視力回復法を公開しておりますので、いろいろ見ながら「あ、これなら出来そうだな!」と思われたものから、まずは実践してみて下さい。

「 どれをやって良いか迷う 」という方は、先にダウンロードして頂いた 視力キット内に公開してある、視力回復法を試してみて下さい。

きっと、目の見え方の違いを実感いただけるはずです。

今後も効果的な視力回復法をどんどんご紹介して参りますので、どんどんやってみて下さい。

 視力アップ推進委員会
 アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
 九州・山口カスタマー本部

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)